• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ハッカ油の使い方。美容・掃除・虫除けにも使えて万能!

Date:2018.10.04

この記事のタイトルとURLをコピーする
ハッカ油の使い方。美容・掃除・虫除けにも使えて万能!|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/hakkayusugoi0052/


「ハッカ油」というアイテムを知っていますか?

ハッカと言えば飴を思い浮かべる方も多いかと思いますが、名前の通りハッカ飴のような清涼感のある植物油です。

そしてハッカ油には、身体からお家全体まで使える幅広い用途や効能があるんです!

今回は1本持っておくと何かと便利でさまざまな使い道のある「ハッカ油」について、おすすめの使い方などをご紹介していきます!


年中使える!ハッカ油は植物由来の万能オイル

ハッカ油の原料となっているのは「ハッカソウ」というシソ科ハッカ属のミントから抽出された、植物由来のオイルです。

ハッカの写真

ハッカ油にはそのすっきりとした香りによるリラックス効果の他にも、防虫や消臭、除菌といった実用的に使える、様々な効果があります。

場所や季節を問わずに使うことのできるハッカ油は、食品添加物でもあるので子どもがいる場合などでも安心して使用することができる、ということも嬉しいポイントですね!

ハッカ油を使う時の注意点、薄めて使うのが基本!

ハッカ油を使う際にはいくつかの注意点があります。

特にペットのいる家庭では、ハッカ油の使用は控えた方がよい可能性があります。まずはハッカ油を使う際の注意点についてしっかり確認しておきましょう!

原液は刺激が強いため薄めて使う

ハッカ油は食品添加物でもあるため安心して使うことができますが、原液では刺激が強すぎるため薄めて使用します。薄める濃度は好みや用途によって異なるため、その都度目的に合わせて調整するようにしましょう。

万が一ハッカ油を原液のまま使用すると、肌荒れを起こしたり刺激を感じたりすることがあります。希釈する際などは原液のハッカ油を扱った際には、必ず手を洗うようにすると安心です。

また、ハッカ油の商品の中には食べられないものもあります。口に入れても安心なものを選びたい場合には、「食品添加物」と記載のあるハッカ油を選んで購入するようにしましょう!

猫はハッカ油が苦手

猫をはじめとする小動物はハッカ油などの精油やアロマオイルを嫌います。

植物由来の油を代謝・解毒する機能が備わっていないため、ニオイを嗅がせたり体内に入ったりすると中毒症状を引き起こすことがあるのです。

そのため、ペットを飼っている家ではハッカ油の使用を控えた方が安心になります。

保管場所に注意して鮮度を保とう

一度薄めたハッカ油は10~1週間程度で使い切るようにしましょう。また高温多湿の環境に放置したり、日当たりの良い場所において置いたりするとハッカ油が変質してしまうことがあります。

さらにハッカ油は油なので引火性があります。特にキッチンの火元やストーブの近くにはおかないよう、保管場所に注意する必要があります。

保存場所としては、あまり光の当たらない涼しい場所でなるべく扉のしまる場所が適しています。

また、ハッカ油を保存する際には保存容器にも注意しましょう。ハッカ油はプラスチックの一種である「ポリスチレン (PS)」を溶かしてしまいます。

スプレーボトルに移し替える際には、次のような材質のものを選ぶようにしましょう。ハッカ油を使用する際にも、ポリスチレンの製品には用いないよう注意が必要です。

  • ガラス製
  • ポリプロピレン (PP)
  • ポリエチレン (PE)
  • ポリエチレンテレフタラート (PET)

ミントの香りですっきり!ハッカ油でリフレッシュしよう

ミント系の香りには気分をすっきりさせて脳の働きを良くする効果や、消化器系の働きを良くしてくれる効果もあります。

部屋の中の消臭スプレーなどとしてハッカ油を使うことで、部屋も気持ちもすっきりさせることができます。ハッカ油でリフレッシュできる具体的な使い方を見ていきましょう!

部屋干しの洗濯物もすっきり

ハッカ油には除菌・消臭の効果があり、洗濯物を部屋干しした時の気になるニオイにも効果があります。

さらにアイロンがけの際には、リネンウォーターとしても使用することができるんです。ハッカ油には除菌の他に防虫効果もあるため、衣替えの前にハッカ油で作ったリネンウォーターでお手入れをすることもおすすめです。

部屋干しのニオイ対策でのハッカ油の使い方とハッカ油リネンウォーターの作り方は次の通りです!

ハッカ油の部屋干し洗濯

  1. すすぎの前に洗濯機を一時停止する。
  2. ハッカ油1~5滴とクエン酸 大さじ2杯を加えてすすぎを再開する。

ハッカ油の量は目安のため、お好みに応じて調整してみましょう。脱水の際にも数滴のハッカ油を加えると、よりしっかりとミントの香りを楽しむことができますよ!

ハッカ油リネンウォーターの作り方

  1. スプレーボトルに水を100 mL入れる。
  2. ハッカ油を10~20滴加える。
  3. よく振り混ぜる。

ハッカ油のリネンウォーターはアイロンがけをする時の他にも、ファブリックミストとしてベッドやソファなどの家具や部屋などの空間にも使うことができます!

眠気覚ましや気分転換に

ハッカ油は勉強や仕事の際のリフレッシュ、バスなどの乗り物酔いで気分がすぐれない時の気分転換にも最適です。

集中力が切れてきたころに、ハッカ油の香りを嗅ぐだけでもすっきりとした気分になります。

また、ハッカ油を染み込ませたコットンなどをティッシュやガーゼでくるんだものをポケットに忍ばせておくと、一日中「すーっ」とした香りに包まれて過ごすことができますよ。

眠気を覚ましたいときには、ハッカ油の香りをしっかりと嗅ぐことがポイントです。かすかに香るくらいのハッカ油の香りはリラックス効果をもたらし、眠りに入りやすくしてくれます。

乗り物酔いをしやすい方は、ハンカチなどにハッカ油を薄めたスプレーを吹きかけておくと気分がすっきりします。ハッカ油は旅のお供にもおすすめです!

掃除や害虫対策もハッカ油でばっちり

ハッカ油はガラスの汚れをすっきりと落としてくれます。さらに虫はハッカ油の香りを嫌うため、虫よけ対策としても使うことができるんです。

汚れもしっかり落ちて家中をすっきりした香りに包むことができるので、ぜひお掃除の際にもハッカ油を使ってみましょう!

ハッカ油ガラスクリーナーの作り方

  1. 100 mLの炭酸水をスプレーボトルに入れる。
  2. ハッカ油を3滴ほど加える。
  3. よく混ぜる。

ハッカ油お風呂クリーナーの作り方・使い方

  1. 重曹 120 gを用意する。
  2. ハッカ油もしくはハッカ油のスプレーを10滴ほど加える。
  3. よく振り混ぜる。
  4. バスタブに振りかけてスポンジでこする。

ハッカ油虫よけスプレーの作り方

  1. 無水エタノール 10 mLにハッカ油を5~10滴ほど加える。
  2. 水を90 mL加えて混ぜる。
  3. スプレーボトルに入れる。

ハッカ油の虫よけスプレーは、網戸や部屋の出入り口付近に吹きかけておくと害虫の通り道をふさぐことができます。香りが薄くなってきたと感じたら再度スプレーを吹きかけましょう。

身体にも使える!ハッカ油を使ったボディケア

食品添加物の表示のあるハッカ油の場合には万が一口に入っても安心の上、ボディケアにも使用することができます。

ハッカ油のすっきりした香りで、心も身体も癒しましょう!

ハッカ油のバスタイムで心も身体もリフレッシュ

夏の暑い日には、お風呂に入る際に湯船に1滴のハッカ油を垂らしてみましょう。ハッカ油が体感温度を下げたり肌にこもる熱を少なくしてくれたりするため、すっきりした香りとともに夏にピッタリの爽やかなバスタイムにしてくれます。

シャンプーやボディーソープにもハッカ油を加えてよく混ぜると、気になる汗などのにおいや汗をすっきりと洗い上げてくれます。

ハッカ油を入れすぎたりしっかり混ざっていなかったりすると、刺激が強くなりすぎてしまうことがあるため、はじめは少ない量からしっかり混ぜて楽しむようにしましょう!

つらい花粉症もハッカの香りですっきり

ハッカ油の香りは鼻の通りを良くしてくれる効果があります。ハッカ油を数滴加えた熱湯を用意しその蒸気を吸い込むと、すっきりとした香りと蒸気で鼻やのどの不快感を和らげてくれます。

また、マスクの外側にハッカ油のスプレーを吹きかけておくと除菌効果もあるため、風邪をひきやすい季節などにもピッタリです!

マスクにスプレーをする際には、肌や鼻・目などに直接入らないように注意しましょう。マスクから50 cmほど離れたところから外側に吹きかけると上手にできますよ。

夏の暑さを爽やかにクールダウン

水に数滴のハッカ油を加えたハッカ油スプレーは、顔以外の身体にも使うことができます。暑い日には脇や首、足などに吹きかけると、ハッカ油が蒸発するときに周りの熱も一緒に飛ばしてくれるため、すーっとした爽快感が得られるんです。

靴を履きっぱなしの日など足の蒸れが気になる時にも、足にハッカ油スプレーを吹きかけておけば、雑菌やにおいを抑えて足元を爽やかに保つことができます。

ただし顔や傷のある部分にハッカ油がついてしまうと、痛みや刺激を感じることがあるため注意しましょう!

家の中だけではもったいない!外出時にもハッカ油がお役立ち

ハッカ油の様々な使い方を見てきましたが、家の中で使うのはもったいないんです!

ハッカ油は外出時にも大活躍します。最後に家の外での使い方もチェックしていきましょう!

万能ハッカ油おしぼりでいつでも清潔

遠足やお花見など、外でお弁当を食べるときなどに役立つのが「ハッカ油おしぼり」です。ハッカ油を染み込ませたおしぼりは、除菌効果があるので水道がないときにも清潔な手でお弁当を食べることができます。

手だけではなく顔や身体を拭いても良いので、レジャーにもおすすめです!

ハッカ油おしぼりの作り方

  1. 水100 mLに小さじ1弱の植物性グリセリンを混ぜる。
  2. ハッカ油を数滴加えて、よく混ぜる。
  3. 作った液にキッチンペーパーを漬けて、良く染み込ませる。
  4. 密封できる袋 (ジッパー付きの袋など)に入れる。

ハッカ油で車の中もリフレッシュ

車の中のこもったようなにおいも、ハッカ油があればすぐに爽やかな香りに変えてくれます。「芳香剤は苦手」という方でも、ハッカ油なら自然なミントの香りで消臭してくれるので安心して使うことができるんです!

ハッカ油スプレーを持ち歩いていれば、外出先で車の気になった時にもさっと消臭することができますよ。

外食後の気になるにおいもハッカ油で撃退!

焼肉などのにおいが気になる食事をした後にもハッカ油が活躍します。

ハッカ油のスプレーを持ち歩いていれば、服や髪の毛についたにおいをさっと消すことができます。炭火のようなにおいやたばこのにおいも消臭してくれるため、ニオイ対策のエチケットとしてもハッカ油のスプレーがおすすめです!

いつでもどこでも使える、ハッカ油でいつでも気分すっきり!

今回はハッカ油の使い方についてご紹介してきました。

天然由来の植物油で食品添加物でもあるハッカ油は、身体から家の中まで安心して使うことができます。

用途も本当に様々なことに使えるため、1本持っておけば何かと役に立つアイテムです。ぜひハッカ油を使いこなして、暑い夏も爽やかに乗り越えましょう!

この記事のタイトルとURLをコピーする
ハッカ油の使い方。美容・掃除・虫除けにも使えて万能!|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/hakkayusugoi0052/
ライター:国見ふみ

この記事をシェアする

関連記事