• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

猫好き男子の特徴と恋愛傾向。一途で気配り上手、寂しがり屋

Date:2020.01.31

この記事のタイトルとURLをコピーする
猫好き男子の特徴と恋愛傾向。一途で気配り上手、寂しがり屋|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/nekozukidansei36520/


趣味や好きな物は、その人の性格や付き合い方を考える上で大きなヒントになってくれます。最近増えている猫好き男子には、「猫が好き」という特徴から、共通した性格や恋愛傾向が見られます。

気まぐれで可愛らしい猫を好きな男性は、猫を愛するのと似た付き合い方を人にも求めがち。

この記事では、猫好きな男性に見られがちな特徴や恋愛観をご紹介します。もしもあなたが気になっている男性が猫好きなら、ぜひ参考にしてみてください。


猫好き男子に見られる特徴。個人主義だけど寂しがり屋

まずは猫好き男子にありがちな特徴からチェックしてみましょう。猫と言えば気まぐれでしなやかなイメージがありますよね。そんな猫を好む男性には、以下の特徴が見られがち。

インドア派で休日は籠もりがち

犬は散歩に出たがるものですが、猫はそうでもありません。家の中でゴロゴロしたり、自由気ままに過ごしたりしているもの。猫を好む人たちは、猫のこうした生き方に共感している傾向があります。

猫好きな男性は猫と同じように、休日は外に出るよりも家でのんびりと過ごしたいと考えています。

実際にインドア派な人がペットを飼うとなれば、散歩が必要な犬よりも家でのんびり過ごしがちな猫を選びますよね。

猫好きの人はインドア派なことが多いため、読書やゲーム、映画鑑賞など…家の中で完結する趣味を持っていることがほとんどです。

二面性があり、ギャップが激しい

猫と言えば気まぐれな性格がよく知られていますよね。さっきまで懐いていたと思えば、いきなりプイッとそっぽを向かれるなどは良くあること。

ギャップの激しい猫の気まぐれな性格を好む人には、自分の中にもこれと似た物を持っています。猫好き男子はオン・オフが激しく、シーンによって大きなギャップを見せてくれます。

  • メールやチャットで口調が変わる
  • 仕事中とプライベートのギャップが激しい
  • 意外とクールor熱血

第一印象では判別できず、何回か話してみないとどんな性格か分からないところがあります。人間としての味わい深さ、ミステリアスな性格が魅力です。

面倒見が良く気配り上手

「インドア派でギャップが激しい」と言えば気難しいように思えますが、実は意外と面倒見が良いのも猫好き男子の特徴です。

そもそも猫を好きになるということは、猫の気まぐれに振り回されても怒ったりせず、包容力を持って受け入れられるということ。

猫の気まぐれをじっと眺めていられるように、人に対してもじっくり向き合い、意図を汲み取る根気強さがあります。

気配り上手で視野が広いとも言えます。また、猫自体が人の感情の動きを敏感に察知する生き物です。人の心の機微に寄り添う猫の在り方に、共感している猫好き男子は多くいます。

団体行動が苦手で個人主義

猫はとにかく自由気ままに過ごす生きもの。誰かに支配されて動くより、自分で勝手に行動します。そんな猫を好きな男性もまた、団体行動よりも個人行動を選びたがります。

人に気を遣ったり意見を左右されたりする場面よりも、個人で活動する場面の方が真価を発揮しやすく感じています。

プライベートの時間を大切にし、一人で過ごす時間に安らぎを見出しているのです。ですからペットとして飼うのなら、お互いに自由を謳歌してつかず離れずの距離を保てる猫を選びがち。

寂しがり屋で孤独に敏感

一人の時間を謳歌できる個人主義ではありますが、それとは別に寂しさを感じやすいのも猫好き男子の特徴。

あくまで「つかず離れず」が良いのであって、完ぺきな孤独には寂しくなってしまいます。

彼らが猫と一緒にいたがるのは、寂しくはないけれどプライベートを確保できる、独自の距離感を楽しめるから。この微妙な線引きが他人にとっては難しく感じられるため、「気難しい」と誤解されることも少なくありません。

警戒心が強く人見知りをする

猫と同じように、猫好き男子も初対面ではあまり人を信用しようとしません。警戒心が強く、まずは自分の敵かどうか、一緒にいて大丈夫そうかを注意深く観察します。

そのため初対面と打ち解けた後のギャップが激しく、自分のことを話してくれるまでに時間がかかりがち。

親しい人には明け透けに物を言いますが、見慣れない人には人見知りをしてしまいます。また、自分が警戒心の強いタイプであるため、初対面から馴れ馴れしい人には特に警戒しがちです。

内向的でクリエイティブ

アグレッシブに活動する犬と比べると、猫は内向的で消極的。「来る物拒まず去る者追わず」の姿勢を貫きます。猫好きな男性もこれと似たように、外に発信するよりも自分の内側でじっくり物事を考えたがる傾向があります。

営業や接客よりも、プログラマやイラストレーターなど、発想力を活かせるクリエイティブな活動が得意です。

頭の中でアイデアを生み出すのが上手なので、何かを創り出すような仕事に向いています。「職人気質」と言われることも。

一つひとつの作業に誠意を持って取り組むタイプなので、こだわりが強く、質の高さを求める向上心の強さも見られやすいタイプです。

気まぐれ女子に理解がある。猫好きな男性の恋愛傾向

猫と過ごしていると気まぐれな態度に振り回されることもありますが、ふとした仕草の可愛らしさにすべてを許してしまいます。

猫好き男子はそんな猫に似た特徴を持つ女性に惹かれがち。猫好きな男性に共通する恋愛傾向は次の通り。

気まぐれで二面性のある人が好き

猫を好む男性は、猫と似たように気まぐれでツンデレな態度を見せてくれる女性に惹かれがち。媚びない態度でツンとしながらも、たまに見せてくれる甘い部分にキュンとさせられるのです。

たまに弱音を吐く、二人きりだと甘えてくる、笑うと可愛い…こんな二面性やギャップに心を打ち抜かれるのが猫好き男子の傾向。

ただ可愛いだけ・クールなだけではなく、たまに見せるブラックな一面や甘えたがりな一面を求めています。「今度はどんな顔を見せてくれるんだろう」とワクワクしたがっているのです。

短所も長所も理解してくれる

猫好きな男性は猫の気まぐれさを受け止める包容力と面倒見の良さを持っています。恋人に対しても同じような包容力で、温かく見守ってくれるのが猫好き男子の魅力。

短所や弱みを見せたとしても、「見ていて飽きないな」と理解して受け入れてくれます。特に「猫かぶり」と言われる女性は、その二面性からむしろ猫好き男子に好かれることも少なくありません。

女性がコンプレックスに思っている部分でも、それも彼女の特徴の一つとして見てくれるのです。表面的なものではなく、相手のいろんな部分を理解して丸ごと愛する懐の深さがあります。

外出するより家・屋内デートが好き

インドア派で内向的な猫好き男子たちは、デートをするときにも屋外より屋内を好みます。できれば家デートが理想、外出するにしても映画や図書館、カラオケなどの屋内で楽しめる場所を選びがち。

人が少なくゴミゴミしておらず、落ち着いた雰囲気でのんびり過ごしたがります。食事をするにしても、カウンターより個室の方が安心できます。

逆に嫌いなのはアウトドアやレジャー系のデート。スポーツやバーベキュー、クラブなどの賑やかな場所は猫好き男子の苦手とする場所なので注意しましょう。

一途で誠実な恋愛がしたい

警戒心が強い分、一度打ち解ければ最後まで付き合ってくれるのが猫好き男子。恋愛をするならその場限りではなく、末永く付き合いたいと思う傾向があります。

浮気を嫌い、一途に一人の人と長く付き合ってくれます。交際を始めると結婚まで視野に入れるのも、猫好き男子によく見られる特徴です。

一途で誠実な性格をしているため、男性として信頼できるタイプ。ただしこのタイプは一度でも女性側から裏切ってしまうと、二度と信頼してくれなくなります。

もともと警戒心が強くて一途な性格なため、自分を裏切った相手はもう信じられなくなり、修復は不可能になってしまいます。

オン・オフが激しい

普段からオン・オフの切り替えが激しい猫好き男子は、恋愛においても似たような態度を取りがちです。例えば外では素っ気ない態度を取ったり、仕事にプライベートを持ち込まず公私混同を嫌ったり…。

彼女に冷たく接するときと、急に甘えてくるときのギャップが激しい傾向があります。

女性からすれば、猫好き男子のこんな態度に慣れるまで「本当は私のこと嫌いなのかも」と思ってしまいます。慣れればこのギャップも可愛らしいものですが、慣れるまではお互いに誤解を招く可能性もあります。

甘えたがるときがある

意外と寂しがり屋な猫好き男子は、不意打ちなタイミングで甘えてくるときがあります。寂しさを感じたときなどは、黙ってそっと寄り添い甘えてくることも。

まるで猫が甘えてくるときと似ています。毎日甘えるような勇気がないので、彼らが甘えてきたときには目いっぱい甘やかせてあげるのが一番。

逆に、勇気を振り絞って甘えたときに「鬱陶しい」と冷たくあしらわれてしまうと、猫好き男子は心を閉ざしてしまうので要注意です。

一人の時間を大切にする

基本は個人主義でプライベートを大切にしたがる猫好き男子は、四六時中ずっと恋人と一緒にいたがるわけではありません。同じ家に住んでいる場合なら、自室に閉じこもる時間も欲しがります。

お互いの一人で過ごす時間を尊重したがる節があるので、依存し合うような関係は望みません。

二人で同じ空間にいて、無言になっても心地良い時間を過ごせるのが猫好き男子の理想形。束縛したりされたりと言った関係を嫌うため、いつでも構われたがるような女性は苦手です。

恋愛に奥手で進展が遅い

内向的な性格のために、猫好き男子は恋愛に奥手なことが多くあります。自分の本音を伝えるのが苦手で、押しが強いとも言えないため、進展はゆっくりになりがち。

相手からすれば焦れてしまうこともあるため、時には女性側から猫好き男子をリードする必要があります。

むしろ相手が少しリードしてくれると、「甘えたり求めたりしても良いんだ」と安心して、次のステップに進もうとします。マイペースでじっくり、慎重に恋愛をする傾向があります。

同じく猫好きな女性と相性が良い

猫を好きな男性は、自分と同じように猫好きな女性と相性が抜群です。価値観が似通っているため、お互いにされたら嬉しいこと・嫌なことを理解しやすいからです。

猫好き同士なら、ペットショップや病院などで出会いのチャンスが多く転がっています。

猫の飼い主同士で意気投合し、そこから仲良くなるという猫好きカップルも少なくありません。

同じ猫好きなら分かる部分も。心地良い距離感の恋愛ができる

ただの趣味と言えばそれまでですが、「猫が好き」という特徴から猫好き男子へのアプローチ方法を探ることができます。

猫好きな男性は落ち着いた心地良い恋愛をしたがる傾向があるため、穏やかな関係性を好む女性と相性が抜群。

付かず離れずな恋愛をしたい人や、気になる男性へのアプローチに悩んでいる人は、相手が猫好きかどうかぜひチェックしてみてください。猫のことなら話題にしやすいですから、近づくきっかけにもなりますよ。

この記事のタイトルとURLをコピーする
猫好き男子の特徴と恋愛傾向。一途で気配り上手、寂しがり屋|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/nekozukidansei36520/
ライター:箸屋

この記事をシェアする

関連記事