• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

クーラーなしでも頑張れる!?暑さを軽減させる工夫

Date:2013.07.12

夏は開放的な感じがして好きだけど、暑すぎるのがちょっと…そんな方も多いのではないでしょうか。そうですよね、夏は蒸暑く、じっとしていても玉のような汗がにじみ出てきてしまいます。

でも、節電のためにもクーラーの使用は最低限に済ませたいですよね。そんな貴女、ぜひともクーラーは最終手段にして、まずは自然に自分自身で涼しく居られるコツを学んでみませんか?

日常生活でちょっとした工夫をし、少しのことを心がけることで、暑さが軽減するのが実感できるはずですよ!

1. 食べる時間に気を配る

朝食と昼食は日が昇りきって暑さがピークになる前に済ませましょう。私たちの食欲も消化器官も涼しいときや寒いときよりも活発ではありません。

暑さがピークのときは一番働きが悪いのです。11時前には朝食も昼食も済ませてしまい、日が沈み始めてから軽い夕食をとりましょう。

2. 摂取するものに気を配る

唐辛子などを食べると身体の芯から熱くなりますよね。ダイエットには良いのですが、体温を上昇させてしまうので、涼しくいたいときには向いていません。辛いもの、スパイス、しょっぱいものなどは控えましょう。

また、ワイン、蒸留酒も避け、赤身の肉も少量に抑えてください。代わりに身体の熱をとってくれる、トマト、きゅうりなどの夏野菜を中心に野菜を沢山食べましょう。

3. 水分補給を忘れずに

一日に4〜6杯は水を飲みましょう。水を飲むことで体温を下げてくれる働きがあります。また、ココナッツウォーターはデトックス効果があることで人気が出ていますが、身体を冷やす効果があるので、お勧めです。

ココナッツウォーター同様、南国で取れたフルーツは体温を下げる効果がありますので、そのままかはちみつを少し入れてジュースを作ってみても良いでしょう。夏の風物詩スイカも水分がたっぷりで、体温を下げる効果もあります。

4. 暑さがピークの時間の外出を避ける

特に午前10時から午後3時の間は太陽熱が強く、1日でも本当に暑い時間帯です。どうしても外出をしなくてはいけないというわけでなければ、この時間は屋内で過ごすようにしましょう。

もし屋外で過ごさなくてはならない場合、ぴったりした洋服はさけ、コットンやシルクなどの素材を選び、帽子をかぶり、サングラスをかけて出かけましょう。

5. エクササイズは場所と時間、種類を選んで

水泳やスキューバーダイビングのような水の中で行う運動は涼しくいられるので、夏には最適でしょう。

一方、空調がしっかりとしている屋内ならともかく、ジョギング、球技など屋外でのエクササイズなどは控えましょう。もし屋外のスポーツをするのであれば、朝晩の日が高くない涼しいうちにやりましょう。

6. ヨガ

ヨガは精神統一が関連してくるエクササイズでもあるため、気持ちを落ち着かせて暑さを忘れるためにもお勧めです。魚のポーズ、木のポーズ、らくだのポーズなどが特に効果的でしょう。瞑想も含めるとより効果的です。

7. 月光浴

夕方や夜にビーチなどをゆっくりと歩きながら、月の光を浴びてみましょう。アーユルベーダでは白い花と白い服を身に着けて夏の夜に月光浴をするとよいとされています。涼しく青白い月の光が身体も心も落ち着けて、涼しくさせてくれるはずです。

この記事をシェアする

関連記事