• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女友達から彼女になりたい!友達以上の関係になるためにすべきこと

Date:2018.01.25

この記事のタイトルとURLをコピーする
女友達から彼女になりたい!友達以上の関係になるためにすべきこと|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/tomodatikarajyounetutekinarenai0090/

「男友達だけど好きになってしまった」という経験はないでしょうか。

恋愛感情はなかったはずなのに、気づいたら恋に落ちていたということは意外とあるようです。

一度友達として成立した関係から恋人へと発展する可能性は、大いにあります。

今回は、友達以上の関係になるために女友達から恋人になる方法をご紹介しましょう。

女友達から恋人になる10のコツ

一目惚れではない限り、性格的に合う、一緒にいて楽しいなど、仲良くなれる要素がある場合には異性でも友達になることができますよね。

一緒にいる時間が心地よく、楽しいものであれば恋心を抱くことは自然なことかもしれませんが、男性側も同じ気持ちになってくれるとは限りません。

友達関係になってしまったら抜け出すことも難しいだろうと思われるかもしれませんが、友達関係として成立しているからこそ恋人関係へ発展することもあるのです。

マイナビウーマンが2017年2月に22歳から34歳の女性369人を対象に、友達関係だった男性と恋人になったことがあるかどうかについての調査を行いました。

  • 恋人になったことがある 35.8%
  • 恋人になったことがない 64.2%

結果だけ見ると少ないように思われるかもしれませんが、実際に3人に1人が友達から恋人になったということです。

意外と多く、不可能ではないということがおわかりになるでしょう。

恋人になったことがある女性には友達期間についての調査も行われました。

第1位 半年未満
第2位 半年以上から1年未満
第2位(同率) 1年以上から2年未満

あまり長く友達の状態を続けてしまうと、恋人への切り替えが難しいのかもしれません。

では、女友達から恋人になるためにはどうすれば良いのか、具体的な方法をご紹介しましょう。

1 女性らしさを見せる

女友達から恋人になるためには、友達という感覚で見ている男性の心を変える必要があります。

男性の心を恋愛対象に変えるために必要なことは、女性らしさを見せることです。

友達関係の状態ですから、女性的な部分を不自然ではなく自然な形で見せる必要があります。

女性らしく見せたいという気持ちから言葉遣いや内面を変える方もいるかもしれませんね。

しかし、友達目線のままでは気づかれにくいことあるので、外見を変えると良いでしょう。

具体的には、服装や髪型など見た目を変えることがお勧めです。

  • 普段から髪を下している方はアップスタイルにすることで、うなじや襟足が見えるようになりドキッとさせることができる
  • パンツスタイルが多い場合は、スカートやハーフパンツで足を見せることでドキッとさせることができる
  • 普段と違うアイシャドウをつける、まつ毛ウィッグを付けるなどしてメイクを変えることでドキッとさせる

この他には、料理を作って食べてもらうことや子供と遊ぶ様子を見てもらうこともお勧めです。

  • 家庭的であるという一面
  • 母性があるという一面

以上の2点が女性らしさを見せることに繋がるからです。

女友達として接している男性でも、友達感覚で過ごす普段と違って女性らしい外見や表情を見ることによって異性として意識するでしょう。

男性がこちらを女性として意識することが続けば、いずれは「彼女にしたい」という気持ちに変化するはずです。

友達として付き合っていた相手に女性らしさを見せることに最初は抵抗があるかもしれませんが、異性として意識してもらうことができないと恋人になることは難しいかもしれません。

繰り返すことで恥ずかしさも無くなっていき、女性らしく扱われることに喜びを感じることができるはずですから、少しずつで良いので女性らしい部分を見せていきましょう。

2 周りの人に協力してもらう

女友達から恋人になるために、友達や家族など周りの人に協力してもらうこともお勧めです。

人からのアドバイスや声を聞くうち、気持ちが変化していったという経験はないでしょうか。

直接こちらが投げかけるよりも、周りの人からの声のほうが男性のあなたに対する気持ちが変化しやすいので、協力して欲しいとお願いしてみましょう。

「どうしたら○○(友達関係にある男性)が自分を恋人として考えるかなぁ」とアドバイスを求めることはもちろんですが、以下のようにお願いすることもお勧めです。

  • 「もう付き合えばいいのに」と自分のことを彼女にするよう勧めてもらう
  • 「お似合いだよ」と人から見て似合いのカップルであることを伝えてもらう
  • 「あの子となら○○(男性)は幸せになれるよ」と勧めてもらう
  • 「明るくて楽しくて、私が男なら絶対彼女にしたい」と良い部分をアピールしてもらう

一人だけではなく、様々な人に自分のことを勧めてもらい、協力してもらうことがポイントです。

女友達として見ていた男性も、周りの人からあなたの良い評判や良い部分を勧められるうち、徐々に本気で考え始めるでしょう。

男性が信頼している相手であればあるほど効果的なので、できるだけ男性と仲が良い共通の知人に協力してもらうと、「やっぱりそうか!」と信じてもらいやすいようです。

自分でも何となく彼女としていいなと思っていた場合は、背中を押すきっかけになるはずです。

自分からアピールすることが苦手な場合は、周りに協力してもらうことがお勧めです。

3 会話と体の距離感を図る

友達であれば気軽に何でも話すことができますが、恋人になるためには適切な距離を図ることもお勧めの方法です。

距離感は、普段の会話の仕方によって決まるものです。

あまりに近すぎれば異性として見てもらえませんし、逆に遠すぎると女友達の中でも浅い付き合いの友達になってしまうからです。

話を聞いてくれて、笑うポイントが同じ人は友達として付き合いたいと思うものですが、恋人として付き合いたいと思う場合はそれだけでは不十分です。

少し違う考え方や面白い観点から話すなど、「周りにいる女性や友達とは違うな」と思わせる必要があるのです。

完全に男性側へ同調するのではなく、自分の芯の部分は揺らがずあるということを示すのです。

そのためには、様々な分野に興味を持って男性との会話を楽しめる相手になりましょう。

その他では、秘密を打ち明けることで距離を縮めていくこともありますので、会話の中での秘密の打ち明けも重要になります。

女友達から恋人になるためには、男性側が秘密を打ち明けるかどうかがポイントです。

男性は女性より秘密主義傾向にあり、弱い部分ほど相手に見せたくないという気持ちが強いようです。

自分のことを知って欲しい相手=好意を持っている相手になります。

女友達から恋人になるためには、秘密を打ち明けてもらうという方法もお勧めですから、男性が話しやすい状況にすることも心がけましょう。

また、具体的な体の距離感も恋人になる方法として使えます。

恋人や夫婦など、親しい人との距離感は近く、店員や初対面の人との距離感は遠いと言われています。

友達の場合は、手を伸ばせば届く程度の距離が一般的ですが、女友達から恋人になるためには、一歩踏み出して体の距離感を近づけましょう。

近づくことで、香水やシャンプーなどあなたの香りを男性に気づいてもらいやすくなります。

心地よい香りであれば、女性として、異性として意識しやすいですし、実際にあなたが隣にいることで以下のことに気づくでしょう。

  • 友達関係で築いた信頼があるからこその安心感
  • 友達以上の気持ちや異性と意識することで起こるドキドキ感

普段の距離間ではわからなかったことに気づくきっかけにもなるでしょう。

4 悩みを相談する

女友達から恋人になるための方法として、悩み相談もあります。

人間関係や仕事のことなど、何か相談して「守ってあげたい」という気持ちを引き出すのです。

最初は、「まぁ頑張れよ」と言葉しかかけてくれないかもしれませんが、何度か相談していると男性の気持ちにも変化があるでしょう。

守ってあげたいという気持ちだけではなく、頼られることに喜びも感じるようになるはずです。

友達ではなく助けてあげたい人と思われるようになると、恋心も芽生えやすくなるでしょうから、問題が起きた時や悩みがある時は男性を頼ってみましょう。

特に恋愛相談から恋心が芽生えて付き合うというパターンが多いようです。

  • 元カレが忘れられないという架空の恋愛相談
  • 遠くに好きな男性がいてどうアプローチすればわからないというように、今の恋愛状況(自分と男性のこと)を少し変えて恋愛相談

相談されるということは、信頼されているということなので、男性のプライドをくすぐることができるでしょう。

恋愛の相談であれば、相談されるほど情や愛着も湧いてきますので、「そんな男はやめて俺にしろ!」という嬉しい言葉を聞くことができるかもしれません。

女と男の立場がはっきりして異性として意識するきっかけにもなりますので、恋人になるために相談を持ち掛けてみてはいかがでしょうか。

5 二人で過ごす時間を増やしていく

女友達から恋人になるために、二人きりで過ごす時間を増やすという方法もお勧めです。

女友達ということで、会うことは比較的簡単にできるでしょうから、理由を付けて一緒に過ごす時間を増やしていくのです。

女友達として見られていると二人きりよりもグループで会うことが多いかもしれませんが、その状態のままでは恋人になることが難しいと言えます。

二人の空間に慣れて、楽しい時間と思ってもらうために二人きりで会うことを増やすのです。

心理学では、会えば会うほど好意を抱きやすくなると言われています。

女友達から恋人になりたいのであれば、できるだけ会う機会を作ることがポイントになるのです。

二人きりで過ごす時間が増えていくほど、触れ合うことも多くなって女友達からスムーズな流れで恋人になることができるでしょう。

  • 「飲んでいるんだけど来る?」
  • 「どこにいるの?」

上記のように、気軽に連絡を取れる仲になれば、約束をしておかなくても会えるでしょうから、頻繁に連絡を取ることもお勧めです。

連絡を取ることが当たり前になれば、男性の状況について把握しやすいので会うチャンスが増えていきます。

二人の予定さえ合えばすぐ会えるという状況にするために、SNSやメールなどを有効活用しましょう。

6 さりげなくアプローチする

恋人になったカップルは何かきっかけがあるものです。以心伝心で付き合うことになったというケースは稀だからです。

どちらかが想いを伝えることが、付き合うきっかけになる場合がほとんどではないでしょうか。

女友達から恋人になるためには、ただ想いが伝わることを待つのではなく時にはアプローチする必要があります。

具体的なアプローチは、以下のようなことです。

  • 「こんなに気が合うってことはカップルとしてもいけるってことかなぁ」
  • 「もし○年後もフリーだったら付き合う?」
  • 「私が彼女なら幸せになれると思うなぁ」

以上のように気持ちはぼやかし、相性が良いと言うことを伝えるのです。冗談と思われるかもしれませんが、それでもかまわないのです。

その時は冗談として受け取られてしまっても、少し時間が経過すると気持ちは変化してくものです。

「確かに相性いいよなぁ」と一人の時に考えてくれるかもしれません。

何度か冗談交じりでアプローチするうちに、女友達ではなく異性として意識し始めるはずです。

また、意識しているということを伝えるために、以下のような言葉もお勧めです。

  • 「○○(男性の名前)みたいな優しい彼氏が欲しい」
  • 「付き合うなら面白い人(優しい人、紳士的な人などその男性に当てはまること)がいいなぁ」
  • 「最近ね、気になっている人がいるんだぁ」

すぐ恋人になることは難しいですが、徐々に言葉で気持ちを誘導する効果がありますので、時にはアプローチしてみてはいかがでしょうか。

7 困っている時に助ける

女友達から恋人になるためには、「恋人にしたい!」と思ってもらえるように男性が困っている時に助けることもお勧めです。

体調不良や多忙など、男性が困っている時に助ける存在になるのです。特に体調が悪い時や心が疲れている時は、優しさが身に沁みるものです。

冗談交じりで「具合が悪い」と言われた時は、「寝れば治るよ」と心配する様子を見せなくても、本当に寝込んだ時には言葉だけではなく行動で示すのです。

  • 食事を作る
  • 掃除や洗濯、買い物などする

上記のように見舞うことで、友達として見ていたあなたへの気持ちが変化する可能性があります。

自分ために色々尽くしてくれる姿を見て、異性として意識することになるかもしれないからです。

何度か助けているうちに、自分にとって欠かせない存在であるということを理解してくれるでしょう。

困っている時に何をしてあげれば良いかわからない時には、「私にできることは何かある?」と聞いて、その問題が解決するまで気にかけることもお勧めです。

料理や家事、細かな気配りなどは女性として意識させることができるので、困っている時は友達から恋人へ昇格するチャンスです。

普段は頼ってばかりという方は、困っている時に助けることでギャップを見せることもできますので、是非試してみてはいかがでしょうか。

8 初めてだと伝える

女友達から恋人になるために、「初めて」と伝えることもお勧めの方法です。初めてのことであれば何でも良いのです。

  • こんなに話を聞いてくれた人は初めて
  • こんな話をできた人は初めて
  • 一緒に泣いてくれた人は初めて

上記のように、初めて起きたことを男性に伝えることで特別感が生まれて、男性にも喜んでもらうことができます。

初めてのことを重ねていくことで、男性は初めてのことを提供できる自分に自信が持てるようになり、喜んでくれる女友達に対しても好意を持つきっかけになるでしょう。

また、初めてという言葉を使うことで、男性があなたにとって特別な存在であると伝えることができます。

男性は、初めてを与えることができることで、自尊心が満たされ、高揚感に浸ることもできるようです。

一緒にいることで満足感を得られる相手であれば、女友達だけではなく恋人として過ごしていきたいと思うでしょうから、初めてに遭遇したら是非言葉にしてみてはいかがでしょうか。

9 ストレートではなく好意を伝える

女友達から恋人になるためには、日頃から好意を伝えることもお勧めです。

例えば、以下のように好意を伝えるのです。

  • 人に優しくしている姿を見たら、「誰にでも優しくできる所が好きだなぁ」と伝える
  • 頑張っている姿を見たら、「諦めないで最後までやり遂げる所が好き」と伝える

上記のように、男性の良い部分も絡めて好意を伝えるのです。

伝えることで、「こちらはいつもあなた(男性)のことを見ているよ」というメッセージになります。

見てみてくれる人、認めてくれる人がいるということは心強いものです。

特に、誰も気遣いないような部分や男性自身でも気づいていなかった部分を伝えられると嬉しくなるでしょう。

好意を伝えることで男性側もあなたに対して好印象を抱けば、恋人になることは不可能ではないのです。

女友達から恋人になるために、男性をよく観察して良い部分と併せて好意を伝えてみてはいかがでしょうか。

10 良いタイミングで告白する

先程、時にはアプローチするという方法をご紹介しましたが、一気に恋人へと畳みかけたい場合は告白がお勧めです。

恋人になるためには、良いタイミングで告白する必要があります。

ここまでご紹介してきた方法を試して上で、男性の気持ちが何となくこちらにあるかもしれないという確信を持てた時が良いタイミングと言えるでしょう。

男性が告白してこない場合は、以下のようなことが考えられます。

  • 「友達という関係を壊したくないと思っているかもしれない」
  • 「自分の勘違いだったら戸惑わせてしまうかもしれない」

上記のように、こちらの気持ちを尊重してくれている可能性があります。そんな時には、自分から行動を起こしましょう。

  • 「今の関係でもいいけれど、もっといい関係になるために恋人にならない?」
  • 「もしかして私のことが好き?勘違いだったら悲しいな。だって私は大好きだから」

「好きです!付き合ってください!」と言い切る告白より、上記のように提案や疑問形で告白するほうが言いやすいのでお勧めです。

ダメだった場合も「そうだよねぇ」、「冗談だよ」と切り返しやすくなります。

これまでご紹介した方法を試しても不安が残る方は、提案や疑問形で告白してみてはいかがでしょうか。

友達関係で満足せず、女友達から恋人になろう!

友達関係になってしまうと、なかなか恋人へ発展させることは難しいと思われるかもしれませんが、行動を起こすことで関係は変化していきます。

実際に女友達から恋人になることができれば、何でも言い合えて、信頼し合えるカップルになることができるでしょうから、気になる男性がいる場合にはご紹介した方法を試してみてはいかがでしょうか。

この記事のタイトルとURLをコピーする
女友達から彼女になりたい!友達以上の関係になるためにすべきこと|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/tomodatikarajyounetutekinarenai0090/

この記事をシェアする

関連記事

コメント