• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

最近物忘れがひどいのは年のせい?脳のアンチエイジングの秘訣

Date:2012.10.05

この記事のタイトルとURLをコピーする
最近物忘れがひどいのは年のせい?脳のアンチエイジングの秘訣|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/nouantieijingu69584/

あの女優さんの名前が思い出せない、あの食べ物なんていうんだっけ?昨夜何を食べたかな?なんて思い出せないことが多くなっていませんか?なかなか思い出せない、思い出すのに時間がかかる、というのは疲れていることも原因ですが、脳の働きが衰えている証拠かもしれません。

誰でも年を取ると、物忘れがひどくなりますよね。でも脳も体を同じようにケアをすることで、衰えのスピードを遅くすることが可能です。体だけでなく、脳のアンチエイジングをしていきたいですね。脳を若返らせる方法やコツ、秘訣はどんなものがあるでしょう?

何事にも関心を持つこと

何かを感じたり、考えたり、意識して生活することは脳にとって大切なアンチエイジングになります。若い頃は物覚えもよかったのに、年を取ると物覚えも悪くなる、と言われますね。

それは、脳細胞の数も減ってくるので仕方ないことですが、若い頃は「それをしなければならない」という目標があったため、いやでも脳を働かせていたのです。

年を取ると、無理に何かを覚えなければいけない、しなければいけない、ということが減っていきますね。そうすると脳も怠惰になり、働かなくなってしまいます。年を取っても、何かに関心を持ったり、興味を持って生活することが大切なのです。いつも何かを感じて、考えて生活するようにしましょう。

数字や漢字に弱くなった

年を取ると目が悪くなったりして読書をやめてしまったり、計算する機会もなくなるので当然計算もしなくなります。すると脳も使われなくなるので、衰えてきますよね。

脳トレなどは脳を使うトレーニングですよね。日頃から新聞を読んだり、興味のある本を読んだり、脳を使うことをやめないでおきましょう。

ときめきが脳を若返らせる

何も感じず、心が動かされない日々を送っていると、脳も委縮してしまいます。誰かを愛しいと思う気持ち、何かを大切にしたいと思う気持ちは脳のアンチエイジングにもとても大切なことです。

恋をすると女性ホルモンの分泌が増え女性らしさが増すように、脳にもいい影響を与えます。恋のようなときめき、家族への愛情など心が動かされることが、脳を若々しく保つと言われています。

程度な運動

体を動かすことは頭も使うと思いませんか?筋力トレーニングでもただ腕を動かすのではなく、ここの筋肉を意識しながら動かす、ということを考えながら行うとより効果的ですね。

また、ダンスなどはインストラクターの動きを見て、それを真似して体を動かすのですから、嫌でも頭を使います。運動は体も頭も使いますから、とてもいい脳のトレーニングになるのです。

ブレインフーズを食べる

脳を活性化させ、集中力や意欲を高める働きがあるものをブレインフーズといいます。脳の血流を改善するDHAやイチョウの葉エキス、ホスファチジルセリン、活性酸を取り除くアスタキサンチン、ポリフェノール、コエンザイムQ10、脳細胞を活性化するギャバやアミノ酸などの成分を多く含む食べ物を積極的に食べることで、脳のアンチエイジングにつながります。

赤ワインやウコン、サバやイワシ、ぶりなどの青背魚、ピーナッツやアーモンド、うなぎなどが脳にいいと言われています。これらの食べ物を日常生活の中で積極的に摂っていきましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
最近物忘れがひどいのは年のせい?脳のアンチエイジングの秘訣|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/nouantieijingu69584/
ライター:咲 聖美

この記事をシェアする

関連記事

コメント