• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ホントは好きなのに「俺には気がないな…」と誤解される言動とは?

Date:2018.04.18

この記事のタイトルとURLをコピーする
ホントは好きなのに「俺には気がないな…」と誤解される言動とは?|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/kiganai6514/

気になる男性へのアプローチ、ちゃんと正しく出来ていますか?自分では「好きですアピール」ができているつもりでも、相手の男性には上手くそれが伝わっていないこともあります。

むしろこちらが相手を好きでも、相手から「彼女は自分に気がないな」と思われれば、勝手に脈なし判定されて諦められることもよくあるのです。

自分の知らないところで勝手に失恋してしまうなんて、絶対に嫌ですよね。

この記事では、相手を好きなのに「気がないな」と思われてしまう女性の行動をチェックしていきます。


男性から「嫌われるのかも」と思われる女性の行動・言動

ただ単に「脈なしだな」と思われるだけならまだしも、「嫌われているな」と思われるのは心外ですよね。…ですが、男性は女性の些細な言動で「自分は嫌われているのでは…?」と不安になりがちです。

自分を嫌っていると思う相手に対して男性が好意を抱くことは少ないですから、誤解を招かないように要注意です。

誘いや申し出を断られる

男性から何かを言われたとき、それが「はい」か「いいえ」で答えられる質問ならすべて「いいえ」で答えていませんか?

  • 遊びや食事などのお誘い
  • お手伝いなどの申し出

こんなお誘いを全て断り続けていると、嫌われていると誤解させます。女性にとっては「そんなこと悪いよ」と気遣いのつもりでも、断られた男性にとっては「自分のことが嫌いだからか」と落ち込む要因になります。

自分を嫌い、落ち込ませた女性を男性は好きになることはあまりありません。

もしも気遣いでお誘いやお手伝いなどを断るときは、「気持ちは嬉しいんだけど~」などの前置きが欲しいですね。

二人で会うことが滅多にない

二人きりで食事をしたり、二人きりで休日に会おうという話になったとき、頑なにそれを拒み続けていませんか?

二人きりになるのが緊張するのは分かります。ですが二人になることを避け続けていると、「彼女は自分と二人になるのが嫌なんだ」と思わせてしまいます。

「この人と二人きりになんてなりたくない!」という意思が伝わってくるのは傷つくものです。

遊びや食事に誘われたときに第三者の有無を確認したり、第三者を誘おうとしたりする素振りを多く見せていると、二人きりを避けていると思われやすいですよ。

話していて目が合わない

気になる人と会話をするとき、ちょっと気恥ずかしいですよね。目が合ったときなんか、ドキッとして飛び上がりたくなります。…しかし、だからと言って目を逸らし続けるのも考え物。

人は誰かと目が合うことで、相手が自分のことを意識しているのだと感じます。目が全く合わない相手なら「意識されていない」と思いますし、意図的に目を逸らされるようなら「意識したくない=嫌われている」と思うようになります。

相手がネガティブな男性であれば、「視界に入れたくないほど嫌なのか…」と極端な解釈をされることもあります。

無理に目を合わせる必要はありませんが、わざと視線を逸らしたり目を合わせないように振る舞うのは要注意ですね。

冷たい態度で受け答えされる

男性から話しかけられたとき、「冷たい」と思われるような受け答えになっていないか注意してみましょう。

  • 適当な相槌しかない
  • 「それで?」「だから?」と突き放すような言い方
  • ツンとした敬語が抜けない
  • 返事すらないときがある

こんな態度を取っている自覚のある人は、相手から嫌われていると誤解される可能性が高いです。

緊張したり「ちゃんとした口調で話さなきゃ」と敬語を意識するあまり、「冷たい」と思われる人は少なくありません。

誤解を招かないためにも、笑顔を加えて話したり楽しそうな声色で話したりなど、気を付けてみましょう。

笑顔が全然見られない

一緒にいて笑顔の多い人と少ない人なら、やはり後者の方が男性からは好かれます。

笑顔の少ない女性は、

  • つまらなそう
  • 楽しくなさそう
  • 自分を嫌っていそう

のような印象を与えやすいのです。

女性からすれば、相手を好きだからこそ顔を引き締めているのかもしれません。ですが女性の心の内を知らない男性からすれば、ただムッとしているようにしか見えないのです。

楽しい・嬉しいときは素直に笑顔を浮かべるようにしてみましょう。笑顔を向けられて嫌な気分になる男性はいませんよ。

メールやチャットの態度

メールやチャットなどから伺える態度を見て、「彼女は俺を嫌っているんだな」と感じる男性は結構います。

具体的には次のような態度が、メールやチャットをきっかけに誤解を招きやすいです。

返信が遅いor来ない
男性から受け取ったメールやチャットの返信が極端に遅いか、もしくは返信が来ないような女性は、「嫌われているな」と相手に思わせます。

男性は返信が遅ければ、彼女の中での自分の優先順位が低いと思い込みます。返信すら来ない場合は、自分と関わりたくないんだなと思います。

返信が要らなそうor急を要さないようなメッセージでも、見たらなるべく早めに返信するようにしたいですね。

メッセージが素っ気ない
貰ったメッセージの文面が素っ気ない場合も、男性は「嫌われている」と誤解します。例えば用件だけの文面だったり、「うん」「はい」などの一言返信など…。

“女性は絵文字や顔文字を多く使う”という先入観を持っている男性はとても多いです。だからこそ素っ気ない文面が返ってくると、「自分への返信には力を入れないんだな」と感じて嫌われていると誤解してしまうのです。

ただの友達…「異性として興味がなさそう」と思われる行動

「嫌われていそう」とまでは思わなくても、一緒にいてただの友達のように接されると「異性として意識されていないな」と男性は思います。

意識されていない相手への片思いは不毛です。「気がないから諦めよう」と一人で断念してしまう男性も多くいるのです。

異性として意識していないように見える女性の行動や言動は次の通りです。

初対面から言葉遣いが汚い

どんな人たちでも、初対面のときは多少かしこまった口調でお話するものですよね。もしも初対面から汚い口調で話していると、「相手に良く思われよう」という気が全く感じられません。

  • 「マジ」
  • 「~じゃね」
  • 「~だろ」

のような女性らしさからかけ離れた言葉を使っていると、「彼女は俺に女性らしくする気がない」と勝手に脈なしと思われてしまいます。

素の口調が特徴的なものだったとしても、それを出すのはある程度仲良くなってからにしましょう。初対面から素の口調で話していては、女性らしさをアピールする気がないものだと思われてしまいます。

仕草や服装が女性らしくない

男性は女性の仕草や服装を見て、女性らしさを感じ取っているものです。

  • スカートなどのひらひらした服装
  • パステルカラーの小物
  • 家庭的な一面
  • 恥じらうような仕草

…などが女性らしさの代表的なものですね。

もしも女性らしさが全く感じられないと、男性は「俺には気がないのか」と思うようになります。男性にとって女性が女性らしくしないということは、「女性として意識されたくない」ということに繋がるのです。

一緒にいる女性がボーイッシュな格好を選ぶよりは、フェミニンな格好をしていた方が「気があるのかも」と思われやすいですよ。

異性として扱われていない

気になる男性といるとき、彼をしっかり男性として扱っていますか?変に異性として意識するのは気恥ずかしい、と感じる女性も多いでしょうが、全く男性扱いされないのは男性側からすればちょっと傷つくことです。

  • デートに誘っても友達と遊ぶ感覚で接される
  • 好意を伝えても恋愛として意識してくれない
  • 同じ部屋で寝泊まりするなど、無防備な態度を取られる
  • 下ネタを恥ずかしがらずに話す

こんな態度を取っていると、ただ鈍いだけなのか恋愛関係に発展するのを避けているのかが分からなくなってしまいます。

その結果、「俺には気がないのか」と男性は諦めてしまうのです。

興味がなさそうな反応

何かを話したり一緒にどこかに行っていたりしても、なかなか興味を示してくれない女性を見ると、男性は「自分には気がないな」と思います。

  • 表情が変わらない
  • 返事が相槌ばかり
  • あまり話を振ってくれない

緊張してしまうとこんな態度を取ってしまいがちですが、男性から見れば女性が緊張しているのか自分に興味を持ってくれていないのかは分かりません。

緊張しているなら「緊張してます」と素直に伝えるなどして、できるだけ多く反応を見せるようにすると良いですね。無反応を貫いてしまうと、どうしても興味がなさそうな人にしか見えません。

会話を振ってもあまり続かない

口下手な女性や上がり症の女性にありがちですが、気になる人から会話を振られたとき、上手く返答できないことがあります。

「気の利いた答えが思いつかない」と黙り込んでしまうと、相手の男性は「自分とは話したくないのかもしれない」と思ってしまいます。

また、本人にとっては楽しんで話を聞いているつもりなのに、反応が薄いせいで「自分の話はつまらないのかも」と会話を止めてしまう男性は少なくありません。

無理にユーモアのある返答をしなくても、分かりやすい反応さえ返せば問題はありません。お話が苦手な女性も多いとは思いますが、気になる相手と話しているのなら「楽しい」「面白い」くらいの感想は伝えるようにすると安心ですね。

他に好きな人がいると言われたとき

気になる相手の反応を見るために、わざと「好きな人がいるんだよね…」という話を振る女性、少なくはありません。

恋愛相談をするような感じで話を振り、自分を意識させようとする…そんな作戦ですが、実はこれ、男性には逆効果です。

恋愛相談をされている時点で「自分は異性として意識されていない」と感じる男性が大半ですし、自分以外に好きな男性がいることを知れば「彼女とは脈なしだな」と恋愛対象から外されやすいです。

駆け引きのつもりだとしても、気になる相手に「好きな人がいる…」という話を振るのはやめた方が無難ですね。

好きな相手には”ちょっとしつこい”くらいのアプローチを

「俺には気がないな」と思った女性は、男性の中で恋愛対象から外されてしまいます。そうなっては、どんなに女性からアプローチしても意味がないのです。

気がある相手にはちょっとしつこいぐらいに好意を見せつけましょう。好意を悟られるのは恥ずかしいかもしれませんが、勝手に脈なしと判定されるよりはマシです。

自分に好意を示す女性を見て、そこから意識する男性は少なくありません。アプローチするときはとことんアプローチしていきましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
ホントは好きなのに「俺には気がないな…」と誤解される言動とは?|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/kiganai6514/

この記事をシェアする

関連記事

コメント