• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

自然消滅の元彼から連絡きた時の対処法、今さら何考えてるの?

Date:2018.09.18

この記事のタイトルとURLをコピーする
自然消滅の元彼から連絡きた時の対処法、今さら何考えてるの?|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/sizensyoumeturenraku9847/

連絡を取らなくなったり、取れなくなったりして自然消滅する、というのは男性との交際ではよくある話だと思います。

それでは自然消滅したあと、元彼から連絡が来たことはありますか?

女性側の心情としては複雑なものがありますよね。彼をまだ好きだったとしても、忘れていたとしても戸惑う点は同じだと思います。

まだ好きだった場合、「やり直せるかも!」と気持ちも高まります。また、もう忘れてしまった場合は「今更何!?」と不快な気持ちになる場合もありますよね。

今回は好きな気持ちが残ってる場合、忘れてしまった場合、それぞれに注目しました。

「まだ好きな元彼」、または「忘れてしまった元彼」が連絡をしてきた場合、どうやって対応するべきか紹介します。


今頃連絡なんてどういうつもり?男心を分析

自然消滅後の連絡というのは「いまさら・・・」という感情が捨てきれないものですよね。そこで、なぜ今さら連絡してくるのか、男心を分析してみましょう。

寂しくなったから

仕事に失敗して落ち込んだり、忙しすぎて疲れ果ててしまったとき「自分は何もできない」「彼女もいなくて寂しい」等、マイナス思考に陥ってしまいます。

そんな時、自分を好きになってくれた人がいた、と思い出して連絡をして来るのです。

この場合寂しい気持ちなので、「一緒に飲もう」や「ご飯行こう」など話ができる環境を提案してくるので、連絡の内容をしっかり見て下さいね。

気になったから

思い出の場所に立ち寄って、ふと思い出した。なんとなく気になった。連絡先が繋がるか確認したかった。等こういった理由で連絡して来る場合もあります。

本当に「なんとなく」なので、女性がモヤモヤする必要もありません。

デートや食事に誘われたり、近況を詳しく聞かれたりすることなく、「元気だった?」「いま何してる?」といった他愛のない会話が続くようなら特別な感情はない、と判断してください。

体の関係を持つ相手に不足したから

悲しい話ですが、男女の関係を持てる女性がいなくなったとき「自分のことが好きだった元彼女なら大丈夫だろう」と思って連絡して来るのです。

以前はまったく連絡をしなかったのに、小まめに連絡をしてくる。連絡内容がやさしかったり、自分の家でお酒を飲もう、などスキンシップをとりたがっている、と感じてしまうような連絡内容の場合、体目的の可能性が高いでしょう。

別れたとは思っていなかったから

「別れよう」と明言したわけではないから別れたつもりがなかった、という状況は結構多いです。

実際は「気持ちが冷めて放置していたけど、他に良い女の子と出会わなかったから今は彼女かな」という身勝手な心理で連絡してきているわけですから、少し冷静に対応してくださいね。

別れたつもりがなかったのなら、どうして自然消滅だと感じてしまうくらい連絡をしなかったのか、理由はきちんと聞いた方がいいですね。

やり直したいと思ったから

自然消滅になった理由は色々あると思います。「他の女性が気になった」「仕事が忙しくて他に関わっていられなくなった」等。

そうやって連絡を絶った彼が一人冷静になった時「やっぱり彼女しかいない」と再確認して連絡をしてくる場合もあります。

この場合はやり直したいわけですから、彼女が自分を嫌っていないのか確認をしてきます。また今彼氏がいるのかいないのか、など自分と彼女が恋愛関係まで発展できる可能性があるかどうかを確認してくるので、内容をしっかり確認してくださいね。

見下して優越感に浸りたいから

一人で落ち込んだ時、自尊心を保ちたいがために連絡してくる、という残念な場合もあります。自分があまり充実していないから、他人の現状を確認して優越感に浸りたいのです。

こういった性質を持っている方は刺々しい内容を送ってくる場合が多いので本気にならず、相手にしない方がいいです。

きちんとした形で終わらせたいから

冷静に物事を捉えられる状況になったからこそ、仕切り直しをしたい場合の連絡です。

彼の方に非がある場合、彼は罪悪感にかられる日々を送ることになるでしょう。そんな彼がスッキリとした気持ちを得たいと思って連絡してくるのです。

彼が真面目な気持ちで連絡をしてくれているのが伝わるなら、真摯に返事をしてあげることが大切です。

まだ好き、もう嫌い・・・戸惑う女性こそ必読!簡単な対応方法

男心を分析してみましたが、イメージはついたでしょうか?相手の気持ちがなんとなくイメージできたところで対処方法を考えてみましょう。

まだ好意的な気持ちを抱いている場合

好きな気持ちが心に残っている時、自然消滅した元彼から連絡がきたらどうすればいいでしょう?いくつか提案しますが、覚えていてほしいことが一つあります。

常に冷静な気持ちを心がける事。

好意ある彼から連絡がきて、「冷静な気持ち」を保つのは大変難しいことかと思います。ですが、彼が何を考えているか、をまず探らないといけません。

相手の行動に一喜一憂していては、最悪の場合「都合のいい女」になってしまいますよ。

  1. 誰も傷つかない、他愛のない話をする
  2. 色々聞きたい気持ちを抑えて、日常的な話をしましょう。

    テレビの話や、最近ハマっているもの等で大丈夫です。相手の反応を見ることも大事ですし、何より相手に「連絡したことを後悔させない」ことを心がけてください。

    もしも彼から「話が出来るような環境」での食事やデートの誘いがあれば、そこは乗っても良いでしょう。気をつけたいのは「室内で会う」など体の関係に発展してしまいそうなシチュエーション。

    まだ好意が残っているからこそ、流されやすくなってしまいがち。気をつけましょう。

  3. どうして連絡してきたのか遠まわしに聞いてみる
  4. 打ち解けてきたな、と感じたら彼の真意を聞いてみるといいでしょう。その時直接的に聞くのではなく「また話せるなんて思わなかった」等、遠回しに弱気な雰囲気で聞いた方が、相手の素直な気持ちを引き出しやすくなります。

  5. 彼の状況を把握する
  6. 彼の状況をしっかり確認してから次のステップに進む事が大切。知りたい気持ちを抑えて、まずは自分の近況を伝えましょう。

    「先に教えてくれた」という事実に、彼の方も素直に打ち明けてくれるはずです。

    ここでフリーであると分かれば、早い時期に会う約束をしましょう。

    会うとき選ぶべき場所は、密室ではなくカフェやレストランなど食事が行える、気楽に話が出来る場所です。雰囲気に流されたり、話題に詰まることもありません。

    既に彼女がいる、または好きな相手がいる、という場合は彼にとってあなたはもう必要のない女性です。連絡を取る必要はないので、新しい出会いのため動きましょう。

もう気持ちが吹っ切れている場合

  1. 無視する
  2. 今後関わる予定がないなら、返事をしないというのも手です。「相手に悪い・・・」なんて思わず新しい恋や今夢中になっていることに専念してください。

    「この連絡先はまだ繋がる」と相手に教えることにもなるので、気持ちの整理がついているなら連絡を取らない方がいいです。

    その後何の音沙汰もないなら、「その程度」のことで連絡してきたと解釈することもできます。

  3. 嘘でも彼氏がいることをアピール
  4. 下心が感じられた場合は彼氏がいることをアピールしましょう。彼氏がいないことがバレてしまった後、距離を取りたいな、と感じた場合は「良い感じの相手がいる」ことを伝えましょう。

    下手に相手をしてしまうと、精神的に辛い状態になってしまう可能性がありますよ。

これだけはやめて、長期間におよぶ他愛もない連絡のやり取り

好意が残っている、残っていないに関わらず「懐かしいな」「せっかくだから」という気持ちで長い時間かけてやり取りをすることはやめましょう。

気持ちが残っていないならば、連絡を取らない。

気持ちが残っているなら彼の状況を確認して、早い時期に会う。

なぜなら、連絡の止め時が分からなくなる同時に気持ちが再燃してしまう可能性があります。

気持ちが残っている場合気持ちが再燃してしまったら、それは辛い恋の幕開けです。早めに彼の近況を確認し、対応しましょう。

気持ちが残っていない場合も同様です。情が湧いてしまっては、せっかく新しい環境で一歩を踏み出しているのに、過去に戻されてしまします。

彼とか関係ない、あなたが輝いていることが重要

自然消滅した元彼からの連絡が来たときの対処法を紹介しましたがいかがでしたか?好きだった人からの連絡は少なからず心が乱されるものですね。

対応も大切ですが、あなたが輝いていることが一番大切なことを覚えておいてください。輝いている女性は魅力的です。元彼とやり直すにしろ、新しい彼を見つけるにしろ、あなたが魅力的ならきっと素敵な出会いに繋がります。

この記事のタイトルとURLをコピーする
自然消滅の元彼から連絡きた時の対処法、今さら何考えてるの?|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/sizensyoumeturenraku9847/
ライター:HITOMI

この記事をシェアする

関連記事

コメント