• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学
この記事のタイトルとURLをコピーする
ピーリング | 女性の美学
http://josei-bigaku.jp/beauty/peeling/

ピーリングですべすべお肌に!肌を傷めずに角質オフして美肌を作る

ピーリングはやったことがないとちょっと怖い、というイメージがあるかもしれません。

肌に刺激があるかもしれないと思うとやるかどうか迷ってしまいますよね。

でも大丈夫です。自分の肌に合ったものを選び、正しい使い方をすれば決して肌を傷めることなく、穏やかにピーリングをすることだって出来るんです。

ピーリングの効果や自分でやる方法についてご紹介するので、最近肌がゴワゴワしているな、化粧のノリも良くないなと思ったら、是非やってみてください。

ピーリングにはいくつか種類がある

ピーリングとは、英語で「はぎ取る」という意味の「peel」からきている言葉。その名の通り、古い角質をはぎ取るのがピーリングです。

はぎ取るというとちょっと怖いですが、大人になると剥がれるべき古い角質が残ってしまっているデメリットの方が大きいんですね。

そこで、定期的にピーリングを行った方が、肌はキレイになるんです。

ピーリングには、

  • クリニックでドクターにやってもらうケミカルピーリング
  • エステサロンなどで行うピーリング
  • 自宅で行うピーリング(石鹸、ジェルなど)

などがあります。

また、古い角質を落とす、といった意味では、

  • スクラブ洗顔料
  • 酵素洗顔料
  • クレイパック

なども広い意味でのピーリングだといえるでしょう。

改めておさらい!肌が生まれ変わるピーリングの効果

10代の新陳代謝が盛んな頃は新しい細胞がどんどん作られてくるので、肌のターンオーバーを気にする必要はありませんでした。

よく、「肌のターンオーバーは28日」なんて言われますが、これは10~20代前半にかけての健康な肌のこと。

20代後半になったらそうはいかないのです。肌のターンオーバーを正常化するためにも、定期的にピーリングをすると古い角質が落とせます。

あらゆる肌トラブルに良いピーリング

ピーリングをすると古い角質が取れるので、肌がワントーン明るくなります。でも、効果はそれだけではありません。

くすみ以外にも、シミやニキビ跡、しわなどにも効果が期待できるんです。あらゆる肌トラブルに有効といっても過言ではありません。

▼ピーリングの効果についてはコチラを参考にしてください!

ピーリング効果の記事のトップ画像

即効性のあるケミカルピーリング

酸性の薬剤を肌に塗って強制的に古い角質をはがすのがケミカルピーリングです。

はがすというとちょっと怖いですが、施術は美容クリニックで行いますから大丈夫。あなたの肌に合わせて適した薬剤や濃度などを選んで施術してくれます。

特に、ニキビ跡が気になる方が多く受けているようです。

エステサロンや自分でやるピーリングは薬剤の働き穏やかなので、どうしても効果を実感するまでに時間がかかります。

即効性を求めるならケミカルピーリングがいいでしょう。

▼ケミカルピーリングについてはコチラを参考にしてください!

ケミカルピーリングの記事のトップ画像

スクラブ洗顔には穏やかなピーリング効果

ピーリングというと強制的に「はがす」ようなイメージがありますが、粒子入りの洗顔料で顔を洗うスクラブ洗顔にも、穏やかなピーリング効果があります。

スクラブにも色々な種類があって、肌が弱い人でも出来るものがあるので、是非こちらの記事をご覧ください。

▼スクラブ洗顔についてはコチラを参考にしてください!

スクラブ洗顔の記事のトップ画像

ボディにも角質ケアが必要

古い角質がたまるのは顔だけではありません。

ボディだって同じように肌は生まれ変わっていますから、肌のターンオーバーが乱れてくると、ゴワゴワしたり、シミが残りやすくなったりするのです。

身体だってキレイにして欲しい!ボディ用のスクラブも美肌を作るサポートをしてくれます。

▼ボディスクラブについてはコチラを参考にしてください!

ボディスクラブの記事のトップ画像

ピーリングは自分で出来る?ピーリングのやり方

ピーリングは使う素材も色々ありますし、やり方も様々です。作用は穏やかですが、自分でピーリングをする方法もあります。

ポイントは自分の肌に合ったものを選ぶこと

ピーリング石鹸のように、毎日のスキンケアに簡単に取り入れられるものから、パックのようにして顔に塗ってから流すものなど色々とあります。

毎日やりたいなら出来るだけ作用が穏やかで、普段のスキンケアの一環として出来るような洗顔料(石鹸)タイプやコットンで拭き取るようなものがいいでしょう。

ガッツリと古い角質を取り除きたい!という場合はぽろぽろとこすり落とすようなタイプがいいかもしれないですね。

▼自宅で行うピーリング方法についてはコチラを参考にしてください!

自宅で行うピーリングの記事のトップ画像

自分でピーリング剤から手作りする方法

食べるものを使って、自分でピーリング剤から手作りしてしまう人もいます。

1つは、セルライトの除去にも役立つといわれるコーヒースクラブです。ちょっともったいないですが、飲む前のコーヒー豆を使うことで、セルライトの除去作用も期待できるのだとか。

顔はもちろん、体全体に使えるスクラブです。

▼コーヒースクラブについてはコチラを参考にしてください!

コーヒースクラブの記事のトップ画像

スクラブしながら肌の保湿もしたいなら、砂糖を使ったシュガースクラブもおすすめです。

砂糖の方がよく使われる塩よりも刺激が少ないので、肌が弱い人でも使えますよ。

シュガースクラブはオイルに砂糖を混ぜただけの簡単に作れます。

▼シュガースクラブについてはコチラを参考にしてください!

シュガースクラブの記事のトップ画像

ピーリングは肌の様子を見ながら

ピーリングはやり方さえ間違えなければ、決して肌に悪いものではありません。

いたずらに怖がる必要はありませんし、古い角質が落とせれば肌にはメリットがたくさんあります。

ただ、大事なのは自分の肌の様子を見ながら行う、ということです。

くすみでもニキビ跡でも、新陳代謝が低下してトラブルがあるということは肌の健康状態が良くない可能性があります。

どのくらいの頻度が適しているか、どんな素材を使うかということも、肌の状態を診て決めていかないといけないですし、普段のスキンケアや生活習慣なども見直しながら、上手にピーリングを取り入れてもらいたいと思います。

この記事のタイトルとURLをコピーする
ピーリング | 女性の美学
http://josei-bigaku.jp/beauty/peeling/