• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

元カレと完全に縁を切る方法。過去と決別する強い意志が必要!

Date:2017.11.29

この記事のタイトルとURLをコピーする
元カレと完全に縁を切る方法。過去と決別する強い意志が必要!|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/wakaretekurenai84553/

付き合っていた男性と別れたらきっぱり縁を切ることはできますか?

中には、なかなか縁を切れずに、つかず離れずの距離に居続けてしまうという方もいるかもしれませんね。

相手の男性にとっても自分にとっても、実のない時間は未来にとって不必要なことと言えます。

今回は、元カレと完全に縁を切る方法についてご紹介しましょう。


恋人関係解消でなく縁を切りたいことを伝える

元カレと縁を切りたい場合は、元カレに「単なる別れではなくて縁を切りたい」とはっきり伝えることをお勧めします。

別れてからしばらくするとヨリを戻すカップルもいますので、別れになっても「また戻れるだろう」と思っている男性もいるからです。

「二度と会いたくない」とこちらが思っていても、元カレも同じ気持ちとは限りません。

特に、復縁することを繰り返しているカップルの場合は、「いつもの冷却期間だろう」と捉えて気持ちが伝わっていないこともあります。

二度と復縁する気がないのであれば、縁を切りたいことを元カレに伝えましょう。

これまでの不満や問題点などを言うだけではなく、「今後、絶対に関わりたくないので縁を切ります」とはっきり伝えましょう。

未練があっても絶対に悟られない

縁を切ろうと決めた上で話していても、顔を見ているうちに、声を聞いているうちに、「やっぱり好きかも」と未練を感じることもあるかもしれませんね。

「未練を感じるということはまだ好きなのかもしれない」と思いやすいですが、これは誰にでも起こり得る自然の反応です。

特に長く付き合った人であればあるほど愛着がありますので、寂しくなる、不安になるなどの気持ちが沸き上がるかもしれません。

しかし、ここで未練があることを元カレに悟られてしまうと、「まだ迷っている」ということに気づかれて、あの手この手で気持ちを変えようと誘導される可能性があります。

  • 「決めかねているならもう少し付き合ってから決めたら?」
  • 「俺にチャンスを頂戴!」

上記のように、普段見せないような優しさを見せられて、こちらの気持ちが変化してしまっては水の泡です。

再び縁を切りたいと宣言しても、オオカミ少年のように信用してもらえなくなることもありますので、未練は決して悟られずに伝えましょう。

未練が全く無い様子を見せれば、彼も諦めるしかなくなりますので、たとえ好きな気持ちがあったとしても絶対に出してはいけません。

縁を切ることだけではなく、「もう未練はない!」ということも一緒に伝えてみても良いかもしれませんね。

お伺いは立てずはっきり宣言する!

縁を切りたいことを伝える際のポイントとしては、「縁を切ってもいいですか?」、「縁を切ることに対してどう思いますか?」など、お伺いを立てずはっきり宣言することです。

疑問形にしてしまうと優柔不断で、まだ迷っている状態だと受け取られかねません。

「わかった」と納得されても、いずれ「気持ちは変化した?」などと連絡が来る可能性があります。

もう二度と戻る気はないことを伝えるためにも、元カレから何を言われても「縁を切ります」と宣言するのです。

「友達になろう」、「しばらく離れよう」など言われるかもしれませんが、断固として絶縁宣言を通しましょう。

中には逆切れされることもあるようですが、縁を切ってしまえばそれまでです。

「連絡先を消去するのでそちらもお願いします」と伝えて、逆切れの相手はしないようにしましょう。

ここで逆切れに対応している限りはいつまで経っても別れることができませんので、伝えるべきことを言い終えたら、その時点で縁を切ることをお勧めします。

縁を切ると話すことは辛いことではありますが、実際に言葉として元カレに伝えることで相手にも本気で考えたという気持ちが伝わりやすくなります。

縁がある男性であれば別れは訪れません。

別れが訪れたということは、残念ながら元カレがあなたにとって必要な人ではなかった人ですから、過去ではなく未来を向いてしっかり絶縁宣言をしましょう。

元カレとの思い出に浸って美化しない

元カレと縁を切るためには、自分の気持ちを整理することも大切なことです。特に、思い出の整理をしっかり行いましょう。

別れになると元カレと付き合っていた時の、楽しかったことや嬉しかったことなどを思い出しやすくなるものですが、あまり美化してはいけません。

美化してしまうとうっかり自分のほうから連絡をして、よりを戻し、そして別れるという、同じことを繰り返して腐れ縁になってしまう可能性があるからです。

別れることで感傷的になっているだけですから、一時的なことだと考えましょう。

元カレとの卒業式と考えるのです。

写真やプレゼントしてもらった品など、元カレとの思い出に浸るきっかけになるものは全て処分して、終わった過去について考えることを止めましょう。

失恋ソングやドラマなどに触れない

思い出に浸るきっかけは、他にもあります。

  • バラード系の歌
  • 失恋系ドラマ
  • 失恋系映画

元カレと縁を切るつもりでいても、このようなきっかけに触れることで気持ちが揺らぐことがあります。

辛い時は、「悲しい音楽を聴いてとことん落ち込んだほうが後は上がるだけ」という考え方もありますが、抜け出すことに時間がかかると元カレに助けを求めてしまうかもしれません。

別れたばかりの時期は誰でも多感になるものです。

感情的にならないように、元カレを思い出して求めてしまいそうな暗い作品から離れるのです。

できるだけ、明るく楽しい気持ちになる音楽やドラマ、映画などに触れて、元カレを思い出さないようにしましょう。

また、元カレが好きだった音楽をふと街中で耳に入ることもあるかもしれませんが、縁を切るためにはそこでも浸ってはいけません。

できるだけ速やかにその場を離れましょう。ラジオやテレビなどで流れた時はすぐチャンネルを変えるか、消しましょう。

元カレと縁を切るためには、自分の気持ちもしっかりコントロールする必要があります。

「メンタル面が弱いな」と感じている方は、元カレに頼りそうになったら友達や家族へ連絡しましょう。

元カレのいない生活に慣れてしまえば、思い出に浸ることはなくなります。

日々の生活を楽しめるようになりますので、元カレ以外の人との人間関係を密にしていくことをお勧めします。

知人や友人に元カレと縁を切ったことを伝える

元カレと縁をしっかり切るためには、周りに協力を求めることもお勧めです。

縁を切ったことを、家族や知人、友人などに伝えることで、以下のような配慮をしてもらえるはずです。

  • 元カレの話題を出されなくなる
  • 元カレから連絡が来てもあなたに関する情報は教えない
  • 辛い時の聞き役になってもらえる

この他にも個別でお願いしたいことがあれば、「元カレと縁を切りたいから協力して欲しい」と相談してみましょう。

元カレと共通の友人との関係を清算する

元カレと付き合っている時にできた共通の友人や元カレとの家族との関係についてですが、縁を切るためには清算することをお勧めします。

せっかく築いた関係ではありますが、関わっている以上は元カレとの関係をクリアにすることが難しくなるでしょう。

特に、元カレの家族の場合は、いくら親しくても今後結婚する予定もありませんので、「お世話になりました」とご挨拶した上で関係は絶ち切りましょう。

親友のように心を通わせた友達であれば、「今後は元カレとの関係は一切なしで仲良くしたいのだけどいいかなぁ」と提案してみることをお勧めします。

相手も同じ気持ちであれば、元カレという繋がりがなくても関係を続けることができるはずです。

元カレと縁を切ることで交友関係が狭くなって寂しくなるかもしれませんが、これも一時のことです。

繋がり続けることで復縁の提案や元カレ情報などを提供されて、縁が切りにくくなることもあります。

元カレと縁を切りたいのであれば、これからもっと良い出会いがあることを信じて、元カレ絡みの関係は清算しましょう。

元カレから連絡が来ても返さず、無視する

元カレと縁を切る方法として、連絡が来ても返さないこともお勧めです。

復縁のきっかけとして多いことが連絡なので、元カレがヨリを戻したいという気持ちから連絡を寄越すこともあるでしょう。

電話番号やアドレスを変えず、SNSなどもそのままの場合は、拒否しない限り連絡が来る可能性があります。

懐かしさから返事する、電話に出るなど関わってしまうと縁を切ることがいつまで経ってもできません。

元カレから連絡が来ても返さないことが最適な方法です。

無視するということになりますので、心苦しく思うかもしれませんが、縁を切るとはそういうことなのです。

冷たい態度をとっていれば、元カレも諦めるしかなくなります。こちらが心を開いたと思わせてしまうと、復縁を迫られることにもなりかねません。

着信拒否や連絡先を変えるという手もある

元カレから連絡が来て気になる場合は、思い切って着信拒否をすることをお勧めします。

SNSであれば、プライバシー設定がありますので、そこからブロックすることもできます。

連絡すら取れない状況にすることで、元カレも拒否されていることに気づくはずです。

最近では、低価格スマホも販売されていますので、この機会に連絡先を変えてしまうという手もあります。

職場や学校などが違うのであれば、これで完全に元カレのことをシャットアウトすることができます。

もちろん、連絡先を変えると色々な人に教えなければならないという手間はありますが、普段連絡をしていない人や元カレ繋がりで親しくしていた人との関係を見直す機会にもなります。

元カレ一人のために連絡先を変えることは面倒だと思うかもしれませんが、連絡先を変えることで「心機一転、やり直す!」という気持ちにもなりやすくなります。

「この番号は現在使われておりません」というメッセージを元カレに聞かせることで、本気で縁を切りたいという意思表示にもなります。

ご自身に合った方法で、元カレとの連絡手段を断ち切って、縁もきちんと切りましょう。

元カレと偶然に会っても笑顔を見せて話さない

元カレと縁を切る方法としては、偶然に会っても動揺せず、談笑もせず、挨拶したらすぐ離れることもお勧めです。

元カレと同じ職場や学校の場合は、連絡先を変えても顔を合わせることが避けられないですよね。

会社も学校も簡単に辞めることはできないでしょうから、そんな時は縁を切るために、元カレとばったり会っても挨拶程度で離れましょう。

  • 会釈してすれ違う
  • 挨拶をしたらその場を去る

上記のように、長居せずにすぐ離れるのです。

元カレのほうから「元気?最近どうしてた?」と話しかけられることがあるかもしれませんが、まともに取り合うことはお勧めできません。

会話することで懐かしい気持ちになって、長話してうっかり心を許してしまうことがあるからです。

また、プライベートのことも話してしまうと、元カレも懐かしい気持ちになって食事や飲みなどへ誘ってくるかもしれないからです。

縁を切るということは、友達にもならないということですから、自分の情報を伝える必要も元カレの情報を得る必要もありません。

女性の場合は、長話することも多く、そのことで元カレに「俺と話したかったんだ」と勘違いされる可能性もあります。

目を合わせなければ会話にならない

会話も挨拶もしない方法としては目を合わせないことです。

元カレと縁を切るために、一切関わらないと決めたらできるだけ目を合わせないようにしましょう。

目が合わなければ、「私は、元カレがいると気づいていない」という状態になりますので、すれ違った時に無視しても違和感がありません。

もちろん、居ると気づいている上で目を合わせないので、無視には変わりないですが、元カレには無視と伝わりにくいでしょう。

元カレの気配を感じたら、以下のような態度をとって気づいていないことをアピールするのです。

  • 近くにいる人と話す
  • 書類や本を読む振りする

目が合うということは、「目を合わせることを望んでいて元カレを気にしている」と伝わりかねません。

元カレが居そうな場所では、視線を逸らして関わらず、縁を切ることに努めましょう。

知らない連絡先からのメールや電話は慎重になる

元カレと縁を切るためには、近況報告や安否確認などの連絡を取り合わないことです。

元カレからのアドレスだ、番号だと気づくことさえできれば、避け続けた末に無事縁を切ることができるでしょう。

連絡を取り合わないことで、元カレがいない生活にも慣れていくのです。

しかし、連絡先を変えたとしても、共通の友人から教えてもらって連絡をしてくることもあるでしょう。

知らない番号からの連絡の場合は、仕事や学校関係のこともありますので、出ないというわけにはいきませんよね。

  • 連絡を取りたい元カレが友達の携帯を使ってかけてきた
  • 連絡先を変えたことを伝えるために元カレが電話してきた

未登録の番号からの電話は、上記のような可能性がありますので、慎重に出ましょう。

険しく、ぶっきらぼうな感じで出てしまうと、元カレではなかった時の印象が悪くなりますので、あくまでも普通に出るのです。

「やっぱり元カレだった!」という時の対処法

電話に出て、元カレでは無かったら問題なく縁を切り続けることができますが、元カレだった場合は速やかに電話を切りましょう。

何か理由を付けて連絡をしてくる場合が多いですが、こちらは用がありませんよね。

  • 「忙しいから切るね」
  • 「周りがうるさくて聞こえないから切るね」

上記のように理由を付けて切りましょう。

「声が聴きたかった」、「会いたい」など単刀直入に連絡をしてきた理由を聞かされるかもしれませんが、そんな時は「私も」と同調せず、自分は違うということを伝えるのです。

復縁する気持ちはなく、縁を切りたいと伝えているわけですから、ここでまた理由を話す必要はありません。

「友達からまた始めないか?」と提案されることもあるかもしれませんが、連絡をまた取り合うことで別れ辛くなっていきます。

縁を切るほど別れたかった気持ちを思い出して、懐かしさや愛着などはバッサリ切り捨てるのです。

「私の気持ちは変わってないし、今更話すこともないから悪いけど切るね」と言葉少なに切ってしまいましょう。

元カレが「別れは冷却期間」と考えている場合は、数か月や半年、1年後などある一定の間隔で連絡をしてくることもあるでしょう。

その度に知らない連絡先から電話が来るかもしれませんが、気持ちが変わらないことを伝えることでいずれ元カレも離れていくはずです。

繰り返し来る連絡は嘘で対応!

お互いに若い場合は、新しい恋愛が始まることもあります。

あまりしつこい場合は、新しい恋愛をしていなくても、以下のように言っても良いでしょう。

  • 「彼氏がいるから連絡しないで」
  • 「結婚するつもりだからもう連絡しないで」

男性の影を見せることで、元カレが遠慮して連絡を控えるということもあります。

共通の友達もいない状態であれば、嘘をついてもバレることはありません。

しっかり縁が切れるまでには何度も連絡が来るかもしれませが、取り合わなければ良いだけです。

懐かしい気持ちがあっても心は許さず、冷たい態度を貫きましょう。

元カレとの繋がりは全て排除して完全に縁を切ろう!

元カレと縁を切るためには、「もう関わらない!」という強い決意が必要です。

中途半端な気持ちでいると連絡が来た時に返してしまう、話かけられたら談笑するなど、なかなか縁を切ることが難しくなって復縁ということにもなりかねません。

やり直すつもりが全くないのであれば、元カレのことを多少傷つける形になっても冷静に対処しましょう。

元カレと言うだけで馴れ馴れしい態度を取られたら「やめてください」と言葉にして伝えて、どんどん遠ざけていきましょう。

何をしても、何を言っても反応がないとわかれば、元カレも諦めてそれ以上は関わりを求めてこないはずです。

縁を切るということは、残念なことではありますが、自分の将来のためにも無意味な関係はきっぱり断ち切りましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
元カレと完全に縁を切る方法。過去と決別する強い意志が必要!|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/wakaretekurenai84553/

この記事をシェアする

関連記事

コメント