• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

甘いのに栄養もあり太りにくい!話題の美容食、デーツの効能とは

Date:2016.06.06

shutterstock_287343086ビタミンにミネラルに食物繊維…女性の美容について調べてみると、こうした栄養素の名前がいやでも目に飛び込んできますよね。

実際に女優さんやモデルさんなど、メディアで活躍する美女の多くが「美しさを保つためには食べ物から気を使っている」と話しています。

つまり女性の美しさは日頃口にするもので大きく左右されるということ!

でも、一から栄養の種類を勉強するのって気が遠くなっちゃいますよね。それに何種類もある食べ物の中から欲しい栄養素を持つものだけを選ぶって、なかなか至難の業です。

ここで活躍してくれるのが「デーツ」と呼ばれるドライフルーツです。デーツには、たった一粒の中に女性の美容には欠かせない様々な栄養素が含まれています。

どこでも育つ上に抜群の栄養価!優秀すぎる果実デーツとは?

デーツとは中近東に生息する「ナツメヤシ」という木の実のことです。ドライフルーツとして食べられることが多く、食感はねっとりとしていて噛みごたえがあり、よく「干し柿に似ている」と言われています。

このデーツは旧約聖書に登場しているくらい古くから知られています。「神の与えた食べ物」や「エデンの園の果実」だなんて語り継がれているほど、デーツが食べ物として優秀であることは有名です。

砂漠でも大丈夫!どんな場所でも元気に育つ

砂漠だらけの地方では、日差しが強い上に雨が少ないため、なかなか食物が育ちません。

そんな中、デーツのなるナツメヤシの木は、どんな過酷な環境下でも元気に育って果実までつけるのです。しかも、一本の樹から収穫できるデーツの量はなんと約15000個!

その例として、猛暑の砂漠を移動するキャラバンがデーツの実とラクダのお乳だけで飢えを凌いだという話は有名です。

ただ食べるだけじゃない?保存食としても優秀なデーツ

デーツの実はもちろんそのまま食べることもできますが、他にも煮詰めてジャムにしたり、干してドライフルーツにすることもできます。

食物の育ちにくい環境である砂漠では、こうして様々な形で保存しておくことのできるデーツがとても重宝されています。

フルーツ界でも飛びぬけた栄養価

デーツの最大の魅力と言っても過言ではないのが、デーツの含む栄養価です。

例えば同じフルーツでも、バナナに含まれる炭水化物が100g当たり22.5gであるのに対して、デーツに含まれる炭水化物は100g当たり71.3gと、3倍以上もの量を含んでいることがわかります。

他にもデーツにはカルシウムや鉄分などの、人の生命を維持するのに欠かせない栄養素がたくさん詰まっています。

実際にイランでは、女性が妊娠中にデーツを食べることで元気な子どもが生まれてくるという風習があります。

種類の数が尋常じゃない!デーツに含まれるたくさんの栄養素

砂漠では「生命の木」と呼ばれているほど、デーツの食べ物としての優秀さは知れ渡っています。

「一粒だけで用が済む」なんて言われていますが、実はそれって本当なんです。欲しい栄養素がほとんど詰まっているというデーツの中身を、徹底的に調べ上げました!

ブドウ糖
デーツの甘味を担当するブドウ糖には、疲労回復を促進したり、脳にエネルギーを送って記憶力や注意力、忍耐力を高めてくれます。
ビタミンA
皮膚や粘膜の保持に働きかけたり、視力の維持や免疫力のアップに効果があります。
ビタミン1
糖質をエネルギーへと変えて脳の働きを維持してくれます。
ビタミンB2
脂質をエネルギーに変える働きを持っています。また、ビタミンB2は成長を促す役割を担ってもいます。消耗した細胞を新たな細胞へと生まれ変わらせる働きがあります。
ビタミンB6
タンパク質を分解してアミノ酸へと変える働きがあります。分解したアミノ酸を体の中で利用しやすくするために合成したり、余ったアミノ酸をエネルギーへと変える役割もあります。
ビタミンE
体の中で生じる活性酸素が増えすぎて酸化するのを防ぐため、活性酸素を減らしたり抑制する抗酸化作用を持っています。
ナイアシン
神経や循環器など、体の中にある様々な器官の働きを促進します。また、脂肪や糖質を分解する酵素を補助する働きもあります。
パントテン酸
エネルギーの代謝を助ける働きがあります。また、ビタミンCの働きを助ける効果もあり、全身の細胞で健康を維持する役割を担っています。
カリウム
細胞内の浸透圧を一定に保つ働きがあり、高血圧を防ぎます。また、細胞の外にあるナトリウム濃度が高くなりすぎないように、余分な水分を吸収する働きもあります。
カルシウム
骨や歯を構成する要素です。また、体の生理機能を整える働きがあり、神経伝達物質を放出して緊張やイライラを押さえる役割を担っています。
リン
「骨のミネラル」とも呼ばれていて、体の中ではカルシウムの次に多く存在するミネラルです。血液が酸性やアルカリ性に傾くのを防いだり、ビタミンB群とくっついて糖質代謝を促し肝臓や心臓の働きを正常にする働きがあります。
マグネシウム
カルシウムが骨や歯に届きやすいよう調整をしたり、骨の弾力性を維持する働きがあります。また、人が幸福を感じる「セロトニン」というホルモンを作る際に重要な成分です。神経伝達物質を正常に保つ働きもあります。
血液中の赤血球を作るのに不可欠な栄養素です。活性酵素を除去したり、免疫機能を維持する働きがあります。
亜鉛
酵素を活性化させ、細胞分裂や新陳代謝を助ける働きがあります。また、胎児を健康に成長させるのに大きく関わるため、妊娠中の女性には欠かせない栄養素です。
葉酸
「造血のビタミン」とも呼ばれていて、赤血球の生成を助ける働きがあります。貧血の予防に活躍します。
食物繊維
善玉菌を増やすことで腸内環境を整えたり、お通じをよくすることで有名です。他にも血糖値の過度に上がるのを抑える働きや、消化が遅いため腹持ちを良くさせる働きもあります。

一粒だけでこんなに効果が!デーツのもたらす美容効果

shutterstock_119541607
様々な栄養を持っていることをご紹介してきたデーツですが、これだけ種類が多いと具体的にどんな効果があるのかがわかりずらいですよね。

デーツがもたらす美容効果を4つに分けてご紹介します。

その1.綺麗な上に傷つきにくい美肌になる

暖かい季節には、毛穴の開きが気になってきますよね。ばっちりメイクも汗で落ちたらどうしよう、なんて不安になってしまうこともあるのではないでしょうか?

デーツには、お肌を綺麗にする効果があります。

豊富に含まれたビタミンB群には、美肌には欠かせない効果がたくさん詰まっています。

特に細胞の生まれ変わりに作用するビタミンB2の存在は、外からの衝撃を受けて傷ついたお肌を回復させるために活躍してくれます。

また、マグネシウムや食物繊維には整腸作用の効果があるので、美肌の大敵である便秘の解消を助けてくれます。

便秘は自律神経が乱れていることの象徴でもあります。つまり、便秘を解消することで自律神経が整い、お肌のターンオーバーが正常化するのです!

しかも腸内環境が整うとお肌の免疫力もアップするため、綺麗なだけではなく強いお肌になります。

その2.デーツならではのダイエット効果「摂りつつ痩せる」

デーツの持つ美容効果の中でも特に有名なのが、このダイエット効果です。

ダイエットをする上で気を付けなければいけないことって何だかご存知ですか?

もちろん痩せやすい身体をつくることや、太りにくい身体をつくること、それから身体についた脂肪を落とすことはとっても大切です。

でも痩せることにばかり気を取られていては、本当に必要な栄養まで失ってしまいます。今、ダイエット中に栄養失調を起こしてしまう女性が増えているんです!

ダイエットをする上で忘れないでもらいたいのが、栄養を保った上で痩せるということ。栄養たっぷりのデーツには、それを実現させることができます。

デーツはその甘い味とは裏腹に一粒で約11カロリーと、カロリーは低い方なのでおやつに食べても大丈夫!

もちろんカロリーが低いだけではなく、直接ダイエットに作用する栄養素も含まれています。

デーツには脂質を燃焼させるビタミンB2糖質をエネルギーへと変えるビタミンB1が含まれています。

また、マグネシウムには糖質の代謝を手助けするだけでなく、水分を腸に集めてお通じをよくする働きがあります。

さらに女性がダイエット中に不足しやすい亜鉛や鉄分を多く摂ることができるため、栄養不足を予防しながらダイエットに臨むことができるのです。

その3.女性にとって永遠の敵・貧血を撃退!

月経や分娩を経験する女性にとって、貧血は切っても切り離せない問題です。貧血を起こすと頭痛や吐き気、めまいなどが起こりやすくなります。

バナナに含まれる鉄分が100g当たり0.3mgなのに対し、デーツに含まれる鉄分の量は100g当たり0.8mg。二倍以上もあるんです。

そして貧血の予防に欠かせないのが葉酸です。いくら鉄分があっても葉酸がなくては貧血は改善しません。

葉酸が作り出す赤血球には、血液の流れとともに体内に酸素を運ぶ役割を持っています。この赤血球が作り出されなくなってしまうと、身体に酸素が不足してしまい、頭痛やめまいといった貧血の症状が出てしまうのです。

その4.憂鬱にさよなら!ストレスの対策になる

現代社会を生きる人のほとんどが、ストレスを感じずに日々を過ごすことはできていないでしょう。

ストレスが溜まると自律神経が安定しなくなり、不眠や胃痛などを引き起こす原因になります。特に女性はニキビができやすくなったりと、良いことは一つもありません。

そんなストレスの対策として有名なのがカルシウムとビタミンC、ビタミンB群です。

人の身体はストレスを感じるとカルシウムの消費量が多くなる傾向にあります。

カルシウムが減ると脳が栄養不足になってしまい、結果としてイライラに繋がってしまうため、ストレスの対策としてカルシウムを摂取することはとても有効なのです。

また、ビタミンCやビタミンB群には自律神経を安定させる作用があります。

カルシウムもビタミンC、ビタミンB群を含むデーツでストレス社会を乗り切りましょう!

いろんな病気を予防する!美容だけじゃないデーツの効能

デーツには美容以外にも優れた効能があります。人の身体に不足しがちなミネラル(亜鉛やマグネシウムなど)が含まれているので、病気の予防にもなるんです!

砂糖の代用になる?正常な血糖値を保って糖尿病に対抗する

血糖値が高いと身体に様々な弊害が起こります。糖尿病と診断され、食べる物を制限しなければならなくなることもあるでしょう。

糖分が多いとされる甘いものは当然控えなければなりません…が、甘いものが好きだからこそこういった病気になってしまうんですよね。

糖尿病の予防を考えている人や、もうすでに糖尿病になってしまっている人に朗報です!デーツの甘さをつくっているのはほぼ果糖とブドウ糖ですので、糖分の制限をしつつ甘いものを楽しむことができます。

亜鉛が血糖値の上昇を抑制する
デーツに含まれる亜鉛には、インスリンの分泌を助ける働きがあります。

インスリンには血糖値の上昇を抑制する働きがあるため、糖尿病の治療などでも多く活躍しています。

血糖値を上げるショ糖が少ない
血糖値が急上昇する原因の一つとして、ショ糖の存在が上げられます。

ショ糖は摂取すると短時間で分解・吸収されてしまい、血糖値が上がってしまいます。

砂糖に含まれるショ糖の割合は約98%とされていますが、デーツに含まれるショ糖は約22%です。

また、デーツを100%使って作られたデーツシロップというものもありますが、こちらはなんとショ糖0!砂糖の代用にも使えます。

高血圧からの動脈硬化を予防する

動脈硬化とは、文字通り動脈が硬くなってしまう生活習慣病のことを言います。動脈が硬くなってしまうと、

  • 心臓に負担がかかる
  • 臓器が機能しなくなる
  • 血管がもろくなる

といった症状が出ます。そのため、心筋梗塞や脳梗塞、狭心症などの生活習慣病に繋がり、最悪死に至る可能性も…。

動脈硬化を防ぐには、高血圧や高コレステロールを改善する必要があります。

高血圧にならないためには、血圧を調整する働きのあるマグネシウムを摂取することが効果的です。

デーツにはマグネシウムを始めとする様々なミネラルが含まれていますので、高血圧から派生していく生活習慣病を予防する効果があります。

こうやって食べる!簡単にできるデーツのレシピ

shutterstock_287373485
もちろん十分な甘みを持ったデーツは、そのまま食べても立派なおやつになります。でもそれだけではちょっと物足りない気がしますよね。第一、甘いものが苦手な人だっているはずです。

でも大丈夫!デーツが昔からたくさんの人に愛されてきたのには様々な理由がありますが、その中の一つとして食べるひとり一人に合った様々な食べ方ができるというものがあります。

デーツの食べ方の例や、食べる上での注意点についてご紹介していきましょう。

食べる前に!デーツを食べる上でこれだけは注意して

まずは最初に、デーツを食べる上で気をつけてもらいたいことがあります。

これはどんな食べ物に対しても言えることですが、食べ過ぎには注意してください!

デーツには豊富な食物繊維が含まれています。そのため、食べ過ぎてしまうと利便作用が効きすぎて下痢などを起こしてしまいます。

美味しくて一度食べたら病みつきになってしまうデーツですが、一日に3~5個の摂取を心がけるようにしてください。

ベーコン巻きで甘すぎないおつまみに

デーツの専売特許でもある「甘み」ですが、やはり甘いものが苦手な方も少なくはありません。

そんな方におすすめなのがこのベーコン巻きです。

デーツのベーコン巻き

  1. 一粒のデーツに一粒のナッツを挟む。
  2. 1でナッツが挟まれたデーツを一粒ずつベーコンで巻いていく。
  3. フライパンで焼きながら胡椒で味を整える。

たったの三行程でできちゃうこのベーコン巻きですが、デーツの甘みをベーコンの塩気が中和して、絶妙なお味に仕上がります。

お酒が好きな人も是非、試してみてください。

砂糖をデーツで代用!自然派マフィン

デーツには黒砂糖のような甘みがあるため、お菓子作りの行程で砂糖の代わりとして使うこともできます。

デーツでマフィン(約5個分)

材料(マフィン生地)
薄力粉100g、バター50g、牛乳50g、ベーキングパウダー小さじ1、卵1個
材料(砂糖の代わりになるデーツ)
デーツ5粒(大体30gほど)、水15g、重層小さじ1/8
※デーツと水の比率が2:1になれば良いので、お好みの甘さになるように量を調整してください
  1. デーツを粗めに刻んでおきます。
  2. デーツと水を入れた小鍋を火にかけます。沸騰したら重曹を加えて一混ぜし、火から下ろします。
  3. ボールにマフィン生地の材料をすべて入れ混ぜ合わせます。
  4. 2でできたものを小鍋から3のボールに流し入れ、よく混ぜ合わせます。
  5. 好みでクルミやアーモンドなどを入れて(入れなくてもOK)、用意した型に生地を流し入れ、180度に余熱したオーブンで25~30分焼きます。

デーツを煮詰める以外は普通のマフィン作りの行程とほぼ変わりません。

砂糖を使わないことでいつもよりヘルシーなマフィンになります。甘さもいたって自然派。おやつに食べてもいいし、朝食にも食べやすそうです。

もちろんマフィンだけでなく、砂糖を使う様々な料理にデーツを登場させることができますよ。

お酒が好きな方必見!デーツで甘い果実酒

お酒にもいろいろな種類がありますが、中でも果実酒は女性から多くのの支持を得ています。ビールやワインと違って苦みや渋みが少ないので、あまりお酒に免疫のない女性でも飲みやすいのが魅力なんです。しかも果実に含まれるビタミンやミネラルまで摂取できるので、「お酒=不健康」というイメージを払拭してくれます。

デーツも果実の一種ですので、もちろん果実酒だって作れちゃいます!

作り方は至って簡単。ホワイトリカーに氷砂糖とデーツをお好みの量入れて、三ヶ月~半年ほど漬け込むだけ。

デーツの他にリンゴやレモンなどのフルーツを複数漬け込んでもOK。味に深みが増しますよ!

飲みやすい上に栄養満点のデーツ酒。女子会や宅飲みで活躍してくれること間違いなしです。

デーツはとにかく優秀な果実!食べれば目に見えて効果が出る

デーツの魅力は何と言っても一粒の中にたくさんの栄養素が詰まっていることです。一粒摂るだけで身体の隅々まで効果が現れるので、綺麗になりたい女性のモチベーションをぐーんと上げてくれます。

食べ物から美しくなろうと思っている人は是非デーツを召し上がれ!「神が与えた」と言う自然の恵みを堪能してみてください。

この記事をシェアする

関連記事

コメント