• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

マザコンと親孝行は違う?見分けるポイントで相手をチェック

Date:2018.11.08

この記事のタイトルとURLをコピーする
マザコンと親孝行は違う?見分けるポイントで相手をチェック|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/mazakon7623/

男性と付き合っている時、ふとした時に「もしかして、私が好きな人はマザコンなのでは?」と疑いをかけてしまう行動が目につくようになることがあります。

特に男性は、父親よりも母親を大事にする人が多いため、マザコンなのか親のことを思ってしているのか見分けるのが難しいところがあります。

付き合っている時は、見ないふりや聞かないふりでマザコンであることを無視することもできますが、結婚を考えると男性のマザコン気質が原因で、姑との関係が悪くなったり結婚生活が続かないという結果を生み出すこともあります。

自分の好きな人が親孝行なのかマザコンなのか、それぞれの特徴や男性がマザコンになる原因などについて調べてみました。


どんな男性でもその資質アリ!?男性は基本的にマザコンが多い

よく、「男性は基本的にマザコンが多い」と言われています。そのため、女性は多少であれば男性が母親に肩入れしても見逃しているところがあります。

母親を大事にしていることはとても重要で、女性に優しいということにも繋がるため、母親との距離が少し近くても違和感がないという女性も多くいます。

男性が女性に優しくしてくれるのが母親が影響しているのか、それとも元々優しい人なのかによってマザコンなのか、親思いなのかの境界線となっているようです。

母親を中心に行動しない!親孝行男性の特徴

自分のパートナーが母親と仲良くしているからといって、マザコンと決めつけてはいけません。

母親と仲が良くても、マザコンではなく親孝行でやっている男性もたくさんいます。親孝行男性の場合、次のような特徴があります。

その1.精神的に大人で親離れができている

マザコンと親孝行で1番違うのが、親離れができているというところです。

親孝行男性の場合、体だけではなく精神的にも大人になっていて、親離れができています。

何かを決める時も、母親相談はするものの最終決断は自分でするという男性はマザコンではなく、親孝行男性です。

その2.家族全員と仲良しで同じように接している

マザコンの場合、母親とは仲がいいけれど他の家族とはあまり良い関係ではないという男性がいます。

親孝行男性の場合、母親だけを特段優遇しているわけではないので、家族全員と仲が良く同じように接している人がほとんどです。

その3.自分が付き合う女性を母親と比較しない

マザコンの場合、女性の中で母親が1番と思っているため、どうしても自分が使う女性をと母親を比較してしまいます。

親孝行男性の場合、母親に優しいですが母親とは違う存在のため、安易に母親と比較することはありません。

その4.母親だけではなく家族のフォローをしてくれる

マザコンの場合、母親へのフォローはしっかりとしているけれど他の家族へのフォローをしないということがあります。

親孝行男性の場合、母親だけではなく家族が大事なので、家族が困っている時はフォローをしてくれます。

家族への気遣いができている男性は、お付き合いしてくれる女性のフォローや気遣いもしっかりとしています。

その5.自分の意見をしっかりと持っている

母親の意見を取り入れることが多いため、自分の意見を持っていないという男性は、マザコンが多いと言われています。

母親への相談は必要な時もありますが、自分の意見をしっかりと持っている男性は親離れができているため、親孝行男性ともいえます。

母親依存強いと危険!?マザコン男性の特徴

親孝行男性とは違い、恋愛や結婚生活で問題になるのがマザコン男性です。

最初は気づかなかったけれど、付き合っていくうちに「もしかして…」という態度が出てきてマザコンだったと気づく女性も多いと言われています。

マザコン男性には、どういった特徴があるのでしょうか。

その1.全てが母親中心で回っている「母親第一主義男性」

マザコン男性で1番多いのが、母親中心で全てが回っている「母親第一主義」という考えです。

  • スケジュールを立てるにも母親との予定が最優先
  • 母親が言っていることが全て正しい

上記のように、母親が絶対的な存在になっています。母親の意見が間違っていても、母親が間違えるわけがないと思っているところもあります。

子供の頃は分からないことやできないことがあるため、母親の言うことを聞くという行動は当たり前ですが、大人になっても母親の意見を最優先にしている男性は、マザコン男性になります。

その2.困った時は母親に決めてもらう「母親頼み男性」

人生、困った時や今後の生活で迷うことなど、いろいろと誰かに相談をしなくてはいけない状況が出てきます。

子供の頃は、両親や学校の先生に相談をしたり、大人になると両親はもちろん、職場の上司や友人に相談をすることもあります。

相談をすることは大事ですが、マザコン男性の場合は、「困った時は母親に決めてもらう」という行動を取る人が多いです。

相談をして、最終決断は自分がするというのが普通ですが、全て母親に決めてもらおうとするため、お付き合いをしていると自分の意志があるのだろうか?と不安に感じるという女性もいます。

母親や父親など、家族に相談をすることは問題ありませんが、その結論を母親に任せてしまう男性は要注意です。

その3.恋人同士のように連絡を取り合う「母親大好き男性」

自分の近況や、用件がある場合は母親との連絡も必要です。そのくらいの連絡であれば、普通の男性もしています。

マザコン男性の場合、まるで恋人のように連絡を取り合うという傾向があります。

最近は、SNSで母親とマメに連絡を取っているという男性も多く、彼女や奥さんよりも連絡を多くしている男性も増えているそうです。

  • 母親から連絡があればデート中でも必ず返信する
  • 一人暮らしをしている男性や家庭を持っているのに頻繁に実家へ帰る
  • どこかへ出かけるたびに母親へ連絡をする

特に多いのが、母親から連絡があった時にすぐに返信をするという行動です。

デート中に母親から電話があると、家族に何かあったのかもしれないとある程度であれば、女性は黙認をしていますが、長電話だと「私より母親の方が大事なのか」という気持ちになってしまいます。

SNSやメールの場合、すぐに返信をしなくてもいいにも関わらず、母親からの連絡だからとそちらを優先していると好きな気持ちも冷めてしまうという女性もいます。

母親と恋人同士のように連絡を取り合っている男性は、マザコン男性の可能性が高いので要注意です。

その4.大人になっても子供の時と同じように呼ぶ「ママ呼び男性」

子供の頃、母親をママと呼ぶ男性は多くいます。

しかし、思春期あたりを境に母親の呼び方が変わる男性は多く、大人になると次のような呼び方に変わると言います。

  • 母親
  • かあさん
  • おふくろ

特に、人に母親のことを紹介する時には「おふくろ」や「母親」という言葉を使う男性がほとんどです。

マザコン男性の場合、自分が母親を呼ぶ時に「ママ」と呼ぶのはもちろん、人に母親を紹介する時も「ママ」と呼ぶ人が多いようです。

ママ呼びをしているから、必ずマザコン男性というわけではありませんが、人に母親を紹介する時に「ママ」と呼んでいる男性は要注意です。

その5.母親が女性の基準と思っている「母親比較男性」

男性の中で、知らない間に彼女や奥さんを母親を比較している人がいます。

  • 母親の方が料理が上手
  • 母親はこうしていた
  • 母親はこれぐらいなら自分でしていた

上記のように、「母親は…」と女性と常に母親と比較している男性は、マザコン男性の可能性が高くなります。

特に料理を比較する男性は多いようで、「母親が作った方が美味しかった」や「母親の方が料理は上手だ」という男性は要注意です。

母親の料理は子供の頃からずっと食べていて、その味で育っているので母親の料理が美味しいと感じるのは当然です。

それを、わざわざ彼女や奥さんの料理の味と比較するのはマザコンの可能性が高いと言えます。

その6.常に母親と行動をしたがる「母親べったり男性」

大人の男性でも、たまに母親に甘えたいと思うことがあります。

マザコン男性の場合、母親に甘えるというよりは、常に母親と行動を共にしたがる「母親べったり男性」が多いようです。

  • 一人暮らしをしているが母親が頻繁に来て家事をしている
  • どこかへ旅行すると「母親と来たかった」「今度は母親と来る」と言う
  • 頻繁に実家に帰ったり、自分が帰れない時は母親を呼ぶ

旅行に行った後、「今度は母親と来よう」と思っても、彼女や奥さんの前ではあまり口にしませんが、マザコン男性の場合は心の中に「母親と来た方がもっと面白かったんじゃないか」という思いがあるため、つい口にしてしまいます。

また、一人暮らしをしている男性の場合、いきなり母親が家に来て家事をされると、多くの人が戸惑います。

マザコン男性の場合、母親が来てくれるということが嬉しいので、家の中を見られるのは何も感じないという人も多いようです。

一人暮らしをしている家に頻繁に母親が来ている場合は、マザコン男性の可能性が高いので注意しましょう。

その7.身の周りのことを全てしてもらっている「母親依存男性」

子供の頃は、洗濯などの家事はもちろん洋服を購入するのも母親がしてくれます。

家事は別ですが、洋服などは大きくなるに連れて好みや好きなブランドなどが出てくるため、自分で選んで購入するようになります。

マザコン男性の場合、オシャレに無頓着なのか洋服や下着などを母親に選んでもらうという人もいます。

  • 母親が選んだ方がオシャレだから
  • 子供の頃から母親に選んでもらうのが当然だったから

上記のような行動は、マザコン男性の可能性が高くなります。

また、母親がいないと身の周りのことが何もできないという男性も、マザコン男性の可能性が高くなります。

特に、一人暮らしをしているにも関わらず、母親がいないと身の回りのことができないという男性は要注意です。

あなたのパートナーはどっち?マザコンチェックリストで解明

親孝行男性とマザコン男性の特徴を見ても、自分のパートナーがどちらにも当てはまるというケースもあります。

自分のパートナーがマザコンなのか気になる時は、次のチェックリストで行動をチェックしてみましょう。

【マザコン男性チェックリスト】

  1. 自分の母親をママと呼ぶ
  2. 他の用事があっても母親の用事を最優先にする
  3. 母親以外の女性に対する評価が厳しい
  4. 主導権は取りたがるが何か決める時は母親に相談をする
  5. 母親とは仲が良いが他の家族とはあまり仲が良くない
  6. 母親を連想するものが手放せない
  7. 会話の話題が母親関連のものが多い
  8. 食事で手間のかかるもの(魚の骨や果物の皮)は避ける
  9. お金の管理など身の回りのことを母親にしてもらっている
  10. 相談は母親にしかしない

この中で、多く当てはまるとマザコン度は高くなります。

上記の中で気になるのが、「手間のかかる食べ物を避ける」というものです。

子供の頃から母親への依存度が高い男性は、魚の骨を取ったり、海老やカニといった甲殻類の殻を外すのを母親が全てしてくれていた可能性があります。

そのため、大人になった時に面倒になり、そういった食べ物を避ける傾向があります。

果物も同じで、皮を剥いたり種を取るのをしてもらうのが当たり前になっていて、自分ではやりたくないと避ける人が多いようです。

男性でも差が出る理由は何?マザコンになってしまう原因

男性は女性に比べると、母親への依存が高く「基本的に男性はマザコン」と言われていますが、男性全員がマザコンというわけではありません。

どうしてマザコンになってしまうのか、そこにはいくつかの原因があります。

その1.男性だけではなく母親も息子への依存が高い

マザコンというと、男性が母親に依存しているものと思われていますが、それだけではありません。

男性が母親に依存しても、母親から拒否されるとマザコンにはなりません。マザコンになるのは、男性だけではなく母親の息子依存も関係しています。

母親も息子に依存しているため、自分の息子がマザコンになっていることや、態度が他の男性とは違うということに気づかないこともあります。

母親から、下記のような発言が出ている場合は母親が息子を依存している可能性があります。

  • 私がいないと(息子)は何もできない
  • (息子は)とてもいい子で言うことを良く聞く
  • (息子は)何も間違っていない

母親が、息子ばかりを擁護しているような発言をしていたら母親の息子依存が高いので、注意が必要です。

特に、結婚を考えている場合は、マザコンや母親の息子依存が原因で関係が悪化することもあるので、結婚前にチェックしておくのも大事です。

その2.子供の頃に両親からの愛情が足りなかった

マザコンというと子供の頃から母親から溺愛されて、その延長で大人になってもマザコンになったというイメージがあります。

もちろん、そういう人もいますが、子供の頃に両親、特に母親からの愛情が足りなかった人がマザコンになることが多いと言われています。

  • 母親の仕事が忙しく一緒にいることが少なかった
  • 母親の愛情が他の兄弟の方に向いていた
  • 母親が厳しく甘えることができなかった

子供の頃に上記のような経験をした男性は、母親に甘えたいという思いがあるため、大人になっても母親から離れられず、マザコン男性になってしまいます。

大人になっても子供が母親のことを思って、いろいろと話をしてくれたり相談をしてくれると、母親も嬉しくなってしまいます。

そのため、いつの間にか母親も息子にべったりになり、マザコン男性に繋がってしまいます。

その3.女性に母性を求める男性はマザコンになりやすい

男性は、女性に2つのものを求めると言われています。

  • 母性
  • セクシャリティ

彼女や奥さんにセクシャリティ(女性)の部分を求めることはできても、母性を求めることができない時に母親に求めてしまい、マザコンになるという男性も増えています。

意外に知られていない!?マザコンは男性だけがなるものじゃない

マザコンというとどうしても男性というイメージがありますが、そうではありません。

女性でも、マザコンになることがあります。最近は、母親と友達のように接する女性が増えています。

若いうちは母親と一緒に出掛けて、常に連絡を取っているというのは問題ありませんが、男性と同じように大人になっても頻繁に連絡を取ったり、常に一緒に行動をしているとマザコン女性になっている可能性があります。

女性の場合、女同士じゃないと相談できないことなどもあるため、マザコンと思われないこともありますが、母親と常に行動を共にしている女性は、もしかするとマザコン女性になっているかもしれませんよ。

親孝行とマザコンは違う!違いを見極めてパートナーを選ぶことも大事

母親と仲がいいからと、全ての男性がマザコンというわけではありません。親孝行男性も母親には優しく、母親のことを思っています。

マザコン男性の場合は、極度の母親依存というのが目立ちます。

母親への感謝や愛情は大事ですが、母親へ依存している男性は要注意です。

マザコン男性の場合、結婚すると奥さん母親のことでもめて関係が悪化することもあります。

パートナーを見つける前に、自分が好きな男性が親孝行男性なのかマザコン男性なのかを見極めるようにしましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
マザコンと親孝行は違う?見分けるポイントで相手をチェック|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/mazakon7623/
ライター:ぴよこ

この記事をシェアする

関連記事

コメント