• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

一番手軽な運動、ウォーキングを極めよう。歩くだけだとあなどるなかれ!

ウォーキングは誰でも出来る、簡単な運動です。運動神経も関係ないし、歩くこと自体が運動になるという素晴らしい健康法です。

散歩をするように歩くのももちろんいいのですが、どうせやるならウォーキングの基本をもう一度おさらいしてみませんか?

やり方次第で効果がさらにアップするウォーキングの魅力をご紹介します。

ウォーキングの基本をおさらい。始める前に知っておきたいこと

ウォーキングを始めるにあたっては、知っておいて欲しい基本があります。

歩き方や服装などでも効果が変わってきますから、せっかくやるなら効果の出る方法でやりたいですよね。

ウォーキングの基本を一度おさらいしておきましょう!

ダイエットだけじゃない、ウォーキングの効果

ウォーキングというと、簡単にできる有酸素運動の代表格ですよね。プロのモデルさんでも続けている人が多く、確かにダイエット効果がある運動です。

しかし、ウォーキングの良さはそれだけではありません。

健康にもいいし、美容にもいい。そしてストレスも解消して心も健康にしてくれる、そんな素晴らしい運動なのです。

▼ウォーキングの効果についてはコチラを参考にしてください!

ウォーキングの効果の記事のトップ画像

ウォーキングは歩くときの姿勢が何より大事

ウォーキングは歩き方がとても大事なんです。実際にやってみると分かりますが、正しい姿勢で歩くと、足だけでなくお腹や背中なども使われるんです。

つまり、ウォーキングは全身運動。やり方次第で全身のシェイプアップが可能なので、歩き始める前に正しい姿勢作りをすることがとても大事なんです。

歩き方が良くないと身体が歪んだり足を傷めてしまうこともあるので、注意してください。

▼ウォーキングフォームについてはコチラを参考にしてください!

ウォーキングフォームの記事のトップ画像

季節に応じた歩きやすい服装も大事

ウォーキングは真剣に10分もやると、冬でも身体がぽかぽかしてきます。思っているよりも汗をかく運動なので、服装には気をつけたいところです。

歩きやすい服装にすれば身体に負担をかけず、スムーズに歩くことが出来るので、ウォーキングがさらに楽しくなりますよ。

効果を高めたいなら、服装にもこだわってみましょう。

▼ウォーキングの服装についてはコチラを参考にしてください!

ウォーキングの服装の記事のトップ画像

辛くない!ウォーキングでダイエットする方法

ダイエットに運動は不可欠だということはわかっていても、辛い運動は続きません。しかも、今の女性は仕事も家庭も忙しい。運動の時間も取れない。

そんな中で、どうやってウォーキングをダイエットに役立てていくか、ということも知っておきましょう。

ウォーキングの効果が出るには時間がかかる

ウォーキングは、辛くない変わりに、短期間で劇的に体重が減るようなダイエット法ではありません。

数ヶ月続けて、「そういえば、少し痩せたかな?」というような、緩やかなダイエット効果のある運動です。

ですから、1ヶ月くらいウォーキングをして「全然やせない!」というのは当たり前。痩せない、という人はたいていやっている時間が短すぎるのです。

しかも、30代、40代になれば基礎代謝量も低下していますから、昔のようにちょっと運動したくらいでは体重は落ちないのです。

ウォーキングをするなら最低でも3ヶ月、できれば半年~1年くらい描けてゆっくり痩せるくらいの気持ちで取り組んだ方が失敗がありません。

効果的なウォーキングダイエットのやり方

ダイエット効果が出るまでには時間がかかる運動ですから、なおさら効果が出る歩き方を知っておかないといけません。

ただ歩いているだけでは痩せるまでにさらに時間がかかってしまいますから、どうやって歩けばいいのか、ダイエットの効果をアップさせるためのウォーキング法をマスターしましょう。

▼ウォーキングダイエットについてはコチラを参考にしてください!

ウォーキングダイエットの記事のトップ画像

歩く早さも大事

ウォーキングの消費カロリーは歩く早さに比例します。ですから、ウォーキングの時間をまとめて取ることが出来ないという人は、歩く早さにこだわってみてください。

早く歩けばその分消費カロリーもップします。歩く速度を上げるだけで、通勤の往復の歩く時間も立派なウォーキングタイムにできるでしょう。

▼早歩きのダイエット効果についてはコチラを参考にしてください!

早歩きの効果の記事のトップ画像

ウォーキングにおススメの時間

夜に仕事から帰ってきて、また運動をするのは億劫だと思います。忙しいと、帰りが夜中になってしまうこともあるでしょう。

いくら治安のいい日本であるといっても、夜中に女性が一人で出歩くのはなるべく避けて欲しいです。

それなら、朝は30分~1時間早く起きてウォーキングをしてみませんか。

朝歩いた方が、運動の効果が持続して1日中代謝が良くなるという効果もありますし、何より、朝の静かな時間に一人で歩くというのはとても気持ちがいいものですよ。

さて1日頑張ろう!という気持ちにもなれますし、早起きすることで身体のリズムも整ってくるので、ウォーキングするなら朝がおススメです。

さらに一歩先行く、ウォーキングの効果をアップさせる方法

ウォーキングの基礎をマスターし、歩くことに慣れてきたらさらにグレードアップ!ウォーキングの効果をさらに高めていきましょう。

ウォーキングで引き締まったヒップを作る

ウォーキングは全身運動ですよ、というお話をしましたが、歩き方次第ではヒップアップも可能です。

お尻は細ければいいというものではなくて、適度な筋肉がついて引き締まっていることが大事ですよね。それにはやっぱりウォーキング!

しっかり歩いて、きゅっと引き締まったヒップを作りませんか?

▼ヒップアップウォーキングについてはコチラを参考にしてください!

ヒップアップウォーキングの記事のトップ画像

効率的に脂肪を燃やす方法

ウォーキングの効果をアップさせるには、大股で歩きます。

歩幅を広げることでカロリー消費量が格段にアップするので、早くダイエット効果を出したいなら歩幅を大きくして歩いてみましょう。

大股で歩くと骨盤周りを柔軟にして身体の歪みも取れますから、全身のバランスが整ってきます。

身長に応じて適した歩幅があるので、自分のやりやすい歩幅を見つけてください。

▼大股歩きについてはコチラを参考にしてください!

大股歩きのトップ画像

ウォーキングの上を行く、インターバル速歩

インターバル速歩という言葉はあまり聞き慣れてないかもしれません。

インターバルという名の通り、ずっと同じ速度で歩くのではなくて、早歩きとゆっくり歩きを交互に行います。

体力に自信がない人でも出来る方法なので、運動があまり得意でないという人は是非試してみてください。

▼インターバル速歩についてはコチラを参考にしてください!

インターバル速歩の記事のトップ画像

ウォーキングの2倍の効果!?水中ウォーキング

ウォーキングは、1時間歩いてもそれほど多くのカロリー消費を期待できる運動ではありません。

150kcal程度なので、ご飯1膳分も消費できないことになります。

とにかくカロリーを消費したい!という時におすすめなのが水中ウォーキングです。

実に、地上でのウォーキングの2倍の消費カロリーですから、手っ取り早くカロリーを減らしたいという場合はプールで歩くことをおすすめします。

▼水中ウォーキングについてはコチラを参考にしてください!

水中ウォーキングの記事のトップ画像

続けてこそ意味がある!ウォーキングを楽しく続ける方法

ウォーキングはすぐには効果がでないので、とにかく続けることが何より大事です。

でも、たいていの人は効果が出る前に挫折してしまうと思います。

どうやったらウォーキングが楽しく続けられるかということについて考えてみました。

雨の日は家の中で脂肪燃焼

ウォーキングのデメリットは、天気が悪いとやる気が失せてしまうことではないでしょうか。

スポーツ用のカッパを着て歩くだけのやる気があればいいのですが、寒い時に雨が降っていると気持ちが萎えてしまいますよね。

そんなときは無理せず、家の中で歩きましょう。場所も取らずに出来るウォーキングが「ステッパー」を使った運動です。

▼ステッパーダイエットについてはコチラを参考にしてください!

ステッパーダイエットの記事のトップ画像

ウォーキングの中に楽しみを見つける

ただ漠然と「ダイエットしたい」と思っていて成功した女性をほとんど見たことがありません。それはなぜか。痩せる目的がはっきりしていないからです。

また、健康のためと始めた人でも、やはり楽しんでやっていないと3日坊主で終わってしまうことがほとんどです。

どうすれば飽きずに楽しみながら続けていけるのか、そのためのヒントを集めました。

▼ウォーキングを習慣化する方法についてはコチラを参考にしてください!

ウォーキングを習慣化する方法の記事のトップ画像

アプリを使う

万歩計というのは昔からありましたが、今はスマホのアプリがかなり進化しています。

ただ歩数を計測してくれるだけでなく、育成ゲームと連動しているものもありますし、消費カロリーを自動的に計算してくれるアプリも。

ウォーキングをゲーム感覚で楽しむことができれば、無理なく続けていくことができるのではないでしょうか。

疲れたときは無理しない

どうしても疲れているときは無理をしない、ということも大切です。無理をして、辛い思いをしながら歩いても効果が半減してしまいます。

そんなときはさっさと寝て、体力を取り戻しましょう。しっかり休むことが出来れば、明日からまた歩こう!というやる気がわいてくると思います。

運動が苦手でも出来るウォーキングをもっと楽しもう!

ウォーキングはやってみるとクセになりますよ。大事なのは、楽しいと思えるまで続けてみることでしょう。

どのくらいやれば楽しくなるかは人それぞれですが、まずは3日。それから1週間。徐々に出来た日にちを伸ばしていければいいと思います。

運動神経も関係なく、スポーツが苦手でも出来ますから、是非やってみてください。続けるほどに楽しくなってくるのがウォーキングの良さです。