• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

仕事と家事の両立って大変!働く主婦のための賢い時間活用術

Date:2016.01.06

shutterstock_232679125

「主婦は時間があっていいね」口に出さずとも男性たちのほとんどがそう思っていたりします。確かにお茶やランチ、読書やジム通い…と自由な時間を過ごせる人もいるでしょう。しかし働く主婦のほとんどが家庭と仕事との両立に日々追い立てられているのが現実です。

時間に追われる生活はストレスのもとです。体にも心にもダメージを与え生活の質を落としてしまうことも…。ここでは働く主婦のための上手な一日の時間活用法をご紹介したいと思います。

まずはあなたの時間を奪っている「原因」を探る

shutterstock_292916633
時間を有効に活用するには、生活の中で無駄な時間を使っていないかを観察することが大事です。

  • 保育園の送り迎えでママ友とおしゃべり
  • 家事の途中に子供のお世話
  • スーパーで知人に会って時間をとられる
  • 旦那と家事分担ができてない
  • 旦那と子供の要件にノーが言えない
  • 職場で仕事を頼まれたら、できないと分かっていても断れない
  • 自分を律することが苦手である
  • 計画的に仕事をしないであれこれと手を付けてしまう

子どもがまだ小さいうちは子どもに時間を取られるのは仕方ないことですが、子どもがある程度大きくなったら、「ちょっと待っていてね」と言い聞かせることができるようになるでしょう。

仕事上、パソコンを使うことが多い私の場合、インターネットが私の時間泥棒となっています。といってもインターネット自体が悪いわけではありません。ネットサーフィンの誘惑に負けてしまう私が悪いのです。

ある事柄を調べたくてネットで検索します。検索している途中に全く別の情報が目にとまりました。そして、本来調べたい情報を忘れ、気が付いたら1時間もネットを見ていた…ということがしばしばあります。

時間を有効に使うためにも、仕事時間中は意識してネットサーフィンをしないように心かけるようにしました。

また、私はスーパーなどでママ友や知人に会うとついつい立ち話をしてしまいます。人と話すことが大好きなので、おしゃべりという誘惑に負けてしまうのです。

気が付いたら30分…。本来しなければならない作業をやる時間をなくしてしまうはめに…そんなことがとても多くあります。反省の毎日です。

あなたの時間を奪うものや行動は何ですか?もし、時間を奪う原因が分かれば、意識的に変えていきましょう。自分自身がコントロールすることで無駄な時間を失うことがなくなります。

“自分はなぜ働いているのか”をもう一度確認してみよう

あまりに自分のしたいことができない、自由な時間がないとき、ふと「私はいったい何のために頑張っているのだろう」とか「もっと自分の時間がほしいのに」と嘆いてしまうこともあるかと思います。

そんなときに考えてほしいのが “自分はなぜ働いているのか”  です。

私の周りには、子供が小さいから今は働けないため専業主婦をしている人もいますし、子育てがひと段落したからとパートをしているママたちもいます。

もちろん、子どもを学童に預けてフルタイムで働いている方もいます。

皆さん、それぞれの理由があってフルタイムだったり、パートだったり、働かずに家庭にいたりするのです。

たとえば、フルタイムの人は独身時代からのキャリアを積みたいからという理由の人もいるでしょうし、お金のためという人もいるかと思います。

パートの人にしても子供が手を離れたから社会復帰したくてパートを選択した人もいるでしょうし、家計の足しにしたくて働いている人もいるでしょう。

毎日何のために頑張っているのかとか、うまくいかない落ち込んだときに自分が働いている理由を思い出すとやる気が自然と出てくるかもしれません。

“私がワーキングマザーを選んだ理由は何だったのだろう”
↓↓↓

  • キャリアアップのため?
  • 自分自身の収入を得るため?
  • 社会の役に立ちたいから?

私の場合は、フリーランスという選択をしました。会社という組織の下で働かせてもらえば、安定は手に入りますが、確実に時間に縛られてしまいます。また、職場ですと人間関係でうまくいかなくなったときにすぐに辞めることはできません。

その点、フリーランスは自分のペースで作業を進められます。会社に比べて時間や人間関係に縛られにくいというところが気に入っています。そして、何より自分が書いた作品を人様に読んでもらえるということがやりがいに繋がっています。

しかし、うまい文章や題材が思いつかなかったり、時間がなくて納期に間に合わないなど、仕事で行き詰ることもあります。

そんなときに “自分はなぜ働いているのか”とか“なぜ、この仕事を選んでやっているのか”そこを思い出すようにしています。

そうすると不思議と「頑張ろう!」とやる気が出てきて、自然と効率の良い時間の使い方ができるようになりました。

無駄なく過ごすためには一日のスケジュールを書こう!

shutterstock_311265698
効率よく時間を活用するためには、一日のスケジュールを立てると良いでしょう。一日(24時間)は時間配分するうえで最も見通しがつきやすい単位です。月や年の目標よりも現実味があります。

スケジュールづくりのポイント

一日のスケジュールづくりのポイントは2つあげられます。

1つ目は『その日に済ませたいこと、済ませなければならないことを先に太字で書く』 です。

今日中に必ずやらなければならないことは、真っ先に太字でスケジュールに組み込み、目に見えるところに貼っておきます。

朝起きてから夜寝るまで、分単位で細かなスケジュールを立てても絶対にその時間通りに物事をこなせません。急な来客が来るかも知れないし、どうしても外出しないといけない用事が出てくるかも知れないからです。

そうなるとすべてが狂ってしまうのでその日に済ませたいこと、済ませなければならないことを中心にスケジュールを立てて行きましょう。

2つ目は『予定は詰め込み過ぎないこと』です。

一日を充実に過ごしたいと考えてギュウギュウの細かなスケジュールを立てるとできなかったときに「今日もできなかった」と落ち込んでしまうことも…。自分自身を追い詰めて結果的に色々な仕事に集中できなくなる。

スケジュールの立て方をまとめると

① 今日中に必ずやらなければならないことは、太字で一番先
② 予定は詰め込み過ぎないこと

この2つだけを意識してスケジュールを立ててください。そして、それをよく見えるところに貼っておいてくださいね。

やらなくていいことはしない!優先順位を付けよう 

shutterstock_179855192
仕事をしているママさんは非常に忙しいです。仕事から帰ってからあれもこれもたくさんのことをしようとすると何一つ片付いていなかったり、一日中働いているのに大切なことや大事なことが完了できていなかったり…。

いつもせかせかしていてやり遂げた感がない。そんな気分で一日を終えてしまうのはモヤモヤするものです。

一つの仕事にはっきりと目標意識を持ち、徹底的に取り組むためにも、はっきりと優先順位を付けようではありませんか。

優先順位をつけると重要な仕事とそうでない仕事が分かります。

  • しなくていい仕事はしないでいいので、その分、自分の自由時間が持てる
  • 体だけでなく、気持ち的な余裕ができる

車でスーパーに簡単に行けるようになった今の時代、ほしいものをほしいときに手に入れることができるようになりました。だから、毎日スーパーに行くことが習慣になっている女性も多いようです。

毎日スーパーに行く理由は、新鮮なものを新鮮な状態で食べたいからとか、日替わりサービスで安いものが売っているから。そして、単純に毎日行くものという長年による習慣が身についているようです。

でも、スーパーに行くのは、週に1、2回だって十分です。大容量の冷蔵庫であれば、たくさん物を購入してもそれをすべて保管できますし、新鮮な状態です。

また、毎日掃除をする必要もないでしょう。2日に1回でも十分です。考え方を変えれば、無菌状態は子どもの健康に必ずしもよいとは限らず、掃除が行き届いた子どもの方が掃除に無頓着の子どもよりも免疫力が高まらずアレルギー症状に悩まされているケースもあるとのこと。

旦那と子どものために愛情たっぷりの料理を作るのは妻として母としては理想的な姿ですがたまには手抜き料理もあり!土日の休みの日に常備菜を大量に作り置きし、一食分ごとに冷凍保存すれば、毎日の献立づくりのひと手間を省くことができます。

優先順位の付け方は123ランクで

優先順位をつけるとどれを1ランク、2ランク、3ランクと重要どの高い仕事やどうでない仕事がはっきりとします。まず、真っ先にやらなければならないことを重要なことを1ランク、次に重要なことを2ランク、それほどでもないことを3ランクとします。

1ランクの仕事は自分自身がどうしてもやらなければならない仕事
2ランクは時にして人に任せても大丈夫な仕事
3ランクはしてもしなくても良い仕事

本来は1ランクの仕事に力を注ぐべきなのに、実は3ランクの仕事ばかりしていた。だから、どうしても大事な仕事が片付けられなかった。ということがなくなります。

<我が家の123ランク付けの例をお見せしましょう>

◆1ランクの例

私はフリーで仕事をしているので職場は自宅です。「自宅で仕事なんていいわね。家事もうまくこなせるだろうし、時間的にも余裕があるし」と思われがちですが、とんでもない。

仕事場が自宅ということで逆に家のことに目がいってしまい、意識的に集中しないと仕事がはかどらないというデメリットがあります。

ですので「仕事時間は、10時から15時まで。この時間帯は家のことが気になってもできるだけ机から離れない」と心に決めています。15時に子どもが帰ってくるのでその後は子どもとの時間を優先にします。

子どもが熱を出してしまったという場合や子供の授業参観などは、会社で働いている旦那には頼めません。私の代わりは誰もいないので、その場合、仕事よりも病院や学校を優先します。食事の準備も旦那や子どもは作れないので、食事作りは私の優先課題です。

◆2ランクの例

「子供の塾やスポーツクラブへの送り迎え」これはどうしても母親でなければいけないという決まりはないので、旦那に任せることも多いです。

それに、家にいるとき子どもの面倒を見るのも旦那に任せることもあります。たとえば、夕飯を準備している間、子どもをお風呂に入れたり、宿題を見て上げたり、夫婦で役割分担をすることは日常茶飯事です。

◆3ランクの例

掃除や洗濯は3ランクにするものもあります。
私自身、とても綺麗づきなので毎日の掃除に手抜きはありませんでした。毎朝、テレビ観ながらの掃除タイム。でも、テレビに釘づけになり手が止まってしまうことも…。時間のロスです。

ということもあり、掃除や洗濯はするけど、「毎日やらないでいいことは2日に1回にする」という風に回数を減らすことにしたのです。

  • 雑巾がけは2日に1回にする。
  • 洗濯は毎日2回まわしていたところを1回にする。
  • アイロンかけは、必要ないものまでしないことに決めました。
  • バスルームのタイルを専用クレンザーで磨くのは2日に1回にする。

こうやって見直すと子どものことに関しては3ランクほとんどありませんでした。

働くママにとっては、子どもと過ごす時間はとても貴重です。塾やスポーツクラブの送迎は、コミュニケーションを取るのにちょうどよい機会です。父親か母親のどちらが必ずやらなければならない作業の中でコミュニケーションが必然的にとれます。

そして、優先順位をつけるのは家庭より職場の方がはっきり明確にできます。重要な仕事に集中することで勤務内容の能率が上がりますし、ストレス回避に繋がりますよね。

家事も仕事も完璧にこなす必要はないのです。どちらかだけやっている人たちと同じだけの仕事をしたら、1日に24時間では足りません。完璧を目指すのはやめましょう。

子供がいない時間に優先順位一番のものをしよう

働く子育てママにとって子どもと過ごす時間はとても貴重です。子どもがいるときに1ランクの仕事を片付けようと思ってもどちらも疎かになってしまうでしょう。

なので、最も大事な仕事は、子供が保育園や学校に行っている時間や寝ている間にやる。子どもがいないときに、優先順位の最も高い仕事に当てるようにしましょう。

自分ひとりで抱え込んでいませんか?誰かに頼ることは悪いことではない!

どんなにクタクタになって帰ってきても家事を誰にも任せずにやり通そうとする女性がいます。それはどうしてでしょうか?

  • 家事は女性がするものという固定観念がある
  • 人に家事を任せるのが苦手

でも、自分の自由な時間がほしければ、誰かに仕事を任せることもある程度必要だと思います。

あなたの仕事のうち、子どもや旦那さんから手伝ってもらえるものは何ですか?
明日から人に任せられるものは何ですか?

  • 洗濯をたたむこと?
  • 食事の皿洗い?
  • お風呂やトイレ掃除?
  • ペットのエサやり?
  • スーパーで食材を購入?
  • 子どもの塾の送り迎え?

全部自分でやろうと抱え込んではいけません。

もう一度、自分の生活を見直してみましょう。きっと子どもや旦那さんから手伝ってもらえる何かがあるはずです。ママ友に助けてもらうのも手です。

また、仕事上に関しても自分ですべて抱え込まずに人に頼れるところは頼っていいと思います。

どうしても自分しかできない仕事やすぐに処理しなければならない大切な仕事は自分がすればいいですし、緊急にしなければならないが重要でない仕事は人に任せることもできるでしょう。

時間に追われる生活を手放してストレスなしの生活に

shutterstock_322337927
片付かない作業や毎日時間に追いかけまわされる日々。ストレスを感じていると肩こりや頭痛、イライラや不安など様々な障害を引き起こします。

これら時間活用術を使用することで日々落ち着いた気持ちで人に接することができます。あなたがリラックスして心のゆとりを持てるようになればなるほど、子どもたちや旦那さんとの関係も良くなること間違いありませんよ。

Time is money 時は金なり

時間はお金のようなもの。大切に使わないともったいないです。有効に使いましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント