• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

男性にモテるLINEの使い方。文面や送り方で恋愛に差をつける!

Date:2018.03.26

この記事のタイトルとURLをコピーする
男性にモテるLINEの使い方。文面や送り方で恋愛に差をつける!|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/linekatuyou8715/

現代において、メールに代わるインフラと言っても過言ではないLINE。

事実、連絡先を交換する際もメールではなく、LINEのIDを教え合う人が増えていますよね。

そんな手軽な連絡ツールであるLINEは、恋愛関係を発展させる大きなカギをにぎっています。

だからこそモテる女性は、恋愛においてLINEを効果的に使っています。

今回は、そんなモテる女性のLINEテクニックをご紹介!

「気になる男性とのLINEが盛り上がらない」「LINEは交換するけどやりとりが続かない…」そんなLINEに悩める人は必見です。


即レスが基本!既読スルーはしない

「メールやLINEなどでの駆け引きは、正直もう古い気が…。仕事などで気づかない以外は、基本即レスします」(26歳/女性)

LINEは『既読』という機能があり、相手がメッセージを読んだのか、読んでいないのか、一目で分かる仕様になっていますよね。

既読がついたのに返信をしない、いわゆる『既読スルー』は、モテる女性は基本的にしません。

駆け引きのために、わざと返信を遅らせたりするのは、むしろ相手に嫌な印象をあたえてしまいます。

既読スルーの時間が長ければ長いほど、相手の自分に対する関心は低くなっていくと思ってください。

LINEで駆け引きうんぬんより、相手からの連絡に素直かつ迅速に返信した方が、好印象をあたえられますよ。

それこそ駆け引きは、LINEより直接会ったときの会話や仕草でする方が、相手もドキドキさせることができて、効果的です。

気持ちは熱いうちに、メールは早いうちに、打ち返しましょう。

すぐに返信できないときも“無視”は避ける!

もちろん、LINEに気づかなかったり、すぐに返信できないときもありますよね。

そうしたときは、「あとでちゃんと返すね」「また連絡するね」など簡単に一言送っておきましょう。

『既読スルー』や『未読スルー』を避けることはもちろん、丁寧な対応で好印象を持ってもらえます。

LINEはテンポよく!送る時間帯を意識して

短く、コンパクトにメッセージのキャッチボールができるのが、LINEの特徴です。

スタンプを使いながら、手軽にテンポよくやりとりできるので、短時間でのラリーがおすすめ。

仕事から帰ってきホッと一息ついている時間や、寝る前のリラックス時間など、相手もスマホ・携帯をみているであろうタイミングに、LINEを送ると短時間でラリーが続きやすいです。

長文はNG!相手のトークの長さに合わせて

「男性のLINEは短文が多いので、こちらから送るメッセージも短文を意識しています」(28歳/女性)

男性は、LINEをチャットに近いコミュニケーションツールというより、連絡事項を伝えたり、約束などを決めるための連絡ツールととらえています。

基本やりとりも短文で、テキスト1、2行+スタンプなどで済ますことが多いはず。

だからこそ、LINEで長文を送りつけられると、読むのも返信するのも面倒だと感じてしまいます。

ですから、伝えたいことがたくさんあって、ついついトーク内容が長くなってしまう人は要注意。

男性は「毎回こんな長いやりとりをしないといけないのか…」と感じ、あなたとLINEすること自体億劫になり、連絡が途絶えてしまうことも。

たとえ相手があなたのことが気になっていたとしても、あなたとの間に疲労感を感じてしまうと、心もあなたから離れていってしまいます。

相手が返信しやすいトーク内容を意識して

相手がいつも短文で送ってくる場合、それに合わせて自分も短めに返信することを意識してみましょう。

長くなりそうなら、何通かに分けて送る、思い切って電話するなど、長文LINEを回避するために思考をこらしてみてください。

相手の負担を極力少なくすることで、あなたとのLINEを楽しいと感じてもらえるはずですよ。

詮索してる!?質問攻めで相手を困らせない

「質問ばかりしていると、男性は面倒くさがるので、ライトな質問だけするようにしています」(27歳/女性)

気になる相手とのLINEでは、トークを続けるために、相手にたくさん質問してしまう人も多いかもしれませんね。

しかし相手について、「もっと聞きたい!もっと知りたい!」という気持ちが先走って、次から次へと質問するのはNG。

相手はいちいち答えるのが面倒くさいと思ったり、また詮索されていると不信に感じることも。

とはいえ、相手から情報を引き出すために、適度な質問をトークの中で盛り込める会話上手はモテます。

返信が長くなる質問や、じっくり考えて答えなければいけないような質問はせず、簡単な質問を小出しにしていくことを心がけましょう。

相手への質問:あいづち他=3:7の割合で

相手とLINEのやりとりを続けたいなら、質問:あいづちを3:7の割合で意識することが大切。

適度な質問をしながら、相手の話にしっかりリアクションを取ることで、会話が弾み、相手もどんどん返信してくれるようになります。

一つの話題について、ある程度深堀りできたら、次の話題にうつる…といったように、少しずつ距離を縮めていきましょう。

手抜きしすぎ?スタンプだけで会話はしない

「スタンプだけ送るのは手抜きしていると見られがちなので、かならずメッセージと一緒に送ります」(29歳/女性)

LINEの大きな特徴とも言えるスタンプ。キャラクターが豊富で、動くタイプのものも登場しています。

「OK」「ごめん」など、一言のメッセージの代わりに送ることができ、会話にメリハリもつけてくれるので、便利ですよね。

しかしその手軽さから、ついついスタンプだけでやりとりを済ませたり、乱用していませんか?

リアクションがスタンプばかりだったり、スタンプでのやりとりが続くと、相手は「味気ない」「適当に返信されている」と感じてしまうことも。

また何度も同じスタンプを使うのは、相手を飽きさせてしまう原因になります。

文字よりも気持ちが伝わりやすい場面もあるスタンプですが、スタンプのみを送るのはやめておいた方がよさそうです。

スタンプは適度に使えば会話が盛り上がる!

スタンプは相手との会話を盛り上げたり、自然に可愛らしさをアピールできます。

唐突にスタンプだけを送りつけたり、会話をスタンプだけで進めることさえ避ければ、楽しく会話できますよね。

会話とスタンプのバランスを上手にとることが、モテるLINEのコツです。

やっぱり人気!LINEでも聞き上手がモテる

「LINEでは基本聞き手にまわります。相手の好きな話題を聞いてあげて、気持ちよくさせてあげます(笑)」(30歳/女性)

「聞き上手の女性はモテる」とよく言われますよね。LINEでも、聞き上手にまわる人は、やはりモテます。

男性にかぎらず、人は自分を理解してくれる人、受け入れてくれる人には好感をもちますよね。

  • 相手の趣味や好きなこと
  • 相手が詳しい分野・領域
  • 仕事の悩みやグチ

など、相手が一番ノッてくる話題について、相手が気持ちよくなるまで話をさせてあげましょう。

じっくり最後まで話を聞いてあげると、好感を持たれやすくなります。

LINEで相手を肯定して気分よくさせる

LINEでも、相手を信頼させたり、自分に好意を向けさせるためには、相手を肯定してあげるのが効果的。

逆に相手の意見に反論したり、否定するような返事は、相手に「居心地が悪い」「気分が下がる」と感じさせてしまうので、注意しましょう。

あいづちを打ちながら、

「すごいね」
「もっと教えて!」
「私もやってみたい」

など、ノリノリで返信してあげてくださいね。

モテるLINEをきっかけに、素敵な恋愛をしよう!

LINE のモテるテクニック、いかがでしたか?

モテる女性は、どういうLINEが男性にとって喜ばれるのか、また迷惑だと思われるのかを理解しているようですね。

LINEを上手く扱える女性は、この時代やはりモテます!

難しくないものばかりなので、ぜひLINEでのやりとりに、これらのテクニックを取り入れてみてくださいね。

LINEが、あなたの素敵な恋愛のきっかけになりますように…。

この記事のタイトルとURLをコピーする
男性にモテるLINEの使い方。文面や送り方で恋愛に差をつける!|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/linekatuyou8715/

この記事をシェアする

関連記事

コメント