• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

一度はやってみたい!まつげメイクの花形まつげエクステ

まつエク

毎日のまつげメイク、皆さんどうしていますか?女性の皆さんでしたらまつげメイクの威力はきっとご存じですよね。

だからこそ多くの女性が毎日ビューラーでまつげをあげてマスカラを塗っているのではないでしょうか?

1つのブランドだけでもボリュームタイプ、ロングタイプ、ウォータープルーフタイプ、目尻専用、下まつげ用など、用途別にコームやマスカラ液も分かれていて選ぶのに迷ってしまいますよね。

でもこのビューラー+マスカラ、毎日のことだと結構めんどくさくないですか?

時間の経過とともに何度も塗りなおしたり、時には滲んでパンダ目になってしまったり…。

そんなあなたにぜひオススメしたいのがまつげエクステです。

まつげエクステは美容師免許所持者にしかできない特別な技術

まつげエクステは、自まつげに特別な接着剤でエクステを1本1本装着していきます。

このエクステ、サロンによりますが、長さや太さ、カールや毛質が選べることがほとんど。
デザインもプロのアイリストに相談してみましょう。

例えば黒目の上を長めにするとキュートな印象に、反対に目尻を長くするとセクシーな印象になります。目の形や自まつげの量でも変わってくるので、なりたいイメージを伝えてみましょう。

聞いたことはあるけど、やってみたいとは思っていたけど、なかなか一歩を踏み出せずにいたあなたも一度まつげをプロの手に委ねてみてはいかがですか?

まつげエクステをするメリット

まつげエクステにはたくさんのメリットがあります。

  • メイクが楽
  • モチが良い
  • スッピンでも華やか
  • デザインが豊富でなりたいイメージになれる
  • 逆さまつげや短いまつげにも対応可

まつげエクステ最大のメリットとして1番に挙げられるのがメイクがとにかく楽ということです。

まつげエクステをすることにより、毎朝まつげをビューラーで上げてマスカラを塗って、乾いたらまた重ね付けし、目じりや下まつげにも塗って…この作業が省略できます。

しかも汗や水分で滲むこともなく、塗りなおしたりする必要もありません。
だいたい1回まつげエクステをすると、2週間から1か月近くもちます。
この期間、全くまつげメイクをしなくて良いんです。
また毛周期に合わせて自まつげが抜けると当然、自まつげにつけているまつげエクステも取れてしまうのですが、ほとんどのサロンではリペアが可能。
全部落ちるのを待たなくても1本単位で新しいエクステをつけてくれます。

スッピンでも目元が華やか

これを1番のメリットに挙げる方も多い、スッピンでも目元が華やかになることです。
本当にまつげの威力は大きいんだとまつエクをするようになって改めて感じます。
メイクを落としてもまつエクによってまつげの主張があるので、一気に薄くはなりません(笑)。
普段、「スッピンではとても外出できない!」という方もまつエクしてマスクすればスッピンで外出も余裕ですので、急なお泊りでも困ることがありません。

デザインが豊富でなりたいイメージになれる

前述した通り、まつげエクステは自まつげに1本1本まつげエクステを装着していく方法です。
エクステの長さや太さ、カールや毛質には色々な種類があるので、なりたいイメージに近づけます。
マスカラだと目の中央だけ長くとか、目尻だけカーブを緩めにとか、器用でないとなかなか難しいと思いますが、まつげエクステならプロの手によってなりたいデザインに仕上げてくれます。

逆さまつげや短いまつげにも対応可

逆さまつげや短いまつげでお困りの方も、一度サロンに相談してみては?
逆さまつげの場合ですと、まつげエクステをすることで瞳の表面を傷つけてしまう可能性もあるので、絶対とは言えませんが、逆さまつげで楽しめるデザインもあります。
短いまつげの方はぜひそういった方こそトライしてほしいです。まつげエクステで大事なのは長さより毛数。
短さは関係ありませんので、少し長めのエクステにトライしてみてはいかがでしょうか?
グッとイメージが変わりますよ。

まつげエクステのデメリット

これまでまつげエクステのメリットばかりお話ししてきましたが、残念ながらまつげエクステにはデメリットもあります。

  • まつげエクステの技術によるトラブル
  • 自まつげを傷める
  • オイルクレンジングが使えない
  • まつげエクステ施術後、しばらく顔を水につけたり湿気の高いところに行けない。

まつげエクステの技術によるトラブル

アイリストの技術に差があり、上手くない人にあたってしまうと、接着剤が染みたり、接着剤によってアレルギーを引き起こしたり、技術によっては瞳を傷つけてしまうことがありました。

これまで無資格者が施術を行うことも多かったのですが、トラブル報告が増えたことにより、まつげエクステは現在美容師免許取得者に限られています。

自まつげを傷める

イメージとしては美容院のカラーリングやパーマと同じです。

できるだけ優しい接着剤を使い、できるだけ自まつげの負担にならないエクステを選んだとしても、何もしないよりはどうしても負担になります。

そのため常にまつげエクステをするのではなく、時々まつげを休ませたり、まつげ用の美容液をつけるなどして、まつげエクステを装着する自まつげも大切にしましょう。

オイルクレンジングが使えない

まつげエクステをしている時もマスカラで更に盛ることも可能ですが、メイクを落とす際にオイルクレンジングを使用することは厳禁です。

オイルがまつげエクステの接着剤を溶かしてしまう可能性があり、モチが極端に悪くなります。

おすすめなのは綿棒にオイルフリーのクレンジングジェルなどを染みこませて優しく馴染ませる方法。まつげエクステをしていても使えるクレンジングなども出ています。

施術後は、しばらく顔を水につけたり湿度の高いところに行けない

まつげエクステをして3~5時間位は洗顔したり、ホットヨガなど湿度の高いところに行くのは厳禁です。

接着剤が水や汗によって溶けてしまい、せっかくつけたまつげエクステが取れやすくなってしまいます。

又、顔を洗った後などにタオルでゴシゴシとまつげをこするのもダメです。ポロっと取れてしまったり、折れてしまったりします。

まつげエクステの楽しみ方

だいぶまつげエクステのことはお分かり頂けましたか?

でもどうせやるならとことん楽しみたいですよね!

まつげエクステはどんどんカールや毛質が進化していますが、中でもおすすめしたいのが、カラーのまつげエクステ。

カラーのマスカラもあるのでイメージが沸く方も多いと思うのですが、全体にやるより、部分部分カラーのまつげエクステにすると可愛さ倍増です。

ブラウン系も可愛いですが、ピンクやグリーンなど一見「えっ?」と思うような色がまた可愛いかったりします。


黒のマスカラを塗って隠すこともできるので、オンとオフで使い分けても良いですね。

また、どうせお金を払ってまつげエクステをしたのなら、できるだけ長持ちさせたいですよね。2週間から3週間もつのが通常です。

まつげエクステがより長いもの、より太いものは重みがあるので取れやすいですし、カールの強いものも自まつげとの接着面が少ないので持ちはあまりよくないように感じます。

そして何より大切なのが、施術後のケアが大切になってきます。

できるだけまつげに刺激を与えない、あとマスカラをすることでどうしても重くなるので、まつげエクステの際はマスカラなしでも良いのでは?

洗顔の時や、顔を拭く時、まつげにできるだけ触れないようにしましょう。

毎日のメイク時間を短縮し、セルフより華やかになるまつげエクステ

機械ではなくプロの手でやってもらうものなので、不安なことは事前にしっかりと確認して、納得した上でお願いをしましょう。

慣れてくれば、自分に合うまつげエクステが分かってきたり、イベントの時は更に華やかなものにしたり、どんどんマツエクをするのが楽しくなりますよ。

メリット、デメリットを知った上で、まつげエクステを楽しみましょう。