• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

出勤前のスマートな朝の過ごし方。仕事の出来は朝で決まる!?

Date:2018.01.29

この記事のタイトルとURLをコピーする
出勤前のスマートな朝の過ごし方。仕事の出来は朝で決まる!?|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/asasugoshikata7236/


朝、目が覚めてから出勤までの時間、「会社行きたくないな…」とダラダラ過ごしていませんか?実は出勤後の仕事ぶりって、朝の過ごし方も関係しているんです。

出勤前の朝の過ごし方を変えれば、脳の働きが活発になったり集中力が持続して、その日1日スムーズに仕事がこなせるようになります。

では「仕事が出来る人」は、一体どんな風に朝を過ごしているのでしょうか?この記事では、スムーズに仕事がはかどるための朝の過ごし方についてご紹介していきます。


出来る人はやり方から違う。朝の習慣を少し変えてみよう

多くの人が朝にやっている洗顔や食事、身支度など…。仕事のスムーズな人たちはこれらのことを、ただ寝起き眼でぼんやりこなしているわけではありません。

まずはいつもの習慣を、「デキる人」流の違うやり方でこなしてみましょう。

洗顔ついでにシャワーを浴びる

朝起きたら、まずは洗面所に向かって顔を洗いますよね。どうせならただ顔を洗うだけではなくて、全身を水で流してみてはいかがでしょうか?

寝起きに熱いシャワーを浴びると、体温が高まって気持ちよく目が覚めます。身体が温まれば内臓機能も活発に動くため、この後で食事を取ったり消化活動をするための準備もできますね。

シャワーの温度は熱めに設定してください。ぬるかったり冷たかったりするシャワーだと、体温が上がるどころか下がってしまいます。

また、シャワーを浴びる時間は5分~10以内にしましょう。短時間でパパッと身体を温めるのが目標です。

シャワーを浴びれば寝汗を流したり寝癖を直したりと、清潔感も整えられますよ。しっかり身体を拭いたら、パジャマやローブはやめて普段着に着替えましょう。シャワーからの一連の流れで身支度がスムーズに終わります。

寝起きはどうしても頭がぼーっとしがちですから、熱いシャワーで頭も身体もスッキリ目覚めさせましょう。

温かい飲み物で胃腸を動かす

起きてから朝食までの間に、何か1杯温かい飲み物を飲みましょう。「朝は何も食べたくない…」という人は特に、温かい飲み物で胃腸を覚醒させてやってください。

朝におすすめなのは、

  • ハーブティー(自律神経を整える)
  • 紅茶やコーヒー(カフェインで脳を覚醒させる)
  • 白湯(腸内環境を整える)

朝に弱い人の多くが、朝は紅茶やコーヒーからカフェインを摂取して眠気覚ましにしています。

もしも「寝起きのカフェインはちょっと刺激が強い」ということなら、牛乳で割ってミルクティーやカフェオレにして飲んでみてくださいね。

温かい飲み物を飲みながらテレビを見たり新聞を読んだりして、1日のスタートを切りましょう。

朝食は少しでも良いので食べる

「朝はコーヒーを飲んだだけ」なんて言う人もいますが、仕事をスムーズにこなせる人の多くが何らかの朝食を胃に入れて出勤しています。

なぜなら、身体を動かすにも脳を動かすにも、何かを食べてエネルギーを作り出す必要があるからです。

「軽く」で良いので、出勤の前には必ず何か食べておきましょう。がっつりご飯とおかずでなくても、以下のような軽いものでOKですよ。

  • パン(クロワッサンやデニッシュなど)
  • スコーン
  • マフィン
  • 味噌汁

胃の中が空っぽのまま出勤しても、エネルギー不足で頭が回らずに仕事の進みが悪くなってしまいます。特に脳を酷使する仕事をしている人は、脳のエネルギーになる糖を摂取してくださいね

朝食やお弁当のために料理をする

朝の時短のために、前日から朝食やお弁当を作り置きする人も多くいますよね。もちろん料理の時間を削れば、朝にできることは多くなります。

ですが、敢えて朝の時間を料理に費やしてみませんか?料理を通して手先を動かしたり、順序立てて調理の手順を考えたりすることで、脳のトレーニングになるのです。

メニューは簡単な味噌汁やサンドウィッチでも構いません。

  • 考えて具材を選ぶ
  • 具材を切ったり焼いたりする
  • 見た目の美しさにも気を使う

ことさえ出来ていれば、寝起きの脳が覚醒するのを手伝って、集中力が高まりやすくなるのです。

キッチンに立つだけなら、その日の天候に左右されることもありませんよね。自炊は節約にも繋がりますし、良いことだらけですよ。

早起きも大切。朝に時間をつくってやるべき過ごし方

目覚ましが鳴っても、ついついスヌーズボタンを押して「後5分…」の延長を続けてしまいますよね。でもその5分があれば、朝にできることの幅が大きく広がります。

朝の時間に余裕をつくったら、次のような過ごし方をしてもっと出勤へのモチベーションを上げてみませんか?

朝日を浴びながら軽い運動

太陽の光を浴びると、脳内に「セロトニン」というホルモンが分泌されます。セロトニンは脳を覚醒させる働きと、幸福感を得る働きの2つを持っています。

朝日を浴びてポジティブな気持ちになれば、仕事への意欲が増してスムーズに事を運ぶ気力がわいてきます。

もちろんただの日光浴でも良いのですが、どうせなら光を浴びながら軽く身体を動かしてみましょう。

近所を散歩・ジョギングするだけで血流が良くなり、脳へ巡る血液量が増えて活発に物事を考えられます。

運動の苦手な人、朝に弱い人なら

  • ラジオ体操
  • 軽いストレッチ
  • お腹を使って大きく深呼吸

から始めてみてくださいね。軽く身体を動かすだけならベランダでも手軽にできます。

文章を読むor音読してみる

ただ出勤の準備をするだけの朝って、ちょっと味気ないですよね。なんだか仕事のためだけに朝を過ごしているような気分で、モチベーションも下がってしまいます。

そこで、朝には少しだけ余裕を持って、何かの文章を読む習慣をつけてみてください。

  • 小説
  • 新書
  • 雑誌
  • 新聞

読み物は何でも構いません。とにかく文字を追いながら、情報を頭にインプットしていくのがポイント。

文章を読むことは頭の体操になります。言葉の意味を理解したり、情報を脳内で整理したりすることで、判断力や理解力を鍛えられるのです。

人から言われたことを把握したり、人に何かを伝える能力がアップしていれば、その日の仕事もスムーズに進みます。

もし抵抗がないのであれば、文章を声に出して音読するのもおすすめです。朝の音読は発声練習になりますから、人前でハキハキと喋りやすくなりますよ。

朝礼のスピーチを担当する日やプレゼンテーションのある日には、特におすすめです。

文章を声に出して読むと、いろんな言葉とその使い方を肌で覚えることができます。会話の幅が広がって、仕事上でのコミュニケーションが円滑に進みます。

その日のスケジュールを把握する

仕事がスムーズにこなせる人は、「いつ、何をすべきか?」ということをしっかり把握している人です。

出勤前にはその日1日で何をする予定なのか、一度スケジュールを整理してみましょう。仕事中にやることだけでなく、家に帰ってから何をするのかも再確認です。

  • 何時にどこへ向かうのか?
  • どこで何をするのか?
  • 何のためにするのか?
  • どのくらいの時間がかかりそうなのか?

これをノートに書いたり、スマホに入力したりしてみてください。

もちろん全部正確に記さなくても構いません。まだ未定の部分には「未定」と書けば良いし、やることが細かいのであれば、行う場所や目的などのカテゴリで書いてもOKです。

とにかく1日の流れを朝の内から把握しておけば、出勤後の行動がスムーズになります。出勤への漠然とした不安やストレスも緩和できますよ。

イメージトレーニングをする

仕事のスケジュールを確認しながら、ついでにイメージトレーニングもしてみましょう。

ただ「○○をやる」という確認をするのではなくて、「○○をどんな風にやるのか?」を具体的に想像するのがイメトレです。

  • それを行う場所や雰囲気
  • 自分がどんな手順でこなしているのか
  • どんなポイントでつまづききそうか
  • どんな風に成功しそうか

…など、できるだけ具体的に予定をこなしている未来の自分を想像してみてください。

イメージトレーニングをすると、想像した仕事を実際に始めるとき、取りかかりがスムーズになります。

また、成功のイメージが具体的であればあるほどポジティブな気持ちで取り掛かれるため、仕事に対するモチベーションがぐっと上げられるのです。

スケジュールの確認をしながらでも構いませんし、出かける前に何か飲み物を飲みながらイメトレをするのも良いですよ。

どこか1か所、部屋を掃除する

朝の身支度が終わって少し余裕があるようなら、部屋の掃除に時間を充てるのもおすすめです。

5分でも良いので、毎朝家の中のどこか1か所をキレイにしてみましょう。掃除をしてキレイになった箇所を見ると、小さな達成感からポジティブな気持ちになれます。

それに毎朝部屋をキレイにしていれば、休日に部屋の掃除をする手間が省けますよね。「休日は○○をしたい」という理想を叶えやすくなって、仕事へのモチベーションも上がるというものです。

デキる人はやらない。あなたをダメにする朝の過ごし方

朝の過ごし方で出勤後の様子が変わる…ということは、仕事の進捗を妨げるような朝の過ごし方もある、ということになりますよね。

仕事が上手く捗らない、小さなミスをたくさんしてしまう…そんな人は次のような過ごし方をしていないか要チェックです。

ベッドの中でスマホをチェック

目を覚ましたとき、すぐにベッドから出ていますか?起きてからまずスマホをチェックする、という人は注意。

SNSやチャット、メールなどのチェックは、やればやるほど長引くばかりです。それをベッドの中でやっていては、朝の時間がどんどん減ってしまいます。

もちろん誰かからのメッセージを無視するわけにはいきません。ですから、とにかく「ベッドでスマホを触らないこと」を目標にしてみましょう。

スマホを触るなら次のタイミングがおすすめ。

  • シャワーの後
  • 朝の水分補給のとき
  • バルコニーなどで日光浴をしながら

目が覚めたらまずはベッドから出て、身体と脳がすっかり”起床モード”に切り替わった後でスマホを触るようにしてください。

寝起きのぼんやりした頭では自制心が働かず、延々とスマホを弄ることになります。

朝から服装に悩むこと

朝から「何を着て行こう…?」とクローゼットの前で悩み込む…そんな経験はありませんか?

仕事の出来る人ほど、着替えの準備は前日に済ませています。朝は時間がない上に脳が上手く働きませんから、服を選ぶのはなかなかに難しいのです。

服選びに時間をかけすぎてメイクやヘアセットが雑に仕上がっては、1日中ブルーな気分になってしまいます。自分の格好を見ては「恥ずかしい」「早く帰りたい」とネガティブまっしぐら。

逆に着る服がすでに決まっているのなら、メイクも髪型もそれに合わてササッと仕上げられますよね。

前日の夜までには、翌日に着る服を準備して置いておきましょう。脱衣所に置いておけば、翌朝シャワーの後すぐに着替えられますよ。

どう過ごしても出勤は確実。有意義な朝でデキる人になろう

「出勤」と聞くとうつになってしまう人が大半ですよね。でも、いくら嫌でも出勤からは逃げられません。働いている限りは、時間が来れば準備をして家を出なければならないのです。

どうせ出勤することに変わりはないのですから、せめてポジティブな気持ちで家を出ましょう。

朝の過ごし方しだいでは、気分が上を向いて集中力も跳ね上がります。仕事がスムーズに進めば出勤へのネガティブな気持ちが変わりますし、評価も上がって一石二鳥です。

起きてから何をするか、デキる人たちはその点ですでに他の人と違うのです。会社でのあなたを変えるのは、出勤前のあなた自身。有意義な朝を過ごして、あなた自身もデキる人になってやりましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
出勤前のスマートな朝の過ごし方。仕事の出来は朝で決まる!?|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/asasugoshikata7236/

この記事をシェアする

関連記事

コメント