• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

可愛げがないと思われる女性の特徴。優秀な人ほど愛されにくい

Date:2018.10.04

この記事のタイトルとURLをコピーする
可愛げがないと思われる女性の特徴。優秀な人ほど愛されにくい|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/kawaigenai9047/


「可愛げがないなぁ」と言われたり、「もうちょっと可愛げがあればなぁ…」と残念がられたこと、ありませんか?

“可愛げ”とは、人としてどこか憎めない魅力のこと。

どんな美人も「可愛げがない」という理由で人が近寄らなくなりますし、逆に容姿が優れていなくても「可愛げがある」というだけで人が寄ってきます。

メイクやファッションよりも、人としての可愛げが本人の魅力を左右するのです。

この記事では、「可愛げがない」とよく言われる女性の特徴について見ていきます。当てはまりそうなことがあったら要注意ですよ。


近寄りがたい…。長所が仇になるタイプの可愛げがない女性

仕事ができる、隙がない、頭が良い…こんな長所となり得るところが、実は可愛げのなさに直結してしまうこともあります。

長所が可愛げの足を引っ張るタイプの女性は、「近寄りがたい」と思われがち。嫌われているのではなく、高嶺の花と思われがち。

具体的には、次のような特徴を持っています。

一人で何でも完ぺきにこなす

元から技術や能力が優れていて、人に頼らなくてもほとんどのことは一人で完ぺきにこなしてしまう。こんなタイプの女性は、「可愛げがない」と思われがちです。

一つ二つの欠点がある方が身近に感じやすいですし、「手助けしようか?」と手を差し伸べるチャンスもやってきます。

自分が助けられることはあっても、自分が相手を助けるチャンスがない…。こんな女性が相手だと、男性としては常に自分が彼女より下にいるような気がして「可愛げがない」と感じてしまいます。

逆に男性が「可愛げがある」とよく思っているのが、ちょっとドジなところがあって自分が助ける余地のある女性。「しょうがないなぁ」と言って手助けできる相手を、男性は「可愛げがある」と感じているのです。

人を頼るのが苦手な甘え下手

甘えるのが苦手な人は何かと苦労をしがちです。うまく人を頼れないから困難にぶつかりやすくなりますし、人を頼らないことで「可愛げがない」と思われてしまいます。

自分を頼ってくれない女性を見ると、男性は「彼女には自分が必要ないのか」と思うようになります。自分を必要としてくれないことが、次第に「可愛げがない」に繋がっていくのです。

逆に上手く人を頼れる甘え上手なタイプは、「彼女には自分がいなきゃ駄目」と自己肯定刊を刺激され、「可愛げがある」という感情に繋がります。

甘え下手な性格を知らない人から見れば、自分を頼らない人は本当に「可愛げがない奴」にしか見えません。

せめて甘え下手な性格を理解して貰えれば、「彼女は甘え下手だから」と素直じゃない部分を愛されることもありますよ。

プライドが高くてすぐ強がる

大変なときに弱音を吐かない人は、人に心配をかけまいと強がっているに過ぎません。…ですが、そんな強がりは「全然弱みを見せない。可愛げがない」と思われてしまいがち。

助けようとしても「大丈夫」の一点張り。慰めようとしても「別につらくない」と距離を置かれる…。プライドの高い人は扱いづらく、すぐに強がるので接し方が難しいのです。

ちょっとくらい「しんどい」と言ってもらった方が、男性としては「俺に任せろ!」と頼りがいをアピールするチャンスになります。そんなチャンスがないのは寂しいことですし、男性のプライドも傷つけられます。

プライドが高い人は男性と同列・もしくは優位に立ちたいという気持ちから、「弱みを見せたら負け」「借りをつくってしまう」と強がってしまいがちです。

あまり心を開かず、距離がある

慎重な性格の女性は、初対面で人に心を開くことはほぼありません。よく「人見知り」と言われるタイプで、あまり人に心を開かずどこか距離を置いています。

本音で話してくれない女性には、「嫌われてるのかも」とネガティブな気持ちを抱く男性がほとんどです。

頑張って話しかけてもどこか距離を置かれ、なかなか心を開いてくれない…。どう接して良いか分からず、つい「可愛げがないな」と思わされてしまいます。

  • プライベートについて話さない
  • 質問にはいつも曖昧な返事をする
  • 自分から話しかけてこない

こんな女性は人としてつまらないと思われることもありますし、「近寄らないでおこう」と避けられやすくもなります。

感情的にならず理屈的に話す

すぐ感情的になってヒステリーを起こす女性は嫌われがち。ですが逆に、全く感情的にならず理屈的に物を言う女性も、「可愛げがない」と思われがちです。

表情豊かでよく笑ったり怒ったりする女性は、見ていて楽しいですし、打てば響く可愛らしさがあります。自分のかけた一声で彼女が笑ったり驚いたりすると、「声をかけた甲斐があったな」と思いますよね。

ところが理屈的な女性は、ほとんどのことに対して「ふーん、それで?」とドライに反応しがち。

  • 喧嘩しても言い負かされる
  • 感情論を理詰めで論破される
  • 常に取り乱さず落ち着き払っている

こんな女性と一緒にいると、男性としての立場がなくなります。「いやそれはおかしい」と言って理路整然と反論されると、プライドをズタズタに傷つけられ、近寄れなくなってしまうのです。

その短所が可愛げをなくす。嫌われやすいタイプの特徴

前述の特徴は「優れ過ぎて可愛げがない」タイプ。これに対して次にご紹介するのは、「不愉快になる可愛げのなさ」です。

どんなに優れている長所や魅力があったとしても、次のような短所のせいで「可愛げがない」と思われてしまいます。

素直にお礼を言えない

何かをしてもらったときは「ありがとう」と言うのがマナー。ところが

  • 相手に借りをつくりたくない
  • 喜んでいる姿を見られるのが恥ずかしい
  • お礼を言うと何だか負けた気になる

こんな気持ちから、つい「余計なお世話だし」「おせっかい」なんて言って素直にお礼を伝えられない女性もいます。

お礼を言えない女性には、「素直にお礼くらい言えないのか」と呆れや怒りを抱く男性がほとんどです。もしくは、「せっかく頑張ったのに」と落ち込んでしまう人もいます。

何にせよ、彼女のためにやったことを彼女に認められないのはつらいこと。「性格が悪くて可愛げがない」と悪印象を抱かれてしまいます。

なかなか自分から謝れない

素直に「ごめんなさい」と謝罪の言葉が出ないタイプの女性は、可愛げがないと言われます。本当は「謝らなきゃ」と思っているのに、

  • 謝ると何だか負けた気になる
  • 相手を優位に立たせたくない
  • 自分の非を認めたくない

こんな気持ちのせいで謝罪の言葉が出てこないこと…ありませんか?

自分から謝れない人は「非を認められない人」「思いやりのない人」と思われます。人として愛せる存在ではありませんよね。可愛げがないと思われて当然。

逆に自分から「ごめんなさい」と謝ってシュンと落ち込んでいる女性は、可愛げがあって「しょうがないな」と許す気になれるのです。

無愛想でノーリアクション

よく人から「無愛想」と言われたり、「反応が薄い」と言われることはありませんか?

  • あまり感情を表に出さない
  • いつでも仏頂面で笑わない
  • 会話が続かない

こんな特徴のある人が、無愛想ゆえに可愛げがないと言われがちです。

無愛想な人は、あまり好意的に見えません。「どうせ俺のことなんて好きじゃないんだろ」と男性が離れていってしまうのです。

反対に自分といると楽しそうな人は、可愛げがありますよね。無愛想な人は考えていることも分かりにくいので、扱い方が分からず、可愛げがないと思われてしまうのです。

自己中心的でワガママな性格

どんなときでも自分本位で、自分の思い通りにならなければ機嫌を悪くしてしまう。こんな自己中心的な女性は「可愛げがない」とよく言われます。

「常に自分が一番」という考え方で、上から目線な態度で人を不愉快にさせてしまいます。

人を見下すような態度はお世辞にも可愛いとは言えませんし、どんなときでも気が強い態度を見せるので、人としての可愛げが感じられないのです。

「多少はワガママな女性が良い」と語る男性もいますが、それをはき違えて「やって貰って当たり前」という顔をしていると、性格の悪い可愛げがない奴と思われます。

文句が多い、否定的なことばかり言う

人の意見にすぐ「いや」「でも」と否定したり、何かに文句をつけたがるということはありませんか?

  • 褒められてもお礼を言わずに否定する
  • 返事をするときは「いや」と否定から入る
  • 商品やサービスなどに文句をつける

否定的な意見は聞いていて不愉快になりますし、何を言っても否定されるのは悲しい気持ちになります。例え照れ隠しだとしても、文句ばかり言っていると表面的には「ただのクレーマー」です。

素直に喜んだり受け入れたりしないでいると、「何て可愛げのない奴なんだ!」と愛想を尽かされるのも時間の問題。「どうせあいつに見せても文句をつけられるだけ」と人が離れていってしまいます。

強がりや媚びは不要!取り繕わない素直な態度が可愛げになる

「可愛げなんてどうやってつくれば良いの?」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?可愛げは自然体であらわれるものですから、無理につくり出そうとしなくて大丈夫です。

「困ったな」と首をひねったり、「ありがとう」と嬉しそうにしたりする、素直な態度が“可愛げ”と言われるものです。

変に強がって取り繕おうとすれば「可愛げがない」と言われますし、逆にわざとらしい態度で人を頼ろうとすれば「あざとい」と言われます。あくまで素直な態度が可愛げを感じさせるのです。

可愛げのなさは、せっかくの長所も台無しにしてしまいます。強がったり演技をしたりせず、素の表情を見せられるように意識してみれば、「ちょっとは可愛げがあるじゃん」と思われるようになりますよ。

この記事のタイトルとURLをコピーする
可愛げがないと思われる女性の特徴。優秀な人ほど愛されにくい|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/kawaigenai9047/
ライター:箸屋

この記事をシェアする

関連記事

コメント