• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

通勤時間で毎日続ける!ウォーキングの効果とは?

ウォーキング

美容にも健康にもダイエットにも効果的な「ウォーキング」正しい方法で歩けば、その一歩はますます貴女を美しくしてくれます。

誰でも気軽にはじめられるウォーキング。より効果的なウォーキングで、健康美人になる方法をご案内します

美容効果がすごい!正しいウォーキングの効果

ウォーキングにあらゆる美容効果があるのをご存知でしたでしょうか?美姿勢や、美脚効果、さらには美肌や美髪効果まで。

基礎代謝がアップすることによって、太りにくいボディも手にいれることができます。

美しい姿勢で筋力アップ

正しい姿勢は、身体の筋肉を鍛えてくれるだけでなく、骨盤の歪みも解消してくれます。

骨盤の歪みを正すと、ぽっこりお腹を引き締めてくれたりお尻の筋力アップにつながります。

お尻の筋肉が強くなると、足にかかる負担が少なくなりスラッと長くて細い美脚を手に入れることが出来るのです。

ただ、間違った歩き方は、太い下半身をつくることにもつながり兼ねませんので、フォームを意識することが重要です。

美姿勢・美脚をつくる為に心がけたいウォーキングのフォーム

  1. 背筋をピンと伸ばし胸を張り(腰を反らせないように気をつけてください)腹筋に力をいれます。
  2. 歩くときの視線は、足元ではなく15メートルくらい先を見るようにします。
  3. 着地する時は、足のかかとから地面につけるようにします。
  4. 肩の力を抜き、リラックス。腕は90度に曲げて前後に軽く振ります。
※ウォーキングをするときの歩幅は、自分の身長-100cm が、より効果的だと言われています。これは、普段歩く歩幅よりも少し広めなので、意識して足を遠くに出しましょう。

姿勢を保つだけでも、負荷がかかっているような気がしませんか?

それだけ普段の姿勢は意識されていない、ということですよね。

私自身もこのフォームに慣れるまでに時間はかかりましたが、意識を続けることで習慣になってくるので大丈夫です!

少し意識して歩き方を変えるだけで、消費カロリーはグッと上がりますし、美姿勢も美脚も手に入れることができるのです!

美肌効果もある?

そうなのです、ウォーキングにはまさかの美肌効果も謳われているのです。ウォーキングを始めて15分でβ‐エンドルフィンというホルモンが分泌されます。

このホルモンの分泌効果で身体の血液循環が良くなり、肌に栄養を届けてくれます。その結果、美肌へとつながるのです。

美髪効果まである!

美髪効果がある、といわれている理由は、さきほどのβ‐エンドルフィンがまたまた関係してきます。

β‐エンドルフィンが分泌されると、体中の細胞が活性化されることで、性腺刺激ホルモンに作用して、女性ホルモンの分泌が高まるのです。

女性ホルモンの分泌が高まることで、髪にハリやツヤを与えてくれることから「美髪効果」も謳われているのです。

まとめてみると・・・

  • 美しい姿勢でボディラインを引き締める
  • 正しい歩き方で美脚を手に入れる
  • お肌と髪が喜ぶホルモンが分泌される

さらに、歩く時間帯を朝にすることで、内側の美にもつながります。

朝のウォーキングで、幸せに!?

ウォーキングには「セロトニン」という物質を活性化させる働きがあります。

精神を安定させ、前向きにさせてくれる効果もあるため、この「セロトニン」は別名「幸せホルモン」とも呼ばれています。

うつ病の治療にも、この「セロトニン」を増やすためのお薬が使われているほど心を癒す効果があるのです。

太陽の光を浴びることによりセロトニンが増えるので、朝の時間帯でウォーキングを行うと幸福体質になれてしまう!というのです。

朝の陽射しを浴びることで、メラニンも形成され夜はぐっすり。

翌日への活力へとつながります。

外見が美しい女性はもちろんですが、イキイキと輝いている女性は人を惹きつけ、幸せな気持ちにしてくれますよね。

ダイエット効果をあげるために出来ること

有酸素運動なので、もちろんウォーキングにもダイエット効果はあるのですが、計算すると30分で3キロ歩いたとしても135キロカロリーの消費しかできないのです。

1時間歩いたとしても270キロカロリー…。ハンバーガー1個分です。

これだけでは、短期間でのダイエット効果はあまり期待できないのですが、せっかくウォーキングを始めるなら「少しでもダイエット効果もアップして夏までに痩せたい!」というのが女性の本音だと思います。

そんな女性は、「運動前に脂肪燃焼系のサプリメントを摂取する」といった方法で賢く燃焼効果をあげるのもお勧めです。

また、ウォーキングには肥満予防の効果があります。

運動習慣をつくることで、基礎代謝が活発になり、身体能力の維持で血液の循環が良くなります。

これらは、生活習慣病を防ぐためにとても重要なことなので、生活習慣病のひとつでもある『肥満』を予防することにつながるのです。

いますぐ体重を減らしたい!という女性には消費カロリーの多い「ランニング」等のハードな運動のほうが向いているかもしれません。

けれど、毎日少しずつでも長く続けることで、健康維持にもつながり太りにくい体にするというダイエット効果は期待できます。

ウォーキングをはじめよう!

善は急げです。鉄は熱いうちにうちましょう!

ダイエットは明日から!なんて言葉もありますが(笑)いますぐはじめられるのがウォーキングの良いところです。

先ずは動きやすい服装に、歩きやすい靴でOKです!

ただ、効果をあげるための服装というものもあります。

シューズも自分の目的にあったものを選んだほうが、足への負担もかるくなります。

ふくらはぎを細くするための靴選びポイントもあります。

ウォーキングをはじめてみて「続けていけそうだな」と思ったらウェアやシューズに投資することで、ウォーキングのモチベーションをあげてくれるかもしれません。

ここでは服装やシューズ選びのポイントをご紹介します

ウェア選びのポイント

  • 吸水性、速乾性、通気性の良いものを選ぶ
  • UV対策のしっかりしたものを選ぶ
  • スカートやショートパンツの下にタイツを履く

汗をかいてそのままにしておくと、せっかく温めた体が冷えてしまうので上記のものを選びましょう。

また、太陽の光に当たることは身体に良い影響も沢山与えてくれますが、紫外線での日焼けは大敵。UVケアはしっかりしましょう。

ランニングをしている人の多くがピッタリとしたタイツやスパッツを履いています。

保温性もあるのですが、筋肉をぶらさずに血流を良くしてくれるのでパフォーマンスも向上します。

そして服装よりも大切なのは、シューズです。

自分の足にあわないものは、身体に余計な負担もかけますしストレスにもなります。

また、ウォーキングシューズはかかとが重く設計されているものが多いため、ふくらはぎを細くするためにも有効です。

シューズ選びのポイント

  • 歩く時間帯に選ぶ
  • ウォーキングのときに履く靴下とあわせてみる
  • 両足で履き、少し歩いてみる

それぞれに足のサイズがあるように、甲の幅や高さもそれぞれ違います。

ですので、シューズは実際に店頭に行き試履するのが一番です。

「靴は夕方に選べ」といわれてきましたが、それは夕方の足が浮腫んでいることが多いからなのです。

いつも着用する時間の足の状態にあったものを見つけるためにも、出来れば午前中に行って合わせてみましょう。

靴下に合わせてみるもの同じ理由です。

  • 靴擦れしないか?
  • フィットするか?
  • つま先に余裕はあるのか?

等々、実際に履いてみるのがベストです。

健康と美容のためにウォーキングを始めてみませんか?

いかがでしたでしょうか?

誰にでも手軽にはじめられるウォーキング。貴女のその一歩が、美への一歩になると信じて歩き出してみませんか?