• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

実はそう難しい問題ではありません!ヨーロッパ発「テレビなし教育」

Date:2012.10.13

この記事のタイトルとURLをコピーする
実はそう難しい問題ではありません!ヨーロッパ発「テレビなし教育」|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/terebikyouiku59052/

現在6歳の息子はテレビを見ません。家で全くテレビを見ずに今まで過ごしました。アニメのキャラクターは知りませんが、花や虫の名前、歴史上の人物について大人顔負けの知識があります。

テレビがなくとも、子どもには情報が入ります。子育て先進国ドイツのテレビなし育児、体験してみませんか。

テレビは情報が多すぎる

テレビの情報量は目をみはります。チャンネルごとに時間ごとに情報が入ります。大人ですらその切り替えについていけません。頭を整理する前に次の番組、情報が始まるからです。

以前に、日本のテレビで「戸籍のない子ども」というリアルに深刻なニュースの直後に、芸能人のスキャンダル騒動のニュースが始まりました。

「戸籍のない子ども」に対する自分なりの意見をまとめることも、考えることすらできません。大人ですらこうなのです。これがまだキャパシティの少ない子どもにとっては「混乱」を招くだけです。

テレビは画一的すぎる

テレビは画一的ゆえに、情報の重さや軽さがわかりません。子どもにとってはテロで人が亡くなるニュースと、アニメで人が死ぬ場面の重さが同等になりかねません。現象そのものは同じという理解になってしまいます。

さらに場面を切り取った写しかたが多いので「日本は寿司を家庭でつくって、着物の女性が街を歩いて・・・」などと、その画面から得た情報が全ての情報になってしまいます。これは恐ろしい固定観念を子どもに植え付ける結果になります。

テレビは簡単すぎる

テレビで見ると全てが簡単に見えます。

例えばサッカーの試合でも「まったく、あの下手な選手、またゴールを外して」とワールドカップレベルの選手に対してすらそう思ってしまうことがあります。しかし実際にそのなかで自分もプレーしたらついていけるはずもないのです。

テレビで見ると、何事も簡単にできそうな錯覚を起こします。子どもにも同様に作用します。だから働くことへの尊敬や努力の価値がわからなくなります。

テレビなし育児 ドイツ編

ドイツではシュタイナー教育が広く浸透しています。この教育ではテレビは小学校にあがってしばらくたつまでは見せません。小さい時ほど「経験」を大切にします。

テレビがなくて、どうやって過ごすの?という意見を聞きますが、子どもと一緒に過ごせばいいのです。例えば日本だとママが夕飯の準備の時にテレビを見せて静かにさせておく、という話をよく聞きます。そうしないとはかどらない、と。

しかし、スローな考え方をしてみませんか。はかどらなくても、一緒にお夕飯お用意をしたらどうでしょう。子どもは強制ではない「仕事」を与えられることが大好きです。テレビの代わりに一緒にお夕飯の用意をすることは子どもにとっても楽しいはずです。

ここで、子どもがお皿を割る、上手に切れない、油を飛ばす、など気にいらないことがあっても、あえて叱りすぎないように注意しましょう。リラックスして楽しく一緒に、が基本です。

普段もママと一緒に家事をする習慣ができれば、テレビの前に座りたがることも自然と減るはずです。

ママもテレビを控えて

テレビなし育児はいいと思うのだけれど、自分も見たいし・・・という声も聞きます。ママが興味深くテレビを見れば、当然子ども興味を持ちます。ママもテレビを控えることが大切です。

この機会に新聞を隅から隅まで読んでみる、など代替で楽しみを探しましょう。またママは子どもが寝ている間にこっそりテレビをみましょうね。

私の場合

私の場合はずっとテレビなし育児だったので、息子も見たがりません。しかし祖母の家では常にテレビがついている状態です。すると家で興味のないテレビも、祖母の家では食い入るように見入っています。

環境は本当に大切です。ママがテレビなし育児をしたかったらパパの理解も必要です。

テレビは嘘があるからつまらないと我が家の6歳児は言います。歴史は本当にあったから面白いのだそうです。古城めぐりや化石の発掘が好きで、ロマンの帆先は「昔あって今はない」ものです。まだ1年ほどはテレビを見せるつもりもありません。

テレビに育児を任せたらせっかくの目覚ましく成長する期間を見逃してしまいます。テレビなし育児は慣れることが第一歩。まずはママのテレビタイムから少なくしみましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
実はそう難しい問題ではありません!ヨーロッパ発「テレビなし教育」|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/terebikyouiku59052/
ライター:kazumit

この記事をシェアする

関連記事

コメント