• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

子供を産む年齢に適齢期ってある?それぞれの長所短所とは

Date:2012.08.30

この記事のタイトルとURLをコピーする
子供を産む年齢に適齢期ってある?それぞれの長所短所とは|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/shusantekire71913/

あなたは20代で子供を産みたいですか?それともまだまだ先でいいと思っていますか?

先日、東京都の女性の平均初婚年齢が始めて30歳を超えたというニュースを見ました。ちなみに30年前は24歳だったそうですが、ついにこんな時代が来たかという印象でした。

理想の相手になかなか巡り合えなくてとか、仕事が順調で踏ん切りがつかなくて…など結婚を先送りする理由はさまざまでしょうが、昔と比べて「出産リミット年齢」の高齢化も晩婚化に拍車をかけているように思われます。

一昔前は35歳がリミットと言われていました。しかし今ではそのリミット年齢も42歳くらいでしょうか。

芸能人を見ても、アラフォーで初産というのも珍しくなくなった気がします。しかし20歳そこそこでデキ婚というのもまたよく聞く話。

まあ、できてしまったものは産むしかないのでしょうし、欲しくてもなかなか授からず不妊治療の末にやっと妊娠したらすでにアラフォーだったということもあるでしょう。

そして一般人の私の周りにも若くして産んだ人や、オーバー35、いわゆる高齢出産の人といろいろなお母さんたちがいるわけですが、彼女たちと話をしているとどちらも一長一短だなあと感じます。単に若ければいいというわけでもないようです。

早く産むか遅く産むか…。選択できない場合も多々ありますが、人生の一大イベントである「出産」を「自分の人生」のいつに組み入れるのか。私が感じたそれぞれのメリット・デメリットをまとめてみましたので、参考にしてみてください。

早く産む(25歳前の出産)メリット・デメリット

メリット

  • 子供が大きくなったとき、参観日に来てくれるお母さんが若いと嬉しい。
  • 体力のある20代のうちに子育てができる。
  • 自分の親もまだ若いので子育てに協力してもらえる。
  • 子供が成長して手がかからなくなる頃でもまだ自分は若いので、仕事を探す際、年齢制限にひっかからない。

デメリット

  • 夫も若くて未熟なことが多いため、出産後子育ての協力が得られずに離婚に至るケースがある。
  • 友人たちが仕事や恋愛で20代を謳歌しているときに、自分は子育てにあけくれることになる。
  • 社会人経験があまりないまま家庭に入って子育てに専念していたため、子育てが一段落し、いざ再就職をと思っても単純な仕事しかできない可能性が。
  • 早くに結婚しているため、自分の貯金はゼロに等しく夫の給料だけが頼り。

遅く産む(35歳以上)メリット・デメリット

メリット

  • 出産まで十分に働いて稼いでいるため、貯金がある。
  • 仕事の経験が豊富にあるので、出産後も事情が許せば早めの職場復帰が可能。また一旦辞めてしまった場合でも、子育てが一段落して再就職先を探す際、経験を生かした仕事を見つけられる可能性が高い。
  • 自分が精神的に大人になってからの子育てになるため、ゆとりを持って子供と接することができる。

デメリット

  • 高齢出産というリスク。
  • 自分よりもかなり若いママ友達と付き合わなければならなくなる。
  • 幼稚園、保育園、小学校と保護者と関わる中で、周りは皆自分より若いということへの引け目が少なからずあるということ。

結論

上記メリット・デメリットから現代女性の社会進出事情などを考慮した上で出産適齢期を考えると、29~34歳くらいがちょうどいいのではないかということになります。

出産までにある程度働いていますので、お金もあります。仕事の経験もできてきているので、子育てが一段落した後の再就職も20代前半出産組よりは有利です。そして周りのママ友達とも同世代のため、気楽です。

これから自分の人生設計を考える女性は参考にしてみてください。まあ、早く産んだにせよ遅く産んだにせよ、要は自分が幸せならそれでいいのですが。

この記事のタイトルとURLをコピーする
子供を産む年齢に適齢期ってある?それぞれの長所短所とは|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/shusantekire71913/

この記事をシェアする

関連記事

コメント一覧

  • みんと

    29歳で第一子出産だと遅い気がします。また、遅く産むのデメリットがそんな可愛いものではないと思います。

    返信

コメント