• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

好きな男性に告白させる方法。告白しやすい雰囲気作りを

Date:2018.03.02

この記事のタイトルとURLをコピーする
好きな男性に告白させる方法。告白しやすい雰囲気作りを|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/kokuhakutiming14851/

デートも何度もしているし、連絡もマメに取り合っている彼。そろそろ告白してほしいな、と思っていても、なかなかしてくれない…。

そんな “あきらかに自分に好意があるはずなのに、なかなか男性が告白してこない“という経験はありませんか?

男性は女性が思っている以上に繊細で、傷つくことを恐れています。

だからこそ、絶対大丈夫という確信を得るまでは、なかなか告白することができないよう。

また「これだけ誘っているんだから、言わなくても分かるだろう」という男性や、「誘うのはこっちでやるから、告白は女性からしてほしい」という甘えん坊な男性も。

草食男子が増えているというのは、やはり事実のようですね。でもそこはやっぱり男性に告白してほしい!

そんな女性たちのために、好きな男性に告白させるコツをご紹介します。


さりげなく伝えよう!告白させるサイン

相手に告白させるには、“私はあなたが好きだよ”というサインを見せてあげるのが効果的。

直接言葉にするわけではないけど、好意が伝わるサインを3つご紹介します。

デート中に相手の目を5秒以上見つめる

「会話しているときに、じっと目を見られるとドキッとする」(28歳/男性)
「見つめられると、自分のことが好きなのかと思ってしまう」(31歳/男性)

このサインは、男性に好意を伝えるのに最も簡単で有効な手段であると、心理学的にも言われています。

会話をするとき、ご飯を食べるとき、遊んでいるとき…。

どんな時でも相手の目をじっと見つめることで、見つめられた人は見つめている人を意識する傾向があります。

また同時に、「この人は自分に好意がある」「自分を認めてくれている」という承認欲求も満たされます。

そうすることで「この人は告白したらOKしてくれる」と、心理的に安心感が芽生えるのです。

デートでは相手の目を、できれば3秒以上見つめて。ゆっくり視線を動かすと、より色っぽく見えます。

相手が恥ずかしがって目をそらすのは、ドキドキしている証拠。好意を上手に伝えて、彼を安心させてくださいね。

笑顔を忘れず、常に楽しそうにする

「一緒にいるとき、いつも楽しそうに笑ってくれると自信になる」(28歳/男性)
「どんなことでも笑顔で取り合ってくれると、将来も考えられる」(33歳/男性)

男性が女性の「笑顔」が好きなことは、みなさんもご存知ですよね。笑顔は女性の最大の武器と言っても過言ではないでしょう。

一緒にいるとき、女性がいつも笑顔で楽しそうにしてくれていると、男性はとても喜びます。

そして「自分はこの人を楽しませてあげられている」「この人は自分と一緒で楽しんでくれている」と安心し、自信を深めるのです。

どんな話でも、笑顔で聞いてくれる姿を見ると、結婚してもこの笑顔に癒されたい…と思う男性も多いようです。

女性の笑顔は、女性たちが思っているより、男性たちの心を動かすのですね。

あなたのとびっきりの笑顔で、二の足を踏む彼の告白を後押ししてあげましょう。

ちょっと上級!?相手へのボディタッチ

「男は鈍感なのでちょっと分かりやすいくらいの方がいい」(29歳/男性)
「触れてくる=男性として好意をもってくれていると感じる」(34歳/男性)

鈍感な男性でも好意に気づきやすいのが、ボディタッチ。

付き合う前の距離感をグッと縮めるには、最適な方法ですよね。

ある程度ふたりでデートを重ね、話も盛り上がる仲なら、気軽にやわらかくタッチしてみましょう。

肩や腕など、会話の途中に可愛く突っ込みしてあげたり、服の裾をつかんでみたり、話しかける時に背中をツンツンしてみたり…。

ボディタッチは、「あなたに心を許している」「あなたは私にとって特別な男性だ」とアピールするのに有効です。

男子に「この人は自分に気がある」「自分のことが好きなのだ」と本能的に思わせることができます。

注意したいのは、べったりとしたボディタッチ。あくまで軽くタッチする程度にとどめましょう。あまりにも大げさだと、引かれてしまったり、軽い女だと思われてしまいます。

女性からの積極的なボディタッチは、男性に好かれているという自信をあたえる効果があるようです。

告白成功を確信させてあげるべく、こちらからも好意をサインで出してあげましょう。

ドキっとさせよう!告白させる言葉

サインより効果的なのが、言葉。

もちろん、自分から告白するわけではありません。好意を伝える“告白未満”の言葉です。

告白されたわけではないけど、「俺のこと好きなんだな…」と感じさせてあげるのがポイント。

男性をドキっとさせ、告白を決意させる言葉をご紹介します。

「あなたといると楽しい」「もっと一緒にいたい」

「自分といるのが楽しいと言われると、自分のことが好きなのかなと思う」
(29歳/男性)

一緒に会話しているとき、ごはんを食べているとき、楽しいことをしっかり言葉で伝えるのが効果的。

デート中、男性は少なからず「楽しんでくれているかな?」と心配しています。

ですから、「自分が女性を楽しませてあげられているんだ!」と、自信をつけてあげましょう。

「一緒にいて楽しい!」と言われ続けると、「相手は自分に好意がある」と捉える傾向にあります。男性は単純ですね。

そうして男性に確信をもたせて、「これは告白しても上手くいくかも」と思わせることで、告白される確率が高まります。

  • 「あなたといると楽しい」
  • 「すごく楽しかった」
  • 「こんなに笑ったのは初めて」
  • 「もっと一緒にいたい」
  • 「帰りたくないな」

などなど…

ポイントは“あなたとだから楽しい”と伝えてあげること。楽しい理由も会話におりまぜてあげると、より具体的になって男性側も喜ぶかも知れませんね。

「カッコイイ!」「尊敬する!」

「ストレートに褒められると好意が分かりやすい」(29歳/男性)
「どこがいいのか具体的に言われると自分のことをちゃんと見てくれていると感じる」(34歳/男性)

だれでもそうだと思いますが、人に褒められるのは嬉しいですよね。お世辞でも悪い気分にはならないはず。

とりわけ男性は褒められるのが大好きです。承認欲求や自己顕示欲も、男性の方が強いと言われています。

逆に、攻められたり否定されたり、プライドを傷つけられると、男性は途端に自信をなくし、落ち込んでしまいます。

繊細で傷つきやすい…。女性が思っている以上に、男性はデリケート。だからこそ、自信をつけてあげるには、とにかく褒めること!

  • 「さすが!○○くんカッコイイ」
  • 「本当に頼りになりますね」
  • 「そんなこと知ってるなんてすごい!」
  • 「センスいいですね」
  • 「そういうところすごく尊敬する」

などなど…

まずは、男性自身が自信を持っているであろうところを褒めてあげましょう。

ポイントは、どこが素敵だと思ったのか、どこがすごいと感じたのか、具体的にしてあげること。

見た目に気を使っている人には見た目を、物にこだわりを持っている人にはそのこだわりを、仕事や趣味に誇りを持っている人ならその姿勢を、とにかく褒めましょう。

そして仲良くなってきたら、男性自身でも気づいていない、またはそんな褒められたことのないところを見つけて、褒めてあげましょう。

自分でも思いかげないところや、そんなに自信がなかったところを褒めてもらえると、ちゃんと自分のことを見てくれている、理解してくれていると感じますよね。

男性が欠点だと思っているところを、あえて前向きに褒めてあげるのも効果的。「この人しかいない…!」と男性の気持ちも大きく動きます。

自分を認めてくれる女性は、男性にとって居心地の良い存在です。

「この人となら前向きになれる」「ずっと側にいてほしい」と感じて、告白を決意してくれるはずですよ。

「○○なところが好き」「好きになりそう」

「告られたわけじゃないけど、“好き”という言葉は好意がないと言わないと思うので」(30歳/男性)

「え、告白してるじゃん!」と思いましたか?この言葉、男性が1番確信を得ることができる言葉です。

ポイントは、告白はしないけれども、“男性のある部分が好きだ”、または“好きになりかけているよ”と伝えること。

  • 「そういう優しいところ好きだよ」
  • 「そんなこと言われたら好きになっちゃう」
  • 「○○くんの声すごく好き」
  • 「○○くんみたいな人が好き」
  • 「これって好きなのかな…」

などなど…

告白ではない“好き”という言葉は、告白してこない男性への最後のダメ押し。

ほぼ「好きだ」と伝えているようなものですが、自信のない男性の場合、これくらい分かりやすい方が効果的です。

告白を迷っている男性にとって、“好き”という言葉ほど確信できるものはないはず。

「私はあなたのことが好きだから!」と、好きな気持ちを思い切って伝えて、彼を安心させてあげましょう。

これまでの言葉と同じように、具体性を意識するのがポイント。好きな男性には、良いと思うところがたくさんあるはず。そこを褒めるだけでなく、好きだと伝えてみて。

気持ちをストレートにあらわせば、男性も告白する勇気がわくはず。

“異性として意識している”ことを伝えて、男性の背中を押してあげましょう。

ムードづくりも大切!告白させる場所・雰囲気

告白って、やっぱりムードづくりも大切なんです。

きっかけやタイミングがないと、男性もなかなか告白しにくいのが本音。

それならこちらから、告白しやすい雰囲気をつくってあげましょう。

ロマンチック!夜景スポットやイルミネーション

「これまで告白した場所はすべて夜景スポット(笑)」(30歳男性)
「イルミネーションとか見ながらだと良い雰囲気になる気がする」(33歳/男性)

夜景スポットは、デートのザ・王道。イルミネーションの時期も、カップルでにぎわっていますよね。

暗くて静かな空間。キラキラした夜景。完全に2人だけの時間になる夜景スポットは、とてもロマンチック!

そして何よりまわりにカップルが多いと、良い意味で緊張感が出て、告白しやすい雰囲気に。

顔が見えにくい分、彼も恥ずかしがらずに告白できるはず。

人気スポットは人が多いかも知れませんが、できるだけせわしない場所ではなく、二人でゆっくり夜景を見れるような場所を探してみて。ムードをじっくり高めましょう。

夜景スポットやイルミネーションなど、ぜひ自分から誘ってみてくださいね。

二人きりを演出!観覧車や車の中の密室

「二人きりの密室は、告白の絶好のシュチュエーション」(29歳男性)

飲食店の個室やカラオケ、観覧車、車の中などの空間は、ムードを高める絶好のチャンス。

密室に二人きり…。ドキドキして、お互いの緊張が伝わってきそうですよね。

そんな空間は、“男女の関係”を意識させるため、男性側も告白する意欲が高まるようです。

注意したいのは密室でのボディタッチ。二人きりだからとやりすぎると、軽い女に見られてしまう可能性が。いつもより顔を近づける程度にとどめましょう。

二人きりの世界に入り込みやすく、告白の雰囲気もつくりやすいため、男性は「ここしかない!」と覚悟を決めてくれるかもしれませんね。

お楽しみは最後まで?デートの帰り際

「帰り際の方がダメな場合も気まずくない…」(27歳男性)
「離れがたいと思ったら告白のタイミングだと思うので」(32歳男性)

男性から告白しやすいという声が多かったのが、意外?にもデートの帰り際でした。

返事がダメだった場合を考えて、デート中ではなく帰り際にするところに、男性の自信のなさと打たれ弱さを感じますね(笑)

帰り際、少し離れがたそうな、まだ帰りたくなさそうな雰囲気を出してみましょう。男性は最後の最後まで機会をうかがっているかも知れません。時間を少しつくってあげましょう。

デートの最後は気持ちも盛り上がっているので、男性も告白しやすいタイミング。

デート中はじれったく感じるかも知れませんが、最後まで待ってあげてくださいね。

これで彼もきっと告白してくれるはず!

いかがでしたか?

女性としては、男性から告白してほしいものですが、何もせず待っているだけでは、告白してきてはくれません。

男性からの告白は、あなた次第なのです。

男性が告白しやすい雰囲気づくりや、告白を後押しするサインを出すなど、女性側でも率先して告白への道しるべをつくってあげましょう。

彼もそんなあなたの言動に自信を深めて、きっと告白してきてくれますよ。

どうかあなたが、大好き彼と幸せになれますように!

この記事のタイトルとURLをコピーする
好きな男性に告白させる方法。告白しやすい雰囲気作りを|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/kokuhakutiming14851/
ライター:iue

この記事をシェアする

関連記事

コメント