• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

しっとり保湿タイプと乾燥肌タイプのオリジナルの化粧水の作り方【動画有】

Date:2012.04.29

この記事のタイトルとURLをコピーする
しっとり保湿タイプと乾燥肌タイプのオリジナルの化粧水の作り方【動画有】|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/keshousuioriginal1125/

普段はオールインワンゲルでスキンケアをしているのですが、そのゲルがなくなった時に手元にあったもので急遽作った化粧水(クリーム)が思った以上に肌にとてもよく合い、その時の肌の調子によって使い分けもできるため、今でも時々作って利用しています。

手軽で簡単にできるので紹介したいと思います。あくまでも個人的なものなので肌質によっては合わないこともあります。

乾燥が酷い時

外が寒くて肌が乾燥気味。かさかさして油分が足りないという時は馬油を使ってクリーム状の化粧水を作ります。ほんの少しの馬油(耳掻き程度)に温泉水(スプレーに入ったものを使用)を混ぜていきクリーム状のものを作ります。

あとは自分の好きな濃度まで温泉水で伸ばしていきます。乾燥が酷い時は濃いめに作ったりと自分の好きな濃度に調整できるので便利です。余った場合は手や膝・肘などの乾燥する場所にも使えるので便利です。

ただ難点は油なので大量に馬油を入れるとべとべとしてしまうところ。最初はほんの少しの量を爪楊枝などで掬っていかないと大変なことになります。

保湿を重視したい時

乾燥はあまり気にならない、保湿を重視したいという時は蜂蜜・コラーゲン粉末を使って化粧水を作ります。コラーゲン粉末は食用・スキンケア用と両方に使えるものをたまたま購入していたので、それを使いました。飲料用の粉末は肌用ではないので使えません。

まず少量の蜂蜜(スポイトなどで取れるなら1滴で十分です)にコラーゲン粉末(耳掻き1杯程度)を混ぜて練ります。コラーゲンはとても溶けにくいので蜂蜜にきれいに練りこむのがコツです。そこへ温泉水を少しずつ混ぜていきます。

今回は蜂蜜とコラーゲン粉末を使っているのでけっこう温泉水を混ぜていきます。蜂蜜を使っているのであまり濃いと顔から蜂蜜のにおいがしてコラーゲン粉末でべとべとになることがあるので、温泉水は多めに入れる方がいいです。それを顔全体に塗っていきます。

薄めても最初はべとべとや蜂蜜のにおいが気になることがあるので、その場合は塗った上から再度温泉水をスプレーして手のひらで馴染ませると大丈夫です。

いざとなると手元にあるもので作ることができるんだと思いました。高ければ効き目があると思っていたので、こういうもので簡単にスキンケアができるのはお財布にも優しいのでとても助かりました。

今後もいろんな肌質にあう手作り化粧水を見つけていきたいと思っています。

化粧水の作り方動画

化粧水の作り方を掲載しておきます。もちろん、使っている原材料などは、動画掲載している方のサンプルとして使用していますので、同じものを使って作る前に、事前にパッチテストをしてから化粧水を作りましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
しっとり保湿タイプと乾燥肌タイプのオリジナルの化粧水の作り方【動画有】|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/keshousuioriginal1125/

この記事をシェアする

関連記事

コメント