• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

長い春に終わりを告げよう!彼との結婚を決める5つの手順

Date:2012.10.24

この記事のタイトルとURLをコピーする
長い春に終わりを告げよう!彼との結婚を決める5つの手順|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/karekekkon27721/

つきあい初めの盛り上がったラブラブ状態を経て、二人の関係が落ち着いてきて月日が経ち、あなたは現実的に彼との結婚に動き出したくなるでしょう。一方、彼はどうでしょうか?二人の関係の居心地のよさにあぐらをかいて、なかなか行動を起こす気配がありません。

そう、二人の関係は、恋人ではあるけど、結婚についてははっきりしたゴールを決めていない、男にとっては居心地のよいぬるま湯な「長い春」に突入してはいませんか?そのマンネリを打開して、彼との結婚を目指す5つの手順を大公開です!

彼と付き合い始めた頃、あなたは夢一杯ではありませんでしたか?これから二人でやりたい事、行きたいとこ、話したいこと…。たくさんの夢があったはずです。その夢はどのくらい実現したでしょうか?

そして、その夢の最終目標は、彼との「結婚」!時々、長い春の末、別れてしまう恋人歴の長いカップルがいます。本当によく聞く話で、その後どちらかが、全然違うパートナーと短期間で結婚してしまうのも、よく聞く話です。

そんな長い春には、終止符をうち、彼との結婚へと歩き出しませんか?

1、彼の仕事の将来について聞いてみる

彼が今後の仕事をどのように考えているのか、きちんと把握する必要があります。男性の一番優先順位と言えば、「仕事」ですよね。仕事によってライフスタイルは大幅に変更を求められることもあります。

彼が転職を考えてるのか、転勤は予定されているのか、彼の仕事の将来について語り合ってみましょう。あくまでも、彼の意見を応援する形で。その話を聞くと、なんとなく結婚の無理のない時期が見えてきます。

例えば、転職も転勤の予定もなく、今のままでいくなら、結婚は今すぐ計画をたてても無理はありません。近い将来に転職を考えているなら、それが落ち着くまでタイミングはないと言えます。

転勤なら、例えば3年以内に転勤なら、それまでに結婚の準備をすすめる時間はあるということです。あくまでも、あなたの中でタイミングを想定してみて下さい。

2、子供について話してみる

いきなり「子供は欲しいか?」とストレートに行くと、このまま結婚するのかしないのかの話し合いに突入するんじゃないかと男性は怯えます。

公園で遊んでいる子供を見て、「子供の頃元気な子だった?」と話をふりながら、彼が子供好きなのか、将来は子供を欲しがっているのか、子供と何がしたいかなどをさりげなく聞き出してみましょう。

彼が子供が好きじゃないと言った場合は、それが単に子供をどう扱っていいのかわからず苦手なだけなのか、将来のプランに子供のいる生活を嫌がっているのかを確認してみましょう。

好きな場合は、「将来子供と一緒にサッカーしたいなぁ」などと話が弾むでしょう。

「いいね、その夢!」と微笑ましく同意しながらも、「それじゃあ、子供が小学校になってもスポーツできる若いパパでいなきゃね」などと、彼に、将来息子とサッカーを楽しもうとした時、自分は何歳なのだろうと意識させてみましょう。

3、二人で貯金を始めてみましょう

「結婚資金を貯めましょう!」とすると、びっくりして断られるかもしれません。まずは、「海外旅行資金を二人で貯めよう」といって、ひとつの口座に二人で貯金をしていきましょう。

行きたい憧れの国などを二人で話し合ってみましょう。あなたはもちろん「ハネムーン」を思い浮かべながら、彼がどんなところに行きたいのか聞き出して、二人で行先を決め、そのために毎月いくら貯金をするのかを話合いしましょう。

独身の二人だと、旅行もボーナスをあてにボーンとや、時には彼がドーンと払ってくれたりあるかもしれませんが、毎月いくら、ボーナス時いくらと地道に二人で貯めて行ってください。

結婚すると、毎月の給与の中から積立していくのは当たり前なので、あなたは予行練習として。また、毎月彼がどれくらい余裕があるかもチェックすることができますよ。実際、結婚話がすぐ出るようであれば、その貯金は、きっちり結婚資金にまわしましょうね!

4、彼の食生活に介入していく

彼が一人暮らしの場合は、ご飯を作りに行くのは簡単ですね。まずは、彼の食生活・好き嫌いを把握していきましょう。その上で、彼の体調管理のためにご飯をつくりにいきましょう。

嫌いなものを健康の為と言って押し付けないように気を付けてくださいね。もうそれも日常になってるというなら、彼の食生活は把握しているでしょうから、ここぞという時だけ作るようにしてみましょう。

例えば、体調を崩している時、残業が続いている時、大事な商談を終えた時など。ご両親と住んでいる場合は、あなたが一人暮らしなら食べに来てもらえばいいでしょう。どちらも親と住んでいる場合なら、とりあえず彼の食生活・好き嫌いを把握しておきましょう。

5、具体的に結婚について聞いてみる

さて、4までをこなしたあなたは、だんだんと結婚について具体的なイメージが湧いてきたんじゃないでしょうか。結婚をしやすい時期・将来の子供のこと・金銭感覚・食生活など。もしかすると、彼との結婚は考えられないと思った人もいるかもしれません。

それはそれで、結婚相手ではないと見極めるいいタイミングです。問題なく、イメージができた人は、具体的に彼と結婚についての話をしてみましょう。

それは、「明日からすぐ結婚準備をはじめましょう」という強迫めいたものではなく、将来的に結婚にすすんでいけるのかどうかをちゃんと聞いてみましょう。長い春に足をつっこんだ二人なら、具体的に聞いてしまうのに早すぎることはありません。

むしろ、遅すぎてマンネリ化しているといえるでしょう。誠実な彼なら、きちんと膝をそろえてあなたの話に耳を傾けてくれます。

この記事のタイトルとURLをコピーする
長い春に終わりを告げよう!彼との結婚を決める5つの手順|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/karekekkon27721/
ライター:井田ペコ

この記事をシェアする

関連記事

コメント