• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

彼氏と会いたい頻度や、性格が合わないと感じた時の対応方法

Date:2013.07.22

彼氏と会いたいと思う頻度が違う!

恋人に会いたい。付き合っている相手がいる人なら、誰もが自然に思うことです。しかし、会いたいと思うスパンは、人によってまったく異なります。

デートして、相手の顔が見えなくなった直後から、会いたいと思う人がいます。遠距離じゃないのに、一ヶ月会わなくても平気、という人もいます。これは極端な例かも知れませんが、あなたはどちらのタイプに近いでしょうか。

恋人同士で、この会いたいと思うスパンが違う、ということはよくあります。付き合いたてのカップルを除くと、むしろ、会いたいと思うスパンが違うカップルのほうが多いのではないでしょうか。ここに、男女のすれ違いが生まれます。

どうして会いたいと思ってくれないの?

まずは、あなたがすぐに会いたいと思うタイプの場合。この疑問にぶつかるでしょう。「どうして、会いたいと思ってくれないの?」「好きじゃないの?」もしかすると、この問いかけを彼氏にぶつけることもあるかも知れません。そしてきっと、彼は困った顔をするでしょう。

二週間に一回であれ、一ヶ月に一回であれ、三ヶ月に一回であれ・・・彼氏はその頻度で十分満足しているのです。もしくは、これよりもスパンが短い場合は、不満なのです。

それなのに、どうして彼女はこう会いたがるのだろう?彼もわかりませんし、あなたもわかりません。そして最悪の場合、価値観の違いということで、別れという選択肢が顔を出します。それを避けるには、どうすればいいのでしょうか。

会いたい気持ちの伝え方

問いかけでなく、話し合いから始めてみましょう。「私はこれくらいの頻度で会いたいんだけど、あなたはどれくらい?」まず、自分の意思を伝えたうえで、相手の気持ちを知るのです。そして、お互いの妥協点を見つけましょう。

考え方を変えてみるのです。会わない時間が長いからこそ、会ったときの嬉しさ、楽しさが増す。一度、切り替えて考えてみましょう。

そして、あなただけが我慢して、彼に合わせる必要もありません。あくまで、お互いの妥協点です。いわば、会いたいというスパンの中間地点です。

仕事が忙しい彼なら、月に何度か、家で待っていることもできるのではないでしょうか。また、土日の友達との予定に、一度私も行きたい、と言ってみるのもありかも知れません。あなたは彼女なのですから。自信を持ってください。

彼を焦らせよう!

それでも、どうしても彼が妥協しない場合は、別の作戦です。彼を焦らせるのです。たとえば、毎日していたメールを急にやめてみる。会う予定だった日に、仕事が入ったと嘘をついてみる。思いつく限り、案を出して、彼に焦りを感じさせるまで、やってみてください。

これで焦らない彼であれば、そこに愛はありません。でも、あなたのことを大切に思い、愛していてくれている彼なら、焦るはずです。ぜひ試してみてください。

彼のほうが会いたいと思っている場合

それでは、逆パターンです。あなたは、ある程度会わなくても満足できていて、でも彼は、そうじゃない。その不満を彼からぶつけられた場合、あなたはどうすれば良いのでしょうか。

まずは、彼の意見を聞き、できる限り合わせてあげてください。そしてどうしても無理と感じたら、上記のように、お互いの妥協点を見つけ出すのです。

そして相手を愛していること、しかし自分はドライなタイプだから、好き=たくさん会いたい、とはならないことを、伝えてください。これは彼が誤解しないように、絶対に必要なことです。

結婚したら、毎日顔を合わせることになるカップルです。会う頻度のことだけで亀裂が入らないように注意をはらいながら、満足のいくお付き合いをしてください。

この記事をシェアする

関連記事