• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

脱毛したい女子必見!光、レーザー、電気針など様々な脱毛方法を紹介!

Date:2012.08.12

この記事のタイトルとURLをコピーする
脱毛したい女子必見!光、レーザー、電気針など様々な脱毛方法を紹介!|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/mudagemelit8359/

光、レーザー、電気針など様々な脱毛方法を紹介!

毎回の自己処理にうんざりしている人も多い「ムダ毛」処理。面倒くさいし肌は荒れ放題で、今年こそは!と考えている人も多いと思います。自己処理は早い段階で卒業した方が、その後の皮膚状態を早く改善してくれます。

エステや美容クリニックではほぼ永久的な脱毛ケアを受ける事が可能であり、また脱毛処理方法も自分のスタイルや好みに応じて施術する事が可能です。では、脱毛の種類にはどのようなものがあるのでしょうか。

フラッシュ/レーザーが主流、他には電気針も

現在とくに使用される処理方法としては、光脱毛やレーザー脱毛が主流のようですね。光脱毛とは、名のごとく光エネルギーを使って毛穴にダメージを与える事です。フラッシュ式という脱毛方式がこれにあたります。

ダメージを受けた毛穴は毛を再生させる力が衰えていき、次に再生した毛は細くて軟弱になります。レーザーもメカニズムはほとんど同じで、光の波長などが違うだけです。

それ以外にもニードル式と呼ばれる電気を使った脱毛方法があります。針を通して直接電気を通して毛穴を死滅させます。脱毛の歴史としては、この電気針を使ったものが一番長いようですね。これらの脱毛方法には、それぞれメリット・デメリットがあります。

脱毛方式によるメリット・デメリット

これらの光脱毛やレーザー脱毛のメリットは、肌質や個人差もありますが、従来の電気針と比較すると痛みがキツくないといった事や、フラッシュなどは美肌効果もあるといったところでしょうか。

価格もエステサロンと医療クリニックでは少々差がありますが、電気針を利用したニードル式と比較すると割りとお手頃のようです。

ただ、メラニン色素に作用する光エネルギーを使うため、色素沈着が原因のホクロやシミ、タトゥがある部位には火傷やかさぶたなどになる可能性があり使えません。

また、色素が弱い細い産毛には反応しづらく効果が出にくいというデメリットもあります。電気針の場合は、ピッカーと呼ばれるピンセットで、毛をダイレクトに抜くために毛質の細いムダ毛までしっかり処理する事が可能です。永久性も一番高い方法です。

しかし、毛を1本1本処理していくため、時間も費用も一番かかってしまう脱毛方法です。なにより強烈な痛みが一番のデメリットとなるでしょう。

これらの特徴を理解して、ムダ毛が最初の濃い段階ではフラッシュやレーザー、産毛になり始めたら電気針脱毛と切り替えるのがいい方法かもしれません。

この記事のタイトルとURLをコピーする
脱毛したい女子必見!光、レーザー、電気針など様々な脱毛方法を紹介!|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/mudagemelit8359/

この記事をシェアする

関連記事

コメント