• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

飲み会の最後まで残っている女子はモテない!敬遠される理由5選

Date:2019.11.29

この記事のタイトルとURLをコピーする
飲み会の最後まで残っている女子はモテない!敬遠される理由5選|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/motenailadys5200312/


恋人を見つけるために、飲み会に参加するという人もいるでしょう。飲み会が盛り上がり、中には二次会、三次会と最後まで参加する女性もいますよね。

飲み会に最後までいる女子は、一次会で帰る女子よりも男子と話す時間が長く、モテると感じる人もいるかもしれません。

一次会で帰ってしまう女子は、一見するとチャンスが少ないように思いますよね。しかし、飲み会はサッと切り上げる方が男子からの印象は良くなります。

つまり、一次会で切り上げる女子よりも、飲み会に最後までいる女子の方がモテないとされています。なぜモテないのか、5つの理由を見てみましょう。


飲み会に最後までいる女子のモテない理由。イメージが悪い

一次会で帰らず、飲み会に最後までいると、付き合えるチャンスが多く見えますよね。中には「お持ち帰りされそう」と思う人もいるでしょう。

しかし、飲み会に最後までいる女子には、あまり良いイメージを持たれません。本当にモテる女子は飲み会に最後までいるのではなく、一次会で切り上げて帰るのです。

飲み会に最後までいる女子はなぜモテないのか、男子はどんなイメージを抱いているのかご紹介します。

だらしないと思われる。一次会で帰る女子は好感を抱かれる

女子が飲み会の最後までいると、だらしない印象を与えてしまいます。実際はきっちりとした生活を送っている女子であっても、

  • 生活がだらしない
  • 自己管理ができない

このように、だらしないと思われてしまいます。

反対に、一次会で帰る女子には

  • しっかりしている
  • 育ちが良さそう

こういった良い印象を持たれます。

飲み会が盛り上がると、つい最後までいたくなりますよね。しかし、男子は自己管理がきちんとできる女子に好感を抱きます。

申し訳なさそうに「明日も仕事だから…」などの理由を話し、一次会で帰る女子の方が印象が良く、結果的にモテます。

ガードがゆるく、「都合のいい女」に見られる。本命に選ばれない

二次会、三次会と飲み会に最後までいると、ノリが良く、モテそうですよね。楽しんで飲み会の最後までいれば、男子からのウケも良さそうに見えるでしょう。

しかし、飲み会に最後までいる女子を、男子はガードがゆるいと思ってしまいます。お持ち帰りできそうだと思い、「都合のいい女」に見られることもあります。

また、男子は飲み会に最後までいる女子に対し、どこか不安を覚えます。彼女として付き合うと考えた場合、ガードがゆるいと浮気の心配をしてしまうためです。

ガードがゆるいと恋愛に発展することもありますが、なかなか本命の恋人には選ばれません。飲み会に気になる人がいるなら、思い切って一次会で帰ることをおすすめします。

飲み会に最後までいると余韻を残せない。一次会で切り上げて

飲み会を一次会で切り上げて帰ると、男子に余韻を残すことができます。

  • もっと一緒に話したかった
  • もう少し一緒に過ごしたかった

と男子に思わせれば、モテる女子に一歩近づきます。

別れ際に後を引くのは、恋愛において大事なポイントです。飲み会の最後までダラダラと残っていると、後を引くのは難しくなってしまいます。

一次会だけ参加して帰ると、中には「どうして二次会に行かないんだろう?」と気にかけてくれる男子もいます。

飲み会を早く切り上げることで、帰る途中や帰宅後に男子から

  • 今日はあまり話せなくて残念
  • 今度2人でゆっくり飲みたい

このような連絡が来る可能性もありますよ。後を引くための戦略として二次会に行かず、一次会で切り上げるのも良いでしょう。

飲み会の最後までいると隙ができ、恋愛対象になりにくい

お酒が入って酔ってしまうと、隙ができやすいですよね。飲み会の最後までいればお酒がだいぶ進み、より隙を作りやすくなります。

隙がないよりも、ある女子の方がモテやすいですが、隙があり過ぎるとかえってモテません。隙だらけの女子は都合のいい女に見られやすく、軽い感じを与えてしまいます。

二次会、三次会と続いて夜遅い時間になれば、どんどん隙があると思われます。警戒心が薄いというイメージを与え、体の関係を期待する男子もいるでしょう。

飲み会の最後まで参加すれば、隙だらけになる可能性は高くなります。軽い女子に見られると、恋愛対象になりにくいので注意が必要です。

面倒と感じる男子も。「楽しければいい」と考えている人は要注意

飲み会に気になる男子がいたら、少しでも長く一緒にいたいと思いますよね。二次会があるなら、参加してもっと話したいと思うでしょう。

しかし、飲み会の最後まで参加し、終電がないような遅い時間まで過ごせば、

  • 朝までお酒に付き合うのは面倒
  • 他の人のことを考えていない

と思われる場合もあります。

周りのことを考えられない人とは、あまり一緒にいたくないですよね。男子にも同じように思う人がいます。注意しましょう。

また、もし付き合いたいほど好きな女子がいたら、男子は夜遅い時間に帰そうとは考えません。大切に思うなら、自分だけではなく、女子のこともきちんと考えます。飲み会で好きな女子が遅い時間までいると、心配になります。

ただ「その場が楽しければいい」と考えて飲み会の最後までいるなら、考えを改めましょう。

飲み会の最後まで残らず、一次会でサッと帰る方が好印象!

お酒が入るといつもよりテンションが上がり、話が弾むこともあるでしょう。しかし、「モテたい」「気になる人に好かれたい」と考えているなら、一次会でサッと切り上げましょう。

飲み会の最後まで参加しているとノリが良いと思われ、良い印象を持たれることもありますが、おすすめはしません。

ダラダラと飲み会の最後までいると、男子からガードがゆるいと思われる可能性があります。二次会、三次会と続いて飲み過ぎれば、隙ができ、男子は警戒心が薄いと感じてしまいます。

飲み会に参加している間は楽しみ、もし二次会に誘われたとしても思い切って断ってみましょう。最後まで残ることなく一次会で帰る方が、余韻が残り、印象は良くなりますよ。

この記事のタイトルとURLをコピーする
飲み会の最後まで残っている女子はモテない!敬遠される理由5選|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/motenailadys5200312/
ライター:さより

この記事をシェアする

関連記事

コメント