• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

アラフォーからの年の差恋愛の極意、年下彼氏をトリコにする方法

Date:2019.10.15

この記事のタイトルとURLをコピーする
アラフォーからの年の差恋愛の極意、年下彼氏をトリコにする方法|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/tosisitakare7263/


最近では女性のほうが年上の、年の差カップルの芸能人をメディアで目にすることも増え、年の差恋愛が珍しくなくなりましたよね。

彼氏が10歳以上年下なんてよくあることになりましたが、いざ自分が年の差のある男性と付き合うことになったら、嬉しい反面、将来を考えるとうまくやっていけるのかどうか、不安になってしまうこともあるかもしれません。

今回の記事では、そんな不安を払拭するほどに年下彼氏をトリコにし、いつまでもラブラブなカップルでいられる極意をご紹介します。


年下彼氏をトリコにする!大人の女性ならではの魅力を再確認

アラフォー女性が出会いを求めても、同年代や少し年上の男性は、殆ど結婚しているし、かといって年が離れてすぎていると、相手がお爺ちゃんに見えてしまうし…と恋愛対象になる相手を見つけるのが難しいですよね。

その点、年下の男性であれば、気力も体力も将来性も恋愛相手として申し分ありませんが、20代~30代前半の、アラサー女性のライバルが多いのが悩みどころです。

しかし、そんな多くの女性の中から、あえて年上のあなたにアプローチしてきた年下彼氏ですから、あなたに若い女性には無いアラフォー女性ならではの魅力を感じているはず。

自分では気付いていない部分も、年下彼氏からすれば魅力的だったりするものです。大人の女性ならではの魅力を再確認してみましょう。

優しさと包容力

年下彼氏は、年上女性のならではの包容力に魅力を感じています。年上女性を好きになる男性は、「女性に甘えたい」という願望が強いので、人生経験に基づいた余裕のある、年上女性の懐の深さを魅力に感じているのです。

  • 思い切り甘えさせてほしい
  • 自分を見守っていてほしい
  • 自分を励ましてほしい
  • 自分を褒めてほしい

など、ともすれば母親に求める内容のような願望を持っている、マザコン傾向の男性ほど、自分の願望を叶えてくれそうな年上女性を好きになるのです。

落ち着いた雰囲気

一緒に居て、リラックスできる落ち着いた雰囲気は、年下彼氏が年上彼女に感じる魅力の1つです。若い女性のように、ワイワイ騒がしかったり、自分のワガママを要求してくることは無いので安心して一緒に居ることができます。

  • 彼女とはリラックスした時間を過ごしたい
  • 女性に癒しを求めている
  • 自分の話を聞いて欲しい

など、普段忙しい男性ほど、仕事のプレッシャーから解放された彼女とのデートでは、落ち着いた穏やかな時間を過ごしたいと考えています。そんな彼にとって、年上彼女の落ち着いた雰囲気は大きな魅力の1つなのです。

気が強くしっかりしている

いわゆる、強引な姉御肌タイプの女性の尻に敷かれたい…。と思っている年下男性も実は多いのをご存知ですか?あらゆる場面でグイグイと引っ張ってくれて、おせっかいなくらい面倒見が良い年上女性に魅力を感じてしまうのです。

  • 人見知りで交友関係が狭い
  • 優柔不断で決断力が無い
  • 自分の意見を言うのが苦手
  • 姉がいる環境で育った

など、自分から女性にアプローチするのが苦手な男性の中には、積極的な年上女性に振り回されたいという願望を持っている人も多いのです。

ギャップに惹かれる

普段は大人のお姉さん然とした、隙の無い雰囲気なのに、時々垣間見える、意外な一面とのギャップに魅力を感じる年下男性も多いのです。

  • 初々しく、感情表現が豊か
  • 時々、ドジな行動をする
  • お酒が入ると甘えてくる
  • 華奢なのにパワフルで行動的

など、普段のキャラからかけ離れているほど、その意外性があなたの魅力となっているのです。私のほうが年上だからしっかりしなくては…。と気負わなくても大丈夫。年下彼氏は、そんなあなたを「自分が守ってあげたい。」と思っているのです。

あせりは禁物。年下彼氏とのお付き合いで注意すべきポイント

年下彼氏とラブラブで幸せな毎日。しかし、長く付き合えば付き合うほど、これから年を重ねて「老い」と向き合っていかなければならない自分と、まだまだ気持ちも体も若い、年下彼氏との考え方のギャップが心配になってしまいますよね。

「彼は私との年の差を本当に気にしていないの?」
「彼が同年代の子や若い子を好きになって、振られたらどうしよう。」
「彼の親や友人に交際を反対されたらどうしよう。」
「彼は私との結婚を考えてくれているの?」

様々な不安を感じてしまうのは仕方ないことですが、ここは焦らずに大人の余裕でグッとこらえるのがベストです。焦りや不安から、年下彼氏を幻滅させるような行動を取らないためにも、注意すべきポイントを見てみましょう。

若作りに必死にならない

彼を若い女性に取られたらどうしようという不安から、若い女性と同じ土俵で張り合わないようにしましょう。

  • ヘアスタイルやメイクを若作りにする
  • 年相応ではないファッションをする
  • 言葉づかいや行動を子供っぽくする
  • 若者のトレンドを追いかける

など、自分もまだまだ若いということを彼にアピールするのは逆効果です。彼が好きになったのは「大人の女性」であるあなたであったことを忘れないようにしましょう。

年の差を強調しない

年下彼氏との恋愛では、様々な場面でジェネレーションギャップを感じてしまうのは仕方ないことです。

そんな時に卑屈になり「私はおばさんだから…。」とついつい言いたくもなりますが、何度も言ってしまうと、彼をゲンナリさせてしまうので注意しましょう。

彼は、あなたが年上であることを承知の上で好きになったのですから、卑屈に感じること自体が相手にも失礼です。気にせず堂々としていましょう。

ジェネレーションギャップを感じても、変に自虐ネタにしないで、相手に気付かせないようにさらりと流したほうがベターです。

彼の母親にならない

年上のあなたからすれば、年下彼氏は未熟な面も含めて、かわいくてしかたないものですが、心配のあまり世話を焼きすぎたり、甘やかしすぎるのは厳禁です。

いつしか母と息子のような関係になってしまうと、恋愛のドキドキ感が無くなり、彼もあなたを口うるさい母親のように感じ、うっとおしく思うようになってしまうのです。

彼を追い詰めない

結婚や出産を考えるアラフォー女性が、妊娠や出産のタイムリミットを気にするのは当然のことです。なるべく早く、彼との将来に向けての話をしたいと思っても、まだ若い彼の「結婚願望」がどの程度であるかを、日々のお付き合いから探らなければなりません。

ある日突然、感情を爆発させて「私との結婚は考えているの?」と決断を迫らないように気をつけましょう。

「結婚」というワードで追いつめずに、普段の会話の中で、将来についての話を自然にしながら彼のタイミングを待ちましょう。あなたのことを大切に思っているのなら、きっとあなたとの将来を考えてくれているはずです。

大人の女性ならではの余裕で年下彼氏といつまでもアツアツに

今回の記事では、アラフォー女性が年下彼氏をトリコにする極意をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?年下彼氏と上手に付き合うには、大人の女性ならではの余裕で「相手を育てるつもり」の付き合いをすることが大切です。

行き過ぎた世話や束縛には気をつけて、いつでも大らかに構えていることが、あなたの最大の魅力になるのです。年下彼氏を立てつつも、時には甘えさせたり甘えたりして、お互いを補い合うような良い関係をいつまでも保ってくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
アラフォーからの年の差恋愛の極意、年下彼氏をトリコにする方法|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/tosisitakare7263/
ライター:松元あみ

この記事をシェアする

関連記事

コメント