• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

本当は楽しく話したいのに…夫婦の会話が徐々に減る理由とは?

Date:2015.01.18

shutterstock_67108177_

付き合っている頃は、一緒にいて楽しい人だと思っていたのに、結婚して夫婦となると、徐々に会話が減っていき、寂しい気持ちを抱えている妻も多いようです。

なぜ結婚すると、いつの間にかうまく会話ができなくなってしまうということが起こるのでしょうか。その理由と対策を探ります。

相手の反応が分かりきっている

夫にしても、妻にしても、何か言おうとしてもその言葉を飲み込んでしまうということがあります。あなたも、そんな経験をしたことがありませんか?

これは、一緒に生活しているうちに、「これを言ったところで、どうせこのような反応だろうな」と、ある程度相手の言うことが読めてしまうため、言う前にその気が失せてしまうためです。

このようなことを防ぐには、相手が何か話してくれた時は、面倒でもちょっと大げさなリアクションや、その都度相手の意表をつくようなリアクションが出来ると良さそうです。

いつも決まり切ったような反応でないならば、自然と、いつも色んなことを話したいと思ってくれるようになるのではないでしょうか。

そもそも反応がない、聞いていない

上記よりもっとひどいのが、せっかく会話を切り出しても、聞いていなかったり生返事が多いような夫婦です。

夫婦のどちらか、あるいはどちらもがこのような態度が多いと、話した方はむなしくなってしまうので、最初から話しかけることを諦めてしまうようになるでしょう。

また、相手が会話しようとしている時に、ずっと家事の手を止めなかったり、スマホやパソコン、新聞などから顔を上げなかったりして、相手の方を見ないというのも、話す側が寂しくなってしまいますので、徐々に会話が減っていってしまう原因となります。

何を言っても批判や反論されそう

恋人同士であった頃は、穏やかに話を聞いてくれていた相手も、結婚してからは何かと批判してくる・・・。このように感じている人も多いようです。

家族になると、「もっとしっかりして欲しい」というような強い期待が裏目に出て、時にそれが相手への批判や反論へとつながってしまうことがあります。

このようなことが何度かあると、「どうせ自分の意見を言っても批判されるから、話すのはやめておこう」と判断されてしまっているかもしれません。

特に男性は、妻から批判や反論ばかりされると、その場で黙りこんでしまうことも多いですし、口下手な男性は尚更、今後もう話したくないと感じてしまいやすいものです。

批判や反論に身に覚えがある女性は、これからはなるべく穏やかに話を聞いてあげるようにしてみてはいかがでしょうか。

何度も聞き返される

以前よりも、意思の疎通が難しくなってしまったと感じている夫婦も少なくありません。これは、もしかしたら耳が遠くなってしまっている、ということも考えられます。

話したことに対して、相手が何度も聞き返してくると、確かに面倒くさくなってしまって、もう話したくなってしまうかもしれませんが、話の意味が分かっていないから聞き返してくるのか、それとも聞こえにくくなっているのかをまずは確認したほうが良さそうです。

もし、耳が遠くなってしまっているのでしたら、病院に行くことを勧めたほうが良いですし、意味が分からないということが多いのであれば、話し方に工夫をしたほうが良いでしょう。

話したことを覚えていない

前に話したことを、相手が全く覚えていないといったことが度々あると、話した側はがっかりしてしまいます。どうせ話しても覚えていないなら、もう話さなくてもいいか、と思うようになり、徐々に会話が減っていくこともあるでしょう。

前に言ったのに!と旦那さんから指摘されたことが何度かあるという方は、これからは、旦那さんが言ったことでスケジュールに関わることや、覚えておいたほうが良さそうなことなどは、メモをとっておくようにすると良いかもしれません。

そのような様子を見れば、真剣に聞いていることが伝わり、また何でも話そうと思ってくれるようになるのではないでしょうか。

逆に、旦那さんがすぐに忘れてしまうから話したくなくなったという方は、大切なことはメモを取っておくように勧めたり、話しながら書いてあげたものを渡すようにすると良いかもしれません。

興味が無い話題ばかり

お互いに、相手が興味がなさそうな話題ばかりを話すことが多くないかどうかを振り返ってみましょう。時には、自分の知らない世界の話を聞くのも良いものですが、あまりにも自分が関心ない話ばかりをされるのは苦痛でしょう。

相手が会話に乗ってきてくれないと嘆く前に、自分の話している内容は楽しく聞けるものなのかどうかを考え、相手も興味を持ってくれそうな話題選びが出来るようになると良いですね。

寂しい老後にしないためにも

夫婦になり、早い段階から、このように会話が徐々に少なくなっていくと、老後を迎える頃にはお互いに会話を楽しむどころか、意思の疎通もままならなくなっているかもしれません。

旦那さんが定年を迎え、ずっと家にいるのに、お互いに話すこともない・・・。そんな寂しい老後にしないためにも、今から、会話が少なくなってしまった原因は何なのかを振り返り、思い当たる原因が見つかれば、改善していくように努力していくことが大切です。

この記事をシェアする

関連記事