• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

経済面で我慢して離婚しない!本当にそれが得策か経済面で検証

Date:2012.06.07

この記事のタイトルとURLをコピーする
経済面で我慢して離婚しない!本当にそれが得策か経済面で検証|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/rikonkeizai8253/

もうこの人とはやっていけない…そう感じたことがありますか?ありますね。長い結婚牢獄生活より新しい人生の1歩を踏み出す女性も多いでしょう。しかし、希望に満ちたはずの新生活、何が必要かって、正直お金です。

お金がないと「食べる」という最低限の幸せもないのです。背に腹は代えられません。普段から、今の離婚が経済面で得策かどうか考えてみるのも、イザという時のために悪くはないでしょう。

離婚でからむ3つのお金

「離婚したらお金をもらって、生活も保障されて…」世の中そんな甘いわけはないです。離婚には、準備が必要。何の準備か?もちろん経済面の準備です。これなしに明るい離婚も、がまんできる結婚生活もあり得ません。

離婚にからむ3つのお金は

  • 慰謝料…相手から浮気、暴力など肉体的または精神的に苦痛を与えられた場合に請求できます。性格の不一致 という理由では慰謝料は0です。
  • 財産分与…それまで夫婦でいる間に築いてきた財産です。家や車などの固定資産、貯蓄などです。
  • 養育費(子どもがいる場合)…子どもの扶養、教育等のお金です。

たったこの3つ。別居の場合ならば、婚姻関係の義務として生活費をいただけますが、修復不可能の離婚でしかも夫に責任がない場合は妻の生活費まで夫が面倒を見る義務はないのです。

慰謝料

自分には全く落ち度がないのに、相手の浮気や暴力などによって離婚する場合、慰謝料を請求できます。 

金額は、芸能人の離婚で億単位の金額を耳にしますが、それは時別。一般家庭では、多くても400万円ほどです。平均で200万円ともいわれますが、婚姻関係の長さやその間の関係で変わってきます。

法的に「この金額でなければいけない」という決まりはありません。ただ相手との話がかみ合わない場合は裁判になるもの覚悟してください。

財産分与

財産分与では、基本的に平等にわけるのですが、慰謝料を相手が払えない場合は不動産などを慰謝料として財産分与に含み受け取ることができます。

しかし、資産のみならず、婚姻関係の間に発生した「借金」も平等に分与されます。なので、慰謝料より借金が多いなら「財産分与は放棄」する選択も迫られます。

また離婚時にこの分与がちゃんと決まっていない場合は、離婚成立後2年以内ならば続けて協議できます。

しかしこの「財産分与」は独身時代に購入したものは含まれませんし、何かともめる原因になるらしく、やっかい…。もめたら弁護士さんにお願いするのもよさそう。

養育費

養育費とは、この子どもが親の離婚によって金銭的な不幸にならないためのお金。しかし、離婚した夫婦の58%が取り決めていない、取り決めたうちの35%が書面で残していないという、片手落ち。

これではせっかく親権をとれても安心して子育てができません。ちなみにこの養育費は、夫と妻の年収、年齢、子どもの数、年齢等によって違ってきますが、一般的には子ども一人につき2〜6万円です。

しかも養育費を払わない、または支払を途中放棄してしまう男性の多いこと。「子どもはかわいいし、子どもに責任はない」などと言って、実際に払うのは最初の半年間だけで音信不通という話をよく耳にします。

しっかり調べて書面で残さないとソンします。

離婚は得?

サラリーマンの妻、専業主婦で結婚生活10年、子ども2人、性格の不一致で離婚という場合。正直言うと、経済的にはかなりのダメージを覚悟しましょう。

その後の正社員としての仕事があるか、子どもの養育費を夫がどれほど出してくれるのか、住む家はあるか、という基本的なことまで考えて、周到に用意しないと離婚はソンをします。

たった200万の慰謝料、ローンの残った家(負債もついてきます)、養育費が月に4万円。これでは、生活していけませんね。離婚は女性にとって「経済的にソン」だと自覚しましょう。

しかし、それでももう夫とはいられない、という気持ちもわかります。そのためには、本やネットで法律を学び、賢く離婚することが必要です。子どもがいるなら尚更です。

決して「1秒でも早く離婚したい」という思いにかられないように。時間をかけても、ソンにならない元気な離婚を実践するすべきです。

女性は強いものです。最低限のお金と友だち、守るべき愛する人がいれば少々のことでは、へこたれません。

筆者個人の意見ですが、鎖でつながれたような苦しい結婚生活に我慢するより、一歩踏み出した方が、輝けると思います。しかし、そのためには、準備をしっかり忘れずに。

この記事のタイトルとURLをコピーする
経済面で我慢して離婚しない!本当にそれが得策か経済面で検証|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/rikonkeizai8253/

この記事をシェアする

関連記事

コメント