• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

2回目のデートの慎重な誘い方。タイミングと話題の振り方が重要

Date:2019.05.14

この記事のタイトルとURLをコピーする
2回目のデートの慎重な誘い方。タイミングと話題の振り方が重要|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/datesasoikata1755/


1回目のデートの後は、2回目のデートのことが気になって仕方がありませんよね。2回目は1回目よりももっとお近づきになりたいですし、可能なら今以上の進展も望みたいところ。

2回目のデートの約束を取りつけるには、相手の出方をうかがいつつ色んな誘い方を用意しておくと安心。

「2回目のデートしよう!」と急に発言するよりは、「この前、楽しかったね。また行きたいな…?」と話を振った方が誘いやすいのは明白。

1回目のデートを終えた後、2回目のデートをどうやって誘えば良いのか?その極意についてご紹介していきます。


目次

2回目のデートに誘いやすくなるポイント。初デートに注目

2回目のデートに誘ったとき、OKしてもらえるかどうか…。それは1回目のデート時点で判断できます。1回目のデートを終えた後、2回目のデートに誘う前に、彼の気持ちを確かめてみましょう。

もし1回目のデートを控えているようなら、次のポイントを満たすことで、2回目に繋げやすくなりますよ。

1回目のデートで脈ありかなしか

1回目のデートはどうでしたか?彼もあなたも楽しく時間を過ごせたでしょうか?もし1回目のデートで彼があなたへの気持ちを失ってしまえば、どんな誘い方をしたとしても、2回目のデートは断られる可能性が高いです。

まずは彼との初デートを振り返って、彼の反応を思い出しながら脈ありかどうか考えてみましょう。

脈ありな初デート中の彼の反応

  • たくさん質問をしてくれた
  • 共感してくれることが多かった
  • 会話が盛り上がった場面があった
  • 2人の今後についての話題があった
  • スキンシップがあった
  • 別れ際、「楽しかった」「時間が経つのが早い」などの発言があった

何か1つでもあてはまることがあれば、完全に脈なしとは言えませんから、チャンスを逃さず2回目のデートに誘ってしまいましょう。

初デートで2回目を示唆している

緊張で話を振る余裕なんてないかもしれませんが、もし初デートで2回目のデートを示唆する発言をしているなら、2回目のデートはかなり誘いやすくなります。

「次は○○に行きたいね」「また遊ぼうね」のような言葉が一言でもあると、2回目のデートを不自然なく誘えますし、成功率も上がります。

初デートをよく思い返して、もしそんなことを彼かあなたが発言しているなら、その言葉を頼りに2回目のデートコースを考えましょう。もし初デートがまだなようなら、2回目に繋げるために話を振ることを忘れないでくださいね。

2回目のデートに誘うタイミングづくり。流れを作り出して

あまり不自然なタイミングで切り出してしまうと、何だかがっついているようで嫌ですよね。なるべくなら自然に、ナチュラルな流れで2回目のデートに誘いたいところ。

至って爽やかに2回目のデートを切り出しやすいタイミングと、タイミングの作り方について見ていきましょう。

会話が盛り上がったとき

無言の空間で切り出すよりは、会話の流れに乗っかって切り出す方が自然です。特に会話が弾んでお互いに楽しく話しているタイミングだと、相手も気分が良いので2回目のデートをOKしてくれやすいです。

相手の趣味や興味のある話題を振りながら、会話が盛り上がるタイミングを作り出しましょう。

例えば相手がグルメ趣味を持っているなら、会話が盛り上がったタイミングで「良いお店知ってるけど、今度行かない?」と切り出せますよね。デートコースに組み込めるかどうかも考えながら、盛り上がりやすい話題を見つけましょう。

もちろん思うように話が弾まないこともあるでしょう。イマイチ盛り上がりに欠けるタイミングではデートもOKされにくいですから、話す回数を重ねながら、会話が盛り上がるタイミングを根気強くうかがってください。

前回のデートが話題に出たとき

仕事の話の中でデートに誘うよりは、デートの話題の中でデートに誘う方が自然です。2人で行った初デートについて話すタイミングが訪れたら、そのとき2回目のデートに誘ってみましょう。

話題に上がらなければ「この前は楽しかったね」と自分から初デートの話を振りましょう。もちろん「楽しかった」「面白かった」など、ポジティブな感想を伝えてください。

初デートについての会話内容がポジティブであればあるほど、「今度は○○に行こうか」「この前は行けなかった○○に行きたいな」と、自然な流れで2回目のデートの約束が取りつけられます。

二人に共通の話題が出たとき

二人共通の話題が出ると、何だか親密な気分になりますよね。実際、趣味や価値観の合う人とは一緒に出掛けても楽しいですし、「出かけたい」と思う場所も似たものになります。

初デートの彼の様子も思い返しながら、自分と彼に共通の話題がないか探してみましょう。直接「これが好き」と口にしていなくても、相手の持ち物や仕草を観察していれば分かることは多いですよ。

  • 好きな映画が同じ…映画館に誘える
  • 食べ物の好みが同じ…食事に誘える
  • 価値観が同じ…雰囲気重視の場所に誘える
    (のんびりした場所、賑やかな場所、芸術的な場所…など)
  • レジャーや遊びが好き…レジャー施設などに誘える

などなど、共通の話題があれば2回目のデートに一気に繋げやすくなりますよ。もし共通の話題が見つかりそうになければ、彼の興味や趣味について歩み寄る努力をしてみましょう。

ただし「彼が好きだから」という理由で、ろくに知りもしない趣味のことを話題にしてデートに誘うのはNG。

知ったかぶりだと思われたり、デートの出汁に趣味の話題を持ってきたように思われては、印象が悪くなってしまいます。

どんな風に誘うのがベスト?2回目のデートの誘い方

脈もありそうだし、適切なタイミングも訪れた。ここまで来たら、思い切って2回目のデートに誘ってしまいましょう。2回目のデートに誘うコツは次の通り。

まずは「行くor行かない」を決める

いきなり「○月×日はどう?」と聞いても、相手にだってスケジュールがあります。断られる可能性は低くありません。

まずは「また遊びに行かない?」など、「行くor行かない」の話を振って答えを聞きましょう。相手に2回目のデートをする気があるかどうかを確かめて、それから詳しいことを決めていきましょう。

もし乗り気で「行く」と答えてくれたなら、詳細はその後で決めていけば良いのです。逆に答えを濁されたり断られたりするようなら、この時点で残念ながら脈なしだと考えられます。

選択肢をいくつか与える

自分一人で勝手にデートの行き先や計画を決めるのはおすすめできません。もちろん誘う側としては何か案を用意すべきですが、相手の都合も考えた先回りが大切。

「いつ行く」「どこに行く」などの計画は、いくつか選択肢を用意した上で相手を誘ってみましょう。

選択肢が1つしかないと、都合が合わなければ脈ありなのに断られるという悲劇が生まれます。選択肢が2つ以上あれば、相手も自分の都合に合わせて2回目のデートを受け入れてくれますよ。

2回目のデートを誘うときは、「行くなら○○と××どっちが良い?」など、選択肢をいくつか提示してみましょう。「他に希望があったら言ってね」と付け加えることで、相手の希望に沿ったデートプランも立てられますよ。

事前に相手の趣味や興味についてリサーチしておけると、選択肢も用意しやすくなります。

内容は前回よりもステップアップ

2回目のデートをするなら、前回よりも進展が欲しいですよね。相手だって2回目のデートに誘われたら、多少のステップアップは期待するはず。

初デートよりも時間を長めに取ったり、新密度の上がりそうな行き先を設定してみましょう。前回と同レベルのデートは逆におすすめできません。

例えば前回が食事デートだったなら、次は映画館やショッピングに誘ってみるのです。前回とは違う内容でデートに誘えば、相手も新鮮味が感じられて、2回目のデートに興味を持ってくれやすいですよ。

初デートの感想と一緒に誘う

2回目のデートに誘うとき、前回のデートの感想も一緒に伝えるようにしてみましょう。その方が「2回目」ということを意識できて進展が望めますし、前回のデートが楽しかったと言えばお互いに気分も上がります。

「この前は楽しかった。また遊びたいんだけど、どうかな?」と初デートに繋げて、分かりやすいくらいに好意を伝えてみましょう。

好意を伝えられて気を悪くする人はまずいません。一途な女性に心を動かされるタイプの男性であれば、誘いを断られるリスクもガクッと減るでしょう。

2回目は落ち着いて話せる場所を

初デートはお互いに緊張していることがほとんどでしょうから、2回目ではお互いに相手のことを掘り下げるのが理想的。2回目のデートは落ち着いて話せるプランを立てるのがおすすめ。

  • カフェ
  • ディナー
  • カラオケ
  • 水族館
  • ショッピング

など、会話の多いプランを用意してみましょう。もちろん相手の興味を引けるプランがあるならそちらが優先

ですが「落ち着いて話せる」という前提だと、進展を望んでいる二人にとっては嬉しいデートになるはずですよ。

1回目が楽しかったなら2回目も楽しい気持ちで誘ってみよう

1回目のデートを終え、2回目のデートの約束を取り付けるまでにいろんな葛闘をすることでしょう。「断られたらどうしよう?」「次も上手くいくか分からない」など、不安に思う気持ちも少なくはないはず。

ただ、1回でもデートに応じてくれたということ自体が、脈ありの可能性を示しています。初デートで失敗していない限りは、2回目のデートも快く受けてくれるでしょう。

せっかくデートに誘うのですから、また楽しい時間を過ごせるよう、しっかり準備してから声をかけたいですね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
2回目のデートの慎重な誘い方。タイミングと話題の振り方が重要|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/datesasoikata1755/
ライター:箸屋

この記事をシェアする

関連記事

コメント