• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

告白するときの服装で成功率UP。女性らしさと清潔さが大切

Date:2020.02.12

この記事のタイトルとURLをコピーする
告白するときの服装で成功率UP。女性らしさと清潔さが大切|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/kokuhakumae29314/


片思いを実らせるにしても終わらせるにしても、告白しないことには始まりません。どうせ告白するのなら、少しでも良い結果になるように努力したいところですよね。

告白を受ける側にとって、そのとき相手が着ていた服装は意外と印象に強く残ります。「告白されたときに着てた服、ちょっとかわいかったな」と思うだけで、告白への印象が前向きになります。

告白のセリフを考えるのも良いですが、服装選びも抜かりなく作戦を立てていきましょう。告白するときの勝率が高まる、服装選びのポイントをご紹介します。


服装で告白の成功率が一気に上がる。服選びは重要

告白に気持ちがこもっていることはもちろん大切ですが、服装で見た目のイメージを良くし、相手に好印象を抱かせる作戦は非常に有効的です。

男性は脳のつくり的に「視覚優位」な生き物。見た目で女性を判断することが多くあります。

例えば女性の若さや体型を意識してしまうのは、健康的で自分の子どもを産んでくれそうだからという本能が理由。パッと見の印象で一目惚れをしてしまうこともあります。

ですから服装に気を遣い、見た目を磨いて告白に挑むのは賢い作戦です。本当に似合う服装というのは着る人を大変美しく見せてくれますし、本気度が伝わって相手も真剣に向き合ってくれるようになりますよ。

逆に気を抜いた適当な服装で告白をしてしまうと、「本気じゃないのかも」と相手にされないことがあるので注意してくださいね。

気合が空回りしないように!必ず意識すべき3つのポイント

自分を最大限に美しく・可愛らしく見せる服装で告白に臨みましょう。ただし気合を入れ過ぎると、むしろ重たく感じられて引かれることがあります。

本気を伝えても空回りしすぎないよう、ポイントを抑えて適度なオシャレを意識してくださいね。

自分らしさを忘れないこと

勝負服を選ぶにしても、自分の個性と魅力を活かせるようなものを探しましょう。気合を入れ過ぎてしまったり、ファッションに自身がない人に限って、次のような間違いを犯しがち。

  • 流行り物だけど自分には似合わない服
  • 普段は着ないような着慣れない服
  • 明らかに自分の性格や雰囲気に合っていない服

ショップに立つマネキンが着ている物を、上から下まで着てしまう「マネキンコーデ」に要注意。

服と本人の相性が良くなければ、服に「着られている」感じになってしまう、魅力は上手く伝わりません。

もし脈ありだった場合に無理をして似合わない服を着て告白したら、「こんな人だったっけ?」と彼の心が遠ざかります。流行り物よりも自分に似合う物を優先した服選びが大切です。

季節感に合った服装を選ぶ

いくら本人に似合う可愛い・綺麗な服だったとしても、季節感は意識しましょう。

  • 夏なのにニット
  • 冬なのにミニスカート
  • 明らかに寒そう・暑そうな服

こんな服装で告白してしまうと、「寒くor暑くないの?」と気になってしまい、告白どころではありません。

季節感のない服を着た女性は、正直、隣を歩きたくなくなります。どうしても自分に似合う服があるなら、他のアイテムで上手く季節に合わせてみましょう。

もちろん夏に告白するのに厚手の服しかないのであれば、新たに勝負服を選びに行くか、手持ちの他の服装でなんとかコーディネートを考えてください。

清潔感のある服装を選ぶ

清潔感はどんな場面でも重要。告白をはじめ、面接や会合など、あらゆる場面で人の意識を左右します。告白の場面なら、特に次の点に要注意。

清潔感のない格好

  • 服や鞄・靴に汚れやほつれがある
  • 髪がボサボサで手入れされていない
  • メイクが下手、汚い
  • 派手で露出が多い
  • 肌や手先が汚い

清潔感がないと、いくら綺麗な服を着ても魅力半減。男性ウケを狙った露出度高めの服装も、「下品」「不潔」と評されやすいので要注意です。

今も昔も清楚系が人気なのは、隣を歩いて恥ずかしくないからです。オシャレをしつつも、一緒に歩いていて自慢できるような、清潔感を持った女性の姿で告白をしましょう。

告白が嬉しくなる。成功率を高める服装の特徴

脈の有無はともかくとして、告白されたことを嬉しく感じることは誰にでもあります。「この人に好かれて嬉しい」と思って貰えれば、可能性だって高まります。

自分の個性を活かしつつ、次のポイントに気を付けて魅力的な女性に変身しましょう。

ワンピースやスカート

告白を成功させるなら、自分を異性として認識してもらう必要があります。ワンピースやスカートのコーデは、女性らしさを意識させる鉄板です。

センスに自信のある人はスカートと他のアイテムを合わせて、自信のない人は一枚で決まるワンピースがおすすめです。

スカートとワンピースの丈は膝丈か、膝から10cm以内の短さ・長さがおすすめです。ロング丈は女性らしさに少し欠けますし、ミニ丈は露出が多くあまり良い印象を抱かせにくいので避けた方が無難。

パンツスタイルに慣れている女性もいるかと思いますが、相手の男性がボーイッシュ・マニッシュ好みでない限りは、スカート・ワンピースコーデが無難です。

小ぶり・控えめなアクセサリー

女性らしさを演出するならアクセサリーも使いましょう。アクセサリーは使い方次第で可愛くも美しくもなれる、ちょっとした魔法のようなアイテムです。

告白におすすめなのは小ぶりで控えめな、派手すぎないアクセサリー。モチーフが揺れるものや、華奢なチェーンなどは特に女性らしさがUPします。

アクセサリーはなりたい印象に合わせて使い分けましょう。

  • ピアス・イヤリング:耳元や顔への注目UP
  • ネックレス:鎖骨や胸元、デコルテ部分を美しく見せる
  • ブレスレット:腕や手首の出る服と相性抜群

ヘアアクセサリーで髪型を華やかに見せるのも効果的。うなじを見せるアップスタイルにヘアアクセサリーを合わせると、大人っぽくも上品な色気が出ます。

ただし複数のアクセサリーを欲張ってジャラジャラつけないように注意。つけすぎは派手で下品なイメージになります。あくまでワンポイントに、視線を惹きつけるようなアクセサリーをつけましょう。

パステル系の明るい色

告白をする当日の服装は、できればパステル系の柔らかい色がおすすめ。明るい色合いだと尚グッド。特にホワイト・ローズ系の色は女性を美しく見せる定番カラーです。

彼の好きな色をリサーチ済みであれば、自分に似合う範囲で合せるのも良いでしょう。

逆に避けた方が良いのは黒や紺・茶などの地味でビジネスシーンを連想させる色。派手な原色やギラギラした配色も、理解を得られにくいのでやめておきましょう。

ファッションに自信がない人は、服やバッグ・靴に使う色を「3色まで」と決めてみましょう。全体に使われる色が3色以内に収まると、コーディネートにまとまりが生まれます。

レースやシフォン生地

スカートやブラウスに使われる素材・生地を意識することで、全体的な女性らしさがUPします。同じスカートでもタイトとフレアなら、断然フレアの方が華奢で可愛らしいイメージになります。

スカートやブラウス選びには、次の点に注目。

  • シフォン生地のふわっとしたシルエット
  • 控えめのレースやフリル
  • Aラインのスカート・ワンピース

ただし、いたる所にレースやフリルがつきまくった「ブリブリ」な服装には注意。過度な装飾で甘すぎるコーデは、一緒に歩きたくなくなるほど男性が引いてしまいます。

花柄も女性らしいですが、取り入れるなら派手すぎない小花柄に抑えておきましょう。リボンは子どもっぽくなりやすいので、控えた方が安心です。

ベースは清楚系。露出はNG

いくら女性らしさをアピールしたくても、安易な露出に走るのはNG。ボディラインの目立つピッタリした服装もやめて、清楚系のコーディネートを目指しましょう。

露出は色気というよりも、はしたなく感じてしまいますし、色仕掛けで告白をどうにかしようという意図が感じ取れて、重たい女と思われます。

もちろん極端に露出を減らす必要はなく、暑い季節には半袖やひざ丈のスカートで全然OKです。本当に魅力的な女性には、清楚な服装にも色気が同居しているものです。

告白をするときには、健全で清楚な色気を目指しましょう。むしろ露出していない相手に色気を感じることがあれば、男性は「もしかして自分は彼女が気になるのかも」とあなたを意識しちゃいますよ。

靴はヒール低めの歩きやすい物

どんなに服装に趣向を凝らしても、靴がチグハグならすべてが台無し。デート中・デート後の告白を予定しているなら尚さら、歩き回るための靴で失敗しないように気を付けてくださいね。

スニーカーよりも女性らしいパンプスやサンダル、かつローヒールで歩きやすい物が理想です。

ヒールが高いと歩きにくくて、せっかくのデートが楽しめません。なんだか遊び女のような軽いイメージを持たれることもありますし、女性の身長が男性の身長に追いつく・追い越しそうになるのは完全に悪手です。

分かりやすく気合を入れ過ぎない

女性が目に見えて気合を入れ過ぎた格好で告白してきたら、男性としては何だか気が重たくなってしまいます。

  • 全身をブランドで固めている
  • あまりに派手・華美な格好
  • 露出度高めで身体のラインを強調するような服

男性はどちらかと言えば追いかけられるよりも追いかける方が好きな性質を持っています。全力で女の武器を振りかざして告白されると、つい逃げたくなってしまうのです。

また、ブランド固めはキャリア重視・経済性重視の女性と思われやすいため、男性がプレッシャーを感じて逃げてしまうことも。気合の入れ過ぎで親しみを失っては元も子もないので注意。

女性らしい健全な色気が出る小技

男性が好むのはあからさまな露出ではなく、下品にならない程度の色気です。健全な色気を身につけて、告白を少しドキッとするものに演出しましょう。

健全な色気を出すには、次のような方法が効果的。

  • 鎖骨や足首など、チラッと肌が露出する服
  • 髪をアップにしてうなじを見せる
  • アクセサリーで視線を引く(耳や首など)

暑い季節なら肩や肘を露出させるのもおすすめ。あくまでチラッと見える露出を目指しましょう。清潔感と同居する色気が一番効果的です。

ただの友達と思っていた相手に告白されて、なんだか色気まで感じてしまっては、意識しない男性はいませんよ。もともと脈ありの相手なら大きな後押しになること間違いなしです。

服の力を借りれば自信もつく。あなたの魅力を全て見せよう

服は女性の自信と魅力をブーストするアイテム。告白のような決戦時には、特に効果を発揮してくれますよ。

どうせ告白をするのであれば、少しでも成功率を高めた状態で、自分に自信を持って気持ちを伝えましょう。

似合う服を着て最大限に魅力を発揮して告白すれば、少なくともあなたが告白後に「もっとこうすれば良かった」と後悔することはありません。いつもより魅力的なあなたを見れば、相手も真剣に向き合ってくれるでしょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
告白するときの服装で成功率UP。女性らしさと清潔さが大切|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/kokuhakumae29314/
ライター:箸屋

この記事をシェアする

関連記事

コメント