• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

節約オシャレの強い味方!福袋を買って失敗しない・成功するコツ8つ

Date:2012.10.08

この記事のタイトルとURLをコピーする
節約オシャレの強い味方!福袋を買って失敗しない・成功するコツ8つ|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/setuyakuoshare4476/

福袋というと「お正月に買うもの」というイメージがありましたが、最近ではネットなどでは夏のセール前などにも、福袋が出ていることも多いですね。福袋は中身が選べないことが多く、選べる場合はお得感が薄くなってしまうのが、難点。

これまで福袋で「しまった・・・」と言う人も、福袋を活用して、オシャレを楽しむための、ちょっとしたコツを実践してみて。

その1:狙い目福袋は、お正月のアウトレット

いつもオシャレで福袋の達人と言われているある友人は毎年、お正月の1日に発売されるアウトレットで売り出される福袋の大ファン。私も大好きです。なぜなら・・・中には強烈にお得な物があるから。

通常の福袋は、定価の3~5倍程度の金額の物が多いですが、アウトレットの中には10倍以上になる福袋が。

アウトレット商品のお客さん向けなので、通常のお得さより、よりお得な物が多いのが特徴。またファストファッションの物より良い品が、同じくらいかそれ以下で買えちゃうのも魅力。オススメは5,000円くらいの物を複数購入すること。

ただし、人気の物は開店すぐになくなるので、事前に並んだりする必要があります。初詣に行った勢いで、そのまま並ぶつもりで、ゲットが一番良いようです。

夏物は意外に単価が安いので、枚数が必要なければ気に入った物を狙ってセールで購入しても。買うなら3,000~5,000円までの安い福袋や、デニムなどの物が狙い目。

その2:服だけじゃなく、アクセやバックもゲット

アウトレットモールや、ファッションビルには、バックやアクセサリーの専門店があるので、そうした店も活用。

バックは実はオシャレのポイントになりますが、いつもロゴ入りのブランドバックを持っているのは、実はあまりオシャレに見えないという意見も・・・。

また定価の安いバックでは、特に30代以降は貧相に見えることもあるので、良い物を安く手に入れるためにも、福袋はかなりのチャンス。

バックなどは、使いにくい物も入っていることもありますが、小さめバックなどはオシャレな店でのランチや、ディナー用に、書類が入るようなサイズの物は、通勤や幼稚園や学校へ行くときになど、用途を分けて考えると、使えるシーンも増えるはず。

また、ショップによっては服だけではなく、扱っている品物がトータルで全て入っていて、バック・アクセ、ストールなどもゲットできるので、そうしたショップを狙うのも賢い利用法。

その3:オシャレに自信がない人は、コーディネート福袋を狙ってみる

最近の福袋の傾向は、全身コーデになっている物が多いのも特徴。また袋ごとでテイストが違うブランドもあるので、中味のテイストが違うなら、気に入ったお店の物を複数ゲットする方法も。

自分でコーデを考えるのが苦手なコーデ音痴さんは、こうしたコーデ物を探してみましょう。

ショップの人に、並ぶ前に中味の傾向(同じようなコーデが多いのか、テイストが違うのかなど)を聞くと、結構詳しく教えてくれるので、是非確認して。

また、服だけを見るとイマイチな物でも、着てみると案外良く見える商品が、入っている確率も高いので、買った後で試着してみることは忘れずに。

その4:事前に、昨年までの中味などの情報はチェックすべし

またカジュアルな物中心のイメージがあるのショップでも、意外にワンピやカシミア入りの白いコートなど、かなりクラス感のある商品(値が張るもの)が、入っている場合もあるので、こうしたお得な商品が入っているブランドの情報を手に入れて。

ブランドのイメージから、少し離れた物が意外に入っていたりするので、ちょっと外れたところを、あえて狙うのもポイント。(恐らく普段の客層が買わないため福袋に)

友人に聞くほか、ネットなどでも、福袋の中身を紹介している人も多いので、福袋をどこで買うのか、こまめに見て、事前に情報を仕入れておきましょう。

その5:福袋は着れない物が多いと言う人はショップの特徴やサイズをリサーチ

こだわりがあって、気に入らないから着なかった、サイズが合わない・・という話はよく聞きます。が、達人は事前にリサーチしています。

普段の時期にちゃんとお店に行き、ブランドごとの商品のイメージや価格帯を調べて、気に入った物を試着してみて、ブランドごとのサイズなどの違い、傾向の違いを把握した上で、福袋をゲットしたい内容の店を決めるようです。

特にスカートやパンツ類などは、試着して確認しておくと失敗が減ります。デニムなども形が違うと、履いた時に感じるサイズ感が違うので、細身のデニム入りならワンサイズ大きめなど、細かくチェックすると、失敗が減りますね。

その6:買った福袋はすぐにチェックすべし

売り切れるまでに余裕があるようなら、1つ買ったらカフェなどで中味を確認すること。カブリそうな福袋を複数買ってしまったり、トップスばかり、合うボトムがないなどが防げます。

達人は必ずチェックしてから、コーデに足りない靴などのアイテムや、バックが入っていれば買わないなど、無駄にならないようにしているようです。

その7:友人や姉妹、親子などで福袋を分ける

サイズを調べてもやっぱり少し大きすぎたり、小さすぎたりすることもある福袋。他にもちょっとかわいすぎて・・・とか、老けて見えるなど、買う人によって感じることもさまざま。

そんな時は、自分と少し体型が違ったり(大きめ・小さめ)、年齢や趣味の違う人に、事前に声をかけて福袋をシェアするという方法も。半分こにする、着れない物をお互いに交換するなど、上手にシェアしてみては?

その8:体型をキープする

背が小さい・大きいなどで、サイズフリーでは合わない体型の人は、体型に合ったショップの物を探すのが基本ですが、やはり着たいショップの服が普通に着られるように、体型維持することは欠かせません。

オシャレでいるためには努力も必要ですね。耳が痛いけど、頑張ろう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
節約オシャレの強い味方!福袋を買って失敗しない・成功するコツ8つ|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/setuyakuoshare4476/

この記事をシェアする

関連記事

コメント