• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

上手なデートの断り方のコツ 。相手を傷つけないように伝えるには?

Date:2018.09.20

この記事のタイトルとURLをコピーする
上手なデートの断り方のコツ 。相手を傷つけないように伝えるには?|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/de-tosasoikotowaru7637/

どんな相手だろうとデートのお誘いは嫌な気はしません。デートに誘われるということは、あなたに魅力がある証拠です!

しかし、相手への気持ちがない場合はせっかくデートに誘ってもらってもをお断りしなければいけません。その相手が仕事での取引先や付き合いがある人、友達や知り合いでもその気がない場合であれば断り方も難しく悩みますよね。

好きな人や気になっている人でも、忙しくて予定が詰まっている時期だと断らなければいけない時もあります。断らなければいけない時のシーンは様々ですね。

どんなシーンでも断り方の心構えがありますが、皆さんはどんなことに気をつけて断っていますか?

断っても相手が嫌な気分にならず傷つけない、好きな人のデートの誘いを断っても次に繋がられるのが一番いいですよね。

意外とデートの断り方ってコツがあって難しいんです。同じ断り方は通用しなくなるし、人や状況によっても断り方は変わってきます。

そんなデートのお誘いを上手に断るコツをお教えします!


絶対にしてはいけない!相手を傷つけるNGな断り方

デートに誘われた時に一番困るのが断り方ですよね。気になる相手なら、できれば断りたくないしどのように断るかしっかり考えて返事をすると思います。

しかし、気がない相手だったり行きたくない場合は断り方が雑になることもしばしば。断り方を間違えてしまうと関係を悪化させることになります。

あまり深く考えずに断ることもあると思いますが、まずは絶対してはいけない断り方をみておきましょう。

相手を否定する断り方

人にはだれにでも個性というものがあります。その個性に惹かれる場合と惹かれず合わなかったり受け入れられない場合があります。

受け入れらなれないからと言ってその人を否定してしまうのはナンセンスです。デートを断る時も一緒です。

「タイプじゃないから」
「興味がない」
「一緒に居ても楽しくないから」

その人自身を否定するような断り方は相手を深く傷つけます。相手に興味がないからと言ってもそれをそのまま言葉にしてしまっては相手を傷つける上にあなたの印象も落ちてしまいます。

他の人と予定があることをはっきり言う断り方

断り方として一番多いのが他の予定を理由とした断り方です。あなたも他の予定を理由に断ったことはありませんか?

本当に他の予定が入っていることもあるし、なくてもきちんとした理由で相手を傷つけずに断れる理由の1つだと思います。

他の予定を理由に断ることは悪いことではないし、相手も傷つくことは少ないと思います。ただし、よかれと思って予定の内容を詳しく言ったり諦めてほしくて詳細を言ってしまうこともあります。

他の人の名前を出してしまったり、予定の詳細まで言ってしまうと相手はその予定に「負けた」と思ってしまいます。

内容にもよりますが、あまり詳細な予定内容を出して断ることは避けましょう。

きちんと返事をしない

誘われてしばらく返事をしなかったり、返事をせずにスルーすることはしてはいけません。どんなに断りにくい相手だったとしても、返事がないというのは拒否されていると感じてしまうものです。

特に相手から催促もないしそのままスルーしよう!と思ってしまうかもしれませんが、誘われている以上行けるかどうか返事きちんとしましょう。

返事をするというのは人付き合いをする上でのルールなので返事をしていなかったといことがないように気をつけてくださいね!

一度誘いを受けてドタキャン

最初は断れなくて誘いを受けたものの、やっぱり気が乗らず行きたくなくなってしまう。そんな時に出てくる考えがドタキャン・・・

ドタキャンする時の理由はすぐに相手にバレてしまいます。ドタキャンしてしまうくらいなら最初から断るようにしましょう!

断り上手のポイント!相手を傷つけずデートを上手に断るコツ

デートのお誘いを上手に断るには、大事にするべきポイントがいくつかあります。直接顔を合わせてはもちろん、メールなどの文章でも相手に伝える態度があります!

誠意をもって断る

適当に断っていたら、その適当さが相手に伝わります。見えていないと思っても言葉に出ているのです。

それまでは好意を抱いていても、誠意が見えなければ逆に嫌われてしまうということもあります。

断る時は誠意を見せて丁寧に断りましょう。誠意を持って断れば、相手にも誠意が伝わり受け取ってくれます。

きちんと理由を伝える

断るときはきちんと理由を伝えましょう!その理由も適当ではなく先ほどいったように相手の

「無理です。」
「ごめんなさい。」

と一言だけで断られたりすると、

「え、なんで?」
「理由ないの?」
「嫌われてるの?」

となり、余計な推測を与えてしまいます。そこからよから方向に話が進んでしまうことも。

相手に聞かれる前からきちんと、なぜお断りするのかを添えた上で伝えるようにしましょう!

フォローを入れる

断る時は、申し訳ないという気持ちが伝わるようにしましょう。

「行けません」だけではなく、「すみません」「ごめんなさい」という言葉を添えることで誠意が伝わります。

断る時に、フォローを入れることで相手を嫌な気分にさせることはなくなります。

別日の提案をする

その日は無理だけど、他の日にデートに行ってもいいのであればこちらから他の日を提案してみましょう。

意外と男性は1度断られると、萎縮してしまって次を誘うことができないものです。こちらから日程を言ってあげると、男性は喜んで行けるのを楽しみにしますよ!

さりげなく気がないことを伝える

断る時にさりげなく相手に気がないことを伝えて次に誘われないようにもっていきましょう。断っても次があるニュアンスで伝えてしまうと次も誘われます。

それなのにまた断ってというのを繰り返していると、思わせぶりな態度だ!と相手を怒らせてしまうこともあります。何度も誘われて断るのも大変だし、思わせぶりな態度で相手に気を持たせてしまうのもあまりよくありません。

自分に気がある人に対しては、気がないことを遠回しに伝えてみてくださいね。

大人な女性の魅力!相手を傷つけない断り方でうまく立ち回ろう

断るのが得意で好きな人はいないと思うし、断られるのが好きな人もいないと思います。できれば断ることをせずに済ませたいですよね。

でもどうしても断らなければいけない時もあります。そんな時は相手の立場になって考えてみてください。

どんな断り方をされたら嫌な気分にならないか、どんな断り方をされたら嫌か。それを考えた上で断ることができるようになったら、断り上手でさらに魅力的な素敵な女性になります!

断ることがあれば、このポイントを抑えた伝え方をしてみてくださいね!

この記事のタイトルとURLをコピーする
上手なデートの断り方のコツ 。相手を傷つけないように伝えるには?|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/de-tosasoikotowaru7637/
ライター:AYA

この記事をシェアする

関連記事

コメント