• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

「同業種の先輩男子」と恋愛すれば長持ちする4つのワケ

Date:2012.10.22

この記事のタイトルとURLをコピーする
「同業種の先輩男子」と恋愛すれば長持ちする4つのワケ|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/sennpairenai37043/

(1)リアルに会える機会が多い

同業種の人はだいたい同じ時間帯に起きて同じ時間帯に仕事をして、同じ時間帯に仕事を終えます。

ドカタの方とスナックのママの恋の話を聞くとすれ違いばかりです。ドカタの方は朝の4時に起きて、自分で弁当を作って5時に家を出ます。家を出る時に酔っぱらったママは家に帰って寝る支度をしています。延々とすれ違いです。

同業種は、なにをするにしても同じ時間帯です。まるで学校時代の合宿の延長のように。生活をしている時間帯が同じであるというのは、つきあっていてすごく安心感があります。

また、リアルに出会える機会が多いもの。これは、なかなか別れられない心地よさです。どれだけ相手のことが好きであっても、時間帯がすれ違うとなると、潜在的にストレスが溜まります。

(2)会話がカユイところに手が届いき、心地よい

「あれ、4つ入れた?」「ううん、2つにした。あそこにも入れておいた」「Good Job!」これだけで同業種というものは会話が成立をします。しかも他人には分からない会話をしている優越感がそこにはあります。

しかも相手は会話をわかってくれる先輩です。こっちが相手にあれこれとゼロから説明をする必要もなく、相手もあなたが業界用語で会話がわかってくれるであろうという安心感のもとで話をしているという、この余裕っぷり!恋が続かないわけがないのです。

イヤなことがあれば、共通の知り合い(課長とか仕事が妙に遅い庶務の佐藤さんとか)の悪口をお互いで言い合えばいいのです。しかも相手は先輩ですから「おい、裕子、それいいすぎだぞ」とか、なんとか言ってたしなめられたら、もう胸キュンでしょう。裕子って誰??

(3)なぐさめ方がリアルである

仕事で失敗したり、自分が嫌になって「自分探しするから、裕子、会社を辞めるもん!」というときに、他業種の先輩男子であればなぐさめかたが妙によそよそしいこともあります。

結局のところ、学校を卒業してみんなそれぞれの業種に散らばると、その業種にいないとわからないことってたくさんあるから、どれだけ想像力をかきたてたところで、相手の悩みがよくわからないということもあるのです。

オトコはエステに勤務している女性の悩みはよくわかりません。販売ノルマがあってきついから辞めたいと言ったところで、販売ノルマはオトコ的には営業ノルマと同じでピンとこないでしょう。

人を騙すようなセールストークを使うのがイヤで辞めたいとか、具体的なところに話が落ちるまで、会話は平行線です。同業種先輩男子は、あなたの悩みはすべてお見通し。

あなたが100%納得して悩みが解決して「この先輩男子、やっぱり私のことすべてわかってくれてる!」と思うまで、なぐさめてくれます。こういうきっかけで付き合い始めたら、それは上手くいくこともあるし、失敗に終わることもあります。

こういうの、オトコへのある種の幻想ですし、オトコはオンナが幻想を見るとわかって、親身になっているのです。ここ、気をつけるところです。

(4)志向性が似ているので肌があう確率が高い

男女の肌が合う、合わないというのは、偶然の相性もありますし、異業種のほうが肌が合うという人もたくさんいると思います。清楚なOLさんが汗臭いマッチョなドカタに抱かれたいと熱望するように。

この項目は一般論になりますが、同業種の人って似たような志向性を持っているので肌が合いやすい傾向にあります。

やんちゃですべての行動がせっかちな人って、あまり三菱東京UFJ銀行に就職しませんよね?冷静沈着でやることなすことすべてが細やかな人が就職しますよね?

そういう2人は、お互いにガサツなエッチを求めていないと思います。ベッドの上でも繊細に感覚を研ぎ澄まして、注意深く相手の反応を見ながらコトを進めると思います。

そういう2人がエッチをしたら、お互いに息があって、結果的に肌があって良かったということもあります。

「イヤ、私は昼間は銀行の中で清楚で大人しいふりをしているから、ベッドの上くらいではドカタに激しく愛されたい。もうとにかく壊れるほどに…」という女性にはまったく当てはまらない話でして…すみません。

この記事のタイトルとURLをコピーする
「同業種の先輩男子」と恋愛すれば長持ちする4つのワケ|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/sennpairenai37043/

この記事をシェアする

関連記事

コメント