• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

長い片思い…このまま続けるか、諦めるか判断するには?

Date:2019.01.11

この記事のタイトルとURLをコピーする
長い片思い…このまま続けるか、諦めるか判断するには?|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/kataomoinikettyaku0156/

好きな人が出来ると毎日が楽しく、何事も前向きに頑張れますよね。

ですが、そんな片思いも長くなればなるほど、だんだんと辛くなってきてしまうもの。

あまりにも相手との進展が望めないと、このまま好きな状態を続けるべきか、それとも諦めるべきなのか、迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

一方的に相手を思う片思いは長ければ良いというわけでもありません。次の恋のため、また、自分の将来のためにもしっかりと判断することも時には大切です。

そこで、今回は長くなってしまった片思いを続けるべきか、それとも諦めるべきかの判断基準についてご紹介します。


なかなか実らない片思い…長いと判断する目安は?

片思いには期限があるわけではありませんが、それでも期間が長くなればなるほど焦りは出てくるもの。

そもそも、片思いが長いというのは具体的にどのくらいの期間が経てば長いと判断されるのでしょうか。

それぞれ個人差があるとは思いますが、片思いで長いかどうか判断するには大体一年ぐらいとされています。

つまり、一年以上片思いしていればそれは「長い」片思いと呼べるわけですね。

そのため、自分では長くないと思っていても、もしかしたらいつの間にか長い片思いになってしまっている可能性もあるんです。

今が頑張り時かも。もう少し片思いを続けてもOKな場合

長い片思いにもこのまま続けても良い場合と諦めた方が良い場合があります。まずは片思いを続けても大丈夫な時についてご紹介しますね。

相手がフリーの時

相手が独身、フリーで誰にも好意を寄せていなければもう少し様子を見てみましょう。相手は今はまだ恋愛をする時期ではないと考えているだけかもしれません。

時期を待てば振り向かせられる可能性があるので、今が勝負時なのかも。

相手が優しい、好意がある

相手が特にあなたのことを避けているわけでもなく、優しく接してくれる時ももう少し片思いを続けても良い時です。

こちらから誘った時に会ってくれたり、電話やメッセージのやり取りが多い時は相手もあなたを気にかけてくれている証拠。

好意を持ってくれている可能性が高いので、もう少し頑張ってみましょう。

はっきり好きと言っていない、態度に示していない

告白したことがあったり、普段から好意を示していたならともかく、好意を特に示していない場合、相手はあなたの気持ちに気付いていない可能性があります。

一度はっきりと自分の気持ちを正直に打ち明けても良いでしょう。

相手に気持ちを伝える前に自分で片思いの結果を判断するのはもったいないことです。

まずは自分の気持ちをしっかりと伝えた上で片思いを続けるべきか判断しましょう。思いを伝えられたら、もし断られたとしても悔いは残らないはずです。

これ以上進展は望めないかも…片思いを諦めた方が良い場合

相手を長く思っていても時間ももったいないですし、次に進むためにも引き際を見極めることも大切です。

次は片思いを諦めた方が良い時についてご紹介しますね。

脈なし状態が一年以上続く

彼へ好きサインを送ったり、勇気を出してご飯や遊びに誘ったにも関わらず、一年以上薄い反応や適当な返事しか返って来なかったら、それは諦め時と言えるでしょう。

人は自分に好意を持ってくれている人がいると知れば、その人を次第に意識するようになることが多いんです。

ですが、いくらアピールしても相手にその気がなければ二人の関係に変化は訪れません。

そんなことが続けば次第にアピールも辛くなってきてしまいます。相手は自分に気がないんだなと諦めるタイミングなのかもしれません。

もし、告白まで行かなくてもある程度アプローチをしていたなら、きっとやりきった感があるはず。

精一杯頑張ったのですから、自分を褒めて次の恋愛へと進みましょう。

避けられていると感じる

デートに誘ったのに断られた、約束はしたのにドタキャンされた、メールやメッセージは返ってこない…このような状況が続いた場合、彼はあなたのことを避けていると考えられます。

それは決して嫌っているわけではないけれども、あなたの思いには答えられないという、男性からのサイン。

直接言ってこないのはあなたを傷つけたくないし、申し訳なくて配慮しているということでしょう。

この場合、あなたの方から引き際だと判断して離れた方が良さそうです。しつこいと嫌われる原因にもなりますしね。

デートの誘いを何度も断られる

仕事が忙しかったり、プライベートでも余裕がない時はデートに誘っても断られてしまうのは仕方ありませんが、そうではない場合は脈なしだと判断するタイミングなのかもしれません。

特に以下のことがないかチェックしてみてください。

  • 2回以上誘っても曖昧な理由で断られる
  • 誘いを受けたとしても「皆で行こう」と数人で行くことを提案される

これらのことがあるようであればもう片思いをやめるタイミングだと判断するべきでしょう。相手は2人きりで会うことを何回も拒否しているわけですからね。

このまま片思いを続けていても両思いへと進展するのは難しいので、きっぱり諦めて新しい恋愛を視野に入れた方が良さそうです。

返信が遅い、スルーされる

女性もそうですが、好きな人からのメールやメッセージにはなるべく早く返したいと思うもの。

ですが、返信が遅かったり、既読無視をされる、といったことがあれば脈なしである可能性が高いです。

まだ「仕事が忙しくて返せなくてごめん!」などのフォローがあれば良いですが、それすらないようであれば身を引くタイミングでしょう。

楽しく意思疎通出来ていないため、もし付き合っても楽しく過ごせないことは目に見えています。

たまに相手から連絡が来る時は「もしかしたら…」と期待してしまうかもしれませんが、ただ単に暇つぶしとして扱われているだけの可能性も。たまに来るようであっても返信が明らかに遅ければ諦めた方が賢明です。

片思いに疲れた

実らない片思いを続けていると、動きのない状態に嫌になったり、疲れてきたりする時期が訪れます。

特に

  • 冷たい態度を取られる
  • メールやメッセージ、電話をスルーされる

このようなことが頻繁にあれば追いかけている時間が無駄だと感じるようになります。

また、時には報われない恋にイライラしたり、落ち込んだり、自分が嫌になってしまうことも…。

結果として仕事や趣味、友達関係にまで支障をきたすことにもなりかねません。

片思いに疲れや虚しさを感じるようになったということは自分の気持ちに変化が現れ、恋するエネルギーが下がってきたというサイン。

そして、他のことにまで支障が出てくるような恋愛はあなたにとって続けるべきではないということです。

無理に相手を好きでいるよりも、自然な心の変化に従ってフェードアウトしていくのが良いでしょう。

相手のことが好きなのかわからなくなってしまった

長い片思いをしていると相手のことを本当に好きなのかわからなくなってしまう時ってありませんか?

片思いをしていると前向きに取り組めたり、自分磨きを頑張れたり、好きな人がいるという心の安定、といったメリットが本当に多いんです。

ですが、片思いをやめるとこれらのメリットがなくなってしまうんですね。

そのため、もう本当は好きでもないのに無理に好きでいようと言い聞かせている人も実は少なくありません。

ましてや、片思いが長ければそれだけ意地になっていることもあります。

好きなのかわからなくなってしまった人は

  • 会わなくても平気か
  • 連絡を取らなくても平気か

今一度考えてみてください。

本当に相手が好きなのか、それともただの執着なのか立ち止まってじっくり考えてみる必要があります。

彼の嫌な面が見えてきた

相手をずっと思っていると彼の言動や生活スタイルを次第に知るようになり、短所や弱点が見えてくることがあります。

具体的な例を挙げると以下のようなものがありますね。

  • 仕事に対する熱意がない→仕事への責任感がない?将来性がない?
  • 女性の知り合いが増えた→異性にだらしない?誰にでも良い顔をしている?
  • 貯金が少ない→結婚を考えていない?ギャンブル好きという可能性も?

許容範囲なら片思いを続けても問題ないですが、自分とは価値観が合わないと感じたら片思いをやめるべきです。

もし付き合えたとしても余計に彼の嫌な部分が目に付き、長続きはしないでしょう。

相手に好きな人がいる

自分が相手を好きなように相手にも好きな人がいたということもあります。

その場合、相手の気持ちを変えるというのは難しいでしょう。

自分が相手以外をすぐに好きになれないのと同じように、相手にとってもすぐに気持ちを切り替えるのは難しいこと。

もし、彼の恋が成就した時、素直に祝福出来るでしょうか?きっととても辛いと感じるでしょう。

そうなる前にきっぱり諦めた方が深く傷付かずに済みます。

相手に恋人が出来た

ずっと近くにいたのに彼が他の女性と付き合い出してしまった…このようなこともありますね。

その男性はあなたが近くにいても出会いを求めていたり、他に好きな人が出来たということはあなたに気がないということです。

その場合、彼とは合わなかったと判断して次の恋に進みましょう。これは後から彼女がいたことを知った場合も同様です。

彼女がいても、努力で自分に好意を持ってもらうという考えもありますが、あまり現実的ではないと言えます。

また、下手に諦めが悪いと後にドロドロした関係になってしまうこともあるので、そういった意味でも彼女持ちの人へ恋愛感情を引きずることはオススメ出来ません。

相手があなたの気持ちを知っていようがいまいが、あなたの前で彼女の話をしてきた時も諦めるべきタイミングでもあります。

相手が既婚者だった

好きな人が出来て長く片思いをしていたけれど、よく知ってみたら彼は既婚者だった、こんなこともありますよね。

こんな時も片思いを諦めるタイミングです。

もし、彼の方からアプローチをしてきても無視をするのが鉄則。

たとえ「上手くいっていない」、「別れるつもりだ」と言っていても本当のところは分かりません。

色々言っても奥さんとの絆というのは強いものです。

その時は盛り上がるかもしれませんが、大低長続きはしませんし、バレた時に周りからの信用を一気に失ってしまいます。

そして、そこから信用を取り戻すのは至難の業。友達を失うこともあるでしょう。

また、時間ももったいないですし、不倫のイメージで次の恋愛に支障をきたす恐れもあります。

そのため、相手が既婚者だとわかったらすぐに諦めましょう。不倫をしても良いことは一切ありません!

恋愛相談を持ちかけられた

自分ではない、他の女性のことで悩んでいる好きな人の姿を見るのは辛いですよね。

ですが、そんな状況になってしまったら、自分に対する恋愛感情のなさと他の女性への思いを受け止めざるを得ません。

相談を持ちかけてくるということは何でも話せる友達として信頼されている証拠ではあるのですが、それとは反対に恋愛感情を持っていないことへの裏返しでもあります。

友達から異性として見てもらうため、努力をするという手もありますが、片思いにそこまで時間を掛けられないと思ったら、それは諦めるタイミングです。

また、こちらの好意に気付いていながら恋愛相談をしてきた場合は興味がないという意思表示でもあります。そんな時も片思いを諦めるタイミングと言えますね。

恋愛対象として見られていない

長い付き合いであるがゆえに恋愛対象として見られていないのも辛いですよね。

  • 気の合う女友達
  • 妹のような存在
  • 家族みたいに気を使わなくて楽

このような扱いを受けたり、実際こんなことを言われたらショックは計りしれません。

恋愛対象ではなかったのを異性として意識してもらうには何か大きなきっかけや彼をハッとさせるようなあなたの意外な一面を見せる必要があります。

ですが、相手の気持ちを変えるというのはなかなか難しいこと。ずっと片思いしていても変化が見られないようなら諦めるべきなのでしょう。

デートにこぎつけても食事は大衆居酒屋であったり、甘い雰囲気にならなかったら異性というよりは女友達として認識されている可能性があるため、要注意です。

人生の分岐点が訪れる

卒業、就職、転勤、遠方への引っ越しなど、環境の変化によって片思いが上手くいかなくなる時もあります。

自分または相手が物理に遠くへ行ってしまえば、もし両思いとなったとしても遠距離恋愛となり、会いたい時に会えない状態が続きます。

その場合、余程の覚悟が必要となるでしょう。

それでも何とか乗り切れる!と思えるのならばそのまま彼のことを思っていても良いですが、遠距離恋愛になることを想像した時にとても耐えられそうになければ諦めるタイミングでもあります。

また、女性には出産適齢期というものがあるため、家庭や育児のことを考えると出来れば早くケリをつけたいという女性もいるでしょう。

人生の分岐点が訪れた時は遠距離恋愛をすることが出来るか、また、自分の将来も視野に入れた上で判断しましょう。

後悔のない選択を!長い片思いに最終的にけじめを付けるのは自分自身

片思いをこじらせてしまうとせっかく新しい恋のチャンスが来ても、逃してしまうことがあります。

人を好きになるということはとても素晴らしいことではありますが、自分を犠牲にしてまで追いかける恋は幸せとは言えません。

片思いの良いところは自分で決着を付けられるところ。続けるかどうか最終的に判断するのは自分自身です。

後悔のないように、自分の気持ちに正直に向き合って答えを出すようにして下さい。

この記事のタイトルとURLをコピーする
長い片思い…このまま続けるか、諦めるか判断するには?|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/kataomoinikettyaku0156/
ライター:もも

この記事をシェアする

関連記事

コメント