朝一番のランニングがダイエットに一番効果的と言われる理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近朝にランニングをする女性が増えています。朝のランニングには、女性のココロとカラダを元気にする効果がたくさん溢れています。仕事で疲れがたまっているときこそ、少しだけ早起きしてその効果を検証してみてください。

朝は一日のうち空気が一番きれい

朝の空気を吸うと気持ちがいいと感じた経験は誰しもあるはずです。朝は気温が低下し、空気中にチリやゴミが浮遊できないために、空気がとても澄んできれいなのです。

人が出歩く時間から夜にかけて、空気中にホコリや排気ガスが舞い汚染は進んでいきます。健康に気をつかうのならば、夜のランニングはおすすめできません。

まだ人の出入りの少ない早朝は、吸い込む空気が体内を汚さず、清々しい気持ちでランニングできる最高の時間帯なのです。

特に雨上がりには雨によって空気が洗われ、遠くの山々やいつも見る景色がより一層鮮やかに映り、心まで浄化してくれます。

紫外線の少ない10時までに

朝のランニングは紫外線の放出が少ないため、日焼けやシミを気にすることなくランニングできるので、お肌への刺激を気にする女性にも安心です。

紫外線の放出は朝の10時からお昼の2時の間に最も集中し、一日の放出量の約50%を占めると言われています。紫外線は日焼けやシミ以外にも皮膚がんや白内障の原因にもなり得る危険要因ですから、この時間帯のランニングは絶対に避けましょう。

朝は紫外線の量が少ないとはいえ、放出されていないわけではないので、日焼け止めクリームを塗るなどの最低限のUV対策は忘れないようにしてください。

有酸素運動で体内デトックス

ランニングをするときは、息が上がらない程度の速度で20分以上続けることをおすすめします。

体に負担がかからない程度の有酸素運動は、体脂肪を燃焼しダイエットに効果的であるほか、血行を促進しツヤツヤのお肌になるなど女性の体にとって最高の美容健康法なのです。

体が温まるため冷えや生理不順を改善へと導き、習慣化することで基礎代謝が上がり痩せやすい体質にもなります。また、有酸素運動は全身運動であるため、ストレス解消や睡眠の質の向上にも効果的です。

仕事などで疲れがたまっている人ほど、運動後の爽快感やリラックス効果が高いと言われています。そのほか糖尿病の予防やボケ防止など、有酸素運動はすべての年代の女性にとって病気を予防する効果があります。

ランニングは心も美しくする

朝は同じ志を持った地域の人々がランニングを楽しんでいることでしょう。不思議なことに朝ランニングをする人たちは、挨拶を交わしたり目と目を合わせて会釈したりと、知らない人同士でもコミュニケーションをとっている光景をよく見かけます。

誰でも気分がいいと自然とまわりの人に対して優しくなれたり、穏やかな気持ちで接することができたりするものです。朝の清々しい空気の中でランニングを行うことで自然と心にゆとりが生まれ、周りがよく見えるようになります。

いつも通る道にある植木に花が咲いていたり、色づき始めた山を見て季節の移り変わりを感じたり、心に余裕ができると今まで気づかなかったことに気づきます。

朝ランニングをして仕事に出かけると、きっと新しいアイデアが生まれたり、なかなか進まなかったプロジェクトがはかどったりと、予想もしなかった効果に驚くことでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • M0755045158

    朝のランニングは よく体をあたためる準備うんどうしないといかん+体がどうしても睡眠で固くなってるので 初心者はケガしやすいよ。

    空腹ではしってもまずい、などいろいろある。

    ここの記述は 中級者へむけての内容になるのかな。
     夕方~ごはんまえ  がやっぱりベストだよ。