• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

この想いを届けたい!「好き」という気持ちを上手に伝える方法とは

Date:2019.02.06

この記事のタイトルとURLをコピーする
この想いを届けたい!「好き」という気持ちを上手に伝える方法とは|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/koui0914/

恋をするってとても素敵なことですよね。

しかし、その思いを心の中に秘めているだけで、相手に好きな気持ちが伝えられない状況が続いているのであれば、それはとても切なくて、辛い状況かもしれません。

片思いをしている時間が楽しいという女性もいますが、いつまでもそのままというわけにもいかないでしょう。思い切って行動することは、あなたの自信にもつながるのです。

社会人にもなると、学生の頃ほど簡単に気持ちを伝えられないことも多いでしょうし、必ずしも上手くいくとも限らないのが「恋」なのです。

そこで今回は、好きという気持ちを上手く伝える方法をご紹介します。毎日思い悩むだけの日々に、終止符を打ちましょう!


好きな気持ちを伝えたい…告白の前に気持ちの整理を

好きな気持ちが強くなればなるほど、冷静な判断ができなくなってしまうということがあります。好きな気持ちをただ我武者羅に伝えても、それが相手の心に響くとは限らないのです。

好きな気持ちが大きければ大きいほど、それをストレートに丸ごと伝えてしまえば、相手は重く感じてしまうかもしれません。

まずは自分の気持ちをしっかり整理してから、どのように気持ちを伝えるのかを考えていきましょう。

彼を見かけると、ついつい目で追ってしまう。大好きな彼を想うだけで、幸せな気持ちになれる。気持ちを伝えるということは、そんな今の状況を断ち切ることになるかもしれないということも頭に入れておかなければなりません。

最低限以下のことは事前に把握しておく必要があるでしょう。

好きな男性には、彼女や奥さんがいないかどうか

いざ自分の気持ちを伝えてみたら、実は彼女持ちだった!もっと悪ければ、実は既婚者だった!なんてこともあります。

中には、彼女がいるのはわかっていて、それでも好きな気持ちが消えないので、ダメ元で気持ちを伝えたい!という人もいるでしょう。

それであればいいのですが、「付き合いたい」ということを前提での告白を考えているのであれば、彼がフリーであるのかどうかは先に把握しておいた方が良いでしょう。

二人の関係があなたの気持ちを伝えるべき段階に達しているのか

身近な存在でありながらも、ほとんど話したこともないという相手に恋をしている場合、突然告白されても、そこにはかなりの温度差が生じてしまうことにもなり兼ねません。

自分の気持ちのままに突っ走るのではなく、まずは少し仲良くなることから始め、好意があることを多少におわせておいた方が、相手もあなたを意識した状態で気持ちを伝えられるでしょう。

二人の関係性が崩れてしまうことがないか

例えば、会社の立ち位置の問題などで、気持ちを伝えたことによって二人の関係性に問題が生じないか、ということです。

気持ちを伝えてはいけないということはないと思いますが、周囲に絶対に気付かれないようにするなど、告白の仕方にも気を付けた方がいいという場合もあるでしょう。

一方的な気持ちだけではなく、相手の立場も考えて気持ちを伝えることが成功のカギだったりもするのです。

行動しなきゃ始まらない!好きな気持ちを上手に伝える方法

あなたの熱い気持ちを伝えても、その気持ちがうまく伝わっていないということがあります。

今まで自分なりに好きな気持ちをアピールしてきたつもりであっても、相手がその気持ちに全く気付いていないということもよくある話なのです。

男性というのは意外と鈍感で単純な生き物です。回りくどい伝え方をするよりも、わかりやすくストレートに伝えた方が気持ちが伝わりやすいといえるでしょう。

それでは好きな気持ちを伝える方法をいくつか見ていきましょう!

手紙で気持ちを伝える

手紙は手紙でも、パソコンで打ち込んだような物ではいけません。思いを込めて手書きで気持ちを伝えるのです。

手書きの手紙というのは、その人の書く文字に人柄を感じたり、特別感を与える、不思議な力を持っています。何度も修正することもできますし、自分の気持ちも冷静にまとめることができるでしょう。

手紙は好きな気持ちを伝えるのにとても効果的な手段だといえます。

手紙というのは残るものですし、何度も読み返すことが可能です。ですから、恥ずかしすぎる内容など、後々後悔しない内容にすることを心掛けてくださいね。

LINEで気持ちを伝える

もし連絡先を知っているのであれば、現代社会では当たり前のコミュニケーションツールとなった、LINEで気持ちを伝えるというのも良いでしょう。

ただし、LINEを使った場合、既読になったにも関わらずなかなか返信がこないと、モヤモヤドキドキとした嫌な時間を過ごすことにもなり兼ねません。

あまりに長文な熱い想いを綴ったLINEであったりすれば、戸惑ってしまい、どう返事を返したら良いか考えてしまっているかもしれません。逆にスタンプだけというのも当然印象は良くありません。

LINEで気持ちを伝える時のポイントとしては、いきなり告白するのではなく、挨拶などの日常会話から入り、返信を待つこと。そして、感情のままに打った文面を送るのではなく、相手が引かない程度に、わかりやすく簡潔に気持ちを伝えることです。

もし彼が気持ちを受け止めてくれるのであれば、徐々にその気持ちを伝えていけばいいのです。先走って失敗のないようにしましょう。

電話で気持ちを伝える

電話で気持ちを伝える時には、相手がどのような状況なのかを考慮して行う必要があります。

狙うのであれば、一人で落ち着いて話せる時間帯がベストです。仕事から帰宅して寝る前の時間帯などが良いでしょう。事前に話したいことがあるといってや通話の約束をしておくのがおすすめです。

手紙やLINEなどとは違い、直接声が聴けるので、お互いに距離が近く感じることができるのが通話の良いところですね。

直接会って気持ちを伝えるのは緊張して上手く話せなそうという人でも、電話なら事前に伝えたいことをメモしておいたりして、用意しておくこともできますし、少しは緊張を防げるのではないでしょうか?

何気ない会話から入って、良い雰囲気になった頃合いで、好きという気持ちを伝えるのもありです。

顔は見えませんが、相手の反応を直接感じることができることも電話で気持ちを伝えることのメリットかもしれません。

直接会って伝える

なんだかんだ言っても直接会って伝えるのが一番でしょう。

相手の目を見て真剣な眼差しでストレートに気持ちを伝えれば、きっとあなたの気持ちは伝わるはずです。

緊張して声が震えてしまったり、目が合わせれなかったりもするかもしれませんが、相手の男性から見れば、それがより真剣に気持ちを伝えようとしてくれているんだと感じてもらえるのです。

直接会って気持ちを伝えることはかなりの勇気がいることですが、相手の男性は少なくとも嬉しいと感じてくれることでしょう。

好きな気持ちを伝える前に…告白を成功させるコツとは!?

好きな気持ちを伝える時、あなたは何を思うのでしょうか?

「振られてしまったらどうしよう…」「気持ちを伝えたことで気まずくなってしまったら…」なんて、ネガティブな思考が働く女性が多いのではないでしょうか?

当然のことながら、気持ちを伝えるからには両想いでありたいですよね。その恋を成就させたければ、できる限り良いタイミングと良いコンディションで挑みたいところです。

そこで、気持ちを伝える時に成功させるコツがいくつかありますのでご紹介します。

好きな気持ちを伝える際に、好きな理由も添える

「あなたのことが好きです」そんなストレートな気持ちをぶつけるのはいいことですが、好きな理由もい一緒に添えて伝えると、より相手の心に響きます。

例えば、好きになったきっかけを添えてみたり、「かっこいい」「優しい」などの相手を褒めるワードを添えるのはかなり効果的です。ただし褒め過ぎはわざとらしくなり、逆効果となってしまうので注意しましょう。

事前にさりげないアピールを繰り返し行う

気持ちを伝える前に二人の関係性をできる限り良くしておくことや、相手に自分を意識させておくことは成功のカギに繋がります。

相手もまんざらでもない様子あれば、気持ちを伝えるタイミングも掴みやすいでしょう。一番良いのは、デートややり取りを重ねてから気持ちを伝えることです。

まだあまり仲が深まっていない相手なのであれば、自分のことを知ってもらうことから始めてみましょう。

しつこくならない

いかなる場合でも、一方的にしつこく気持ちを伝えることだけは避けてください。アプローチのしすぎは嫌われてしまう可能性もあります。

また、気持ちを伝えた後に「少し考える時間が欲しい」などと言われた場合などに、待ちきれずにしつこく気持ちを伝えてしまうことなどもNGです。

自分のことばかり考えずに、相手のことを考えてた言動は最低限のマナーだと心得ましょう。

伝える言葉を間違わない

ストレートに気持ちを伝えることが恥ずかしくて、つい違うフレーズで気持を伝えてしまった、なんてこともあるでしょう。しかし、言葉を間違えば相手に勘違いされてしまう可能性もあります。

例えば、「大切に思っているよ」と伝えたら、友達として大切と思っているという意味だと思われてしまうかもしれないということです。

正直に「好き」という気持ちを伝えてくださいね。

「好き」という気持ちを大切に。上手に想いを伝えよう!

いかがだったでしょうか?好きという気持ちを伝える前に、色々と課題ができたという人もいるのではないでしょうか?

誰かを好きになるということはとても素敵なことです。その気持ちを丁寧に扱って、上手に相手に伝えてください。

もしダメ元で気持ちを伝えたのだとしても、思いが伝わらずに片思いで終わってしまったのだとしても、あなたが勇気を出して相手に気持ちを伝えたことはとても素晴らしいことです!自分を褒めてあげてください。

それでも諦めらないのであれば、好きという気持ちをまた心に宿しながら、自分磨きを頑張るのもいいですし、時間をかけてでも次の恋に向けて気持ちをリセットさせるのも良いでしょう。全てはあなた次第なのです。

もし心の中にしまい込んでいる好きという気持ちがあるのであれば、それは言葉にしなければ伝わりません。

この記事を読んだからには、さっそく告白成功の第一歩を歩み出しましょう!

この記事のタイトルとURLをコピーする
この想いを届けたい!「好き」という気持ちを上手に伝える方法とは|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/koui0914/
ライター:hiromi

この記事をシェアする

関連記事

コメント