• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

年の差はない方がいい?!同い年カップルにはメリットがいっぱい!

Date:2019.01.23

この記事のタイトルとURLをコピーする
年の差はない方がいい?!同い年カップルにはメリットがいっぱい!|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/dousedairenai3287/

最近では、歳の差カップルというのが目立つようになってきました。年上だと甘えられるし、年下だと、甘えてくれる…。そんな意見が聞こえてきそうです。

年上や年下の彼氏についての話題は出やすいのに比べ、同い年というとイマイチ話題性に欠けてしまっている気がします。

同い年の彼氏を持つと、どのような関係が築けるのでしょうか?そして、一体どのようなメリットがあるのでしょう?

もちろん、いいことばかりではないでしょうから、デメリットもあるはずですよね。それも踏まえた上で、実は同い年のカップルって、とても上手く行きやすいのです。

それでは今回は、「同い年のカップル」にスポットライトを当てて、お伝えしていきます!


年齢差0!彼氏が同い年だとどのような関係が築けるの?

あなたの恋人は年上ですか?それとも年下でしょうか?一概にはいえませんが、一般的なそれぞれの特色というのがあります。年齢差が一つ、二つ違うだけであれば、そこまで感じないかもしれませんが、年齢差というのは、二人の関係性にも大きく影響を与えます。
例えば、年上の恋人の場合、こんなメリットがあります。
  • 包容力があって頼りになる
  • 先に社会に出ているので早く結婚しやすい
  • 甘えやすい
  • 大人の対応をしてくれるので喧嘩になりにくい
では年下の場合のメリットはどうでしょうか?
  • 自身も若々しくいられる
  • 自分が主導権を握りやすい
  • 甘えてもらえる
  • 尊敬してもらえることが多い

一般的にはこのようなメリットが挙げられますが、もちろん全ての人が当てはまるわけではありませんし、必ずデメリットもあります。人それぞれの性格や価値観により、好みが分かれるのもよくわかりますよね。

では、恋人が同い年だと、どのような関係になりやすいのでしょうか?まずはメリットを見ていきましょう。

メリット1.同世代なので話が合う

同世代だと、過去に流行った音楽・ドラマ・映画・有名人など、共通の話題が沢山あるので、話が盛り上がりやすいでしょう。同じ生活を青春時代を送ってきた者同士なので、興味のあることや感覚が似ていたり、何かと話が合いやすいという一面もあり、接しやすさが魅力です。

年齢差がないと、気軽に何でも言い合えて、ジェネレーションギャップを感じることもないでしょう。

また、同い年だと共通の友達ができやすいというメリットも。同年代の友達だと気が合いやすく、お互いの友達の輪も広げることができます。仲のいい友人皆で遊びに行くことができたり、楽しみも増えます。

共通の友達がいることで、自然と二人の仲もマンネリ化しにくい環境になっているのです。

メリット2.対等な関係でいられる

年齢差がないので、いつでも同じ目線で物を言い合えます。年齢差があるとどうしても対等でなくなってしまうところがあるものですが、同い年だといい意味であまり気を遣わずに済む場面が多いでしょう。一緒にいて楽で居心地が良い関係といえますね。

二人の関係に上下関係ができてしまうというのは、意外によくある話。年齢差を感じずにお互い対等でいられるというのは、年齢差カップルではなかなか叶わないことでしょう

そういった意味では、ライバル視してしまう部分があったりもしますが、お互いに切磋琢磨しながら成長しいける、お互いを高め合えるいい関係が築けるのです。

メリット3.遠慮がいらず、自然体でいられる

同い年だと甘えたり、甘えられたり、「年上だから」「年下だから」といった型にはまったものがないので、お互い自由で、わがままも言いやすいといいます。

色んな意味で思ったことをハッキリと伝えやすいので、お互い遠慮なく付き合うことができるでしょう。そういった意味では、喧嘩が多くなりやすいという面もありますが、「喧嘩するほど仲がいい」という言葉があるように、お互いの仲を深めるきっかけになっているという考え方もできます。

お互いに自然体でいられるということは、ストレスも溜まりにくいので、長く付き合いやすいのも同い年カップルなのだとか。

デートの時もプランが立てやすかったり、「年上だから奢らなきゃいけないかな」「年下だからお金を出すのは失礼になるかな」などと変に気を遣って悩むこともないでしょう

どちらかが相手に頼り過ぎるということもなく、どちらかが相手を重荷に感じてしまうということもなくて済みます。

メリット4.一緒に同じ歳を重ねられる

同じ歳を一緒に重ねられることで、先々のことがシミュレーションしやすく、安心感があるといえるでしょう。

若いうちは年齢差もあまり気にならなかった人でも、結婚して、一緒に年齢を重ねるようになれば、自分の方が歳が上に離れていることで生じる悩みが出てきたり、自分の方が歳が下に離れていて感じてしまう悩みも出てくるでしょう。

お互い支え合って生きていく上で、同じ歳を重ねられるということは、歳の差カップルよりも長く、お互いを支え合える可能性は高くなるのです。

メリット5.離婚率が低い

年の差カップルに比べ、同い年カップルは離婚率が低いといわれています。それはなぜなのでしょうか?

年齢差があればあるほどに、人生観や価値観の違い、教養の違いの溝は深くなってしまいます。その溝を埋めることのできるだけのものを二人で築けていければいいのですが、一度できてしまった溝は、下手をすればどんどん深いものになっていってしまうのです。

もちろん、どのカップルにも当てはまるというわけではありませんが、そうなってしまう確率としては高いということです。その点では、同い年のカップルは溝ができにくいといえますので、離婚する確率も一番低い傾向にあるのです。

離婚に至ってしまう理由は様々ですから、これが全てではありませんが、「男と女は一生平行線」というくらい、そもそも考え方や価値観の違いは必ずある生き物ですから、マイナス要因なるべく減らしておきたいものです

ここまではメリットをご紹介してきましたが、では同い年カップルには、どのようなデメリットがあるのでしょうか?

デメリット1.男性の方が精神年齢が低い

「男性の方が精神年齢が低い」というのは、誰もが一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

一般的に男性の方が、女性よりも2~3歳、精神年齢が低いといわれています。育った環境や性格の違いがありますから、もちろんこれも全ての人に当てはまるわけではありませんが、男性の方が精神年齢が低いと感じることがある女性は、やはり多いようです。

同い年の男性に精神年齢の低さを感じてしまうと、自分より下に感じてしまうというわけですから、頼りなさを感じてしまう場面が多くなってしまいます。包容力を求める女性にとっては、物足りない存在に感じてしまうでしょう。

デメリット2.喧嘩が多くてうんざり

対等な立場で何でも言い合える反面、喧嘩も多くなりがちなのが同い年カップル。それがメリットになる場合はいいのですが、喧嘩ばかりでお互いの仲に亀裂が入ってしまうと、そのまま破局に繋がってしまうことも…。

喧嘩ばかりだとお互いに疲れてしまいますし、お互いの気持ちが見えなくなり、心が離れてしまうこともあります。喧嘩してしまった後も、お互いに冷静に話し合えるくらいの関係が築けるのが理想ですよね。

デメリット3.同等な立場ゆえに対抗意識が炸裂

同い年だと同等な立場でいることが多いので、様々な場面でお互いに対抗心を燃やしてライバル的存在になってしまう傾向があります。年齢差があると、自然とどちらかが相手を立てやすかったりもしますが、同い年だとそれがなかなか難しいようです。

これがお互いの成長の種になればいいのですが、一歩間違えば、居心地の良かった二人の関係が崩れてしまう危険性もあります。負けず嫌いな性格の二人であれば、特に要注意だといえるでしょう。

デメリットだって克服できる!同い年の彼と幸せになろう

同い年カップルのメリットとデメリットについてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

様々な面で共感できることが多かったり、対等な立場で一緒にいられて居心地が良かったり…。メリットが多い同い年カップルですが、彼の精神年齢の低さを感じてしまったり、ライバル心が芽生えたり、喧嘩が多くなってしまうなどのデメリットもありました。

気を遣わなくて居心地がいい反面、それがデメリットの要因にもなってしまっていたなんて、なんだか勿体ない気がしてしまいますよね。しかし、デメリットも心の持ち方ひとつでメリットに変えられるのです。同い年カップルが上手く付き合っていくポイントは、

  • お互いの役割を明確にする
  • 冷静に話し合う時間を持つ
  • 「男は精神年齢が低いもの」と受け入れる

この三つを心得ることです!

友達のような関係で対等でいられるのが魅力のカップルではありますが、お互いの役割分担をしておくことで、変に対抗心を燃やしたり、どうしてもなあなあになってしまいがちなことが多い二人の関係も、上手くコントロールしやすくなります。

また、お互いに冷静に話し合う時間を作り、二人の約束ごとを作るのもとても大切です。喧嘩してもすぐに仲直りできるように、そしてなるべく喧嘩を減らせるように、事前に「喧嘩をしたら1時間以内にお互いにごめんなさいを言う」など、何か二人のプラスになるような約束事を作ると良いでしょう。

そして、同い年でも男性の方が精神年齢が低く子供に感じてしまうというのは、どうしても否めないことです。ここは女性の方が一歩譲って、「男は精神年齢が低いもの」と、割り切ってしまいましょう

子供ができると、尚のこと幼く感じることが多かったりもするので、軽くあしらって一歩譲る、心の余裕を持ちましょう。自分自身がとても楽になるはずですよ。

友達のようであり、恋人としても居心地が良く、最も自然体で付き合える同い年カップルの関係性は、とっても魅力たっぷりなのです!

今まさに同い年の彼と付き合っているというあなたは、更に良い関係が築けるように、デメリット克服のポイントを実践してみて下さい!

そして、恋人がいないあなたは、同い年の男性を視野に入れてみてはいかがですか?もしかしたらあなたにピッタリなのは「同い年の彼」かもしれませんよ。

この記事のタイトルとURLをコピーする
年の差はない方がいい?!同い年カップルにはメリットがいっぱい!|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/dousedairenai3287/
ライター:hiromi

この記事をシェアする

関連記事

コメント