• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

洞察力・決断力・忘却力を鍛えて恋愛脳へシフトして理想の彼氏を見つけよう

Date:2012.08.08

この記事のタイトルとURLをコピーする
洞察力・決断力・忘却力を鍛えて恋愛脳へシフトして理想の彼氏を見つけよう|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/renainou8181/

脳は身体と同じで、使わないと衰えます。洞察力や決断力、そして忘却力。これらは充実した生活をするために常に鍛えておきたいところです。

もちろん、これらを鍛える事によって、自然と恋愛力もアップしますし、夫婦の場合も家庭円満のカギとなります。

洞察力アップでKY力を高める

「空気が読めない奴」というレッテルを貼られていませんか?別に「空気」なんて人それぞれですし、あまりにも気を使いすぎて周りを気にし過ぎるのはどうかと思います。

しかし、毎回違う人から指摘されたり、自分の空気の読めなさにうんざりしている状況なら、これは改善しないといけないかもしれません。女性の脳は左右の脳を繋ぐ脳梁が太く、情報伝達が早いのが特徴です。

本来ならちょっとした顔色や言葉使いから相手の状況を素早く理解できます。また、女性ホルモンの働きで洞察力や共感力にも長けているために、相手に対する記憶力、例えばこれが嫌いだった、いつも髪を気にしているなどの情報を蓄える力が強いのです。

ですので、本気で空気が読めないと行った場合は、この女性ホルモンのバランスが崩れているのかもしれません。このような場合は、しっかりと睡眠を取る、リラックスできる時間を作るなどしてストレスを解消するようにします。

また、訓練として自分は聞き役として徹するという時間を作って下さい。長電話などは確かに女性にとってストレス解消の一番いい方法でもありますが、ここはなるべく聞き役に甘んじてみましょう。

決断力アップで優柔不断キャラから撤廃!

優柔不断で「どうしよう・・・」と悩んでいる姿は、人にとっては愛らしく映ります。実際にそのようなタイプの人は決定権を男性に委ねる傾向が強く、そのような女性を好きな人もいます。

しかし、日常生活でボヤボヤ悩んでいる間にチャンスはいくらでも取り逃がしてしまいますし、毎回優柔不断では周りもうんざりしますよね!人の決断力を支えているのは、「正しいか否か」という理論的な部分と、「好きか嫌いか」という直感的な部分です。

これを瞬時に頭でイメージできる人は決断力があるのです。イメージができないから迷うだけなので、この場合は右脳の処理に問題があると言う事になります。このような場合は、もう訓練するしかありません。

レストランや居酒屋でスパッとメニューを決める訓練や、服を買う時にもあれこれ迷ったりしないで、気に入ったものがあれば1件目で決めてしまうなどです。

選択ミスの場合には多少リスクがある訓練方法ですが、リスクがあるからこそ脳は短い時間で必死に決定しようという力が働きます。

忘却力、たまには忘れる事も大切です!

嫌な事があってクヨクヨ悩む、ミスをしてさらに悩むという悩みのスパイラルから抜け出せずにしんどい思いをしていませんか?誰にでも嫌な事やミスはあります。ひとつ違うのは、脳の忘却力が高いかどうかです。

ここでいう忘却力とは、当然必要な事を忘れるというもの忘れとは違います。辛い情報や記憶を意識からシャットアウトさせ、忘れさせようとする力の事です。

ネガティブな気分をズルズルと引きずりやすい人は、この忘却力を機能させるスイッチがうまく入らないだけです。このような人は、最初の訓練としてその嫌な内容をノートやメモなどに思いっきり殴り書いてみてはいかがでしょうか。

さらに書いたあと、ビリビリにやぶってゴミ箱へポイ!「はい、忘れた忘れた~♪」と言いながら処分してしまいましょう。ここで無理に忘れなくても結構です。脳は言葉の暗示に騙されやすく、口に出して「忘れた~」と言うだけでも効果があります。

さらにそこに本当に紙を破って捨てるという行為まで入りますから、かなり脳には影響があるはずですよ!ちなみにこのトレーニングが慣れてきたら、実際に紙に書いて破り捨てなくても、そのうち頭の中でイメージするだけで同じ効果が出るようになります。

この記事のタイトルとURLをコピーする
洞察力・決断力・忘却力を鍛えて恋愛脳へシフトして理想の彼氏を見つけよう|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/renainou8181/

この記事をシェアする

関連記事

コメント