• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

きれいな後ろ姿になる方法。美人は背中で語る!

Date:2017.12.19

この記事のタイトルとURLをコピーする
きれいな後ろ姿になる方法。美人は背中で語る!|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/senakasekusasaizu28246/

スキンケア、メイク、ファッション…。日々の生活の中で、多くの女性は、“正面”から見た自分を意識して、生活していますよね。

しかし、自分の後ろ姿まで意識しているという人は、意外に少ないのではないでしょうか。

実は、正面以上に、その人の美しさを左右するのが、後ろ姿。姿勢や歩き方など、自分では見えないところで、全体の美しさは印象づけられています。

案外、まわりに見られている、後ろ姿。ここでは、きれいな後ろ姿になるためのポイントをご紹介します。

ぜひ今日から、正面だけでなく、”後ろ姿の自分”も意識してみてくださいね。


あなたも後ろ姿ブス!その原因4つ

どれだけ正面をきれいに見繕っても、後ろ姿が良くないと、その努力も台無し。そんな後ろ姿ブスになってしまう原因は、いったい何なのでしょうか。

お尻が垂れている

女性のお尻は、丸みをおびており、女性らしさのアピールのひとつでもありますよね。この丸みは、女性特有の流動性脂肪によってつくられています。

流動性脂肪は、女性ホルモンが生み出す、特殊な脂肪であり、赤ちゃんを守るために大切な役割をもつのですが、やわらかい分、非常に動きやすい脂肪のため、垂れやすいという特徴があります。

そんな流動性脂肪でお尻が垂れてしまう原因としては、大きく3つあげられます。

加齢

歳を重ねることによって、お尻の下部の筋肉が衰えていくのは、自然の摂理とも言えます。しかし、アンチエイジングと盛んに言われている今日だからこそ、ヒップのエイジングケアにも取り組みたいですよね。

筋肉の減少

丸みのあるお尻のシルエットは、筋肉がなければ、支えることができず、垂れ下がってしまいます。若くても、運動不足の人は要注意!筋肉量をキープするために、適度な運動を取り入れることが、お尻を垂れさせないポイントになります。

骨盤のゆがみ

骨盤の歪みもお尻が垂れる原因の一つになります。日ごろ、同じ肩にカバンを掛けたり、足を組んだりしていませんか?片方ばかりに重心をかける行為は、骨盤がゆがむ原因になります。また出産を機に、骨盤がゆがんでしまうこともあります。

このように、お尻は、骨や筋肉の支えがなければ、重力にしたがって垂れてしまいます。自分からは見えませんが、垂れているお尻は、まわりからは丸見え!“見られている”という意識の違いが、あらわれやすい部分だと言えます。

姿勢が悪い・背筋が曲がっている

当たり前ですが、姿勢が悪い人や、背筋が曲がっている人の後ろ姿は、美しくありません。猫背にいたっては、5歳も老けて見えると言われています。おそろしいですね…。

また後ろ姿は、立っているときだけでは、ありません。座っているときの自分の後ろ姿、あなたは想像したことはありますか?

デスクワークなど、長時間デスクに向かって座りっぱなしでいると、気づかないうちに、猫背になっている人も多いのではなないでしょうか。

背中をまるめ、パソコンに顔を突き出しているような姿勢…。そんな後ろ姿では、どんなに正面がきれいでも、品性を感じられませんよね。

前かがみで、ひざを曲げて歩いている

膝を曲げないようにして歩く 08042

さきほど姿勢の話にもあったように、歩き方の姿勢も、後ろ姿に大きく影響します。

日本人は、「前かがみで、ひざを曲げた状態で歩く」と言われており、とりわけハイヒールを履いた女性の歩き方は、世界で一番汚いとも揶揄されるほど。

まわりもそうだから、あまり気にならない、という人も多いかも知れませんが、歩いている外国人と比較すると一目瞭然!街中の外国人の歩き方を、ぜひチェックしてみてください。

また、内股歩きやすり足など、足の癖が強い歩き方も、見ていて美しくありませんよね。歩き方は定着してしまうと、なかなか直すのに時間がかかるので、今のうちに矯正しておくのが得策です。

下着から肉がはみ出している

夏など服が薄手の季節や、少しタイトな服を着たとき、下着からはみ出る、ワキや背中の肉が気になったことはありませんか?

男性の中では、「垂れたお尻より、はみ出る贅肉が気になる」という声もあるほど、想像以上に背中の贅肉は、見られています。

ブラジャーを境に脂肪がデコボコと波打っている姿は、まるでボンレスハムのよう…。背中やワキの脂肪は一度つくとなかなか落ちにくいので、早くから予防・改善しておくことが大切です。

後ろ姿をきれいにするための方法5つ

後ろ姿ブスの原因に心あたりがある…という人も、大丈夫!後ろ姿をきれいにする方法をご紹介します。

きゅっと上がったまるいお尻へ!ヒップアップエクササイズ

後ろ姿における、女性の象徴でもあるお尻。そのメイクアップには、エクササイズが最も効果的です。

なかなか意識しないと、動かさない部分ですが、お尻は動きやすい流動性脂肪。動かせば動かした分だけ、結果が出やすいのが特徴です。

もちろん、美尻は1日にしてならず!ここでは、オフィスでもできるエクササイズもご紹介します。無理なく継続しながら、きゅっと上がった、まるいお尻を手に入れてくださいね。

美尻メイクの代表的エクササイズ!ヒップアップスクワット

  1. 両足のかかとをつけて、背筋をしっかりと伸ばし、両手を腰にあて、脚を閉じて立ちます。
  2. 片脚を前に踏み出します。このとき、ひざの角度を90度に近づけるのがポイント!重心は真下に落とし、視線は前へ。
  3. 踏み出した脚を元の場所に戻します。脚を替えて交互に繰り返してください。目安は左右それぞれ20回。お尻に意識を向けながら行うと効果的です。
オフィスでもOK!座りながらヒップアップエクササイズ

  1. 椅子に浅く腰掛け、背筋を伸ばします。
  2. 膝の間に両手を「グー」にして横に並べるか、幅15cmぐらいのものを挟みます。
  3. お尻に力を入れながら、両方の膝を内側にグイグイと押し合います。肛門をグッと締めるようなイメージで。
  4. 5秒押して5秒でゆるめる。これを5回繰り返します。

胸と同じ、お尻にも下着を取り入れてみよう!

ブラジャーするのは、みなさん当たり前ですよね。お尻も同じように、下着で補正することができます。スパッツやガードルはまだ早い…なんて思っているあなた!先手必勝です!未来の自分のために、今から取り入れてみましょう。

▼ガードルの選び方についてはコチラを参考にしてください!

ガードルの選び方の記事のトップ画像キャプチャ

姿勢矯正・筋力アップで、凛とした後ろ姿へ

きれいな後ろ姿を手に入れるために、まず有効なのが、姿勢を正すこと。簡単なことのように思えますが、正しい姿勢をキープするのは、意外と大変ですよね。

正しい立ち方や座り方をすると、身体のさまざまな筋肉を使います。身体が歪んでいる人や筋力が衰えている人は、正しい姿勢をキープするのも、つらいはず。

しかし、慣れて正しい姿勢が習慣化すれば、立ったり、座ったりしているだけでエクササイズができ、身体の歪みも矯正することができますよ。

そして、合わせて取り組みたいのが、筋力アップ。若い人でも、運動不足の人や、筋力の少ない人は、姿勢を保っておくことができません。

ここでは、器具なども使わず、簡単に取り組める背面のトレーニングをご紹介します。ハードなトレーニングではないので、ぜひおうちでやってみてくださいね。

正しい立ち方

正しい立ち方を表したイラスト

  1. かかとを付けてまっすぐに立ちます。頭の上から引っ張られているイメージで、背筋を伸ばします。
  2. 顎を軽く引き、お腹に軽く力を入れます。このとき、腹筋を意識してください。
  3. 膝を伸ばし、肛門に軽く力を入れる気持ちで、お尻を引き締めます。
正しい座り方

正しい座り方12191

  1. いすに深く座り、お腹を背骨の方へ、軽くへこませまて、骨盤を垂直にします。
  2. 顎を引いて首を伸ばします。立っているときと同様に、頭のてっぺんから引っ張られているイメージで。
  3. 自分の坐骨(ざこつ)がいすに当たっているか、確認しましょう。また、いすに深く座れない場合は、背中にクッションや畳んだタオルをあてて、調整しましょう。

背筋を鍛えるエクササイズ

背筋を鍛えるエクササイズ12192

  1. 両手・両足を伸ばしてうつ伏せになります。手の幅・足の幅は少し広めにとりましょう。(肩幅より広くしましょう)
  2. 息を吐きながら対角線上にある手と足を同時に持ち上げ、3秒キープします。
    (右手と左足、または左手と右足)
  3. 反動を使わずにゆっくりと行いましょう。背筋を使って持ち上げるように意識することが大切です。
  4. 息を吸いながら、持ち上げた手足をゆっくりと下ろします。反対の手脚も同じように行います。筋トレ初心者は、各5回×3セットからはじめてみましょう。

まっすぐ美しく歩く歩き方。猫背歩きはNG!

正しい立ち方の、応用編ともいえる、正しい歩き方。まずは、自分自身の思い当たる症状から、歩き方の癖をチェックしてみましょう。

脚太り
足裏全体を使えていない。足の一部分の筋肉だけを使って歩いている。
腰痛
反り腰になっている。がに股、または内股になっている。
肩こり
猫背になっている。上半身に力が入っている。
むくみ
後ろ足の蹴り上げや、足首の使用をせずに、前足中心で歩いている。足裏全体を使えていない。足を引きずりながら歩いている。
O脚
内股歩き、重心が外側に片寄っている。
X脚
足の内側の小さな筋肉を使わず、外側の大きな筋肉だけを使って歩いている。
関節の痛み
筋力が少ないため、体重の多くを関節にかけた状態で歩いている。

いかがでしたか?

間違った歩き方は、後ろ姿のブス化だけでなく、からだの不調をまねく原因にもなります。

ぜひ正しい歩き方を意識して、美しい後ろ姿はもちろん、健康な身体も手に入れてくださいね。

正しい歩き方

ふくらはぎを細くする歩き方0531-8

  1. 立ったときの姿勢は、正しい立ち方を参考にしてください。
  2. 背筋を伸ばし、まっすぐ前を向きましょう。歩くときは、かかと・足の付け根・足の指が、地面に着くことを意識して。
  3. 足裏を着地しながら、体重を移動させます。身体を揺らさず、一直線上に歩きましょう。このとき、小またや速歩きはNG。かかと・足の付け根・足の指の3点が、無理なく地面につくスピードが、あなたにあったスピードです。

贅肉撃退!ストレッチで、すっきりとした女性らしい背中へ

最後は、下着からのはみ肉や、背中の贅肉に効果的なストレッチをご紹介します。

背中は、ストレッチの効果が出るのに、時間がかかる部分でもあるので、ハードなストレッチではなく、継続することが、贅肉撃退の秘訣です。

ぜひ無理なく、自分のペースで、ストレッチを生活に取り入れてみてくださいね。

すっきり気持ちいい!肩甲骨ストレッチ

肩甲骨ストレッチ12193

  1. 両足を肩幅程度に開き、つま先は外側に軽く向けます。
  2. 息を吸いながらゆっくりと両腕を上げ、頭の上で手のひらを合わせます。このとき、ひじはまっすぐ伸ばしましょう。
  3. 息をはきながら、手のひらを外側に向け、ひじを少し後ろに引いて胸の位置まで下ろします。
  4. 左右の肩甲骨を中央によせるように意識しながら、ひじを胸の位置で止めます。
  5. これを繰り返します。朝と夜、10回ずつ行うとより効果的です。
背中の贅肉落としストレッチ
背中の贅肉落としストレッチ12194

  1. 両足を肩幅くらいに開いて、両腕を後ろで組みましょう。
  2. ゆっくり鼻から息を吸います。
  3. 息を少しずつ口から吐きつつ、両腕を組んだまま後ろに持ちあげます。
  4. 鼻で呼吸をして手を元に戻します。この動作を10回繰り返しましょう。

後ろ姿を磨いて、360℃どこから見ても美人を目指そう!

後ろ姿美人になるための、いろいろな方法をご紹介しました。

後ろ姿まできれいを意識するのは、決して簡単なことではありませんが、だからこそ、差がつきやすいところと言えますよね。

まずは、意識して姿勢を正してみるなど、できるところからはじめてみてください。その意識の違いが、数年後、見た目の大きな差になってくるはずですよ。

ぜひ後ろ姿を磨いて、360℃品性を漂わせる、素敵な女性を目指してくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
きれいな後ろ姿になる方法。美人は背中で語る!|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/senakasekusasaizu28246/

この記事をシェアする

関連記事

コメント