• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学
この記事のタイトルとURLをコピーする
美容 | 女性の美学
https://josei-bigaku.jp/beauty/

肌・髪・メイク。綺麗になるための美容知識や悩み解消法

美しさは女性の魅力を最大限に引き出す要素です。

美しい女性は、

  • 見た目に気を遣える細やかさ
  • 美を求める向上心や探究心
  • 自信があって前向きな姿勢

…など、あらゆる面で男女を問わず評価されます。

美人になるのに必要なのは、生まれつきの容姿よりも、自分磨きに費やす努力。

肌、身体、髪…あらゆる美を手に入れるためのヒントとなる情報をご紹介していきますね。

すっぴんでも自信あり!美肌対策、スキンケアの基本

「美容」と聞いて多くの人が思いつくのが、肌のことではないでしょうか?きめ細やかで美しい肌は、美女に欠かせない要素。

すっぴんに自信の持てる美肌対策や、スキンケアの基本を押さえておきましょう。

よく起きる肌トラブルの原因と解消法

女性を悩ませる肌トラブルは、大きく肌荒れニキビ毛穴のトラブルの3つに分かれます。

肌の調子が悪くなることで肌荒れが起き、それが悪化してニキビになったり、毛穴が開いたり…といった流れが肌トラブルの基本です。

肌トラブルには種類によっていろんな原因がありますから、まずは対処法を探す前に自分の肌がどんな状態に陥っているのかを知ることから始めていきましょう。

シミやしわ、クマの原因と解消法

シミしわクマは顔を暗くし、どこか老けた印象にさせます。ほうれい線が気になってきた…という人も多いのではないでしょうか?

これらの悩みは紫外線によるダメージや肌の乾燥、それから加齢に伴って起こりやすくなります。

紫外線対策や保湿を徹底して、美容液・化粧水で積極的に栄養を補給していきましょう。睡眠不足や疲労といった体調不良も防いでくださいね。

肌のタイプ別の悩みや特徴

同じ「肌荒れ」に悩んでいる人でも、その人の肌質によっては取るべき対処法・予防法は異なります。

スキンケア用品を揃える前に、まずは自分の肌質についてチェックしておきましょう。

肌質 よくあるトラブル 考えられる原因
乾燥肌 肌荒れやかゆみ、化粧のノリが悪い ストレスやうるおい不足、運動不足など
敏感肌 肌のかゆみや赤み、痛み 間違ったクレンジングや洗顔、基礎化粧品の選び方など
脂性肌 肌のテカリ、皮脂の過剰分泌、化粧が剥がれる インナードライ肌、皮脂の取りすぎ、クレンジング方法など

基礎化粧品の正しい選び方

化粧水や乳液、美容液など…スキンケアに遣う基礎化粧品は、含まれている成分や質感などが一つ一つで違うからこそ、自分に合ったものを選ぶのが重要。

選ぶべき基礎化粧品は、使う人の年齢や肌質によって異なります。

自分の肌質や、今抱えている肌トラブルなどを考慮した基礎化粧品の選び方をマスターしてくださいね。

洗顔、クレンジングの極意

洗顔・クレンジングは美肌のカギとも言える存在。

メイクや汚れをしっかり落とさないと毛穴が詰まってしまい、それが原因で肌荒れやニキビ、毛穴開きといった肌トラブルのリスクが高まるのです。

洗顔とクレンジングで大切なのは、しっかり汚れを落とすことと、肌を傷つけないように労わる力加減です。

洗顔料をよく泡立てたり、クレンジングや洗顔料と肌の相性に注意したりが大切ですよ。

紫外線から肌を守るコツ

紫外線は美肌の大敵。夏などの暑い季節だけに限らず、年中を通して紫外線ケアを徹底しましょう。

肌の紫外線対策はもちろんのこと、目や髪の紫外線ケアにも注目です。目に降り注ぐ紫外線だけで皮膚のメラニンが形成され、シミができてしまうことも。

日焼け止めの選び方や、日焼けの後のアフターケア方法にも注目ですよ。

顔は美しさの要!フェイスケアで理想の美人顔を手に入れよう

顔の造形は生まれつきのものですが、唇や目元、フェイスラインのケアを徹底するだけで、見た目の印象はガラリと変わります。

美人の多くが実践している、整形知らずのフェイスケアをチェックしていきましょう。

理想のリップ&まつげをつくる方法

ツヤツヤでぷるぷるな唇はセクシーでキュートな、女性らしい印象を与えますよね。だからこそリップケアは美人に不可欠。

リップパックや乾燥予防など…保湿を中心としたケアで、女度の高い口元美人を目指しましょう。

ちなみに保湿はまつげケアにも欠かせないポイントです。まつげ美容液で栄養やうるおいを与えることで、長くて濃くて多い、フサフサの美まつげが手に入れられますよ。

口元と目元は丹念にケアし続ければ、メイクなしでもすっぴんを美人に見せてくれる存在。リップケア&まつげケアはぜひセットで試してみてください。

小顔は全体を美人に見せる

顔が小さいと、キュッと引き締まって全体的に華奢なイメージが与えられます。小顔なだけで等身が高くなり、スタイルアップ効果からパッと見で「美人」の印象を与えるのです。

マッサージや美顔器を利用して、フェイスラインを太らせないのが大切。

  • 顔のたるみ
  • 二重あご
  • 顔のむくみ

といった悩みを解消すべく、いろんな方面からのアプローチで小顔対策を行っていきましょう。

全身くまなく綺麗になろう!美人が実践するボディケア

ボディクリーム

美人は足のつま先から頭のてっぺんまで綺麗なものです。顔や髪と言った目に触れやすい部分だけでなく、全身くまなくケアを徹底してこその美人。

メリハリのある女性らしいボディラインや、洗練された手や脚をボディケアで手に入れましょう。

ハンド・フットケアはつま先まで

しっとりすべすべの手と、肌もラインも綺麗な脚は、まさに美人の持つ条件。

ハンドケアはただハンドクリームを塗るだけではありません。

  • 手の甲

としっかり保湿ケアを徹底しましょう。

これに対して範囲の広いフットケアは、脚の部分ごとに適切な対処をしていきましょう。

かかとのひび割れや膝の黒ずみはもちろん、むくみや歪みを解消してスラリと伸びた美脚を目指してくださいね。

ネイルケアでより女性らしく

指先に位置し、手全体を美しく見せる役割を持っているのが爪。

ネイルケアの行き届いた爪はマニキュア映えしますし、マニキュアなしでも清潔感のある綺麗な印象を与えます。ささくれや二枚づめを防ぐ効果もありますよ。

やすりの使い方や甘皮処理の方法に注目です。ペディキュアを塗る習慣のある人は、手だけではなく足のネイルケアまで徹底してくださいね。

▼ネイルケアについてはコチラを参考にしてください!

ネイルケアの記事のトップ画像

バストケア、バストアップで自信がつく

バストは女性的なボディラインを象徴する存在。大きさや形、ハリに悩んでいる人は、ぜひバストケアに力を入れてみてはいかがでしょうか?

バストアップは必ず努力が報われます。栄養補給による女性ホルモンの活性化やバストアップマッサージなどを駆使して、理想のバストに近づけていきましょう。

また、バストは育てるだけでなく、形を維持することも重要。バストは妊娠・出産や加齢、激しい運動などで垂れやすくなります。

バストケアに欠かせないブラジャーの選び方や産後のバストケア方法、バスト用のクリームもチェックしてみてくださいね。

体臭・ムダ毛対策は大人のマナー

自分では気づきにくく、逆に周りの人から意識されやすいのが体臭とムダ毛です。大人の女性のマナーとして、何としても予防・対策を徹底しておきたいところ。

体臭予防の際は、

  • 頭皮

といった臭いやすい部分から意識してみましょう。臭いの原因を突き止めて、身体を清潔にすることを徹底してください。

ムダ毛対策をするときは、脱毛・除毛方法に注目です。

カミソリ処理やクリーム除毛、サロン脱毛など…脱毛方法によってはメリット・デメリットが異なります。

体臭もムダ毛も、女性らしさから遠ざける要因。正しい対策方法を要チェックです。

髪は女の命!ヘアケア・スタイリング方法で髪自慢の美女に

ヘアケアグッズ
艶とコシのある美髪はまさに「美女」の象徴。ヘアケアを徹底している女性は、後姿だけで人を魅了します。

美しくて健康な髪の毛を手に入れるための、ヘアケア方法やスタイリング方法を見ていきましょう。

トラブルなしのヘアケア方法

あなたの髪の「天使の輪」は健在ですか?「天使の輪」ができないのは、髪の毛がダメージを受けてキューティクルが剥がれてしまっているからです。

紫外線やドライヤーの熱、カラーリングなど…あらゆる場面で髪はダメージを受け続けています。

正しいヘアケア手順で、美しい天使の輪を取り戻しましょう。

▼ヘアケアについてはコチラを参考にしてください!

ヘアケアの記事のトップ画像

また、抜け毛やパサつき、白髪といったヘアトラブルにお悩みの人は、髪の毛に栄養やうるおいをしっかり与えて対処していってくださいね。

▼髪の悩みについてはコチラを参考にしてください!

髪の悩みの記事のトップ画像

髪型・髪色を変えるときのポイント

髪型や髪色をちょっと変えるだけで、その人の印象は180℃変わることもあります。

ヘアスタイル・髪型を決める際は髪の長さによる見た目の印象や、髪質によるボリュームの違いなどを意識してみると良いですね。

▼ヘアスタイルについてはコチラを参考にしてください!

ヘアスタイルの記事のトップ画像

また、ヘアカラーをする場合は自分に似合う髪色だけではなく、カラーリングの方法にも注目です。美容室で染めるのか、自分で染めるのか…。

あなたに合ったカラーリング方法を選んでくださいね。

▼ヘアカラーについてはコチラを参考にしてください!

ヘアカラーの記事のトップ画像

上手なブローが美髪をつくる

ブローのやり方によっては髪の毛のツヤや流れが全く変わり、上手くいけば美容室帰りのような髪になることも。

髪の毛をブローするときに気をつけたいのは、髪をしっかり乾かすことと、髪の毛を熱で傷めないようにすること。

  • トリートメントで髪を守る
  • 髪をブロッキングしてブローする
  • 温風から冷風に切り替える

ブローのコツを掴めば、髪の毛のセットが楽になりますよ。

▼ブローのコツはコチラを参考にしてください!

ブローの記事のトップ画像

頭皮ケアが美髪を生むカギ

頭皮環境は健康で綺麗な髪の毛の生みの親。もしも頭皮が不健康・不衛生な状態になっていると、フケやかゆみ・ニキビ・抜け毛・薄毛などのヘアトラブルが起きます。

頭皮の紫外線対策やクレンジング、正しいシャンプーの方法を身に付けて、頭皮ケアも徹底しましょう。

頭皮マッサージやヘッドスパ、シャンプー選びなどにも注目ですよ。

▼頭皮ケアについてはコチラを参考にしてください!

頭皮ケアの記事のトップ画像

方法は十人十色。効率よく痩せるダイエット方法って?

ダイエットが成功すれば一気に垢抜けて美人度が上がります。…が、なかなか思うように続かない、成功しづらいのが現実。

成功率を上げる、自分にぴったりのダイエット方法を探してみましょう。

ダイエットしてるのに痩せない人へ

もしかしたら、「ダイエットしてるのに何故か痩せない!」と嘆いている人もいるのではないでしょうか?

ダイエットしても痩せないのは、ダイエット方法が間違っていたり、時間や回数が足りていなかったり、ストレスが溜まっていたりするからかもしれません。

本人の体質や性格によって、合うダイエットと合わないダイエットがあります。無理なダイエットをしていないか、要注意ですよ。

▼ダイエットしても痩せない!という人はコチラを参考にしてください!

ダイエット痩せないの記事のトップ画像

まずは知りたいダイエットの基本

ダイエットを成功させる基本要素は

  1. 食事
  2. 運動
  3. 筋トレ

の3つ。食事でしっかり栄養を取り、運動でカロリーを消費し、筋トレで基礎代謝を高めるのがダイエットの基本です。

どれか一つに偏ったダイエットをするよりは、これらを万遍なく取り入れた生活を送りましょう。

▼ダイエットの基本についてはコチラを参考にしてください!

ダイエットの基本の記事のトップ画像

部分痩せを成功させるコツ

全身をスリムにしたいのではなく、ある一部分にのみ特化して痩せたい…と考える女性は多くいるのではないでしょうか。

  • 太もも
  • お尻
  • お腹周り
  • 二の腕

…などなど、コンプレックスになる部分は人によってそれぞれあります。

部分痩せを目指している人は、どうしてその部分が太りやすいのか、その部分だけを効率的に痩せるならどんな方法が適しているのかをチェックしましょう。

▼脚痩せはコチラを参考にしてください!

<脚痩せの記事のトップ画像

断食・食事・運動…どれで痩せる?

ダイエットとして主に取り入れられているのは、「ファスティング(断食))」、「食事ダイエット」、「運動ダイエット」の3つです。

それぞれのメリットやデメリットに注目して、あなたが一番続けやすいダイエット方法を探してみましょう。

ファスティング
「断食」の意味を持つファスティングは、一定の時間だけ食事を抜いて胃腸を休ませるダイエット方法です。減量はもちろん、胃腸が綺麗になって便秘が解消したりといったメリットがあります。
食事ダイエット
痩せやすい食材を使ったり、カロリー制限をしたりと食生活を変えてダイエットする方法です。着実に摂取カロリーを減らして脂肪量をセーブできます。
運動ダイエット
有酸素運動を中心に身体を動かして、脂肪の燃焼を促すダイエット方法です。筋力がつけば基礎代謝が上がり、体質の改善にも繋がります。

キュートにもセクシーにもなる変身術。メイクのコツと方法

メイクグッズの写真
メイクが上手い人は、全く不自然なくナチュラルな自分の魅力として化粧品を使いこなします。メイクで顔の造形を上手く引き立たせているのです。

女性としてぜひ身に付けておきたい、美人のメイク術をチェックしていきます。

基本は化粧崩れを防ぐことから

メイクの基本は、まず化粧崩れを防ぐことです。汗や乾燥ですぐに剥がれやすいので、厚塗りよりは若干薄めのメイクを意識してみましょう。

  • ファンデーションはつけすぎない
  • マスカラは選び方に気を付ける
  • アイライン、眉毛のかき方

いくつかのコツを押さえて、メイクの仕上がりをレベルアップさせちゃいましょう。

▼メイク術についてはコチラを参考にしてください!

メイク術の記事のトップ画像

華やか顔になるアイメイク術

アイメイクが上手くいくと、目元が華やいで一気に美人度が上昇します。

まぶたの形に合わせたメイクを覚えることと、なりたい印象に合わせてコスメを使いこなすことが大切。

アイシャドーやアイライナー、マスカラなどの道具を上手く使い分けていきましょう。目の形や大きさ、全体の雰囲気など…どこをどう変えたいのかに注目して、アイメイク術を磨きましょう。

▼アイメイクについてはコチラを参考にしてください!

アイメイクの記事のトップ画像

様々なリップメイクを楽しんで

唇の色・艶・形をつくるリップメイクは、女性らしさを加速させる重要な役割。

リップメイクの際は、ただ口紅を塗るだけではなく、リップライナーでしっかり唇のラインを取るようにしてみてください。ライナーを使うことで唇の形が整って、より女性らしい口元に仕上がりますよ。

口紅の色を変えたり、グロスだけやカラーリップだけのメイクをしたり…リップメイクの楽しみ方は無限大です!

▼リップメイクについてはコチラを参考にしてください!

リップメイクの記事のトップ画像

毎日の習慣が美しさを生む。続けるほど綺麗になる美容習慣

「美人」と呼ばれる人たちは、みんな美容を心がけた習慣を持っています。綺麗な女性がやっている美容習慣を、私達もマネしてみませんか?

食事に入れるべき美容にいい食べ物

人の身体は日頃の食事内容から構成されています。つまり美人になる秘訣は、身体を内側からも外側からも美しくする食べ物を取り入れること。

美容にいい食べ物は、

  • お茶
  • 野菜
  • フルーツ
  • 穀物

とたくさんあります。

主食を変えたりおかずの具材に使ったり…美しくなる食べ物を積極的に取り入れて、胃腸の中から美人をマネしてみてください。

シャワーよりも入浴を推奨!

入浴の際、しっかり毎日湯船に浸かっていますか?入浴の習慣は美人の基本。

お湯に身体を浸けることで、血流を促進したり神経をリラックスさせたり…美容に繋がる多くの効果を得られるのです。

具体的には

  • むくみ解消
  • 美肌効果
  • 身体のエクササイズ

といったアプローチで、美容に働きかけてくれます。今晩からでも、ゆっくり湯船に浸かって身も心も綺麗になってください。

▼入浴についてはコチラを参考にしてください!

入浴の記事のトップ画像

ストレッチ・マッサージは必須

美人はすき間時間を見つけてはストレッチマッサージに取り組んでいます。

ストレッチで身体が柔らかくなると、血液の循環が良くなります。冷え性やむくみの改善といった効果があらわれるのです。

マッサージをすると老廃物が押し流されて、ボディラインやフェイスラインがスリムになります。腸のマッサージは便秘解消にも効果的。

眠る前や入浴のついでに、ストレッチやマッサージを習慣にしてみてください。

ヨガで心も身体も磨きがかかる

有名なモデルさんや女優さんの多くが、ヨガをやっていると語っていますよね。

ヨガには心も身体もリフレッシュさせる効果があります。自律神経を整えたり、身体のゆがみを改善したり…全身に渡る効果で美容に働きかけてくれます。

ヨガにはそれぞれ、目的に合わせたポーズや呼吸法があります。ダイエット目的なのか、美肌目的なのか、それともメンタルケアが目的なのか…。あなたのやりたいヨガで美しくなりましょう。

▼ヨガについてはコチラも参考にしてください!

ヨガの記事のトップ画像

ウォーキング・ランニングの習慣

運動は健康で美しい身体をつくるのに欠かせない習慣です。カロリーを消費して脂肪を燃やすだけでなく、心をポジティブにする効果まで得られるのです。

数ある運動の中でも手軽なのが、ウォーキングとランニングです。この2つは立派な有酸素運動でありながら、通勤やゴミ出しなど…日常に組み込みやすいのが魅力。

ウォーキング ランニング
身体の負担 疲れにくい 疲れやすい
1時間あたりの消費カロリー 約230kcal 約450kcal
服装 動きやすければOK シューズやウェアを用意した方が良い

日によってウォーキングとランニングを交互に繰り返す、というやり方でもOKですよ!

美は一日にしてならず。努力でしだいで誰でも美人になる!

ドレッサーと化粧品

美しさを手に入れる方法はたくさんあります。大切なのは、自分の身体と目的に合った方法を実践すること。

努力がぴったり正しい方に向けば、必ず成果はあらわれます。肌も髪も綺麗になって、ボディラインも整っていきますよ。

地道に努力を続ければ、見る見るうちに垢抜けて女性としての魅力が花開きます。毎日コツコツと美容習慣を続けていきましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
美容 | 女性の美学
https://josei-bigaku.jp/beauty/