• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

美容のカギはナッツ!アンチエイジング効果・美肌効果が最強

Date:2016.03.02

shutterstock_170209520皆さんは普段ナッツを食べていますか?ナッツと言えばなんとなくおつまみのイメージが強いですよね。

実はナッツには女性に嬉しい、美容に効果のある成分がたっぷり含まれているのです。

今回はそんなナッツの美容効果と正しい食べ方についてご紹介したいと思います!

小さい粒に多くの栄養価、ナッツの栄養価はこんなに高い!

ナッツと言えば一粒一粒がとても小さく、「こんなに小さいんだから栄養価も低いんだろうな」と思いがちですよね。

でもそんな小さな粒の中にはたくさんの栄養がギュっと詰まっているんです。

また、美容や健康に効果のある成分が多く含まれていることから、おつまみとしてのイメージが強かったナッツが近年では見直されてきています。

これからご紹介していくのはその中でも比較的スーパーなどでも手に入りやすい以下の4つです。

  • アーモンド
  • くるみ
  • カシューナッツ
  • ピスタチオ

ここで注意したいのはピーナッツは豆類であるため、ナッツ(木の実)には含まれないということです。

意外!?ナッツには美髪を作る成分、ミネラルがたっぷり

ミネラルといえば海藻類に多く含まれていると思う方も多いのではないでしょうか。しかし、ナッツにはミネラル類が豊富に含まれています。このミネラルは髪に非常に良い食材です。

ミネラルは髪に栄養を行き渡らせ発毛を促進する効果があるため、薄毛や抜け毛が気になる…なんて時にもってこいなのです。

ダイエットには素焼きが効く!ナッツの効率的な食べ方

ナッツは高カロリーなイメージから「ダイエットには向かない」と考えている人も多いのではないでしょうか。

しかし、ナッツの脂肪分は「不飽和脂肪酸」と呼ばれる体に非常に良いものです。この不飽和脂肪酸は血液をサラサラにすることで知られており、魚などの油もこの不飽和脂肪酸から出来ているのです。

ナッツは

  • 食物繊維
  • たんぱく質

を多く含んだ食べることで満腹感を与えるため、ダイエットには最適な食材といえます。

ちょっとお腹が空いたな、と感じたらいつものお菓子ではなくナッツに置き換えてみてはいかがでしょうか。

固さのあるナッツは咀嚼することでも満腹感を感じることが出来ます。固さにより自然と噛む回数も増え、満腹感を感じるのです。

ナッツダイエットをする上で気を付けたいのは必ず素焼きのものを選ぶようにしましょう。

味付きのものにしてしまうと余分な

  • 塩分
  • 糖分

をより摂取してしまうため、ダイエットを妨げてしまう恐れがあります。

ナッツの中でもアーモンドは糖質が特に少なく、また、食欲を抑えるビタミンB2が含まれているためダイエットに適していると言えるでしょう。

こうした素焼きナッツはスーパーはもちろんコンビニでも買うことが出来るので、ぜひ覗いてみてくださいね。

種類が豊富なナッツ、中でも美容に効果があるのはアーモンド

shutterstock_97357577
ナッツといっても様々な種類がありますが、そんな中でも美容面から特に注目したいのはアーモンドです。

若返り効果の「ビタミンE」

アーモンドは他のナッツに比べ細胞の老化防止に効果のあるビタミンEが多く含まれているため、アンチエイジングに効果的だと言われています。

デトックスに効果ありの「食物繊維」

アーモンドに含まれる食物繊維は非常に多く、その量はレタスやゴボウよりも遥かに多いとか!

アーモンドに含まれる食物繊維は不溶性食物繊維と呼ばれるもので、腸内環境を整え、体に有害な物質を体の外へと排泄してくれる効果があります。

デトックス効果で便秘が解消されることにより肌荒れも自然と改善されます。

美肌効果の高い「オレイン酸」

ビタミンEだけでなく、角質を柔らかくし、小じわを改善することで知られるオレイン酸も含まれているため、美肌に嬉しい成分がいっぱいなのです。

よく「ナッツを食べるとニキビが出来やすくなる」という話を聞きます。確かにナッツには油分が含まれているため、そのように考える方も多いと思いますが、ニキビとナッツには直接の因果関係はないとされています。

低カロリーのアーモンドミルクで代用可

アーモンドは粒で食べる他にアーモンドミルクを飲むことで同様の効果を得るという方法もあります。アーモンドミルクは手軽に飲め、牛乳より低カロリーな飲料として近年注目されています。

効果を得るために一日に摂取すべき量

ナッツはその種類によって一日の摂取量の目安が違いますが、アーモンドは一日20粒を目安に食べれば良いとされています。

その他、

  • 間食に食べる
  • サラダやスープにトッピングして食べる

など、その用途は様々ですが、美容や健康の効果を得るためにこまめに摂取するようにしましょう。

いつまでも若々しさを保つためにアーモンドを積極的に摂りたいですね。

健康面に効果抜群!くるみがもたらす効果とは

shutterstock_240912190
健康面に特に効果があるナッツとしてはくるみが挙げられます。

くるみには今、生活習慣病予防としてとても注目されているオメガ3脂肪酸が他のナッツに比べて格段に多く含まれています。

注目成分の「オメガ3脂肪酸」

オメガ3脂肪酸とは人間の体内では作ることが出来ない必須脂肪酸で、

  • 悪玉コレステロールを減らる
  • 善玉コレステロールを増やす

という働きをします。

オメガ3脂肪酸は青魚や緑黄色野菜などでも摂取することが出来ますが、それらが苦手な人にとってはくるみを摂取することで同様の効果を得ることが出来ます。

何よりくるみは手軽に食べれることが良いですよね。

慢性疾患予防の「ポリフェノール」

他にもくるみにはポリフェノール(抗酸化物質)が非常に多く入っています。

抗酸化物質は体に悪影響を及ぼすフリーラジカル(癌の発生を促進する)を抑制するとても重要な働きをしてくれます。この抗酸化物質を多く含む食品としてくるみはブラックベリーに次ぐ2位だそうです。

加熱することによりポリフェノールの量が2倍になるので、より摂取したい場合には生のクルミではなく、加熱したクルミを食べると良いでしょう。

睡眠を促す「メラトニン」

抗酸化物質の中でもメラトニンという物質は睡眠を促します。不眠に陥ると、夜、ベッドに入ってもなかなか寝付けなかったり、とても辛いですよね。そんな時に助けてくれるのもくるみなんです!

睡眠が充分に出来ていないと体のあちこちに支障をきたしてしまいますが、一日わずかなくるみを食べるだけで改善することが出来ると言われています。

効果を得るために一日に必要な摂取量

体に良い食品であることがわかったくるみですが、その摂取量の目安は一日に一つかみ(28g)ほどとされています。

いくら体に良いからといってあまりにも過剰に摂取するのは良くありません。一度に過剰に摂取するのではなく、毎日の継続が大事です。

食べやすさと手軽さが魅力、カシューナッツには栄養たっぷり

shutterstock_96226865
カシューナッツはナッツの中でも糖質が多く脂肪分は少なめのナッツと言えます。糖質が多いためダイエットには不向きかもしれませんが、栄養補給にはもってこいの食材です。

また、他のナッツに比べ柔らかく食べやすいという特徴を持っているため、ちょっと小腹が空いたな、という時にはピッタリなんです。

骨粗鬆症や貧血予防の「ミネラル」

糖質だけでなくミネラルも豊富で、現代人が不足しがちな部分を補ってくれます。

ミネラルが不足してしまうと

  • 骨粗鬆症
  • 貧血

を引き起こしてしまう恐れがあります。

特に女性は毎月の生理により鉄分が不足してしまう傾向にあるため、積極的に摂りたい成分です。

疲労回復効果の「ビタミンB1」

カシューナッツに含まれるビタミンB1は疲労物質の蓄積を防ぐため、疲労回復に非常に効果があります。

疲れが溜まっているなぁ、というときはビタミンB1が多く含まれているカシューナッツを食べてみてはいかがでしょうか。

効果を得るために一日に必要な摂取量

好ましい摂取量は一日20粒を目安にすると良いでしょう。カロリー的には100キロカロリーが目安です。

ナッツの女王、ピスタチオがもたらす効果とは

shutterstock_271084049
ピスタチオは別名でナッツの女王と呼ばれ、その栄養価はとても高いことで知られています。

高血圧、むくみ改善の「カリウム」

ピスタチオにはカリウムが非常に多く含まれており、体の様々な機能の手助けをしてくれます。

ナトリウムが血圧を上げるのに対し、カリウムは血圧を下げる効果があり、高血圧予防としてカリウムを摂ることが良いとされています。

他にも、体の余分な水分を体の外へと排出を促してくれる働きもあるため、むくみの改善にも効果が期待出来ます。

PMSや肌荒れ対策に効果的な「ビタミンB6」

ビタミンB6は女性ホルモンのバランスや肌の調子を整える働きをしてくれます。このビタミンB6が不足してしまうと肌荒れを起こしたり、PMS(月経前症候群)によるホルモンバランスの乱れが生じてしまうのです。

眼病予防にも

ピスタチオに含まれているファイトケミカルの

  • ルテイン
  • ゼアキサンチン

という成分は白内障に効果があることがわかっており、そういった意味からピスタチオは眼病予防としても一目置かれている食品です。

効果を得るために一日に必要な摂取量

ピスタチオの一日の摂取量は一日40粒ぐらいを目安にしてください。正しい摂取量を守り、栄養を充分に体に行き渡らせるようにしましょう。

より効率よく食べよう!はちみつ漬けで体の中からキレイに

shutterstock_230979787
テレビで紹介されたこともあり、ナッツとはちみつを一緒に漬けたナッツのはちみつ漬けがブームとなっています。

元々、ナッツのはちみつ漬けはヨーロッパでの保存食でした。それが現在ではナッツとはちみつの栄養が見直されてきていることでブームとなっているのです。

はちみつにはミネラルやビタミンがバランスよく配合されており、美容や健康にとても良いものであることがわかっています。

このはちみつにナッツを漬けることで、二つの栄養を効率よく摂取することが出来ます。

ナッツのはちみつ漬けの作り方

  1. ナッツをオーブン、またはフライパンでローストする。オーブンだと160℃で10分、フライパンだと色づくまで数分。(素焼きのナッツを使う場合はローストしなくて良いそうです。)
  2. ローストしたナッツを煮沸消毒した瓶に、はちみつと共に入れる。
  3. 一週間~10日、冷暗所で保存する。

作り方は以上ですが、もっと味を染み込ませたい時には半年ぐらいおくとより美味しくなりますよ。

出来上がったはちみつ漬けはそのままでも美味しいですが、

  • トースト
  • パンケーキ
  • ヨーグルト
  • アイスクリーム

に乗せて食べても美味しく食べられます。

はちみつ漬けに使うナッツは生か素焼きのものが良いでしょう。また、様々なナッツの栄養を摂るために一種類のナッツよりミックスナッツを使うことをおススメします。

普段の食生活にナッツを!天然のサプリでいきいきと

ナッツについて見てきましたがいかがでしたでしょうか。こんなに美容にも健康にも良いなんてこれから毎日食べたくなりますね。

身近にあるようでいてなかなか食べる機会のなかったナッツですが、この機会に普段の食生活に取り入れてみてはどうでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事

コメント