• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

雑誌で話題の「キラキラ女子絵」過度なポジティブ精神に一喝!

Date:2012.04.21

この記事のタイトルとURLをコピーする
雑誌で話題の「キラキラ女子絵」過度なポジティブ精神に一喝!|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/kirakiragirl7854/

現代のキラキラ女性たち

近頃、若者向け雑誌も既婚女性向け雑誌も、こぞって「キラキラ女性」の生き方を特集しています。

朝はフレッシュジュースに手作りパンで優雅な朝食を撮り、仕事に行く時は、流行を程よく取り入れたおしゃれな服で通勤し、終業後はヨガや英会話などの習い事、家に帰ってからは手作りの料理をデジカメで撮影、食事後は自身のブログに今日のキラキラな出来事をアップ、就寝時はお気に入りのアロマを炊いて、こだわった寝具に身を包んで寝る。

休日は小旅行に行ったり、おしゃれなカフェで友人とランチ、夜はパーティに出席。まさにこういった、キラキラ女性がもてはやされ、彼女たちもそれがステイタスであるかのようにネットを通じて世の中に自分のキラキラ生活を配信しています。

このような仕事もプライベートも、24時間充実した生活は、やはり楽しいでしょうし、人として生まれてきたことの喜びを感じるでしょう。しかし、そういった女性たちに、「一体人生の中で何がしたいの?達成したいことは何?」と尋ねても、明確な答えは返ってきません。

彼女たちは、毎日を充実させることがやりたいことであり、それを実現するために精一杯なのです。それを続けていくことで、何かを達成したいという欲は持っていません。こういう質問自体がきっと彼女たちからすればナンセンスに思えることでしょう。

キラキラ生活からの脱却

ある女性が、毎日キラキラ生活を送っていました。それはとても充実していて、自分では毎日が楽しくて仕方がない、そういう生活を友人たちに自慢することも楽しみの一つになっていました。

しかし、ある時友人に言われた言葉が深く彼女に突き刺さりました。「何のためにそんなに充実させたいの?」彼女は答えに困りました。自分のやっていることは、特に目的はなく、ただ楽しいからやっているだけだと。それに気づいた時、彼女はキラキラ生活から脱却することを決めました。

日常を埋め尽くす、将来の自分にとって不必要なものを排除していきました。キラキラ生活のために買った使わなくなった家電を処分しました。ホットサンドメーカーも、ジューサーも、考えてみれば1年も使っていませんでした。

たくさん買った洋服も、新たな洋服を買えばもう着なくなって箪笥の肥やしになっていました。空気清浄器もフィルターのエラーが出てから使っていませんでした。英会話レッスンも、通っているにも関わらず、少しも英語を話せるようになっていなかったので退会しました。

ヨガも特に体に大きな変化を感じていなかったのでやめました。ブログにアップするためだけに料理を作っていたことで、余った材料がシンク下からわんさか出てきました。その大半が賞味期限が過ぎていました。

キラキラ生活は、必要ないものにまみれた、人にアピールするためだけのものだったと気づいたのです。

目的を明確に

キラキラ生活を否定するつもりは、まったくありません。たとえばその生活をブログにアップすることで、人気ブロガーとして成功を収めたいとか、明確な目的があるのであればそれは大いに意味のあることです。

しかし、人は一点の道しるべがなければ、道に迷い余計な時間を費やし、出費もかさむことになります。その道しるべとなるのが、目的であり、目標でもあります。いらないものをそぎ落とし、処分し、自由に動けるスペースや時間を確保することは、とても大切なことです。

言うなれば、いらないファイルを削除して、空き容量を増やすことで、日常生活はずいぶんと気楽に送れるようになります。

この記事のタイトルとURLをコピーする
雑誌で話題の「キラキラ女子絵」過度なポジティブ精神に一喝!|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/kirakiragirl7854/

この記事をシェアする

関連記事

コメント