• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

彼氏に本音が言えない…本音を話すためには考え方を変えてみて!

Date:2018.05.29

この記事のタイトルとURLをコピーする
彼氏に本音が言えない…本音を話すためには考え方を変えてみて!|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/enryojyoshiwodassuru96531/

大好きな人だからこそ、嫌われたくない、重いと思われたくないと考え、「彼氏に本音が言えない」と悩んでしまう女性は多いのではないでしょうか。

気を遣ってしまう女性ならなおさら、付き合ってから半年、1年経ってもどうしても「本音が言い出せない……」と思い悩んでしまうこともあります。そんなあなたを、彼はどう思っているのでしょうか。

今回は、そんな悩める女性の力になれるよう、「彼氏に本音が言えない」と悩んでいる方に、ホンネが言えない理由から彼がどう思っているか、その対処法と考え方までご紹介します。


彼氏に本音が言えない3つの理由とは

まず最初に、どうしてあなたが彼氏に本音を言うことができないかを理解するところから始めてみましょう。

その理由を知ることによって、解決方法もわかるはずだからです。逆に、本当の理由、心の動きを知らないと、対策をとるにも取れず、間違った方法で余計に自分の首を絞めてしまうこともあります。

理由その1 彼に嫌われるんじゃないかと恐れている

  • 「これを言ったら、彼に嫌われちゃうんじゃないかな……」
  • 「今日はこれが食べたいけど、わがままだと思われたら嫌われちゃう」
  • 「嫌われたくないから、相手に合わせよう」

こんな風に考えてしまって、彼に本音を言えない女性は多いのではないでしょうか。他にも、本当は会いたいのに、会いたいと言ったら嫌われてしまうのかもと思って言えなくなってしまったり……。

このパターンの女性は、人に気を遣いすぎる傾向にあります。彼氏があなたに対して、「自分とは違う」と思ったら、嫌われてしまうのではないかと不安になるのです。

前に、彼に「えー、それはちょっと」とか、「今日は会えないんだ」とか、否定的なことを言われたことを覚えていて、またそう言われるのではないか、次は嫌がられるのではないかと先回りして考えてしまうがゆえ、本音を言えなくなってしまいます。

理由その2 自己肯定感が低く、自信がないから

  • 「彼はしっかりした大学を出てるのに私は……」
  • 「彼のほうが収入がいいし、私なんて」
  • 「私が余計な口を出すのは迷惑なはず」

こんな風に思い込んでしまって、本音を言い出せない女性もいます。こんな思考に陥ってしまうのは、自分自身に強いコンプレックスがあり、自信を持っていないから。

他にも、「彼はこんなにかっこいいのに、私はブスだから」「彼の言うことが正しいんだから、私が口を出さなくても……」と思い込んでいることもあります。

コンプレックスの内容はさまざまですが、共通しているのは「あらゆることが彼氏が正しい」と思いこんでいること。それゆえ、自分のホンネは後回しになってしまうのです。

理由その3 自分自身が傷付きたくないから

なによりも大きく、そして厄介な理由がこの「その3」です。本音を言うことで、自分が傷つくのではないかと懸念しているのです。

これはなにも、女性に限った話ではありません。勇気を出して言った本音が、否定されることへの恐怖。笑い飛ばされる恐ろしさ。これを想像すると、自分の身を守るために、本音を隠してしまいたくなるのです。

  • 「順従な彼女でいれば、傷つかなくて済む」
  • 「彼を否定しなければ、私も傷つかない」

こんな風に考え、とにかくおとなしくしていようと、ロボットみたいににこにこしているのが正解だと思い込んでいます。でもそれは、彼からしてみたら、つまらない女性なのかもしれません。

ホンネを言わない彼女のことを、彼氏はどう思ってる?

 
本音を隠している彼女のことを、彼のほうはどんな風に思っているのでしょうか。なんとも思っていないのか、気が付いていないのか、それとも気づいているけど見ないふりをしているだけなのか……。

彼だって、あなたのことを好きでお付き合いをしているはず。好きな人だからこそ、本音を隠している姿は、彼にはバレているのです。その時の気持ちを、あなたも知っておきましょう。

彼の気持ち1 信頼されていないのかもと思っている

彼女が自分に対して本音を伝えてくれないのは、「自分のことを信頼してくれないから」なのではないかと思っている彼は、実は多いのです。

何を言っても、自分の意見を言ってくれない彼女に対して、彼は少なからず不信感を持っています。

  • 「もしかして、本当は不満があるんじゃないか?」
  • 「自分は彼女にとって包容力が足りないのかも」
  • 「ホンネを言われないって、俺のことどう思ってるんだろう」

こんな風に考えているのです。彼だって、あなたと同じように不安なのです。

彼の気持ち2 同じように、彼女に対して気を遣いすぎるようになる

 
彼女のホンネが見えない彼が思うのは、「本当に、自分のやっていることが彼女のためになっているのか?」ということです。

  • 「もしかしたら、これは好きじゃないのかも?」
  • 「今まではいいと思ってたけど、もしかして嫌いだったりして」

と疑心暗鬼になってしまいます。

お互いに、一緒にいて気を遣ってばかりな関係は、「恋愛関係」としてはよくありませんよね。一番好きな人と一緒にいるのに、心が疲れてしまう。そんな恋愛は、絶対に長続きしません。

彼の気持ち3 できれば本音で話してほしい

彼女のことは、彼だってもちろん大事です。だからこそ、余計な誤解を生じさせないために、彼女には本音で話してほしい。自分と一緒にいて楽しいと感じてほしいと思っています。

ホンネを隠して付き合うなんて、彼氏に対して失礼なことになります。だって、相手のことをお互いに気に入って、好きになって、付き合うに至ったのですから。やはり、幸せな関係でいたいですよね。

ですが、すべてを本音で話すことはできません。それは、彼だって同じこと。嘘をついたり隠すわけではなく、話す内容に見極めが必要なのです。だからこそ悩んでしまうし、いろいろ考えて発言するわけです。

彼に本音を言うための「考え方」を知ろう

さあ、ここまで「彼女のホンネ」「彼のホンネ」について見てきたところで、ここからは彼氏に本音を言うための考え方を考えてみましょう。

2人の関係を長続きさせるために、ぜひ確認してみてください。

まずは彼氏を信じること

なによりも、まずいの一番に、彼を信じることが大切です。「嫌われるのかも」「相手によくないと思われたら」と、自分から予防線を張りすぎないようにしてください。

彼も、あなたの本心を知りたいはず。だからと言って、大きな「本音」から始めると緊張したり、うまくいかなかったりもします。初めは「小さなホンネ」から始めてみましょう。

例えば、「今日はこれが食べたいな」とか、「次のデートは、ここに行きたい」とか、そんなものからスタートしてみてください。彼も、「そうか、それが好きなんだ!」「ここに行きたいんだ!」と分かってくれます。

素直になることで、お互いに距離が縮まった気がして、彼だって嬉しいはずですよ。

あなたは彼氏にどうしてほしいか、逆に考えてみて

あなたは、彼とどんなふうに一日を過ごしたいですか?楽しく笑って過ごしたいと思ったり、静かにゆっくりと過ごしたり、あなたの理想はありませんか。そんな「過ごし方の理想」を、きっと彼も持っているのです。

そしてその中に、気を遣ってほしくない、もっと彼のことを知りたいと思う気持ちはありませんか。

あなたがされて嬉しいことは、きっと彼氏だって、されたら嬉しいはず。あなたのことを思ってくれる彼のために、あなた自身も素直になってみてください。

遠慮は、イコール優しさではないと知ろう

ホンネが言えない女性は、相手のことを考え、「優しさだと思って」言うのを遠慮していませんか。それは大きな間違いです。

あなたはそれを、彼氏のためだと思っているはずです。ですが、遠慮とやさしさは別物です。あなたは彼に、遠慮してもらいたいでしょうか。気遣って、本音を隠してもらいたいでしょうか。そんなことはないですよね。

一緒にいたら心から笑ってほしいし、気兼ねなく何でも話してほしいし、楽しい間柄でありたいと思うはず。無理をしてまで本音を伝えないあなたと、彼は付き合っていて楽しいとは思わないはずです。

彼氏と長続きしたいなら、ホンネを言わないと絶対に伝わらない

彼氏と長続きしたいのならば、本音を伝えることはとても重要です。気持ちは以心伝心ではありません。絶対に、言わなければ伝わりません。

「察して」という女性は、その気持ちが伝わらなかったときに落ち込んでしまいます。気持ちは絶対に、言葉にしなければ彼に分かるわけがないのです。

大好きな彼氏に本音を言えない…と悩んでいるあなたは、ぜひ「彼氏のために」と考えてみてください。自分のためのホンネではなく、相手のためのホンネなのです。

大好きな彼氏とこれからも仲良く付き合い続けるために、お互いに思いを伝えることのできる関係であるべきです。

この記事のタイトルとURLをコピーする
彼氏に本音が言えない…本音を話すためには考え方を変えてみて!|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/enryojyoshiwodassuru96531/

この記事をシェアする

関連記事

コメント