• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

疲れた彼氏を励ます言葉。彼女の癒しで彼の心をそっと支えよう

Date:2019.11.21

この記事のタイトルとURLをコピーする
疲れた彼氏を励ます言葉。彼女の癒しで彼の心をそっと支えよう|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/tukarekidukai4031/


大好きな彼氏が疲れてヘトヘトになっているとき、彼女としては彼に癒しを与える存在になりたいですよね。何とか彼の力になってあげたいですが、かといって出過ぎたマネをして鬱陶しがられるのは避けたいところ…。

男性にとって癒される彼女というのは、ほどよい距離感を保ちつつ、包容力で彼を甘やかしてあげられる女性のこと。

誰だって疲れているときは、「大丈夫だよ」と言って優しく寄り添ってくれる相手が欲しくなるものです。仕事で疲れた彼にはどんな風に言葉をかけたら良いのでしょうか?男性の目線を考えながら、一緒に見ていきましょう。


疲れているときに彼女から言われたら嬉しい言葉

身も心も疲れて弱っているとき、彼女から癒しの言葉を貰えるとそれだけで「やる気が出る」「頑張ろうと思える」と感じる男性は多くいます。

もちろんやみくもに声をかけるのではなく、一言でズドンと胸に響くような、とっておきの癒しの言葉を捧げましょう。言葉だけならラインや電話など、直接会わなくても彼に送ることができます。

「頑張ってるね」「お疲れ様」

くたびれた人を見かけると、つい「頑張れ」と言ってしまいがちですが、これでは逆効果。すでに頑張っているから疲れているのです。そんな相手に「頑張れ」など、まるで追い打ちをかけるようなもの。

疲れている相手には、本人の頑張りや苦労を認める言葉をかけましょう。

  • 「頑張ってるね」
  • 「お疲れ様」
  • 「大変な時期だね」
  • 「努力してるんだね」

などなど、彼の立場を考えて共感してあげましょう。自分の努力を認められるというのは、頑張っているときにはかなり身に染みるものがあります。

「えらいと思う」「尊敬するよ」

誰だって褒められて悪い気はしません。疲れているときには特に、自分の頑張りが認められていることが分かれば、「今までの努力も無駄じゃなかった」と思えます。

  • 「えらいね」
  • 「尊敬するな」
  • 「彼女として誇らしい」
  • 「憧れる」

など、彼の行動を褒め称えましょう。褒めちぎるのではなく、心から感心できるポイントを一言で褒めてあげてください。

たくさんの言葉で褒めちぎられると、むしろ「お世辞は良いよ…」と彼を疲れさせてしまいます。彼の良いところは彼女であるあなたが一番良く知っているはず。彼の長所を褒めて、肯定的な態度で接しましょう。

「いつもありがとう」「感謝してる」

感謝の言葉はしっかり伝えている方ですか?照れくさくて言えないという人もいますが、疲弊した心身に「ありがとう」は染み渡る言葉です。

「ありがとう」が恥ずかしくても、何か他の言葉で彼に感謝を伝えてみましょう。

  • 「いつもありがとう」
  • 「感謝してるよ」
  • 「助けられてる」
  • 「優しいよね」
  • 「嬉しい」

意外と「ありがとう」に代わる言葉はたくさんあります。どうせ感謝を伝えるのなら、彼の好きなところも一緒に言葉にしてみましょう。

例えば「あなたの大らかさに助けられてます」と言った具合に。彼女が自分の長所を認めてくれていること、それに感謝していることが分かると、失った自信が少し取り戻せます。

「大丈夫?」「具合悪くない?」

疲れている彼を心配する気持ちは良く分かります。あなたが心配していることを、そっくりそのまま彼に伝えましょう。

  • 「大丈夫?」
  • 「頑張り過ぎじゃない?」
  • 「具合悪くしてないかな?」
  • 「温かくして風邪引かないでね」

大切なのは、彼を気にかけ心配している人がいるということを分かってもらうこと。

疲れていると「誰も俺なんて気にかけてない」なんてネガティブな気分に陥りがちです。そんなときに自分を心配する彼女の言葉があると、誰かが自分を気にかけていることが分かって、少しポジティブになれます。

「休んだ方が良いよ」「休憩しよう」

彼女や他の人から見ても明らかに疲れている人というのは、自分で疲れていることを自覚できていないか、もしくは休むタイミングを見失っているかのどちらかです。

あるいは「休んではいけない」と自分で自分に厳しくなりすぎている可能性もあります。

  • 「休んだ方が良いと思う」
  • 「少し休憩しようよ」
  • 「もう十分頑張ったよ」
  • 「少しくらい休んでも大丈夫だよ」

彼女の方から休憩を促してあげましょう。自分に厳しい人ほど、誰かから「休みなよ」と言われないといつまでも頑張り続けてしまいます。

休みたがらない彼には、今休んだ方が後で効率的なことや、彼が十分に頑張っていることを教えてあげましょう。自分で休みたくても休めない男性にとっては、休息を促してくれる彼女は本当に癒しです。

「甘えて良いよ」「何でも聞くよ」

疲れやすい人は甘え下手な側面を持っています。上手に人に甘えられず、弱みを見せられずにいつでも気を張っているから、疲れてしまうのです。そんなタイプの彼に効果的なのがこんな言葉たち。

  • 「私に甘えて良いよ」
  • 「どんな話でも聞くよ」
  • 「私にできることがあれば言って」
  • 「いつでも頼ってね」

男性はプライドが高い生きものですから、彼女から言われないと自分から上手く甘えられません。

「甘えても良い」と気づかせることで、彼の緊張を取ってリラックスさせてあげましょう。愚痴を聞いたり弱みを受け入れたり、それだけのことでも彼の支えになってあげられます。

「味方だよ」「応援してる」

つらいとき、疲れているときにほど「自分には味方なんて一人もいないのでは」という思考に陥りがち。彼がネガティブ思考にとらわれる前に、自分だけは味方だと伝えましょう。

  • 「私はいつでも味方だよ」
  • 「あなたを応援してるからね」
  • 「嫌いになったりしないよ」
  • 「あなたは悪くない」

周りに対して疑心暗鬼になったり、警戒心を抱いているときほど、彼女が味方であることが心強く感じられます。

彼にとってあなたが敵対しない存在であると知ってもらいましょう。対人ストレスを抱えていると誰でも敵に見えがちですが、「俺には彼女がついてる」と思えるだけで、少し心に余裕ができます。

「大好きだよ」「素敵だね」

恋人からのストレートな愛情表現ほど心に刺さるものもないでしょう。疲れているタイミングでは尚更、心を潤す特効薬になります。

  • 「あなたのことが大好き」
  • 「素敵だと思ってる」
  • 「一緒にいると嬉しい」
  • 「かっこいい」

ちょっと気恥ずかしいかもしれませんが、疲れている彼を励ますには最適。純粋な好意を伝えて、彼に自信をつけてあげてください。

「好き」は他の話題にシフトしやすい言葉でもあります。「好きだから心配」「好きだから力になりたい」など…。彼女から想われていることが、頑張る気力を生み出してくれます。

「おはよう」「おやすみ」

基本的な挨拶はしっかり交わしていますか?疲れている彼には、何げない挨拶を交わすだけでも、癒しを与えることができます。

  • 「おはよう」
  • 「お疲れ様」
  • 「おかえり」
  • 「おやすみ」

一緒に住んでいるなら顔を見て、離れているならラインや電話で挨拶を交わしましょう。どんなに忙しい毎日でも、1日のどこかで彼女からの挨拶があると思うと、心の支えになります。

朝起きて一番に、元気な「おはよう!」のメッセージがスマホに届いていたら、「今日も頑張るぞ」と思えますよね。ちょっとした挨拶でも、彼の励ましと癒しを作ることは可能です。

楽しみができてもうひと踏ん張り。予定を作る言葉

「もう一生こんなつらい状況が続くのかもしれない」なんて思っているときに、楽しい予定が一つでも作られると、それに向けて頑張ろうと思えますよね。

彼が疲れているときにこそ、楽しみな予定を作る言葉で彼をサポートしましょう。

「マッサージしようか?」

疲れているときはマッサージです。疲労困憊の身体に彼女からのマッサージを受けて、心身共に癒されたという男性は多くいます。

ここで言うマッサージは整体的な意味ではなく、スキンシップや愛情表現の意味を持ちます。

彼女が自分のことを心配して肩を叩いたり腰を指圧したりと手を尽くしてくれるのが、疲れた男性の心を癒すのです。

もちろん気持ち良いに越したことはありませんから、簡単なマッサージ方法でも勉強しておくと、より彼の励ましになるでしょう。

「会いに行きたい」「顔が見たい」

疲れているときに「どこか行きたい」「何かしたい」と言われると、何だかうんざりしてしまいます。ですが、何をするでもなく「ただ会いたい」と言われるのであれば話は別。

彼が自分から何かをする必要はなく、ただ彼女の方から「会いたい」「顔が見たい」と言われるのは、気分が良いものです。

ヘトヘトで動けないとき、彼女の方から「会いに行って良い?」なんて言われたら、少し嬉しくなりますよ。デートに出かけなくても「ただ顔が見たいだけ」と会いに来てくれたら、彼女から向けられる愛情に心が癒されます。

彼を動かそうとするのではなく、彼女自らが動く予定を作るのがポイント。ただ彼のところに立ち寄って少し話をしてすぐ帰るだけでも、「会いに来てくれた」という事実が彼の胸を温めます。

「料理を作ろうか?」

疲れたときって、食事すらも面倒くさくなりますよね。そんなときに彼女から「料理を作ろうか?」だなんて声をかけられたら、気遣いや愛情に心がホッコリします。実際問題、とても助かりますよね。

特に一人暮らしの男性にとって、「手料理を作りに行こうか」「お弁当作って届けようか」のワードは心にクるものがあります。

彼女の手料理の味に癒されるのはもちろん、家庭的な面を見て将来彼女と家庭を作る想像に思いをはせることもあるでしょう。自分で作るのではなく、「彼女が作った料理」というのが重要なステータスです。

どうせなら、栄養に気を遣った彼好みの料理を研究しておきましょう。美味しくて健康的な料理の方が、彼の心も体も癒せること間違いなしです。

「デートの予定を変更しようか?」

もしも彼が疲れているときにデートの予定が入っているなら、思い切って予定変更を提案してみましょう。

  • 「ちょっと早めに切り上げようか?」
  • 「お家デートに変更しようか?」
  • 「ショッピングはやめて映画にしようか?」

など、彼に負担のかからないデートに変更してみましょう。疲れているとき、デートプランを変更して自分の身体を労わって貰えると、「愛されてるな」と実感できます。

実際、疲れているときは歩き回るデートよりも、どこかで静かに座っていられるデートの方が気楽です。彼の体調のことを気遣って、先回りして提案できるような彼女には、本当の意味での愛が感じられます。

しつこいのはNG。癒しのつもりが逆効果になる声掛け

彼のことを励まそう・癒そうとして、逆に彼をげっそりさせてしまうような言葉には気を付けましょう。

しつこい・グイグイ行きすぎ

疲れている彼を励まそうとして、つい強引になってしつこい態度を取るのはNG。彼に自分の言葉を届けたいばかりに、こんな言葉を使うのは悪手です。

  • 「構って」
  • 「あなたのために言ってるの」
  • 「どうして返事してくれないの?」

疲れているのですから、彼女の言葉に返事をする気力がない場合だってあります。

そんな時に「構って」と言われたり、何度もしつこくメッセージを寄越されたりしては、疲れが倍増してしまいます。疲れた彼を励ますのは彼女の自由ですが、励まされたからと言って彼に返事をする義務はないと覚えておきましょう。

都合が良い・尽くし過ぎ

疲れた彼を励ましたい一心で、尽くし過ぎて都合の良い女になっていないか注意しましょう。必要以上に「○○しようか?」と提案したり、彼の無茶ぶりにも応えようとしたり…。

疲れたときに励ますのは良い彼女ですが、「あれもこれも」と彼に尽くし過ぎるのは、ただの都合の良い女です。

また、尽くし過ぎるせいで彼にとってあなたが「彼女」ではなく、「母親」のように感じられることもあります。

料理を作ったりマッサージしたりは、あくまで彼が望んだらしてあげれば良いこと。望まれてもいないのに無理に押しかけると、ただのおせっかいになってしまいます。

いっそ何も言わない。心地良い無言の空間をつくる

本当に心身共に疲れ切っているときは、誰かから何かを言われても上手く返せないことがあります。心に余裕がなくて気の利いた返事ができず、それが理由で自分を責めてしまう人もいます。

何か言葉をかけるのではなく、隣で黙って寄り添うだけでも、十分疲れた彼の励ましにはなりますよ。

彼の性格や具合を考えた上で、「何も言わない」という選択肢もあることを視野に入れておきましょう。無言の空間で気まずさよりもリラックスを感じられる関係性になれたら、お互い唯一無二のパートナーになれますよ。

彼が疲れているときこそ、彼女の包容力と理解力の見せ所

疲れた彼にどう接するかが、良い彼女かどうかを決するボーダーラインです。

  • 彼氏を理解しているか
  • 気遣いのできる性格か
  • 彼氏を本当に愛しているか

疲れた彼氏への声のかけ方は、彼女のこんな本質を暴きます。あなたの思うやり方で、疲れた彼氏に最適な声掛けをしてあげましょう。

疲れた人を癒す言葉は、人の数だけ正解があります。あなたが本当に彼のことを想ってかけた言葉なら、彼にも愛情がしっかり伝わるはずですよ。

この記事のタイトルとURLをコピーする
疲れた彼氏を励ます言葉。彼女の癒しで彼の心をそっと支えよう|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/tukarekidukai4031/
ライター:箸屋

この記事をシェアする

関連記事

コメント