• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

和の文化を身につけ、しっとりとした大人の女性になる為の和の習い事

Date:2012.10.26

この記事のタイトルとURLをコピーする
和の文化を身につけ、しっとりとした大人の女性になる為の和の習い事|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/naraigotojosei23030/

英会話やフラワーアレンジメント、ワインの講習会などOLさんや主婦の習い事はたくさんありますね。でも、意外と「和」の習い事をしている人は少ないのではないでしょうか?「和」の習い事はそれほど知られていないのかもしれませんね。

日本の伝統的な習い事といって浮かぶのは、華道や茶道、書道、着付けといったところでしょうか?どれも花嫁修業的な内容ですね。そのせいか、華道や茶道などは精神的にも落ち着き、おしとやかな女性になった気分になれます。それだけでなく、所作やしぐさも、自然と女性らしさが身につきます。

日本の伝統文化はとても美しく、見ているだけでも心が和みます。それを自分でもやってみるのは、内面からの女性らしさ、というのも備わると思いますよ。今回は特に、こんな習い事もあるんだ!というものを集めてみました。

室礼(しつらい)

室礼とは、季節や人生の節目に合わせた書や花、物などを飾って楽しむものです。始まりは、旬の初物をお盆やまな板などに盛って、自然界やご先祖様に感謝の気持ちを捧げることだったそうです。

お稽古は、その日の題材が与えられ、自由に飾りつけ、それを鑑賞し合う、といったカタチが多いようです。3月だったらハマグリにひなあられ、5月だったら兜とタケノコ、菖蒲酒などそれぞれの物には意味があり、それを学ぶこともできますよ。季節ごとに飾りつけをていねいにされているお宅はとても素敵ですね。

日本刺繍

着物の帯や袱紗、バッグなどに刺繍を施すことができたら素晴らしいですね。でもそれって職人さんしかできないのでは?と思ってしまいますね。でも、基本から学んでいくとそれも夢ではなくなります。

菊や桜、菖蒲など季節感のある花々が刺繍で施されている様は、とても美しいです。それはオリジナルなのですから、なおのこと素敵です。絹糸はとても美しくたおやか。器用でも不器用でも好きこそものの上手なれ、です。

書道

書道については子どもの頃習っていた、という人も少なくないでしょう。しかし、大人になってからの書道はもっと自由で、字を描く事を楽しめると思いますよ。

まずはお手本を見ながら、楷書、行書、草書へと習っていきますが、教室によっては言葉の意味や文字にこだわったり、好きな書家にこだわって書くことを学んでいくスタイルもあります。文字を集中して書くことで、精神統一もでき、ストレス解消にもなるとOLさんたちの間でも人気の習い事なんですよ。

日本画

日本の伝統的な技法や様式に従って、主に毛筆で描く絵が日本画です。絹や和紙などに描く日本画は、独特の趣があり、心を和ませてくれますね。

桜やアヤメ、桔梗など日本の代表的な花を日本画で描くことができたら、さらに花の美しさや花の持つ個性を表現することができるでしょう。季節によって題材もさまざまなものがあります。日本の四季を心から楽しむこともできますね。

盆栽

盆栽はお年寄りが楽しむだけのものではありません。草花を使って寄せ植えにしてみたり、モダンな鉢を使ったりして、女性らしいおしゃれな盆栽を楽しむことができます。松やもみじ、雪割草、さまざまな自然の植物に触れると、心もキレイになっていくよう。

植物の成長過程や花が開くのを見るのは、心の栄養にもなりますね。盆栽というとお金がたくさんかかると言われますが、若木などを利用して低価格で学べる教室もあります。マンションやベランダなど限られたスペースでも楽しむことができるのもうれしいですね。

金繕い

金繕いとは、割れたり、欠けてしまった瀬戸物の器などを漆で繕い、その継ぎ目を金や銀、プラチナなどでキレイに仕上げる技術のことです。大切にしていた食器やグラスを美しくデザインしてよみがえらせることができるのはすごいです。

ワンポイントに見せるか、「ん?なんか間違って塗ってある?」と思われるかはその人のセンスによるもの。不器用でも大丈夫ですよ。使い捨ての時代とも言われますが、物を大切に、長く使うのはエコにもなるし、その心をなくしたくないですね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
和の文化を身につけ、しっとりとした大人の女性になる為の和の習い事|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/naraigotojosei23030/
ライター:咲 聖美

この記事をシェアする

関連記事

コメント