• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

口下手を改善していこう!話下手でも彼を口説ける4つのモテ・テク

Date:2012.10.17

この記事のタイトルとURLをコピーする
口下手を改善していこう!話下手でも彼を口説ける4つのモテ・テク|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/kutibetakaizen92898/

話下手を活かす4つの口説き方
(1)黙って彼の手を握る

「今どき、黙って彼の手を握る女性っているの?」と思う女性はスレているのかも!?時代が今であれ30年前であれ100年前であれ、オトコは黙って女性から手を握られるとうれしくなる生き物です。

「黙ってあなたについてゆくわ」という気持ちを手に感じるのです。手のぬくもりって、そういうもの。

「黙ってついてゆくわ」という歌詞の歌が最近あまり出てきませんが、基本は変わりなく存在しています。オトコはなにかと頼りにされたいのです。しかもつきあう前から、つきあって半年間のうちは。あるいは結婚するまでの間は。

結婚したら、多くの女性が知っているとおり、女性が主導権を握ります。口下手であった(はずの)女性は雄弁家に変わります。お祭りで買ったカラーひよこが、あれよあれよと言う間に、ニワトリになってしまったようなものです。

オトコはそのギャップに驚きます。これも今であれ30年前であれ100年前であれ、ずっと続いている真実です。つきあい始めくらいは、オトコに華を持たせてあげましょう。

(2)デートの別れ際に彼にバレないように、彼のカバンに手紙を入れる

手紙。また古風なアイテムです。しかし手紙はかなりの威力を発揮します。メール(携帯メール)が事務的アイテムになりすぎたのです。

本心を伝えているかのように感じる手紙。ある種の切実さを帯びたまま、時代の片隅に残された手紙。アナログアイテムを活用しましょう。

彼がトイレに行っている隙に、彼のカバンに「今日はありがとね。またデートしよっ!」と書いた小さな手紙をしのばせるのです。昔はラブレターの折り方まで、多くの女性は研究していました。

いま30代半ばくらいの先輩女子に聞くと、ラブレターの折り方を教えてくれると思います。ちょうど彼女たちが中学・高校時代に、「ラブレターたるものこう折るんだ!」というのが流行ったのです。

(3)じっと彼の目を見つめる

もしかしたらアタマのおかしな子に思われるかもしれません。しかし、人はなんの意図もなく人の目を見つめることはなく、じっと目を見詰められたオトコは、なんの意図があって目を見つめているのかを瞬時に理解します。

「この子、お腹すいているのかな?」というふうに理解をするオトコはいないでしょう。「オレのこと好きなのかな?」と思うはず。絶対に。そもそも、恋の始まりと終わりに、言葉は無用なのです。

日本人的な考え方なのか、世界的に恋というものはそういうものなのか、よくわかりませんが、愛しあうふたりに言葉は必要ないものです。

(4)にっこりと微笑んでうなずく

(3)の延長線の話になりますが、にっこりと微笑んでうなずく。これ、最強です。彼は、すでにあなたが口下手であることを知っています。人は5分も相手と話をすればそういうこと、わかるのです。

よってあなたは口下手のキャラをずっと地で行けばいいのです。あとのことは彼がすべて段取りをしてくれます。あれこれ激しい議論の末につきあったようなおしゃべりカップルであっても、最後にベッドインする時くらいはものずごく無口なもの。

これは、古今東西の恋の鉄則です。「消費税増税について、僕はこう思う!」「いや、私はあなたとはちがってこう思う!」などと議論をかわす雄弁なカップルであっても、恋の肝心カナメの時はいたって無口です。

つまり、総じて、無口な女性のほうが恋の入口においてはなにかと有利であるのです。無口であれば、オトコは自分の都合の良いように女性のことを解釈します。

南千住に住んでいて、千住第二高校を卒業して、中央大学に入学して、4年間ボランディア活動をしていて、かつ丼が好きで、チーズとワインが苦手で、便秘持ちで…と彼女のことたくさん知ってつきあい始めるより、まったくなんの情報もなくつきあうほうが新鮮味があって、オトコは楽しいと思うのです。

オトコもオンナもイマジネーションとともに世の中を生きています。イマジネーションは情報が少なければ少ないほど膨らみます。

北朝鮮は途中までミステリアスでした。(最近はもうミステリアスな手法はまったくと言っていいほど通用しなくなりましたが)

ああいう手法が良い/悪いは別にして、ミステリアスであればあるほど、オトコは萌える(燃える?…萌えるんでしょうね)ものです。

口下手な女子とは、人見知りが激しい女性。あるいは徹底した内弁慶であると思うのです。

人間である以上、口下手であっても家では弟をいじめ倒していることもあるわけであって、恋の入口において口下手であるというのは、マイナスの要素でなく、大きなプラスの要素なのです。

「黙ってあれば、あなたはかわいいからモテるのに…」と言われてきた女性をたくさん見てきたので、思わず口下手女子を褒めあげるコラムになってしまいました。お許しあれ。

この記事のタイトルとURLをコピーする
口下手を改善していこう!話下手でも彼を口説ける4つのモテ・テク|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/kutibetakaizen92898/
ライター:編集部

この記事をシェアする

関連記事

コメント