• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

へたれ男子ってどんなオトコ?へたれ男子の8つの特徴

Date:2019.03.05

この記事のタイトルとURLをコピーする
へたれ男子ってどんなオトコ?へたれ男子の8つの特徴|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/hetaredanshi1958/

最近気になる男性がいる。という女性は必見です。あなたの気になる彼が、付き合ってみたら「へたれ男子」だったらどうしますか。

あとで「こんなはずじゃなかった」「頼りなさすぎてイライラする!」とならないためにも、付き合う前に彼がへたれ男子じゃないかどうかチェックしておいたほうがいいのではないですか?

よく間違えられるのが「草食男子」と「へたれ男子」です。草食男子は女性の感性を持った男子のこと。

一方へたれ男子は、女性の感性とは全く関係なく「人として、頼りにならなくて情けない」と思われる男子のことをいいます。

へたれ男子は、一見すると「優しい男子」に見えるので注意が必要。優しさとへたれさは紙一重なのです。

では、さっそく具体的なへたれ男子のご紹介をしていきます。


あなたの周りにいませんか?こんな男はへたれ男子!いざ、へたれ男子チェック!

へたれ男子といえば、一般的に「頼りない」「役に立たない」というイメージがありますよね。

へたれ男子の見分け方として、「男としてどうなのか」という見方と、「大人の人間としてどうなのか」という部分から見ていくとわかります。

男は強くあるべきだ、という考え方は昔に比べるとだいぶ減ってきましたが、それでもやはり多少はあります。

また、大人としてあるべき姿、という世間一般のイメージもあります。これらと比べて当てはまってしまったら、へたれ認定となります。

では具体的にどんな特徴があるのか、ご紹介していきますね。

へたれ男子の特徴1・虚勢を張る

見た目だけは強そうにする、弱いくせに強く見せる、空威張りする、といったことを虚勢を張るといいます。

恰好悪いですよね。虚勢を張っている本人は、それがばれていないと思ってるようですが、見てるほうはわかります。

本当は気が小さいのに、器を大きく見せているんだなというのは、彼の普段の態度を見ていればわかってしまうものです。

なぜこのようなことをするかというと、自信のないことの裏返しで虚勢を張っていることが多いようです。

あるいは、相手に攻撃される前に「自分はこれだけ強いんだよ」とアピールしている場合もあります。

そうすれば、相手も怖がって攻撃してこないだろうと思っています。

へたれ男子の特徴2・人によって態度が違う

これは見ていて気分が悪いものですよね。例えば、お店の人に横柄な態度をとる。お金を払っているんだからこっちが偉いという態度をする。

後輩や部下に必要以上にえばる、怒る、攻撃する。気の弱そうな人に意地の悪いことを言う。など。

もちろん、相手によって態度が異なるのは、ある程度は当たり前のことです。自分の会社の社長に対してと、子供に対しての態度がまったく一緒だったら、それはそれで大問題です。

しかし、やはりできるだけ相手の権威や立場に関係なく、人当たり良く接している男性のほうが見ていて気分がいいものですよね。

相手の職種や年齢、立場によってあからさまに態度を変える。自分より弱い人にたいして強気にでる。

誰にでもそういう部分は多少なりともあります。しかし、そこばかり目立ってしまうのであれば、それはへたれ男子です。

へたれ男子の特徴3・言うこととやることが一致してない

大口をたたくタイプがこれに当たります。たとえば「俺は必ず有名になる!」と宣言しているのに、具体的になにもしていない。

あるいは「妻とは別れるから」と言いながら言い寄ってくる既婚の男性。これは論外です。

ここまで悪意のあるウソでなかったとしても、大口をたたくタイプの場合、悪気があって言っているのではない。という場合もあります。

理想が高すぎて現実がついてこないのです。あるいは、本人がそこから逃げているのです。

やればできるはずだ。と思っているのに、やらない。いつかやろうと思っているけど、そのいつか、は今日じゃない。といった具合に。

こういう人は人生が前に進みません。やるやると言ってやらないのですから。人の心理は、言葉ではなく行動を見るようにすればすぐにわかります。

そういう男が彼氏だと、つきあっている彼女はイライラするかもしれません。口ばっかり大きなことを言って、結局なにも変わらない。

腰が重い、という言葉がありますが、これとへたれ男子は違います。腰が重い人はなかなかやり始めないけれど、結果的にはやります。

へたれ男子はいつまでたっても「やらない人」です。しかも、自分の言ったことは覚えているはず。

へたれ男子のつまらない言葉に騙されないように気をつけましょうね。

へたれ男子の特徴4・人を馬鹿にする

いつでも人を馬鹿にしている男子は間違いなくへたれ男子です。自分はみんなと違う、と思い込みたいのです。

例えば、流行りの服を着ている男を馬鹿にするのは、自分のほうがおしゃれだと思いたいから。

例えば、人の趣味を馬鹿にするのは、自分に誇れる趣味がないから。人の仕事の失敗を馬鹿にするのは、自分のほうが仕事ができるとアピールしたいから。

これは自分が人より少しでも優位に立っていたいという願望からきています。自分はみんなと違う!と思いたいのです。

大人になると、さまざまな経験をして、そういった「自分は!」という気持ちは徐々に抜けていくものです。

人にはそれぞれ色々な理由があると理解できるようになり、人を馬鹿にすることも減ってくるはず。

しかし、いい歳をしてもこれをしているのなら、完全にへたれ男子です。サイアクですよね。相手が誰であろうと、馬鹿にしていい人なんていません。

万が一、あなたが気になる男性がこんなことをしていたら、すぐにでも他の男性を探すことをおすすめします。

へたれ男子の特徴5・自慢ばかりする

過去の栄光を自慢ばかりする男性は、話をしていて疲れるものです。聞いてもいないのに、昔こうだった。こんなことをした。

といった、仕事やプライベートの武勇伝は、はっきり言って女性には興味のないことです。

女性は「あそ、昔のことでしょ。つまんない」と思って聞いていることが多いでしょう。

しかし、これをする男性は意外と多いものです。特に現在に満足していない人ほど、過去の自分の栄光にすがります。

たまに思い出話として出てくるくらいなら、ほほえましい気持ちで聞くこともできますが、武勇伝として頻繁に聞かされるとうんざりしますよね。

過去のことはいいから、いま何とかしろ。と思う女性も多いことでしょう。また、過去の自慢だけでなく、現在の自慢も同じこと。

聞いてもいないのに、俺ってこんなにすごいんだ、俺の功績を認めてくれ!とアピールすればするほど、周りは引いているのに気が付きません。

疲れるへたれ男子の代表格です。

へたれ男子の特徴6・自分で決められない

AとB、どっちにしよう。たとえば、食事でパスタとハンバーグどっちにしよう。くらいなら特に問題なさそうです。

しかし、あの子とこの子と決められない、と二股をかけたり、仕事でこれとこれ、どっちを先にやろうか。なんて迷っていたりしたら周りは大きな迷惑をかけられます。

最終的に決められればまだいいほうです。決められずに、周りの人に無理やり決めさせられる。なんて場合もあるかもしれません。

実際は、どちらを選んだところでおそらくそう違いはないはずです。目の前にきた選択肢とは、そんなものです。

それがわかっていないために、ぐずぐずと決められないと、姉御肌の女性はイライラするでしょう。

小さなことから大きなことまで、人生は選択の繰り返しでできています。誰かのした選択を受け入れることも選択の一つではあります。

しかし自分の人生を生きると決めているのなら、時間がかかっても自分で決めるべきです。

人の選択を受け入れた場合、その結果が自分の好ましいようにならなかった場合、それを決めた人を責めます。

俺は決めてない、お前が決めたからだろ。というわけです。へたれですね。

へたれ男子の特徴7・マザコン

母親からなかなか巣立ちできない男性は、へたれ男子以外のなにものでもありません。

いい年をしていつまでも実家暮らしをしていたり、実家にお金を一銭も入れてなかったりするような男性を、へたれ男子以外になんと呼べばいいのでしょうか。

また、なにを決めるにも母親に相談する、決めてもらう。許可を取る。大人の男とは思えないですよね。

母親を大事にするのは良いことです。それは、母親の言うことを聞くということではありません。

母親に生活の面倒をみてもらう、ということでもありません。マザコンと母親思いの差は微妙ですが、自分の人生の行き先を母親に決めてもらうなどはへたれマザコンですね。

へたれ男子の特徴8・匿名だと急にえらぶる

匿名の世界といえばインターネットです。ネット内で誰かのブログを炎上させる。批判する。

攻撃する。文句を言う。間違っていると指摘する。これを実名でしていればすごい度胸ですが、たいていは匿名です。

この行為は、誰かの背中に隠れて大声で文句を言うようなもの。男として、というよりは人として気をつけたい行為でもあります。

攻撃や批判までしなくとも、匿名のネットの世界だと急にえらそうにする人も同じです。

こういう人は、顔が見えない、名前がわからないからできるのだと思われても仕方がありません。

へたれ男子は往々にして自分に自信がない男。それを認めずごまかそうとするからへたれ。

へたれ男子と思われる人たちの共通したものとして、自信がない。ということです。自身がないからこそ、裏返しでいろいろな態度をとってしまいます。

人は誰しも自分の中に自信のない部分を持っているものですし、自信のないことを大声でカミングアウトすることもできません。

それは大人になるにつれ、自分の中であまり気にしないようにするとか、自信がつくように努力するとかで折り合いをつけていきますが、へたれ男子は、それが上手にできません。

年齢に関係なく、へたれ男子は存在します。下手に指摘すると相手のプライドを傷つけて恨まれる可能性もありますから、放置するのが一番いいでしょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
へたれ男子ってどんなオトコ?へたれ男子の8つの特徴|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/hetaredanshi1958/
ライター:tacaco

この記事をシェアする

関連記事

コメント