• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

癒し系男子の特徴とは?働く女性に安らぎを与える存在!

Date:2018.10.26

この記事のタイトルとURLをコピーする
癒し系男子の特徴とは?働く女性に安らぎを与える存在!|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/shinsyudanshi98730/

毎日仕事や育児に追われている女性、多いのではないでしょうか。さらに美容や自分磨きなど、努力をしている人もいるかと思います。

充実した毎日、でも少し振り返ってみてください。心は疲れてないですか?

もしこの質問に「ドキっ」としたなら、是非自分の周りに「癒し」を見つけてください。見ているだけで気持ちが休まったり、話すだけで心地よくなったり…そういった心を安らかにしてくれる「存在」がいると、もっともっと頑張れるし輝けます。

ペットもいいですが、職場や取引先にそういう人がいると、働く時間の合間に癒されますよね?今回はふっと周りを見渡せばきっといる、「癒し系男子」の特徴をお伝えします。


癒し系男子ってどんな男の子?行動からチェック

まず自分が「癒されるな」と思う人の特徴を思い浮かべてみてください。きっと、これから紹介する行動パターンがあるかと思います。

そういった行動パターンを見て、癒し系男子を見つけてみてはいかがですか?

1.常に笑顔
優しそうに見える笑顔には誰しも癒されます。怒ったところが想像できないから、心が和んじゃいますね。

  

2.雰囲気がおだやか
少しスローテンポな人ってほんわかしませんか。攻撃的じゃないので、自分自身も肩の力が抜ける人多いのではないでしょうか。
3.聞き上手
ただ黙って聞いてくれる、受け入れてくれる、それだけで癒されませんか?言葉にするだけで落ち着くとき、近くにいて欲しいですね。

  

4.優しい
人やものに対してとても丁寧な人、というのは暖かい雰囲気がありますよね。優しい雰囲気で物腰が柔らかいと自分がとても大切にしてもらっているように感じます。

 

5.ゆっくりと話す
落ち着いて話をしているので、自分自身も焦らなくてよくなります。そうすると少し緊張がほぐれたりすることも多いかと思います。
6.しぐさや性格が可愛い
自分好みの可愛い仕草や性格は、少し気分を上げてくれますよね。また、見た目が中性的だとより可愛く感じる人も多いかと思います。

癒し系男子の行動は少し女性的。外見的にも性格的にも“柔らかな印象”を周囲に与えます。男らしい性格の男性も素敵だけれど、癒し系男子はまた違った不思議な魅力を持っていますね。ほんわかした気持ちになる行動の男性、周囲に心当たりありませんか?

その男性はあなたにとっての「癒し」になるかもしれません。

癒し系男子の特徴は?行動からさらに内面まで分析

彼の行動は癒し系っぽいな、と思える男性はいましたか?とはいっても行動だけで「癒し系」とは決められないですよね。

お仕事先の人だと「常に笑顔」なのは当然かと思います。

それでは行動以外の癒し系男子の特徴を紹介するので、ちょっとずつ当てはめてみてください。

心はいつまでも少年?純粋で無邪気

内面がピュア、というのは癒し系男子からは外せないのではないでしょうか。

ギラギラと欲望を前面に出した男子は、どんなに笑顔で爽やかでも「癒し系」とは呼べませんよね…。

純粋で、どことなくまだ少年のような無邪気さを残した男子。どこから女子の母性本能をくすぐる男子こそ、癒し系男子といえます。

いつでも自然体

いつでも、誰に対しても自然体でいられる男子も癒し系男子と言えます。

どうしても自分をかっこよく見せようとしたり、良い男に見せようと背伸びをしたり・・・そういった男子が多くなりがちです。

それが悪いことではありませんが、「無理しなくていいよ」と思っちゃうことってありますよね。癒し系男子は常に自然体です。だから、こちらも無理をする必要がなく、自然な自分でいられて、和むことができます

自然体だからこそちょっとマイペース

自然体でいることと少し似ていますが、癒し系男子の特徴にはマイペースで意外と頑固、という点があります。

マイペースで頑固というと、イライラしてしまいそう。

ですが、癒し系男子のマイペースはなぜか和んでしまいます。「あなたがそれでいいなら」と周囲をほんわかさせてしまう特徴があります。これには少年のようなピュアさが影響しているのかもしれません。

ピュアな笑顔でちょっとしたワガママを言われても、「マイペース」「頑固」といった文句もなくなって「好きにしていいよ」と言っちゃうかもしれません。

博愛主義なの?誰にでも優しく差別しない

癒し系男子は、どんな相手でも平等に接して決して差別しないことが特徴です。

老若男女すべてに等しく、優しく接するので、彼女になるとヤキモキするかもしれないです。

特におじいちゃんやおばあちゃんに人気が高いのも癒し系男子の特徴です。

前向きな姿勢に癒される、いつでもポジティブ

笑顔に関連する特徴に、ポジティブという点が挙げられます。

悪い言葉を口にしないのはもちろんですし、何事も良い方向に考えています。

もちろん、純粋なので悪い点があれば反省します。そんな時も決して卑屈にならず、前向きな姿勢です。

女性より女性的かも?気遣い上手

今まで挙げた癒し系男子の特徴を一言で表すことが出来る。そう言っても過言ではないのが気遣い上手である、という特徴。

笑顔でいてくれて、柔らかい和んだ雰囲気があって、聞き上手、これって全て気遣い上手だからできること。

一緒にいる人の立場で考えたら、笑顔の人と話すのがイイですし、一緒にいてイライラするより和みたいですよね。

癒し系男子はそこを分かっていて、相手を気遣っているからこそ、人を癒してくれます。

マイナスな感情はないの?感情の起伏が穏やか

癒し系男子の内面にまつわる特徴をあげてきましたが、どうでしょう?何か悟りを開いた人のように感じませんか?

決してそんなことはありません。

素敵な笑顔やポジティブ思考の裏側には、悲しみやイライラが詰まっています。私たちと同じ人間ですから、そういったマイナス感情もあるんです。ただそれを不思議と感じさせないのも癒し系男子の特徴です。

「感情の起伏」が穏やかだからいきなり怒り出すことも泣き出すこともありません。ゆっくりとマイペースにその感情を処理していくので、他人に感じさせにくいのかもしれませんね。

癒し系女子の反対?どうして癒し系男子が求められるのか

癒し系男子の特徴を行動と内面、という二つに分けて紹介しましたが、いかがでしたか?「近くにいるといいな」と思ってしまうような特徴がいくつかあったのではないでしょうか?

ではなぜ、癒し系男子が求められているのでしょう?

少し前に働く男性が「癒し系女子」を求めたことがありましたね。あれは忙しく疲れた心を「癒し系女子」に癒してもらいたい、という男性の願望でした。

そして、時代が移って現在、働く女性も増えました。子育ても昔のように両親の協力を当たり前のように得られる環境は少なくなり、女性も男性も頑張る時代が来ています。

そんな時代で生きる女性たちも少し疲れ気味。好みもありますが、オラオラ系や強引な肉食系男子よりちょっとした「オアシス」になる癒し系男子が必要になってきたのではないでしょうか。

恋人や家族じゃなくても、日常の中に「ほっと」力を抜ける存在があると、嬉しくなる女性、多いのではないでしょうか。

いつでも癒して欲しいから、仲良くなるための心構え

ふっと周りを見渡してみれば、きっと癒し系男子の特徴を持った男子がいるかと思います。

そんな男子と話したり見かけたりして、一時的に「癒された」という気持ちになるのも疲れた心には必要です。でも、一時的といわず、疲れた時いつでも癒して欲しくありませんか。

友人や恋人として、側にいたら心癒されること間違いないと思いませんか?

とても簡単な方法があります。

「癒し系男子」の特徴をそのまま行動に移してください。

  1. 笑顔で接してくれる癒し系男子に似合うのはやはり笑顔の似合う女性
  2. 純真で無邪気に遊ぶ男子に必要なのは「世話をする」お母さんではなく一緒に遊んでくれる少女
  3. いつでも自然体な彼が「自分も頑張らなきゃ!」とプレッシャーを感じないためにも、彼が求めるのは自然体で側にいてくれる女性
  4. マイペースで行きたい彼を急かすのではなく、一緒に待ってあげられる心をもった女性

などなど、自分が出来る範囲で彼にとって居心地のいい相手になってみてはどうでしょうか。

きっと彼も安らげる相手として、あなたのことを意識してくれるはずです。

癒し系男子を見つけて、癒してくれる存在を増やそう

癒し系男子の特徴を紹介しましたが、いかがですか?冷静に周囲を見渡せば、案外近くにいるかもしれません、少し探してみてはいかがでしょうか?

現代女性は疲れています。頑張る女性こそ自覚のない「疲労」が蓄積しやすいのも事実。

エステやお風呂、ペットや友人との会話など、息抜きの場所はきっと押さえていると思います。

ですが、「癒し」はたくさんあった方が心が楽になりませんか?

「癒し系男子」を見つけて心が疲れたあなたの「オアシス」をひとつ増やしてみるのも、変わらない日常のカンフル剤になるかもしれません。

この記事のタイトルとURLをコピーする
癒し系男子の特徴とは?働く女性に安らぎを与える存在!|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/shinsyudanshi98730/
ライター:HITOMI

この記事をシェアする

関連記事

コメント