• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

寝ている間にも運気が高められる!寝室に風水を取り入れよう

Date:2019.07.08

この記事のタイトルとURLをコピーする
寝ている間にも運気が高められる!寝室に風水を取り入れよう|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/unkisageru0252/


風水では色や方角、アイテムのパワーを住空間や持ち物に取り入れることなどから「良い気」を取り込んだり、「悪い気」をデトックスできるなどの効果が期待できます。

寝室はじっくりと休息タイムを過ごし、明日のエネルギーを蓄える部屋として家の中でも過ごす時間が長い部屋となるでしょう。

1日の疲れをリフレッシュして翌日を元気に過ごす力を生み出す寝室となるよう、風水を取り入れるポイントをご紹介していきます。


寝室の風水はリラックス効果の高い「陰の気」をうまく取り込もう

寝室ではリラックスして十分な休息を取ることで元気の源を蓄えられます。そのため、リラックス効果の高い「陰の気」をしっかり取り入れることが大切です。

「陰」と「陽」の気のバランスがポイント

「陰の気」をしっかり取り入れなくては元気の源となる「陽の気」も取り込めません。「陽の気」も取り入れられるよう「陰」と「陽」のバランスの良さがポイントとなります。

また、風水の観点からもバランスの良い「気」の空間とは、感覚的に見ても心穏やかにリラックスして過ごせる空間でもあるので、自分で感じる感覚を頼りにすることも大切です。

二重のカーテンで「気」を逃さない

寝室では「陰の気」をしっかり吸収しなくてはならないので、「良い気」を逃さないためにもカーテンは二重につけましょう。

カーテンは光を遮るアイテムとして「陰」の性質を持つため、厚手のカーテンとレースのカーテンの二重につけることで「陰」のエネルギーを効率よく寝室に広げられます。

カーテンは光を遮るためだけでなく運を逃さない役割を果たすイメージで、二重に締めておきましょう。

ベッドの置き方にも注意点が…寝室のインテリアで気をつけたいこと

風水の観点から見ると家具の配置にも意味があり、寝室のインテリアにも気をつけておきたいポイントがあるので詳しく見ていきましょう。

ベッドの配置はドア正面は避けて

ドアは人が出入りするだけでなく「気」も出入りする場所となるので、ドアを開けて正面にベッドが配置されていてはドアから入ってきた「気」の妨げとなります。

また、「入り口に頭を向けない」という風水の考えを意識して、ドアに頭を向けるベッドの配置も好ましくありません。

ベッドの配置はドア正面を避けてドアの延長線上に頭が来ないことがベストですが、ベッドは大きな家具のため配置を変えるのはなかなか難しいでしょう。

そのような場合は、ドアとベッドの間に家具やついたてを置くなどして「気」が直接ぶつかることを避けましょう。

ベッドに柱や家具の角が向かわないように

風水の観点では柱や家具などの角がベッドの方向に向いていることを「壁刀殺」と呼び、部屋の柱やチェストなどの角がベッドに向かっていると運気が低下すると言われています。

ベッドは柱や家具から離して配置したり、チェストなどの家具を置く場合は足元に配置することをおすすめします。

また、どうしても配置を変えられない場合は、角にクッション材を貼ったり観葉植物を置いて「鋭い気」を和らげましょう。

水槽や花瓶は健康運を下げる

風水の観点では、寝室に水槽や花瓶など水のインテリアは健康運が下がると言われているので、水槽や花瓶を寝室に飾ることは避けた方が無難です。

しかし、どうしても飾りたい場合は水槽や花瓶を高い位置に飾るのではなく、床に飾るなどベッドに横たわった時に心臓よりも低い位置で、ベッドの側ではなくベッドから離れた位置に飾ることをおすすめします。

鏡には寝ている姿が写らないように

寝室にはドレッサーやスタンドミラーなど鏡を置くことが多いですが、その鏡の向きにも注意が必要です。

風水では寝ている姿が鏡に映ることを「鏡光殺」と呼び、鏡の中の自分に運を分けたり、出て行こうとする「悪い気」が鏡に跳ね返って戻ってしまうと言われています。

寝室に鏡がある場合は、寝ている姿が映らない場所へ移動するか、鏡に布などを被せて映らないようにカバーしておくと良いでしょう。

寝室にぬいぐるみを置くことは不向き

風水の観点で人形やぬいぐるみは「死」のイメージを持つため、寝室のインテリアには不向きです。

ぬいぐるみには「悪い気」が溜まりやすいだけでなく、「良い気」を吸い取って恋愛運を低下させる恐れもあるので、寝室にぬいぐるみを置くことは避けましょう。

仕事運アップには大きめのベッド

風水においてベッドの大きさは仕事運と関わり深く、大きなベッドで眠ると仕事運が上昇すると言われています。

ただし、部屋に対して大き過ぎると逆効果なので、部屋に適したゆとりのあるベッドを選ぶことをおすすめします。

また、朝起きたままの状態で仕事に出かけると、寝室に悪い「気」が溜まったままになって仕事運が低下してしまうので、仕事運アップのためにも毎朝のベッドメイキングは欠かさず行いましょう。

家庭運アップにはスタンド照明

夫婦の寝室には家庭運アップのために暖かみのある電球色のスタンド照明を枕元に置くことをおすすめします。

気分がゆったりとする効果があり、夫婦仲が良くなって家庭運や子宝運が上昇すると言われています。

寝室の方角から運気の良い色を取り入れよう!色選びのポイント

風水では方角によって「気」の特性が異なり、相性の良い色も変わってきます。寝室の方角を意識してインテリアの色を選ぶと良いでしょう。

北の寝室

北の方位は子宝運が強く夫婦の寝室に向いている方角ですが、「水の気」が強く冷えやすいので、温かみのある暖色系の色がおすすめです。

北の寝室におすすめの色
  • ピンク
  • アイボリー
  • 黄色
女性には恋愛運や人間関係を高めたり、女性ホルモンの分泌を促進するピンクがおすすめで、夫婦やカップルの寝室なら心身のリラックス効果のある黄色や緑がおすすめです。

また、足元の冷え対策を考えて、ラグやフットライトのインテリアアイテムを取り入れましょう。

北東の寝室

北東は風水において鬼門とされる方位ですが変化を意味する方位なので、暗い色は避けて明るい色でまとめましょう。

北東の寝室におすすめの色
  • 赤(アクセントカラーとしておすすめ)
北東は鬼門とされる方位であり、ファブリックはリセットや浄化の意味を持つ白で統一すると良いですが、真っ白にしてしまうと冷えてしまうのでアクセントカラーをうまく使ってコーディネートすることが大切です。

アクセントカラーには、健康運や勝負運アップに効果のある赤でバランスを整えると良いでしょう。

東の寝室

風水において東は「木の気」を持ち、仕事運にかかわり深い方位とされており、ベッドなどの家具は木製のものを選ぶと運気アップが期待できます。

東の寝室におすすめの色
  • 水色
東の寝室の持つ「木の気」とのバランスを考えて「水の気」を表す青や水色がおすすめです。そして、青や水色は仕事運アップの効果が期待できる色でもあるため、仕事における信頼を得たい時にもパワーを与えてくれるでしょう。

南東の寝室

南東の方位は若々しいエネルギーを持ち、風を呼び込む方位と言われることもあり若い女性は特に恋愛運アップに期待できます。また、「木の気」を持つため木製の家具を風通し良く保つよう心がけましょう。

南東の寝室におすすめの色
  • オレンジ
  • 黄緑
  • ベージュ
南東の寝室には、ポジティブな意味を持ち人気運アップに効果的なオレンジがおすすめですが、派手すぎず優しいトーンのものがより良いでしょう。

オレンジが派手すぎてしまうのであれば黄緑やベージュをメインカラーに使い、オレンジを差し色に使うこともできます。

南の寝室

風水において、南は「火の気」が強く人気運とかかわり深い方位と言われるため、落ち着きやすい空間となるようインテリアコーディネートを作っていきましょう。

南の寝室におすすめの色
  • ベージュ
南の寝室は「火の気」が強いため、バランスを取るために観葉植物をベッドの側に置くと良いですし、健康運アップに効果的な緑を基調にするとリラックスできるでしょう。

また、緑だけでなくベージュや白の天然素材のファブリックも相性が良いのでおすすめです。

南西の寝室

風水において南西は「土の気」を持ち大地を象徴する方位であり、南東の寝室は安定した夫婦関係を築けるでしょう。

また、「土の気」を持つため家具の色は落ち着いた濃い色がおすすめで、インテリアはロースタイルでまとめると運気アップが期待できます。

南西の寝室におすすめの色
  • 黄色
  • ベージュ
  • 茶色
南西の寝室には落ち着いた濃い色のインテリアとの相性が良い黄色やベージュ、茶色でまとめルと良いでしょう。

西の寝室

風水において西は金運や健康運とかかわり深い方位ですが、西日が差し込む場合はしっかりと遮ることも大切です、

また、部屋の持つ「気」が強くなりやすいので、インテリアは丸みのあるフォルムのものを選ぶと良いでしょう。

西の寝室におすすめの色
  • ベージュ
  • クリーム色
ベージュは「金」と「土」の気を持ち、西の方位の持つ金運など、運気を育てる効果に期待できます。

同様に、クリーム色も金運を育てると言われるのでベージュ、クリーム色、白でまとめての落ち着きのあるインテリアコーディネートを目指しましょう。

北西の寝室

北西は「金の気」を持ち、風水では「主人の方位」と呼ばれ、社会運や出世運に深く関わるためインテリアの質にもこだわりましょう。

北西の寝室におすすめの色
  • アイボリー
  • ベージュ
  • 緑(アクセントカラーとして)
  • オレンジ(アクセントカラーとして)
穏やかで上品なイメージのアイボリーには信頼感を高める効果があるので、自分の気持ちを穏やかにしたり周囲からの信頼を高めます。

また、アクセントカラーとして相性の良い上品な緑やオレンジをプラスしたり、金色のモチーフのアイテムを飾ることもおすすめです。

寝室に「悪い気」を溜め込まないためには、綺麗に保つことが大切

寝室は「悪い気」をデトックスする場所でもあるので「悪い気」を溜め込まないことが大切です。風水の観点からも良い環境を整えるコツを覚えておきましょう。

寝室を綺麗に保つ習慣
  • 起きたら換気とベッドメイキングをする
  • こまめに布団を干し、シーツやカバーを洗濯する
  • こまめに整理整頓と掃除をする
朝起きた時、寝室には「悪い気」が漂っているので、必ず空気を入れ替えてベッドメイキングをしましょう。

また、布団を日光に当てて太陽のエネルギーを取り込んだり、シーツやカバー類の洗濯はこまめにすることも大切です。

更に、ベッドだけでなく寝室の整理整頓や、ベッド下の埃が溜まりやすい箇所もこまめに掃除しましょう。

環境やインテリアを整えて、寝室で過ごす時間を運気アップの時間へ

寝室は心身の疲れを取る部屋であるのはもちろんのこと、風水の観点からも「悪い気」をデトックスして運気を高める大切な部屋だというこです。

模様替えの際は、寝室の方位や相性の良い色を考慮してファブリックやインテリアを選べますし、アイテムの買い換えをしなくてもベッドやチェストの位置を変えて、運気を高めることはすぐに実践できるのではないでしょうか?

風水では、心地よいと思うインテリアコーディネートや環境であることも大切なので、寝室を綺麗に保って体調も運気も良い状態を保ちましょう!

この記事のタイトルとURLをコピーする
寝ている間にも運気が高められる!寝室に風水を取り入れよう|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/unkisageru0252/
ライター:Moe

この記事をシェアする

関連記事

コメント