• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

彼との電話で沈黙が怖くなくなる!?好感度が上がる対処法

Date:2018.11.06

この記事のタイトルとURLをコピーする
彼との電話で沈黙が怖くなくなる!?好感度が上がる対処法|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/denwajyouzu99872/

大好きな彼の声が聞きたいな、と思い電話をすることもあるかと思います。その際、「沈黙」になってしまい気まずい経験をされた方、いるのではないでしょうか?

デート中の沈黙も気になりますが、電話だとさらに気になり、緊張してしまいますよね。無理に会話を探したり、彼がどう思っているか心配したりと心中穏やかではないことでしょう。

しかし、沈黙がNGというわけではありません。うまく切り抜けて、好感度をあげるチャンスにしましょう。

気になる!彼が沈黙になる理由


女性同士だと何時間でも話せてしまう、この経験があるからこそ男性との沈黙が苦手という方は多いのではないでしょうか。

また、デートだと話してくれるのに、電話だと話が少ない、こういった男性もいるかと思います。デートとギャップが大きいと不安は大きくなりますね。

しかし、沈黙になる理由は案外簡単なことだったりします。まずは沈黙になってしまう理由を理解して大きな不安を取り除きましょう。
1.話すことがない
電話の頻度にもよりますが、毎日彼女に話して楽しい気持ちにしてあげられるような「話題」の引き出しが多い人はいません。

これは男女共に言えることなので、自分を振り返ってみましょう。毎日がコメディのような日常ってなかなかなないですよね?

また、デートはお互い同じ空間を共有していますし、相手の表情が見えたりして話題も探せばたくさん出てきます。しかし電話だとどうしても話題が制限されてしまいます。そのため電話で少し話すと話題がなくなってしまう人は多いのではないでしょうか。

2.話すと愚痴になるから話したくない
たとえ話題があったとしても、愚痴や弱音につながる話題なら避けたいものです。特に楽しいはずの電話を愚痴で潰したくないという思いがあれば、尚更マイナスの話題を避けるため、話題に困って沈黙している可能性はありますよ。
3.電話が苦手
会う時間を重要視している男性の場合、電話はあくまでも何かを伝える手段です。そのため用事が終われば「彼女が切らないから」という理由でなんとなく繋いだまま、沈黙になってしまう人もいます。

特に生活リズムもそれぞれ異なる中「電話の時間」を作っているので、人によっては特別な時間といえます。男性は特に一人の時間を自分に使いたい傾向があるため、意味のない電話の時間を持て余す男性は多いようですよ。

声が聞きたい、と思って電話する女性サイドの気持ちと男性サイドの気持ちでは少しスタンスが異なることが分かりますね。

そのため、彼女の電話だから無下にしたくない、という思いがありつつも、なにを話していいのか分からない、という状態になっている可能性は高いです。

沈黙が気になるのは女性だけじゃない!男性だって気にしています

デートで沈黙しないカップルの場合、特に男性は電話での沈黙に敏感です。直接会って会話が盛り上がるということは、お互い話題を意識しているということ。

そのため、電話で沈黙が訪れたら・・・。女性も気が気でないですが男性も心中穏やかではありません。

「つまらない男だと思われていないか」「無理やり電話に付き合ってくれているのではないか」など、私たち女性と似たようなことを考えているのです。

そう思うと少し気持ちが楽になりませんか?

沈黙になっても焦らないために、「彼もきっと気にしてる」と心の隅で呟いてみてください。きっと落ち着きますよ。

沈黙を利用して好感度アップ

電話での沈黙、彼の気持ちを推測してみると「深く考えなくてもいいかな」と、心が軽くなったのではないでしょうか?

軽くなったその心、きっと今までより余裕があるはずです。穏やかな気持ちと優しい配慮で、沈黙を利用して好感度をアップさせちゃいましょう。

寂しいけれど我慢して電話を切る

不意に訪れた沈黙、もし彼も話題がなさそうな雰囲気だったら「電話で話せてよかった」と感謝の言葉を伝えて電話を切ってみてはいかがでしょうか。

このとき、必ず電話で話せて嬉しかったことを伝えてくださいね。彼からすれば、内心ヒヤヒヤしていた沈黙を彼女の方から切り出してくれた、ということで気持ちが楽になるはず。

さらに感謝の言葉を聞くことで自分が彼女を退屈にさせたわけではない、と安心します。

そういった安心感を与えてくれる女性に男性は惹かれます。彼にとって安らげる、特別な存在を目指してみてはいかがでしょうか。

「なんとなく切るのが寂しい」という思いはありますが、声が聞けて、用事が済んでいたなら「少し話せたから十分」と思って次会える日や電話できる日を楽しみに待ちましょう。

彼のドキドキを減少させないために、電話はほどほどに

次会える時を楽しみにするために、あえて電話を長引かせないようにするのも戦略的ですね。

楽しく話しすぎてしまって、次会う時のワクワクやドキドキといった感情が落ち着いてしまっては意味がありません。

なんでも報告しあっている関係は安心感があります。ですが「話しすぎ」にならないよう注意が必要です。電話はコミュニケーションの一つですが、一番はやはり会って話す、顔を見て話すことができるデート。

ミステリアスな雰囲気、ちょっと気になってしまう様子、そんな些細なことで相手の興味を引くことができます。

「来週楽しみにしてる」、「会ったら話したいことあるんだ」等、少し含みのある言い方をして彼のワクワクやドキドキといった感情を思い起こさせる手段として使ってみてはいかがでしょう?

彼との電話、もう大丈夫?ポイントは焦りすぎないこと

電話での沈黙についての男性心理やうまく利用する方法を紹介しましたが、いかがでしたか?ポイントは「なにか話さなきゃ!」と焦らないこと。

ひと呼吸ついて、何分話したか確認したり、他に話題がないか思いを巡らせたり、と少し落ち着くことが第一です。そうした結果、特に話すことがなければ会う日を楽しみに電話を切ることも選択肢の一つ。

むやみに長い電話で彼にマイナスのイメージを抱かれたり、自分の気持ちをヤキモキさせるよりは、寂しさを少し我慢して次のデートへつなげていった方が、デートもますます楽しくなるのではないでしょうか。ぜひ試してみてください。大好きな彼の声が聞きたいな、と思い電話をすることもあるかと思います。その際、「沈黙」になってしまい気まずい経験をされた方、いるのではないでしょうか?

デート中の沈黙も気になりますが、電話だとさらに気になり、緊張してしまいますよね。無理に会話を探したり、彼がどう思っているか心配したりと心中穏やかではないことでしょう。

しかし、沈黙がNGというわけではありません。うまく切り抜けて、好感度をあげるチャンスにしましょう。

気になる!彼が沈黙になる理由

女性同士だと何時間でも話せてしまう、この経験があるからこそ男性との沈黙が苦手という方は多いのではないでしょうか。

また、デートだと話してくれるのに、電話だと話が少ない、こういった男性もいるかと思います。デートとギャップが大きいと不安は大きくなりますね。

しかし、沈黙になる理由は案外簡単なことだったりします。まずは沈黙になってしまう理由を理解して大きな不安を取り除きましょう。
1.話すことがない
電話の頻度にもよりますが、毎日彼女に話して楽しい気持ちにしてあげられるような「話題」の引き出しが多い人はいません。

これは男女共に言えることなので、自分を振り返ってみましょう。毎日がコメディのような日常ってなかなかなないですよね?

また、デートはお互い同じ空間を共有していますし、相手の表情が見えたりして話題も探せばたくさん出てきます。しかし電話だとどうしても話題が制限されてしまいます。そのため電話で少し話すと話題がなくなってしまう人は多いのではないでしょうか。

2.話すと愚痴になるから話したくない
たとえ話題があったとしても、愚痴や弱音につながる話題なら避けたいものです。特に楽しいはずの電話を愚痴で潰したくないという思いがあれば、尚更マイナスの話題を避けるため、話題に困って沈黙している可能性はありますよ。
3.電話が苦手
会う時間を重要視している男性の場合、電話はあくまでも何かを伝える手段です。そのため用事が終われば「彼女が切らないから」という理由でなんとなく繋いだまま、沈黙になってしまう人もいます。

特に生活リズムもそれぞれ異なる中「電話の時間」を作っているので、人によっては特別な時間といえます。男性は特に一人の時間を自分に使いたい傾向があるため、意味のない電話の時間を持て余す男性は多いようですよ。

声が聞きたい、と思って電話する女性サイドの気持ちと男性サイドの気持ちでは少しスタンスが異なることが分かりますね。

そのため、彼女の電話だから無下にしたくない、という思いがありつつも、なにを話していいのか分からない、という状態になっている可能性は高いです。

沈黙が気になるのは女性だけじゃない!男性だって気にしています

デートで沈黙しないカップルの場合、特に男性は電話での沈黙に敏感です。直接会って会話が盛り上がるということは、お互い話題を意識しているということ。

そのため、電話で沈黙が訪れたら・・・。女性も気が気でないですが男性も心中穏やかではありません。

「つまらない男だと思われていないか」「無理やり電話に付き合ってくれているのではないか」など、私たち女性と似たようなことを考えているのです。

そう思うと少し気持ちが楽になりませんか?

沈黙になっても焦らないために、「彼もきっと気にしてる」と心の隅で呟いてみてください。きっと落ち着きますよ。

沈黙を利用して好感度アップ

電話での沈黙、彼の気持ちを推測してみると「深く考えなくてもいいかな」と、心が軽くなったのではないでしょうか?

軽くなったその心、きっと今までより余裕があるはずです。穏やかな気持ちと優しい配慮で、沈黙を利用して好感度をアップさせちゃいましょう。

寂しいけれど我慢して電話を切る

不意に訪れた沈黙、もし彼も話題がなさそうな雰囲気だったら「電話で話せてよかった」と感謝の言葉を伝えて電話を切ってみてはいかがでしょうか。

このとき、必ず電話で話せて嬉しかったことを伝えてくださいね。彼からすれば、内心ヒヤヒヤしていた沈黙を彼女の方から切り出してくれた、ということで気持ちが楽になるはず。

さらに感謝の言葉を聞くことで自分が彼女を退屈にさせたわけではない、と安心します。

そういった安心感を与えてくれる女性に男性は惹かれます。彼にとって安らげる、特別な存在を目指してみてはいかがでしょうか。

「なんとなく切るのが寂しい」という思いはありますが、声が聞けて、用事が済んでいたなら「少し話せたから十分」と思って次会える日や電話できる日を楽しみに待ちましょう。

彼のドキドキを減少させないために、電話はほどほどに

次会える時を楽しみにするために、あえて電話を長引かせないようにするのも戦略的ですね。

楽しく話しすぎてしまって、次会う時のワクワクやドキドキといった感情が落ち着いてしまっては意味がありません。

なんでも報告しあっている関係は安心感があります。ですが「話しすぎ」にならないよう注意が必要です。電話はコミュニケーションの一つですが、一番はやはり会って話す、顔を見て話すことができるデート。

ミステリアスな雰囲気、ちょっと気になってしまう様子、そんな些細なことで相手の興味を引くことができます。

「来週楽しみにしてる」、「会ったら話したいことあるんだ」等、少し含みのある言い方をして彼のワクワクやドキドキといった感情を思い起こさせる手段として使ってみてはいかがでしょう?

彼との電話、もう大丈夫?ポイントは焦りすぎないこと

電話での沈黙についての男性心理やうまく利用する方法を紹介しましたが、いかがでしたか?ポイントは「なにか話さなきゃ!」と焦らないこと。

ひと呼吸ついて、何分話したか確認したり、他に話題がないか思いを巡らせたり、と少し落ち着くことが第一です。そうした結果、特に話すことがなければ会う日を楽しみに電話を切ることも選択肢の一つ。

むやみに長い電話で彼にマイナスのイメージを抱かれたり、自分の気持ちをヤキモキさせるよりは、寂しさを少し我慢して次のデートへつなげていった方が、デートもますます楽しくなるのではないでしょうか。ぜひ試してみてください。

この記事のタイトルとURLをコピーする
彼との電話で沈黙が怖くなくなる!?好感度が上がる対処法|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/denwajyouzu99872/
ライター:HITOMI

この記事をシェアする

関連記事

コメント